メイドとして生き残ります

メイドとして生き残ります【48話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。

今回は48をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

ラーメンを作っていたはずが、気がつくと読んでいた小説の脇役メイドになっていた!

国王は美しい魔性の男「ユルーゲル」に夢中で、王妃を冷遇しており、小説では病気で亡くなるまでそれが続いていた。

王妃付きの平凡なメイドの私が細く長く生き残ることができるの!?

アス・トケイン:主人公。ラーメンを作っている途中で異世界のメイドに。王子の乳母になる。

ミカエル:王子。

ユルーゲル:王に愛される若くて美しい男。

エバンス:若くて強い王。

ミナ:アスのルームメイト。

アレックス・ミュヒート:王妃が里から連れてきた護衛騎士。

ミオ・ゾディアック:幼い王子の護衛騎士。

スサ:メイド長。

セヤ・リョーミン:男爵。アスの家庭教師。スサの従姉妹。

クライン・カペラ:王の親友。国が誇る最強の武将。

シエル:大魔法使い。

セサル・カジック:伯爵。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

48話 ネタバレ

メイドとして生き残ります【47話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は47話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 放心状態

絶壁を一気に駆け下りるミオ卿。

私の魂はすでに体の外へ飛んでいた。

気がつくと、ミオ卿の胸にもたれて横たわった状態。

「アス、起きたのなら姿勢を戻せ」

「もう少しもたれかかっていたのですが」

「重い」

「前に座っているのが私ではなく、愛しているあの方だと想像してみてください」

「比較になると思うか?」

「無理矢理にでもやってみてくださいよ」

彼は文句を言うが、直接私の肩を押したりはしなかった。

この男も、黙っていれば善良なのに。

 



 

  • ゆっくりと王宮へ

クラインのレディーは、「とりあえず病弱なお嬢さん」と分かった。

ミオ卿がなぜユルーゲルを愛しているのかは、今度お酒でも飲ませて聞き出してみよう。

「そういえば、どうやって見つけたのですか?」

「大魔法使いが言うには、君にアーティファクトを渡したと言っていたが」

「ええ、小さいですけれど」

私は背中から力を抜いて、ミオ卿の胸に完全にもたれかかった。

シエルがくれた宝石は無くしそうだったので、地下室で見つけたロケットに入れて、首にかけて持ち歩いていた。

「それの固有波長を見つけ出し、大魔法使いがこの近くに移動させた。見れば白い屋敷しかなくて、行ってみたら君の声が聞こえたんだ」

この2人、私がいない間に会話をするのか?

まさかの事実に驚く。

1人の男を愛する2人の男の共感があるのだろうか?

今の時点で、シエルはまだユルーゲルを愛していないけど。

むしろ、私の部屋にシエルを監禁してユルーゲルと会わせなければ、彼の人生を救えるのでは?

「私をストーキングしたのですか?」

これまでに経験のないストーキングを、この世界で私と恋愛しない人たちにやられるなんて。

「ストーキングとは何だ?」

「そのような言葉があるんです」

「意味は分からないが、何故か気分が悪い」

やられている私の気分が悪いのだから当然だろう。

クラインはほぼ全速力で走っていたが、これではいつ王宮に着くか分からない。

「前から聞こうと思っていたが、お前はクライン卿とどんな関係だ?」

「複雑な関係」

「アス、ここで押せばお前は馬から落ちるぞ」

驚くべきことに、ミオ卿は本気で実行してもおかしくない人物だ。

彼に落とされる前に、私は姿勢を正さずに急いで答えた。

「カペラ伯爵様のレディーが私が仕えていたお嬢様だったのです」

「クライン卿にレディーはいないはずだが?」

「世間に向かってレディーと言える関係ではなかったようです」

「確かに。あの方にレディーがいると公言していたら、あの屋敷に住もうとはしなかっただろうな」

「人間関係は複雑なのですよ、ミオ卿」

ミオ卿の胸にもう少し体を寄せて、結い上げていた髪を解く。

「けれど、本当に王子様はエリーがなだめても泣いているのですか?」

「私が出るまではそうだった」

「それなら今頃泣き止んでいると思いますが」

「そうだろうな」

それなら、彼はなぜシエルを責めて私の位置を突き止めたのだろうか?

クライン・カペラは、王国と全大陸が保障する安全な人物。

そんな安全な人と私が一緒にいるのに何が心配だったのだろう?

実際に話す彼は、少し浅くて、少し幼稚で、少し親切で、少し分かりにくい人だ。

勘違いしてはいけない。

だけど・・・。

「それでも、ミオ卿が迎えに来てくれて嬉しいです」

馬はゆっくりと王宮に向かっていた。

 



 

  • ハンカチへの刺繍

「クライン・カペラ伯爵様をどう思いますか?強いですか?」

「凄い方ですね」

背後で鼻歌交じりの音がするが、私は気にしなかった。

背後にいるのは、どうせ窓際に椅子を置いて窓枠に両足を上げて座るミオ卿がいるのだから。

しばらく待つが、セヤはそれ以上何も言わない。

「それで全部ですか?」

「ええ、他の答えが必要であれば・・・」

「いや、普通、もっと長く言うんじゃないかと思って」

「この国の英雄ではありますが、私は文官なのであまり心に響かない部分があるようです。私よりミオ卿に聞いた方が良いのでは?」

「え、ええ」

後ろを見ると、彼は目を瞑っていた。

本当に眠っているのか、寝ているふりをしているのか分からないけど。

「クライン・カペラ。スペルはこれで合ってますか?」

ハンカチに名前を縫う。

私が書いたクラインのスペルを見て、セヤは長いため息をついた。

そして、3箇所を赤いペンでチェックする。

「アスさんは間違いをずっと間違える傾向がありますね」

それは授業時間が早すぎるからなのでは?

セヤが帰った後、私はクラインのスペルを膝の上に乗せて見つめる。

時間があっという間に過ぎる。

クラインは15日以内と言ったが、いつ来るか分からないので、手を休むことができない。

すでにハンカチに縫い終わっているが、もう少し修正が必要だろう。

部屋に戻ってきたシエルは、私が刺繍しているのを目撃する。

「クライン・カペラ?あの縁起の悪い奴にどうしてこんな事を?2人はどんな関係ですか?」

「魔法使いさんと私の関係に似ていると思います」

家主と下宿人のような。

どのように受け入れたか分からないが、シエルはかなり満足げな表情でうなずいた。

何を考えているのか聞きたかったが、彼が親指を持ち上げたのでやめた。

どういう意味だろうか?

夜は老け、シエルは王子のそばで寝息を立てて眠っている。

電気を消して横になるとすぐ眠れた。

人は狂わないためにも眠らなければいけないのに、まもなく私は誰かの息が詰まる音を聞いて起きなければならなかった。

後少しで深い眠りについたはずなのに。

 



 

ミオ卿がアスを心配している気持ちが分かって嬉しいです♪

けれど、会話に流れからするとミオ卿には好きな人がいそう・・・。

それがユルーゲルだとは断言していませんが。

メイドとして生き残ります【49話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめました...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...