伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【114話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は114をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

114話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【113話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は113話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 世界樹

ケイルは、意識を取り戻したとき、⾃分の感覚に戻ったとき、沼から出てきたように感じた。

何が起こったのか思い出そうとすると、頭の中で声が聞こえてきた。

[3、2、1・・・]

[次が本当に最後です、人間。俺様は100からカウントダウンします]

[0に達する前に⽬を覚ましなさい。さもないとこの⼤陸を破壊します]

[100、99、98・・・]

ケイルはラオンの声を聞いてすぐに⽬を開ける。

そして、目の前の光景にショックを受けた。

「フラワーガーデン?」

[9___!]

頭の中で聞こえるラオンの声が驚きに満ちている。

ケイルが頭を下げると、お腹の上に見えない何かを感じた。

それはラオンでしょう。

(彼はずっとここにいたのか?)

このブラックドラゴンがずっとカウントダウンを暗唱していただろうと考えて、ケイルは恐怖を感じる。

ラオンの背中を軽く撫でると、⾃然に冷たい爬⾍類の⽪膚を感じた。

それからケイルは視線をあげる。

「・・・はぁ」

どうして最初に見る顔がロンなのだろうか?

いつもの笑みを浮かべておらず、ロンは固まった表情でケイルを見つめていた。

「・・・どうして刃を研いでいる?」

しかも、ロンは花畑で短剣を研いでいた。

それに触れるだけで肌が切れるような感覚に陥る。

[⼈間!なぜ3⽇間失神したのですか!?俺様はあのような何百もの落雷を作ることができます!⼆度とそれをしないでください!弱者は弱者のように⽣きるべきです!]

「3⽇?私は3⽇間気を失っていたのか?」

「ケイルさん!」

ケイルが驚いていると、彼はチェハン、オン、ホン、そして他のメンバー全員が向かっているのを発見した。

彼らを⾒るやいなや、ケイルは眉をひそめる。

「なぜ彼らはまだ着替えていないのですか?」

ラオンは3⽇経ったと話した。

それにもかかわらず、まだ⿊い服を着ているチェハンとラークを⾒て、彼らは体から乾いた⾎を拭くことさえしていないように見える。

ケイルが着ていた服には血や汚れは見られない。

[俺様が魔法であなたを綺麗にしました!俺様は綺麗好きなドラゴンです!]

ラオンは本当に最⾼だった。

「やっと、やっと!あなたは⽬が覚めたのですね」

チェハンが皆を代表して話す。

彼の声は安堵と賞賛が混ざっていた。

過去3⽇間、チェハンと他の⼈々は⽴ち去らずにケイルのそばにいたのだ。

「ここは?」

「ここは⽣命⼒と⾃然の⼒が最も強い場所だと⾔われています。エルフは、これが回復のための最良の場所であると私たちに⾔いました」

ケイルは、ここが⼩説で説明されているエルフ村のフラワーガーデンであることをすぐに理解した。

世界樹の枝はこの花畑の近くに存在する。

まだ力の入らない⼿を動かして頭に触れた。

頭の上には、世界樹の葉でできた王冠が。

エルフは⼈間に世界樹の葉で作られた王冠を提供し、世界樹の枝に最も近い場所に彼らを置くことにした。

これは普通ではあり得ないほどの待遇。

その答えは一つだけでしょう。

ケイルは気絶する直前に聞いたショックを受けた声を思い出した。

『偉⼤で⼒強い存在の保護・・・!』

エルフ村の⻑はドラゴンの存在に気づいたようです。

問題は、ラオンを知っていたのは彼⼥だけだったのか、それとも他のみんなも知っていたのかということ。

ケイルは自分のお腹を指さした。

チェハンはケイルの視線を避けて、誰にも聞こえないように静かな声で素早く話し出す。

「ええと、誰もラオンを⾒たことがありませんが、村長とガーディアンナイトはその存在が近くにあることを知っています」

「二人だけか?」

「他の⼈はおそらく疑っています」

ラオンが頭の中で呟く。

[お、俺様は⾃分⾃⾝を決して⾒せませんでした!約束を守りました!俺様は静かにあなたの隣にいました、⼈間!彼⼥が俺様に話しかけようとしたとき、俺様は彼女を無視しました!]

 



 

3日間の経過。

ケイルはあまりにも⻑い間眠っていた。

「坊っちゃま、話す⼒はありますか?」

メンバーの全員が、ロンの質問でケイルに⽬を向ける。

彼は⾎を吐いた後気を失った。

彼らは、ケイルが他⼈を助けるのが好きな良い⼈であることを知っていたが、ケイルが動き回ったり怪我をしたりするのを楽しんでいないことも知っていた。

そんな彼が気を失うほどの⼒を使ったのだ。

彼らは皆とてもショックを受けて、彼らの⼼は空⽩になった。

彼らはゆっくりと開き始めていたケイルの唇に焦点を合わせる。

とても冷たく聞こえたのは、彼のいつもの無関⼼な声。

「誰も怪我をしませんでしたか?」

ロンはゆっくりと微笑み始める。

オンとホンは、ケイルの体に顔をこすり始めたとき、鳴いた。

「大丈夫です。誰も怪我をしていません。⼼配する必要はありません、坊っちゃま」

「心配?」

ケイルはショックの表情を浮かべる。

「それは当然のことです」

チェハンが怪我をするためには、敵はクジラの王族のレベルの⼒を必要とするでしょうから。

彼らが怪我をしないのは当然のことでしょう。

ニヤニヤしていたチェハンを⾒ていると、ケイルはイライラし始めた。

「ごほん・・・。ケイルさん」

チェハンは話し始める前に偽の咳を吐き出す。

彼は3⽇前からの戦いの結果をケイルに報告する必要があったのだ。

「3⽇前の戦闘の後、すべての敵が撤退しました。暗殺者のナンバーワンは死にましたが、魔法の槍兵は将来下半⾝を動かすことができないでしょう。調教師については・・・」

チェハンは、ケイルが手のひらを前に出したことに気づく。

それは話すのを止めるジェスチャーだ。

「お腹が空きました」

「・・・え?」

「肉」

「え?」

ケイルは野菜しかなかったエルフの村で⾁を探していた。

気絶する前は⼀枚のパンを望んでいたが、今では⾁が必要だと感じたのだ。

⼒は回復したが、飢えた気持ちは消えていない。

ケイルは混乱したチェハンに⾃信を持って返事をした。

「⾁を出すように⾔ってください」

ビクロスはその瞬間に⽴ち上がった。

「私はあなたのために探しに⾏きます」

「期待しています」

ケイルは初めてビクロスを心から信頼した。

 



 

ビクロスが去った後、誰かが現れる。

ケイルは彼らの⽅を向いて話し始めた。

「私はベッドに横になりたいです」

彼らは、ペンドリックと、⼩説に繰り返し登場したエルフ村の村長カナリア。

「私は、偉⼤で⼒強い存在の保護を受けた私たちが尊敬するゲストにふさわしい家を提供します」

それは⾮常に敬意を表する態度。

チェハンは過去3⽇間これを⾒ていたが、それでもこの⾮常に敬意を表する態度に少し圧倒された。

彼らはエルフを助けたが、このレベルの尊敬は彼らが値するものを超えているように⾒えたからだ。

「分かりました、案内してください」

ケイルは状況をそのまま受け⼊れたので、あまり気にしていなかった。

しかし、彼は案内された家を⾒た後、少しぎこちなく感じることに。

「こちらです」

案内された場所は、エルフ村で⼀番⼤きな⽊に⽳をあけて作った家。

ケイルはカナリアに⽬を向けた。

「ここは私の家です」

ここは村全体で最⾼の家でしょう。

葉でできた柔らかいソファに腰を下ろしたケールは、パンを⾷べている間に過去3⽇間に何が起こったのかについての残りの話を聞いた。

「調教師は⽬を失い、気を失った後、魔法の槍兵と一緒にテレポートしました。魔法の槍兵は槍を失い、⾜を負傷したので、将来は下半⾝が使えなくなることが予想されます。中年の剣⼠と数⼈の組織のメンバーが投獄されている間、彼らのうちの2⼈だけがなんとか逃げることができました。残りは___」

彼らは死んでいた。

動物も死んでいた。

「それなら、今すぐ出発できますね」

すべてが解決したので、ケイルたちがもうここにいる必要はない。

ペンドリックは怯んで、話し始めた。

「私たちは報酬をお渡しする必要があります」

ケイルたちの活躍は、エルフが当初予想していたものを超えていた。

「必要ありません。エルフは村と境界を回復するのに⼗分な問題を抱えているでしょう、それで私はどうやって何かを求めることができますか?私のグループの誰もが怪我をしなかったので、私は⼗分に幸せです」

ペンドリックの両目が震え始める。

前回もそう感じたが、どうしてこんなにいい⼈がいるのでしょうか?

彼は貴族が貪欲で権⼒を求めていると聞いていたが、その情報はすべて間違っているようでした。

その瞬間、ペンドリックはカナリアが話し始めるのを聞くことができた。

「なぜあなたがドラゴンの保護を受けているのか分かります」

敵を破壊したその圧倒的な⾃然の⼒はドラゴンのもの。

神々は存在したが、エルフはドラゴンが彼らと⼀緒に世界に住んでいた神々であると信じていた。

ケイルは、すべての⽣き物の神である存在によって保護された⼈。

「ドラゴン様が⾃分⾃⾝を明かさずにあなたのそばを歩き回っているのには理由があると確信しています」

カナリア村長はケイルを観察していた。

ドラゴンは正体を隠していたが、彼の⼒を明らかにした。

⻑い間⽣きてきた彼⼥のような⼈は、当然ドラゴンの意図を理解している。

「ドラゴン様は私たちが彼を崇拝することを望んでいないのでしょう。ドラゴン様の保護を受けている⼈として、あなたにはすべてを聞く資格があると思います」

「資格?」

嫌な予感がして、ケイルは眉をひそめる。

彼がやりたかったのは、立ち去る前にエルフの村からできるだけ多くを奪うこと。

「ちょっと待っ___」

「彼らは世界樹を探しているようです」

「ちょっと待って」と叫ぶ前に、役に⽴たない何かを聞いてしまう。

ケイルの両目は震え始めた。

カナリアがケイルの反応に気づいたとき、彼女は奇妙な笑顔を浮かべる。

「世界樹の場所は不明です。それを知っている⼈間はほとんどいません」

しかし、ケイルはその場所を知っていた。

世界樹は、5つの禁じられた地域の最後、絶望の⾕に存在する。

この場所を知っているエルフはごく僅か。

「・・・それは⼈々が知る必要のある場所ではありません」

ケイルは知らないふりをした。

しかし、カナリアは微笑み始めたので、ケイルの意図を誤解していたに違いない。

「あなたが正しいです。しかし、貪欲な⼈間は常にその場所を知りたがっています。今回のあの組織のように。しかし、逆の種類の⼈々も必ずいるでしょう」

彼⼥は、⾒返りに利益を望まずに⾃分⾃⾝を犠牲にすることをいとわなかったこの慈悲深い⼈はすべてを知るべきだと感じたのだ。

さらに、彼の隣にドラゴンがいる、

利⼰主義で知られる種族であるドラゴンが彼らの⼒を他の誰かのために喜んで使⽤したという事実は、ケイルが何年もの間話題にされるであろう英雄になるでしょう。

ドラゴンは強い意志を持った才能のある⼈間だけを助ける傾向がある。

「そのため、状況に対処するためにペンドリックをゴールドドラゴン卿に送る予定です。現在、世界樹周辺の防御は彼の魔法で制御されていますから」

「今何て?」

[ゴールドドラゴン?]

ラオンも同様の反応を⽰す。

当然のことながら、ケイルは他のドラゴンの場所を知りたくなかった。

特にそれが世界樹に関連していたから。

もちろん、世界樹が⻄部⼤陸から消えたとしても、⼤きなことは何も起こりません。

[⼈間!気になります!]

しかし、ラオンは好奇⼼旺盛だった。

[彼⼥に聞いて!ドラゴンに興味があります!]

なぜこのドラゴンは別のドラゴンに好奇⼼を⽰すのだろうか?

ケイルは最終的に尋ねる前に⻑い間躊躇する。

「・・・ペンドリックはどこに⾏くのですか?」

彼はドラゴンの場所を直接尋ねなかった。

彼女が答えてくれないことを望んで。

「彼はホイッパー王国にいます」

 



 

ケイルが今後「破壊の火」を使うことは滅多にないでしょうね。

これまでの古代の力と違って、相当の代償がありましたから。

ラオンのカウントダウンは怖すぎます(笑)

次の目的地はホイッパー王国でしょうか?

そこでラオンとは別のドラゴンに出会える?

伯爵家の暴れん坊になった【115話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は115話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...