メイドとして生き残ります

メイドとして生き残ります【22話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。

今回は22をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...

 



 

ラーメンを作っていたはずが、気がつくと読んでいた小説の脇役メイドになっていた!

国王は美しい魔性の男「ユルーゲル」に夢中で、王妃を冷遇しており、小説では病気で亡くなるまでそれが続いていた。

王妃付きの平凡なメイドの私が細く長く生き残ることができるの!?

アス・トケイン:主人公。ラーメンを作っている途中で異世界のメイドに。王子の乳母になる。

ミカエル:王子。

ユルーゲル:王に愛される若くて美しい男。

エバンス:若くて強い王。

ミナ:アスのルームメイト。

アレックス・ミュヒート:王妃が里から連れてきた護衛騎士。

ミオ・ゾディアック:幼い王子の護衛騎士。

スサ:メイド長。

セヤ・リョーミン:男爵。アスの家庭教師。スサの従姉妹。

クライン・カペラ:王の親友。国が誇る最強の武将。

シエル:大魔法使い。

セサル・カジック:伯爵。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...

 




 

22話 ネタバレ

メイドとして生き残ります【21話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は21話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 生存共同体

何処かから楽しい音楽が聞こえてきて、人々の表情も明るかった。

屋台には私が初めて見る食べ物が多く並んでいる。

数日間に見た昼の光景よりも多種多様。

ちょっと悩むな。

どうせミオ卿がすでにエリーとアンナに賄賂を買っているのだろうけど、私も別で彼女たちに何かを買った方がいいのだろうか?

この前はデザート類を買ったので、今回は食べ物以外の方が良いはず。

けれど、今の私には何も思い浮かばない。

「昼間は何をされていたのですか?」

「見物。それと考え事」

「何を考えていたのですか?」

見物には興味がなさそうなミオ卿。

「お前がどうしてこんなものを見たがっているのか理解できない」

「尊重してください。好きなのですから」

確かに夜市は、ちょっと可愛らしいものが多い。

昼にセヤと歩き回った時は、射的のようなダイナミックな店もあった。

けれど、夜市は食べ物や煌めく品物しか目に入らない。

「でも私を迎えに帰ってきたのを見ると、一人で見るのが面白くなかったようですね。図星ですか?1ヶ月間、子育てを共にし、ミオさんも私に愛情たっぷりのようですね、モテモテで困っちゃいます」

「確かにそうかもしれないな。私とあなたは生存共同体なのだから」

誰かと一緒に暮らすと、こんなにも厚かましくなれるのね。

ミオ卿はからかう様子もなく、「生存共同体」という言葉を口にした。

子供の頃に住んでいた町には、毎年桜祭りが開かれていた。

私は両親の手を放して走り回っていたことを思い出す。

そんなに変わらないはずなのに、ここで面白くなく暮らしているせいか、だんだん気分が良くなってきた。

 



 

  • ミオ卿の心

ミオ卿が何度も走らないように注意してくれたけど、気になるお店を見つけるたびに、私は走るのと大差ないスピードで歩き回っていた。

「アス・・・」

そんな私の様子を見て、彼がため息を吐く。

そうしているうちに人波に押されて、私は倒れそうになる。

「あれ?」

フラフラした瞬間、後ろでミオ卿が私の腰に腕を巻いて抱き締めていた。

「そうやって走ると転ぶ。さっきから言ってるはずだが?」

近くで見るミオ卿の瞳は、普段より緑色が多く見える暗緑色だった。

私は感謝の気持ちを込めて、彼の手の甲を軽く叩いた後、腕をほぐしながら話した。

「ねえ、今日は花火もするそうですよ。向こうの話を聞きました」

「盗み聞きか?」

「勝手に聞こえたのです。私は耳が良いから」

「あなたは花火が好きだと思った」

「え?聞こえませんでした?何と仰いましたか?」

少しアクセサリーを見ていたのでミオ卿の話を聞き流してしまったが、彼は教えてくれなかった。

もともと好き嫌いの分からない人だが、それでも王子と一緒に王室にいるよりは気分が良さそうに見える。

「気に入ったものはないのか?」

見物を繰り返していると、ミオ卿が尋ねてきた。

「いいえ、全部綺麗ですよ。ですが、私はお金がないので」

私の給料はどこに保管されているのだろうか?

本当はメイド長に確認したいが、ここ数日はあまり機嫌が良くない。

「こんな場所で記念すべきものは買わないです。どうせ、箱の中に置いて二度と取り出したりしないのだから」

「アス」の引き出しの中にあったオルゴールもそうだったのかな?

彼女の目的も単なる収集だったのだろうか?

「そうか。それなら、私も何も買わない方がいいな」

彼も何かを選んでいるように見えたが、ミオ卿が望む完璧なものは見つからないだろう。

当然だった。

この世のどんな宝物であったとしてユルーゲルが付ければ完璧に見えるのだから。

「ここにあるものの中で、その方に似合うものはないと思います」

「ああ」

しかし、彼は何かを考えて、一つのブレスレットを購入した。

ユルーゲルのことを考えるとそれは非常に粗末なものに見える。

たとえ美しく貴重なものだとしても、彼がユルーゲルにプレゼントできるはずがない。

しかし、プレゼントできないものを買うミオ卿の心が、私にも少しだけ痛く感じた。

 



 

  • 花火を見に行こう

ミオ卿がユルーゲルに惚れた理由を、私はまだ知らない。

恋に落ちるのに理由などないかもしれないが、私は彼がよりによってユルーゲルを愛している理由を知りたい。

ミオ卿の手を握って露店が広がる区域を出てきた。

「お腹空いてないですか?ちなみに、私はお腹が空いています」

ミオ卿は夕食の直前に私を引きずってきた。

従って、彼が「私の飢え」の責任を負わなければいけない。

ミオ卿はニッコリ笑って何を食べたいか聞いてくれた。

お言葉に甘えて、さっきからいい匂いのする肉の串焼きと果物の串焼きを選んだ。

「そろそろ花火の時間だ」

彼は意外にも、私と並んで歩きながら串焼きを自然に食べていた。

海辺の小さな村の話をしたのを見ると、彼も特に高い身分ではないようだ。

「花火が終わったら、私たちは帰らないといけませんね?」

「そうだな。ここを一周したら、もっと気軽に見物できる場所があるから案内しよう」

「じゃあ行きましょう」

食べ終わった果物の串を適当に捨てて、服で手を拭いた後、ミオ卿の手を取って歩いた。

何も考えずに前に歩いてみると、道案内をするはずの彼はその場で立ち止まっていた。

しばらくして、彼は私の手を動かして前に出る。

 



 

メイドとして生き残ります【23話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は23話をまとめました...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...