メイドとして生き残ります

メイドとして生き残ります【98話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。

今回は98をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

ラーメンを作っていたはずが、気がつくと読んでいた小説の脇役メイドになっていた!

国王は美しい魔性の男「ユルーゲル」に夢中で、王妃を冷遇しており、小説では病気で亡くなるまでそれが続いていた。

王妃付きの平凡なメイドの私が細く長く生き残ることができるの!?

アス・トケイン:主人公。ラーメンを作っている途中で異世界のメイドに。王子の乳母になる。

ミカエル:王子。

ユルーゲル:王に愛される若くて美しい男。

エバンス:若くて強い王。

ミナ:アスのルームメイト。

アレックス・ミュヒート:王妃が里から連れてきた護衛騎士。

ミオ・ゾディアック:幼い王子の護衛騎士。

スサ:メイド長。

セヤ・リョーミン:男爵。アスの家庭教師。スサの従姉妹。

クライン・カペラ:王の親友。国が誇る最強の武将。

シエル:大魔法使い。

セサール・カジック:伯爵。

【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

98話 ネタバレ

メイドとして生き残ります【97話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は97話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 大宴会場へ

クラインを前にして、私一人で考え過ぎた。

はっと彼を思い出し、顔を上げるとクラインは私の手をじっと見ている。

手首に結んだリボンを初めて見たわけでもないのに、どうしたのだろうか?

手の甲に何かついたのかな?

重ねていた手を緩めると、クラインの視線も上がってきた。

「それでは、アス。あなたが戻った後に、私も戻りますね」

予想とは裏腹に、クラインは微笑んだまま私を見つめるだけ。

どうして戻らないのだろうか?

その場に立ったまま、まるで私から池を隠すようにして・・・。

「あ・・・」

「私が対処します。ですから、アスは戻ってください」

こういうときは何て言えばいいのだろうか?

ありがとうございます?

お疲れ様です?

よろしくお願いします?

どれも合わない気がする。

私は挨拶の言葉を見つけられず、ウロウロしながら花束を再び抱えて振り向いた。

私がそこから離れるまで、クラインは静かに私の視線から池を隠して立っていた。

 



 

鏡の前に立った私をアンナが几帳面に見てくれた。

自分が出られない宴会に出る友達の身なりの面倒を見るアンナの目つきに感動する。

アンナは本当に優しい。

「アス、その手首のリボンはしない方がいいんじゃない?似合わないわよ」

「いいの、これは絶対につけていたいから」

鏡の中に見える自分の姿は、私の目には悪く見えなかった。

少し緊張した様子で部屋の戸を開ける。

夕焼けの端が見えてきたところから、待っていたセヤが微笑んで、私の手を握った。

「素敵ですよ、アスさん」

「セヤ卿もです」

事実上、私が受けられる最高の賛辞を送ったセヤの姿はさらに眩しい。

彼は薄いグレーの宴会服を着ていた。

部屋の外で待機していたミオ卿も、少し驚いた表情を浮かべている。

私は今、ミオ卿が買ってくれたドレスにシエルが買ってくれた靴を履いて、手首にはセヤが結んでくれたリボンをつけていた。

そして、クラインから贈られたドレスボックスの中に入っていたルビーのイヤリングとネックレスをしている。

ピアスは耳に穴を開けなくてもいい種類。

彼にも細心な部分はあったのだ。

こうして、バラバラに違う男たちがくれたグッズで体を飾っているから、朝貢を受ける女王のようで気分がいい。

クラインから贈られたドレスは綺麗だった。

白色で始まってスカートの下の段に行くほど赤くなるグラデーションドレスだったが、その赤い色がクラインの髪の色のような赤色。

誰が見てもクラインのパートナーだと認識されるドレスだろう。

そして、お互いに給料と勤務環境をよく知っている立場で、あの剛直な騎士のミオ卿が、わざわざ外に出て買ってきたドレスを無視して、躊躇うことなく、クラインの派手なドレスを着るほど私は薄情な人ではなかった。

代わりにクラインのイヤリングとネックレスをしたのだから、彼も寂しく思わないで欲しい。

 



 

「じゃあ行ってきますね」

「アス、勝って帰ってこい」

「え?誰に?」

「とにかく勝って帰ってこい」

誰に、何を、どうやって勝って帰れというのか分からないが、とにかく、アンナとミオ卿を後にして、私はセヤの手を握って本宮に向かった。

到着したときには、既に多くの人で賑わっている。

エバンスが即位して10年以上閉じられていた大宴会場がオープンしたのだ。

天井は高く、普通の家庭の居間ほどの大きさのシャンデリアが光を放つ大宴会場は、華やかで美しい。

このような時、ドラマなどを見ると、侍従が「誰々の入場です!」と大声で叫ぶのだが、私たちは招待状を見せて、そのまま静かに入ってきた。

小説だと呼んでいるけれど、なんで言わないのだろう?

「特別な地位ではない限り、伯爵以上の爵位の方だけを呼ぶのです。これだけ大勢の人々を呼ぶことはできませんから」

確かに、こんなに大勢の人を呼ぶとうるさくて、お互いに会話もできないだろう。

セヤは王妃宮やユルーゲルの別荘で見たのは少し違う顔だった。

公式の場で彼を見るのは初めて。

彼は少しよそよそしい表情で私を見ていた。

知っている男性が一番セクシーに見える瞬間は、自分が知らない表情を浮かべている時。

だからなのか、セヤが見慣れないし、少しセクシーに見えた。

セヤはたくさんの人と挨拶はしなかったが、みんなが私のことを知っている。

彼が挨拶をして、私を紹介するにつれてざわめく声が私を中心に広がった。

まるで芸能人になったような気分。

 



 

ついに宴会が始まりましたね!

クラインから贈られたドレスを着る機会はあるのでしょうか?

ミオ卿から贈られたドレスも無事に着こなすことが出来てホッとしました(笑)

ミオ卿の話す「勝て」とは誰に対して?

メイドとして生き残ります【99話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 今回は99話をまとめました...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...