メイドとして生き残ります

メイドとして生き残ります【55話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。

今回は55をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

ラーメンを作っていたはずが、気がつくと読んでいた小説の脇役メイドになっていた!

国王は美しい魔性の男「ユルーゲル」に夢中で、王妃を冷遇しており、小説では病気で亡くなるまでそれが続いていた。

王妃付きの平凡なメイドの私が細く長く生き残ることができるの!?

アス・トケイン:主人公。ラーメンを作っている途中で異世界のメイドに。王子の乳母になる。

ミカエル:王子。

ユルーゲル:王に愛される若くて美しい男。

エバンス:若くて強い王。

ミナ:アスのルームメイト。

アレックス・ミュヒート:王妃が里から連れてきた護衛騎士。

ミオ・ゾディアック:幼い王子の護衛騎士。

スサ:メイド長。

セヤ・リョーミン:男爵。アスの家庭教師。スサの従姉妹。

クライン・カペラ:王の親友。国が誇る最強の武将。

シエル:大魔法使い。

セサル・カジック:伯爵。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

55話 ネタバレ

メイドとして生き残ります【54話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • セヤとのデート②

この世界に来る前、最後にいつデートしたのか思い出せない。

この世界の人々はどうやって恋をして、どこに遊びに行くのだろうか?

優しく笑って私を引き寄せるセヤの顔に、私も笑って向き合い、そんな風に思った。

この世界のデートはどんなものなのだろうか?

通りから外れた路地に入る。

路地の終わりには噴水のようなものが設置されており、毛色の違う猫たちがその周りを彷徨っていた。

「野良猫たちの楽園のような風景ですね」

「猫が好きなのですか?」

「はい、嫌いではないですが私は猫か犬かと聞かれれば犬派です」

そう答えた瞬間ハッとする。

どうしよう、セヤは猫派のはず。

この野良猫た血の楽園に私を連れてきたのだから・・・!

「もちろん猫も好きです!猫も可愛いですよね。どちらも愛らしさでは比べられないほど大切な存在・・・・」

「いや、大丈夫ですよ。アスちゃん。私は猫も犬も好きだから、そのように必死に言い訳する必要は・・・。一番好きなのは鳥ですけどね。この噴水には伝説があります」

周囲を見ると、カップルのように見える男女が何組かいた。

それなりに、この街のデートスポットのようだ。

「悲しい伝説ですか?」

「噴水の水が出る所が見えますか?硬貨を投げてあの口に入れると、願いが叶うという言い伝えがあるのです。ここに来る人はみんな小銭を投げ入れているのです」

正直、あんな小さい口の中に入れるのは無理じゃない?

それでも、そんな事を言わない空気は私にもあった。

ロマンチックなムードは壊さないようにします。

一番正常なデートに似ているのはセヤだけなので、私はすべてに最善を尽くして頑張るのだから!

 



 

「それでは、ここで願い事をしてコインを投げましょうか」

私はシエルから受け取ったコインを取り出す。

「先生の願い事も叶えてあげましょう」

「ちょっと待って!アスちゃん!」

私はコインを投げた。

意欲はみなぎっていたが、コインは届かず水の中に落ちていく。

期待はしていなかったけど、これは私が思ったよりも難易度が高かった。

「難しいですね、先生」

「ああ、アスちゃん!」

試しにコインをもう一つ持って、角度は合わせずに投げてみた。

それでも届かない。

「先生もやってみますか?」

コインを持ってセヤの方を見る。

彼は私は見てきた中で、最も青白い表情でぼんやりと虚空を眺めていた。

「先生?」

「アスちゃん、今投げたのが金貨だと・・・、知っていますよね?」

「いえ、知りませんでした」

金貨って何の金貨?

小銭を眺める。

平たい銅貨は非常に真っ黒で、うーん、真っ黒なのによく見ると金色のような気もするし。

どうしよう。

私が投げた金貨は二つだけど、それがどれくらいの金銭的価値を持っているのだろうか?

実際にこの世界の貨幣を見るのはこれが初めて。

自分が持っていた袋をセヤに預ける。

「先生が持っていてください」

セヤは袋を受け取り、中身を見て顔をしかめる。

「全部金貨ではないですか?給料はどれだけ貰っているのですか?」

彼はすごく心配そうな目で私を見る。

私は黙ったまま笑顔を浮かべる。

そんな私の様子を見て、セヤは深くため息をついただけだった。

 



 

「ところで先生、私は休暇なのですが、先生は大丈夫なのですか?今日は平日なのに」

「アスちゃんと会うと言ったら、みんなが理解してくれましたから」

暮れかかった太陽が、セヤの背後に見える。

そのため、光り輝いて笑う彼の笑顔はとても爽やかに見えた。

そっか。

他の人の目には私たちがデートをしているように見えるんだな。

これって脈アリなのかな?

その間も、他のカップルたちは噴水に小銭を投げて楽しんでいた。

「先生はコインを投げないのですか?」

「私はこの都市で育ちましたから。すでに投げたことがあります」

「願いは叶ったのですか?」

「行われている最中です」

「そうですか・・・」

わあっと歓声が聞こえたので、振り返るとさっきのカップルが成功したようだ。

「アスちゃんは何をお願いしたのですか?」

「関係ありません。どうせ入らなかったので」

「あれだけのプレゼントを貰ったのですから、今なら神様も願いの一つくらいは叶えてくれるのでは?」

そんなはずがないだろう。

「猫の楽園はもういいですから、先生の楽園に連れて行ってください」

しばらく歩いて居住地を離れてから、セヤが話しかけてきた。

「疲れていませんか?」

彼の気配りは健在だ。

「大丈夫です。ここ、凄く見慣れた感じがします」

「アスちゃんも首都出身ならよく来ているでしょう」

「いいえ、そうではなく。本宮の後宮と同じ感じがして」

それからどれだけ歩いたのだろうか。

セヤは、ただならぬ感じの大きな木の前で立ち止まった。

「私が一番好きな場所です」

もしかして世界樹?

そう聞きたかったが、この世界だと「世界樹」という言葉がないかもしれないので黙っておくことにした。

そして、その木に近づいて手を置くセヤの姿に驚く。

たまに彼を見ていると、エルフのような雰囲気を出しているように思えるから。

「休憩が必要な時は、ここに来て横になっていました。空気が綺麗でしょう?」

そう言ったセヤは、私の見ている前で本当に横になる。

 



 

シエルはどれだけお金持ちなのでしょうか?

彼の性格から考えると、あまりお金に執着していないように思えます(笑)

セヤとの雰囲気は凄く良いですね。

彼ならば、アスの支えになってくれる気がします♪

メイドとして生き残ります【56話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は56話をまとめました...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...