伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【102話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は102をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

102話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【101話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は101話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ネクロマンサー、メアリー

「メアリー、初対面の人に見せては!はぁ・・・」

ターシャはため息をつき、メアリーの腕をつかむ。

そして、彼女はローブを慎重に戻した。

同時に、ターシャはケイルとチェハンの表情を観察し続ける。

「これは、その・・・」

ターシャは不安を隠すことができなかった。

ラオンを見たとき以上の動揺が見える。

「ターシャ」

ケイルはターシャの⽬を直視し、落ち着かせた。

「誰にも⾔うつもりはないので⼼配しないでください。私たちはすでに全員同じ船に乗っているのですから」

ターシャは口をパクパクさせる。

彼女はアルベルがケイルについて話していたことを思い出す。

『おばさん、彼は失礼かもしれませんが、彼は約束を守る人物です。私は彼を信頼することはできませんが、少なくとも頼ることはできます』

それはアルベルが彼を信用していると話しているのと同じようなものだ。

ターシャも、ケイルと話す時間が長くなるほど、アルベルの言葉に同意し始めていた。

その瞬間、メアリーが話し始める。

「ドラゴン様についても話しません。エレメンタルの誓いを⽴てることができないので、代わりに⾃分の⼈⽣で誓います」

彼女の言葉で、ケイルの笑みが消える。

そして、ターシャが口を開いた。

「ケイル公子、ネクロマンサーについて知っていますか?」

「・・・少しだけ」

ネクロマンサーとは、死のマナを使用して死んだ⽣き物を制御する人々のこと。

彼らはまた、魔法を使っても隠すことが不可能な傷を体に持っている。

今⾒たメアリーの腕のように、彼らの全⾝は蜘蛛の巣のように⾒える⿊い静脈で覆われているのだ。

⿊いクモの巣を持つ⼈間。

死のマナを使うことの副作⽤。

それは、死体を使って戦うことに加えて、ネクロマンサーが追い詰められたもう⼀つの理由だったのかもしれません。

「彼らは役に⽴たないと⾒なされました」

しかし、世の中には役に⽴たない職業は存在しない。

すべての職業に役⽴つ時間と場所がある。

「私の名前はメアリーです。今年で25歳です」

メアリーはラオンのスタイルに従って⾃⼰紹介した。

ラオンが好奇⼼を持って⿊いローブを⾒ている間、ケイルは静かに⽿を傾ける。

「私は過去15年間、この⽣命の街に住んでいます。10歳のときに家族と⼀緒に砂漠に逃げ込んだのは覚えています」

ネクロマンサーのメアリーは、予想通り、村から逃げ出した⼈々の⼀⼈。

「それが私が覚えている唯⼀のことです」

「え?」

ケイルは彼⼥の言葉が何を意味するのかすぐには理解できなかった。

「15年前、死のマナが浮かび上がった⽇にメアリーを⾒つけました」

ショーンが固い表情で話し続ける。

「彼⼥を⾒つけたのは私です」

ショーンは15年前に起こったことを思い出した。

「15年前は、死のマナの最⼤量が死の地にやってきたときでした。これは、過去数百年で⾒た中で最も多く、標準の約20倍でした」

メアリーがどうやってネクロマンサーになったかを理解する。

「メアリー夫人はそこで見つかったのですね」

「その通りです、ケイル公子。メアリーは私たちが彼⼥を⾒つけるまでにかなりの量の死のマナを吸収していました」

「しかし、彼⼥はなんとか⽣き残ったのですか?」

ショーンが答えようとすると、メアリーがその質問に答える。

「はい。⾮常に苦痛でしたが、なんとか⽣き延びました」

痛いと話すにもかかわらず、メアリーの感情に変化はない。

「静脈がすべて弾けているように感じました。⽣き残るためには、体を貫く激しい痛みに対処しながら、死のマナをコントロールすることを学ぶ必要があったのです。⿊魔道⼠かネクロマンサーの選択肢が与えられたとき、私はネクロマンサーになることを選びました」

10歳のメアリーは、⽣き残るためにネクロマンサーになる必要があった。

「だからこそ、痛みが減ったことを嬉しく思います」

ターシャはそれ以上聞くのが難しいように頭を下げる。

「しかし、それ以前の⼈⽣の思い出はありません」

ケイルは、ようやくメアリーの言葉の意味を理解した。

「私は砂漠を駆け抜けていました。家族が⼀⼈ずつ後ろに倒れ始めましたが、それでも⾛り続けました。それが私が覚えている唯⼀のことです。どこに住んでいたのか、家族の顔も覚えていません」

メアリーはただ⼀つのことを思い出す。

『メアリー、⾛り続けろ!振り返らないで、ただ⾛ってください!』

⾛り続けながら、お⺟さんの声と⾜元の砂の感触だけを覚えていた。

彼⼥は⺟親の声のおかげで⾃分の名前を思い出すことができただけなのだ。

「苦しんでいますが、私は幸せでとても感謝しています」

メアリーは死の都、いや、⽣命の都にいることに満⾜し、感謝していた。

そして、自分を街に留めようとしていた市長と、自分を救い、過去15年間世話を続けてきたショーンとターシャにも感謝していた。

しかし、彼⼥は毎晩⺟親の声を聞く。

「⼈間がネクロマンサーを好まないことは知っていますが、それでも⼈間の世界に興味があります」

市内の⼤多数の⼈々は、⼈間の世界を地獄と呼んでいる。

彼らはまた、⼈間はネクロマンサーを軽蔑していると⾔った。

「私は誰にも危害を加えたくないので、⼀⼈で⾏きます」

忘れられた最初の10年間は、メアリーを悩ませ続け、痛みを引き起こしていた。

そのため、彼⼥は最初の10年間に何が起こったのかを理解したかったのです。

⾃分の記憶を取り戻すために、⼈間の世界に⾏く必要があると考えて。

メアリーは腕の袖を引き上げた。

醜い傷跡が再び現れる。

「⼈々はこれらの傷が嫌だと感じていると聞きました。そのため、これらの傷が明らかにならないようにし、寺院を避けなければなりません。私はこの旅⾏のためにたくさん準備しました」

市長は何も⾔えなかった。

メアリーが実際は世界に興味がないことを知っていたから。

彼は、彼⼥が毎晩悩ませ続けている彼⼥の忘れられた思い出を⾒つけたいと思っていることを知っていたのだ。

その瞬間、彼は何かが動き始めているのを目撃する。

それはラオンだった。

ラオンはメアリーに向かって⾶んで、彼⼥の前で⽴ち⽌まった。

「あなたはなんとか⽣きることができて素晴らしいです!もちろん、あなたは俺様のように素晴らしくて⼒強いわけではありませんが、それでも素晴らしいです!」

ケイルもラオンに同意する。

ラオンの興奮した叫びとは⾮常に異なる穏やかな⼝調で話し始めた。

「あなたは素晴らしいです。なんとか⽣きていれば⼤丈夫なのですから」

「その通りです!俺様はあなたが少し素晴らしい⼈間であることを認めます!」

「ありがとうございます、ドラゴン様。私は許可を得るまで出て⾏きません。⼀度出発したら、1年以内に必ず戻ってきます」

メアリーの表情は真剣だった。

市長もその覚悟を感じ取る。

「分かりました・・・。もう一度、後で話しましょう」

メアリーはこの都市で唯⼀のネクロマンサー、いや、⻄部⼤陸全体で唯一の人物。

「分かりました」

メアリーが答えると、市長は視線をケイルとラオンに向けた。

「死のマナが無くなったらお知らせします。この期間の滞在をより良くするために何かできることがあればお知らせください」

「市⻑さん、どうもありがとうございました」

ケイルは彼と握手をした。

 



 

市長を残して、ケイル達は外に出る。

もちろん、ラオンは姿を隠す魔法を使用して。

「メアリー」

メアリーが頭を向けてケイルを⾒上げる。

自然なペースで歩き続けながら、ケイルが尋ねた。

「私に腕を作ってくれませんか?」

「⼈体の腕のことですか?」

メアリーの無表情な質問に優しく答える。

「はい。左腕を」

「何かのためにそれが必要なのですか?」

「ええ、その通りです」

「分かりました。あなたのために作りましょう」

報酬について尋ねなかったメアリーに⽬を向け、尋ねた。

「⼈間の世界で何を⾒たいのですか?」

ショーンとターシャは彼の質問に怯んだ。

メアリーは躊躇うことなく答える。

「分かりません」

彼女は本当に知らなかった。

「⼈間の世界の記憶はなくて、本でしか読んでいないので想像できません。でも、そこに着いたら⾒たいことがたくさんある気がします」

「それは理に叶っていると思います」

その瞬間、ラオンがケイルの⼼の中で話し始めた。

[俺様はその気持ちを理解できる]

ラオンが洞窟に4年間いた間、⾒たかったものは何もない。

彼はまだ何も⾒ていなかったから。

彼はただ⾃由になりたかっただけ。

彼が楽しみにしていたものは他になかった。

[彼⼥は素晴らしい⼈間です]

ラオンはネクロマンサーのメアリーを称賛し続けた。

彼は彼⼥に世界を⾒てほしかった。

 



 

2⽇後、ケイルは天井を⾒つめながらソファに横になっていた。

地震のような⼤きな⾳がする。

「坊っちゃま、死のマナが上昇しようとしているようですね」

「そうみたいだな」

ロンが⼿渡したレモネードを⼀⼝飲む。

「ビクロス、レモネードをもう⼀杯持ってきてください」

「え?」

「坊っちゃま、私がお持ちします」

混乱するビクロスの代わりに、ロンが立ち上がる。

その瞬間、来客を知らせる鐘の音が鳴り響いた。

「ロン、あなたは座りなさい」

現れたのは、全身を黒いローブで覆った人物。

「ビクロス、ゲストのためにレモネードを持ってきてください」

ケイルは、混乱しているビクロスに話し続ける。

「彼女はあなたのお父さんの腕を作る人物です」

ビクロスの表情が固まる。

常に優しい笑顔を浮かべているロンでさえ、表情を変えざるを得なかった。

「メアリー」

ケイルは、⼆本の短剣を振るう暗殺者ロンのために新しい腕を作る人物に報酬を与えることを計画していた。

「私はあなたに6ヶ⽉間滞在する場所を提供します」

[よし!よくやった、弱い⼈間!]

ラオンはケイルの⼼の中で叫んだ。

 



 

新たな重要人物のメアリー。

彼女はロンの腕をどうやって作るのでしょうか?

ラオンが彼女をとても気に入っているのが可愛いですね♪

旅の新たな仲間となるかもしれません。

伯爵家の暴れん坊になった【103話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は103話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...