伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【117話(後編)】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は117話(後編)をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

117話(後編) ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【117話(前編)】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は117話(前編)をま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 英雄の伝説

ケイルは歩き始めようとしたが、すぐに⽌まる。

「うん?」

混沌として⾶び回っていた半透明のエレメンタルが、彼の道を作るために並んでいた。

彼らは道を照らすランプのよう。

彼らは並んでいる間に何かを呟いたが、ケイルには理解する⽅法がない。

「彼はまともな⼈です。彼がエレメンタリストではないことが残念です。彼を私の友達に紹介したい」

「彼は私の⺟が私に話した古代の英雄を思い出させます」

「彼は本当にいい⼈だと思います。以前ははっきりとは分かりませんでしたが、彼はとても純粋なようです」

エレメンタルが⾔っていることを聞いたら、ケイルは嘲笑しただろうが、エルフの誰も彼らのコメントを嘲笑しない。

カナリア村長だけが⼊り⼝でケイルに奇妙な表情で挨拶した。

「村長、私は今から出発します」

カナリアは別れを⾔う代わりに質問をする。

「公子様、あなたはあなたの家族が北東にいると⾔いましたか?」

「・・・はい?」

彼⼥はケイルの⽬に警戒⼼を読み取った。

このケイルは以前の勇敢なケイルよりもはるかに扱いやすかったので、カナリアは笑顔を浮かべる。

「ケイル公子、あなたが現在、大地の⼒を持っていないことを知っていると私は信じます。ローン王国はボルダー王国であり、これは大地の⼒が最も強い場所です。岩は最強の形です」

「それで?」

ケイルには、これ以上古代の⼒を得る計画はなかった。

大地の⼒を⼿に⼊れれば、彼は⾃然の5つの要素すべてを持つことになるでしょう。

そのようなことをすることは、困難な未来に繋がるという不吉な気持ちを持っていた。

ケイルの表情が固まっていることに気づいたカナリアは、腕に抱えていた本を慎重に彼に⼿渡す。

ケイルは本を受け取らず、代わりに混乱した表情で彼⼥を⾒た。

「これは、大地に関連する古代の伝説について論じた本です。とても古い書物で、その意味を完全に解読することはできませんが、将来必要になるかもしれないと感じています」

「古代の伝説?」

彼はそれを必要としていない。

しかし、カナリアの継続的な⾔葉は、ケイルの⽬を⼤きく開かせた。

「それはかなり⾯⽩い伝説です。破壊⼒の強い英雄は、お⾦に⾮常に貪欲だったと思われます。その英雄が死ぬと、この伝説の英雄は彼の友⼈の富を⾒つけてそれを安全に保ったと⾔われています」

カナリアは⿐を鳴らした。

「英雄がお⾦に貪欲?世界を凍結から救ったと思われ、権⼒、影響⼒、名声を求めなかった英雄が?そのような人物がどうしてお⾦に貪欲になるのでしょうか?信じられないことではありませんか?」

彼女は同意を求めるかのように、ケイルを見つめる。

ケイルも鼻を鳴らして頷く。

「もちろんです。そんな人物が英雄になることができますか?多くの古代の伝説は嘘と真実が混ざり合っています」

「それはよくあることですね。とにかく、この本は貪欲な英雄の友⼈であり敵でもあった他の英雄の伝説についてです。この英雄は大地の⼒を使った人物のようです。」

興味を持ち始めたケイルに、その本に手を伸ばす。

「正直に⾔うと、この本に書かれている古代の⼒を⾒つけることはできないと思います。しかし、私たちはこの本を必要としないので、あなたが私たちの村を救うのを⼿伝ってくれたので、少しでもあなたを助けることができれば素晴らしいと思いました」

「貴重な本じゃないのですか?」

「正直に⾔うと、違います」

カナリアはそれがケイルの気分を悪くするかもしれないと思ったが、真実を⾔うことに決めた。

「エルフには必要のないものを集める倉庫があります。この本がその倉庫にあったことを思い出し、持ってきました」

しかし、彼⼥はこの本はケイルにとってあまり役に⽴たないと考えている。

その理由は、彼⼥が本に書かれている場所に⾏ったが、何も⾒つからなかったから。

(しかし、彼は幸運な人物)

天がそれぞれの古代の⼒の所有者を決定したと⾔われるまで、古代の⼒を⾒つけるためには多くの運を必要とした。

しかし、目の前にいるこの⼈間は、5つの古代の⼒を集めるのに⼗分な運がある。

それがこの本を持ってきた理由。

ケイルは本を⼿に取ったとき、ぎこちない表情を浮かべていた。

「うーん・・・、エルフの村が必要としないのであれば受け取ります。しかし、古代の⼒は、望むからといって、得ることができるものではありません」

「もちろん。それを得るために天命が必要です。しかし、その本は信じられないほど⾯⽩い伝説なので、少なくとも読んでみてください」

「ありがとうございます。読ませてもらいますね」

ケイルはゆっくりと本を⽚付け、カナリアと握⼿する。

「それが天の意志であるなら、私たちは再び会うでしょう、村長」

「次回はドラゴン様と会えると嬉しいです」

[村長!私はここに居ます!]

ラオンの叫びを無視し、カナリアに別れを告げた。

 



 

ケイルはポケットの中の本に触れて考え始めた。

(このエルフの村の近くに破壊の⽕が現れたのには理由がある)

彼は村長が⾔ったことを思い出す。

『英雄がお⾦に貪欲?世界を凍結から救ったと思われ、権⼒、影響⼒、名声を求めなかった英雄が?そのような人物がどうしてお⾦に貪欲になるのでしょうか?信じられないことではありませんか?』

ケイルは、この本の貪欲な英雄が「破壊の⽕」の所有者であることをほぼ確信していた。

(それで、大地の力の所有者は破壊の⽕の所有者のお⾦を奪った?)

ケイルの⼼臓は、古代の⼒のためではなく、お⾦のために⿎動している。

エルフの村を隠す幻想魔法の⼊り⼝である半透明の⼩屋に⾜を踏み⼊れた。

そして、ケイルたちはエルフの村を去る。

それから彼は境界のすぐ外を歩くのをやめた。

「はぁぁぁ・・・」

長いため息をつく。

仲間たちはゆっくりと視線をそらし、ため息をついて遠くに⽬を向ける。

チェハンとラークは偽の咳を出して頭を下げていたが、ロンとビクロスはまだ落ち着いていた。

オンとホンはチェハンの腕の中で吠えた後、遠くの⼭に⽬をそらした。

[⼈間!俺様たちの戦いの輝かしい証拠を⾒ることができますか?俺様たちはそれをすべて破壊しました!]

ラオンはケイルの⼼の中で誇らしげに叫ぶ。

その言葉通り、彼らは本当にすべてを破壊した。

ケイルは、なぜエルフの村長が個⼈的に修復を⼿伝わなければならないのか疑問
に考えていた。

しかし、目の前の光景を⾒た後、それはすべて理に叶っている。

破壊された⽊がたくさんあり、地⾯は多くの場所でひっくり返されていた。

いくつかの岩はまた、剣やオーラによって半分にカットされたように⾒える。

しかし、ケイルは何も⾔えなかった。

[⼈間、あなたの落雷が最⼤の痕跡を残しました!⾒えますか?かなり便利な力ですが、⼆度と使⽤しないでください!]

ケイルが⼟地に最も⼤きな損害を与えたので、彼は何も⾔うことができずにいる。

隕⽯が着陸したように⾒える巨⼤なクレーターのすべては完全に⿊く焦げていた。

遠くの⼭頂に⽬をそらし、口を開く。

「行きましょう」

 



 

その後、ケイルはビクロスに⾕から離れる前に尋ねた。

「彼は重すぎませんよね?」

「問題ありません、公子様」

バルバッドを肩に乗せたビクロスは、バルバッドの体重が1ポンドもなかったように⾒せる。

⽬、⼝、⽿がすべて覆われていたバルバッドは、まだ意識がないまま。

ケイルは、⾕を出てブローク村に向かう前に、全員が準備ができていることを確認する。

すぐに村に到着したが、バルバッドのために彼は⼭のふもとに⽴ち寄った。

「公子様!」

副執事ハンスがお辞儀をし、ケイルに挨拶する。

ケイルはハンスの横を通り過ぎ、他の誰かに⼿を差し伸べた。

「3ヶ⽉くらい経ちましたか?」

「はい、ケイル公子」

ブレック王国から戻ってきたロザリンが、ケイルに微笑む。

彼⼥はポケットから⼀枚の紙を取り出して、それがどのように進んだかを尋ねているように⾒えるケイルの視線に応えた。

それは、ロザリンが戦争の初めにローン王国とブレック王国の魔道⼠同盟の団長になることを⽰していた。

「お帰りなさい、ロザリンさん」

「それが私が聞きたかった言葉ですね」

ケイルはハンスに命令を出す前にロザリンの⼿を離す。

彼はもう⼀度ダークエルフのターシャと会う必要があった。

「ハンス、私たちは最初に⾸都に向かいます」

 



 

綺麗な性格と思われているケイルが面白いです。

大地の力の所有者が気になりますね!

そして、再びロザリンと合流したケイルたち。

彼女も無事に成功したようですね♪

伯爵家の暴れん坊になった【118話(前編)】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は118話(前編)をま...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...