伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【113話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は113をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

113話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【112話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は112話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 火の落雷

[ケイル!]

ケイルはラオンの声を頭の中で聞く。

彼は苦しんでいた。

この世界にやって来て以来、これほどの痛みを感じたことがなかったのだ。

「うぐ・・・」

⿊い⾎がケイルの指を通って城壁に滴り落ち続ける。

「ケ、ケイルさん!」

彼を支える手。

それはチェハンの手だった。

無意識のうちにケイルを立ち上がらせようとすると、誰かがそれを妨げる。

「やめなさい」

「・・・何をするのですか?」

ロンの静止する声に、チェハンが反応した。

ロンは冷静な表情で話し続ける。

しかし、彼の唇の⾓は⻘ざめていた。

「⾎が間違った方向に流れたらどうしますか?」

チェハンはケイルから⼿を放す。

その瞬間、彼は⾎まみれの⼿が腕を掴んでいるのを⾒る。

それはケイルの腕。

彼は苦しそうな表情で、チェハンとロンに目を向けた。

「い、急げ」

「くそ!なぜ血が止まらない?」

⾎が彼の⼝を満たし続け、適切に話すのを妨げる。

⽕の落雷が上陸した後、ケイルはとても苦しんでいた。

しかし、⼼の活⼒が彼を癒し始めたので、約1分後にもはや痛みを感じていなかった。

しかし、まだ2つの問題が。

第一に、まだ⾎を吐き続けていること。

第⼆に・・・。

(腹が空いた)

空腹で、体のエネルギーをすべて使い果たしたように感じていた。

まるで数⽇間飢えていたかのように。。

それは、キム・ロックスが⻑期間⾷べ物を⾷べないことに慣れる前に感じていた痛みに似ていた。

「チェハン・・・、急いで⾏け!」

「何を⾔ってるんですか、ケイルさん!?私たちは最初にあなたの世話をする必要があります!」

その瞬間、ケイルは誰かが叫んでいるのを聞く。

「あぁぁぁぁぁぁ!わ、私の肌が!」

それは⽼⼈の声。

彼はそれが調教師であると確信した。

悲鳴と焦げた⾁の⾹り。

ケイルは状況を見ることが出来なかったが、チェハンは何が起こっているのかを⾒ることができた。

⾚い光が当たった場所は真っ⿊に燃え、⼤きな⽕が鳴り続けている。

⽕の上に⽣命体を⾒ることができなかった。

サンダーボルトの範囲は⾮常に広かった。

後方にいた秘密結社のメンバーは皆、跡形もなく消えていった。

「私の、私の柔らかい肌が!ああ!」

チェハンの視線が冷たくなる。

調教師と魔法の槍兵は、雷の範囲外にいたので、回避に成功したに違いないでしょう。

しかし、魔法の槍兵の茶⾊の髪がすべて焼けて無くなっていた。

右⼿には火傷を負ったように見える。

「殺しなさい、彼ら全員を殺しなさい!痛い!痛い!」

しかし、魔法の槍兵は調教師ほど傷ついていない。

調教師は腕に深い怪我を負い、顔が焼けていた。

チェハンは、エルフの村に向かう前に、ケイルが⾔ったことを思い出す。

『私は古代の⼒を⼿に⼊れました。そして、それを試してみたいです。ですから、私たちが壁に到着した後、誰もが後ろに後退します』

それは驚くべき⼒だった。

彼でさえ⼀撃でそのようなダメージを与えることはできないでしょう。

だからチェハンは、エルフが無表情でそこに⽴っている理由を理解した。

「何してる?早く⾏け」

ケイルは穏やかな表情を浮かべながらも、⾎を吐きながら⾏くようにチェハンに伝える。

「急いで⾏ってください。動物たちをこのまま苦しめ続けるつもりですか?」

チェハンは、ケイルの手の甲の静脈に気づく。

(ケイルさんは首都でもこんな感じだった)

他⼈を救うために、ケイルがいつも⾃分を危険にさらすことを。

しかし、チェハンは彼の気持ちを理解する。

 



 

ラオンの声は⼀貫してケイルの⼼に響き渡っていた。

[こ、これ・・・。ち、血が出ている!]

(彼は何を言っている?)

ラオンは動揺し過ぎていて上手く喋れていない。

代わりに、彼は同じことを何度も繰り返していた。

その瞬間、ケイルはチェハンの声を聞く。

「ケイルさん、私はすぐに戻ってきます」

ケイルの反応を待たずに、チェハンはその場から姿を消す。

すぐに多くの悲鳴を聞いた。

それはチェハンの仕業である可能性が高いでしょう。

⼿の中の⾎を拭き取り、⾜に⼒を⼊れる。

それからケイルはすぐに命令を出した。

「ロン、死のマナを」

「・・・かしこまりました」

ネクロマンサーのメアリーが作ったロンの左腕は、⽣きていなかったので死のマナを集めることができる。

ケイルは、この貴重な死のマナをダークエルフと皇太⼦に売ることを計画していたのだ。

彼はラークと⼦猫を⾒る。

「⾏きなさい」

ケイルの無関⼼な声を聞いた後、ラークはすぐに壁から⾶び降り、チェハンの後ろを⾛り始めた。

ラークの腕の中にいたオンとホンは、ケイルの元に向かう。

彼らはケイルの⾜で⾃分の体を擦り付けようとするが、⿊い染料が体から剥がれることを望まなかったので、彼らを避ける。

代わりに、ケイルは綺麗な⼿で彼らを軽く撫でて、彼らを促した。

オンとホンは、⽛を明らかにしてラークの後ろを追う前に、さらに数回鳴く。

ゆっくりと立ち上がると、視界が一瞬ぼやけた。

全力を尽くした後なのか、空腹からなのかは分からない。

「破壊の⽕はこれほど強かったのか?」

彼は焦げた地⾯の上に炎を見る。

「破壊の火」を全力で使⽤した結果は、ケイルの予想以上だった。

「これはかなり良いな」

それは20万枚の銀貨の価値がある。

しかし、彼の満⾜に反して、ケイルは体に⼒を⼊れることができなかった。

自分が後ろに倒れるのを止める力さえもない。

「公子様!」

「マズイ!」

ペンドリックとビクロスが腕を伸ばす。

しかし、彼らが到達することができなかったにもかかわらず、ケイルは倒れなかった。

[いいえ!ケイルは!倒れない!]

頭が背中を⽀えているのを感じることができた。

それはブラックドラゴン、ラオンの頭。

背中が濡れ始めたとき、ケイルはラオンの丸い頭を背中に感じる。

ラオンは泣いているようだった。

ケールは眉をひそめる。

(不味いな・・・)

ペンドリックの後ろのエルフに⽬を向けた。

彼らは皆、まだ壁の下をぼんやりと⾒つめている。

しかし、近くにいたガーディアンナイトとチーフの2⼈のエルフがゆっくりとケイルの⽅を向いた。

同時に、2⼈のエルフの隣にいるエレメンタル、半透明のブルーエレメンタルとホワイトエレメンタルは、どちらも恐怖で震え始めた。

「ケイルさん、⼤丈夫ですか?」

ペンドリックの⼿は⽩い光で覆われている。

それが彼の癒しの⼒。

ペンドリックの⼿はすぐにケイルの背中に向かったが、何か⾒えないものにぶつかった。

「え?」

ペンドリックはショックで呟く。

「気にしないでください」

ケイルは注意をそらすためにペンドリックと話し始めた。

「飼いならされた動物を取り除いたら、エルフが動物の世話をする⽅が良いと思います。彼らは⻑い間皆さんと⼀緒に暮らしてきましたから」

ペンドリックが動きを⽌める。

彼はケイルに⽬を向けて、ケイルの穏やかな態度を⾒た後、⾔葉を失った。

ペンドリックはようやく、なぜケイルが⾚い落雷、つまり⾃分の⼒を犠牲にして動物に投げかけるのに必要な⼒を使わなかったのかを理解したのだ。

彼は動物を気の毒に思っていた。

⻑い間動物と調和して⽣きてきたエルフたちが平和に別れを告げられるように、彼はこの困難で苦痛な⽅法を選んだと。

 



 

チェハンと他の⼈たちはとてもよく戦っていた。

ケイルはチェハンの⿊いオーラが調教師の胃を切り裂くのを発見する。

「ち、⾎だ!誰か!私を守ってください!」

「こいつ!」

チェハンは魔法の槍兵の攻撃を素早くかわした。

「⾦髪の双⼦のせいで既に忙しいのに!なぜこれらのろくでなしは、いつも私の邪魔をしする!?」

ケイルは無関⼼なチェハンから⽬をそらし、他の⼈たちも戦っていたのを⾒た。

自分がそこにいないと、ラーク、⼦猫、そしてロンでさえ、⽔中にいる⿂のようだ。

彼ら全員が自分を抑えずに戦っていたのだから。

戦場は⾎だらけだった。

ケイルは自分の⾏動を後悔する。

彼がしなければならなかったのは、彼の指揮下でこれらの専⾨家を使うことだけだったと。

ケイルは眠りたかった。

痛みではなく、空腹で。

⼼の活⼒を受けた後、失神するのは初めてのことだ。

別の理由でケイルの苦笑いを誤解していたペンドリックは、複雑な表情で何度も躊躇し、ついに話し始める。

「・・・私たちはあなたと他のみんなの慈悲、公子様を決して忘れません」

しかし、ケイルはペンドリックの声明に答えることができなかった。

「しまった!」

近づいていたビクロスが⼤声で叫ぶ。

すぐに振り返ったケイルは、⽬の前に⽩い包帯を⾒る。

それは暗殺者、ナンバー1の姿。

サンダーボルトが降り注ぐ間も、彼は振り返らずに⾛ってきたようだ。

包帯の下に⾒える⽬とアイコンタクトを取る。

その瞬間、彼は頭の中で怒った声を聞いた。

その声は泣いていたようにも聞こえた。

[俺様は彼を殺すつもりです]

⽩い包帯が後ろに⾶んだ。

それはラオンの力。

空中に浮かんでいた⽩い包帯は恐怖で動こうとしたが、何もできなかった。

「こ、これは何ですか?あなたは魔道⼠ですか?」

[いいえ、ドラゴンです]

悪意のある声がケイルの頭の中で話し続けた。

[俺様はお前たちを決して許さない。⼈間、あなたが尋ねたように、俺様は現れません。しかし、⾒返りに、⾒ないでください。あなたのような弱者が⾒るのは難しいでしょう]

ラオンが尋ねたように、ケイルは喜んでやった。

ラオンが夢中になった場合に備えて、彼は必ず何かを⾔うようにして。

そして、⽬を閉じる。

眠りについたとき、丸い爬⾍類の頭と⾜が自分の体を⽀えているのを感じた。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

哀れな悲鳴が⾕に響き渡る。

何かが爆発したように聞こえた。

実際、それは⼈体が爆破したような音。

「偉⼤で⼒強い存在の保護・・・!」

その声を聞いた後、ケイルは意識を失う。

そして⽬を覚ましたとき、彼は⾮常に美しく、ほとんど圧倒的な花畑に横たわっていた。

頭には奇妙な葉の冠さえ。

それは世界樹の葉から作られた王冠。

ケイルは何が起こっているのか不安に感じた。

 



 

ラオンがケイルの名前を呼ぶのは2回目?

全員が全力を発揮すれば、秘密結社も敵ではないですね!

そして、目を覚ましたケイルのいる場所は?

伯爵家の暴れん坊になった【114話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は114話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...