メイドとして生き残ります

メイドとして生き残ります【44話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。

今回は44をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...

 



 

ラーメンを作っていたはずが、気がつくと読んでいた小説の脇役メイドになっていた!

国王は美しい魔性の男「ユルーゲル」に夢中で、王妃を冷遇しており、小説では病気で亡くなるまでそれが続いていた。

王妃付きの平凡なメイドの私が細く長く生き残ることができるの!?

アス・トケイン:主人公。ラーメンを作っている途中で異世界のメイドに。王子の乳母になる。

ミカエル:王子。

ユルーゲル:王に愛される若くて美しい男。

エバンス:若くて強い王。

ミナ:アスのルームメイト。

アレックス・ミュヒート:王妃が里から連れてきた護衛騎士。

ミオ・ゾディアック:幼い王子の護衛騎士。

スサ:メイド長。

セヤ・リョーミン:男爵。アスの家庭教師。スサの従姉妹。

クライン・カペラ:王の親友。国が誇る最強の武将。

シエル:大魔法使い。

セサル・カジック:伯爵。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...

 




 

44話 ネタバレ

メイドとして生き残ります【43話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は43話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 「レディー」と「アス」

「彼女とあなたが住んでいた場所です」

そうだと思っていたけど、これはキツい。

予告もなしに来たのだから。

「私がここであの方と一緒に住んでいたということですか?」

どういうわけか「アス」が皇居に入った気持ちを理解することができそうだ。

こんな所に住んでいたら、労働強度がどうであれ、皇居のように人が多くて賑わう場所に行きたかったのだろう。

しかし、なぜそれが王妃宮なのかまでは分からない。

「レディーは体が弱くて長い療養が必要でした」

「ああ、ここは空気が気持ちいいですしね」

体が弱かったというクラインのレディーは、少なくとも心臓が弱い女性ではないようだ。

何も考えずに窓を開けたら、気絶しそうな光景を見て心臓が止まっているだろうから。

彼がくれた白いペニチュアを淡い緑色の小さな花瓶に入れる。

この家でクラインのレディーとアスが住んでいた。

どれほどそのような関係が続いたのだろうか?

ついに「レディー」と「アス」の関係が分かるのだろうか?

「今まで伯爵様のレディーがどんな方か教えてくれなかったのに、ここで教えてくれるのですか?」

「何か、思い出したものはありますか?」

「そうですね・・・」

「アス」

人が住まなくなってかなり時間が経ったはずなのに、これまでクラインが管理したのか、殺風景な感じとは違っている。

ここに住む人々は幸せだったようだ。

しかし、私には馴染みのない場所。

初めて来たところを見ても、何の感情も抱けないのは当然だろう。

 



 

  • クラインのレディー

「私のレディーは美しい人です」

家の中を見回っている間、クラインが口を開いた。

「初めて彼女を見た瞬間から、私は彼女を愛しました。あんなに美しい人は私の人生で他に見たことがありません」

遠くを懐かしんでいるクライン。

彼女を語る彼の表情は幸せそうだった。

「百万本の花が咲く庭で、一番美しい人が彼女です」

「すごく、美しい方だったのですね」

「もちろん私のレディーはルックスも美しかったですが、それだけではありません」

私は願った。

どうか「アス」がこの人を愛していなかったことを・・・。

「愛しているのですね」

「あなたもです」

危うく勘違いするところだった!

紛らわしいが、クラインの言葉は「アス」も彼女を愛していたという事だろう。

「もう死んでいる」という自分のレディーを語るクラインの全ての言語は、まだ現在形だった。

彼女が死んでどれくらい経ったか分からないが、どのように愛せば、そんなことが可能なのだろうか?

「私が彼女を愛していたなら、彼女も私を愛していたでしょうか?」

「もちろんです、アス。彼女はあなたを、自分の体の半分のように可愛がっていました」

それは肉親ではないという意味ね。

今日のクラインは、私が聞きたいことや知りたいことを、全て教えてくれそうだ。

彼のレディーがどんな人なのか、私とはどんな関係なのかについて。

これまでは私が聞いたにもかかわらず、彼は笑って首を横に振ってきた全てを。

 



 

  • アスの記憶

「今日は、なぜここに連れてきてくださったのですか?」

クラインが私を見つめる。

水のように静かで澄んだ瞳で。

戦場で彼はどんな顔をしていたのだろうか?

クラインにも私に、「アス」には見せない顔もあるだろう。

彼は自分のレディーに死に物狂いで隠した顔もあっただろう。

「再び戦争に参加することになりました」

クラインは穏やかな水のように淡々と語る。

戦争が再び始まる。

「脱出記」は死亡率の高い小説で、エバンスとユルーゲルの上品で美しい恋が続いている間も戦争は続いていた。

彼はこの世界で指折りの強い人。

原作が保障してくれた通り、彼は生き延びるだろう。

だから戦争に行くことが怖くもないはず。

私は自分なりにクラインを理解することにした。

彼の心境は、私の失った記憶を取り戻したはず。

「今回はどこへ行くのですか?」

「羅海へ行くことになりました」

何処かわからない。

「無事に帰ってくることを祈っています」

「そこは小さな国なので、アスが心配するようなことはないでしょう」

私の表情を性格に見抜いたクラインは、笑いながらそう話す。

「いつ出発するのですか?」

「軍備が整い次第すぐに出発するでしょう。多分半月ほどです」

クラインが私に手を差し出す。

私は侍女なので、このような礼法には慣れていなかったが、この光景はドラマや映画でよく見た。

彼が差し出した手に私の手を乗せると、クラインはそのまま私の手を引き寄せて、指の上に口付けをした。

ちょっと、待って。

本当にドキドキした。

「それで今日、こちらに連れてきてくださったんですか?」

「今日しかないような気がして。ここへ来たら、あなたの記憶が戻るのではないかと期待したのです」

恐らく何をしても私に「アス」の記憶が戻らないだろう。

「すみません」

「いいえ、私が勝手に期待したのですから・・・」

クラインは、見たいものを描く目で空中を見つめていた。

そこには彼が愛したレディーが立っているのだろうか?

「あなたもここが好きだから、あなたの好きな姿が見たいと思ったのもあります」

「この頃、私が大変そうに見えるからですか?」

「私はいつもあなたが幸せであってほしい」

「ここで私は幸せだったのですか?」

「あなたと彼女はここで一番幸せで、一番自然に見えましたから」

私の部屋は何処だったのだろうか?

そこに「アス」の痕跡があることを願っていた。

 



 

「アス」の正体も徐々に判明してきました!

クラインの話し方が少し怖い気がするのは気のせい?

ヤンデレのように思えるのですが・・・。

メイドとして生き残ります【45話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は45話をまとめました...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...