伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【118話(後編)】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は118話(後編)をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

118話(後編) ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【118話(前編)】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は118話(前編)をま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ゴールデンタートル

階段を上りながら、ターシャは何気なくケイルに質問をした。

「エルフはどうでしたか?」

好奇⼼と警戒⼼の両⽅を彼⼥の声で聞く。

ケイルは今⽇、ハンスとペンドリックを別の宿に残していた。

エルフとダークエルフの間には複雑な関係があったから。

その複雑な関係について知らないふりをして返事をする。

「典型的なエルフ」

「うーん、本当に?しかし、あなたは世界樹の彼らの枝を保護したので、あなたは彼らの永遠の恩⼈でなければなりません」

「ラオンもいましたから」

ラオン。

何を意味するのかを理解したターシャは、賞賛してうなずいた。

「彼らはあなたを聖⼈のように扱ったに違いありません」

「・・・」

「ケイル公子、アルベルが⼀⼈でいるときに理由もなく笑い続けているのですが、彼はホイッパー王国に何を売っているのですか?」

「・・・殿下は一人で笑っているのですか?」

その光景はホラー映画のようなものである可能性が高い。

ケイルはアルベルがそのように笑うのを⾒たくなかった。

「はい。私が彼に報告するたびに、彼はあなたがやろうとしていることを楽しみにしていると⾔いながらいつも笑っています」

「それは可能だと思います」

ターシャは、ケイルの笑顔がアルベルの笑顔に似ていると感じた。

彼らの笑顔は瓜二つだ。

これは彼⼥に⼀つのことを確信させた。

「それはホイッパー王国に利益をもたらすものではありませんね」

「もちろん違います。私はローン王国の市⺠ですから」

その無関⼼な反応がターシャを安⼼させた。

「すべてがうまくいくことを願っています。次回は⼀緒に飲みましょう」

「良いですね」

 



 

地上に戻ったケイルは、ラオンの声を頭の中で聞く。

[俺様たちがやろうとしていることは詐欺と⾒なされますか?]

ラオンは、ケイルとアルベルの話を全て聞いている。

「技術的には詐欺ではない」

それは詐欺ではなく、商品の半分だけを売ろうとしていたというだけ。

[いずれにせよ、俺様はあなたが望むように魔法の塔を破壊する必要があります。銀貨を10枚もらえますか?]

ケイルは期待に満ちているようだったラオンに囁いた。

「私はあなたに⾦貨を差し上げます」

[あらまあ!]

ドラゴンは驚きを隠せない。

ケイルは、魔法の塔を破壊したときに再⽣されるショーを想像し始めた。

それはかなり⾯⽩い光景になるでしょう。

⾺⾞に乗ろうとして、ラオンの質問を聞いた後、彼はしばらく⽴ち⽌まった。

[⼤きなクジラと⼩さなネズミに会いに⾏きますか?]

⾺⾞に乗ったとき、ケイルは頷いた。

 



 

ハンスとペンドリックはすぐに⾺⾞に乗り込み、ウバール領⼟の海軍基地のあるローン王国の北東海岸に向かった。

ケイルは、数ヶ⽉間⾒ていなかったウバールの領⼟の海岸をゆっくりと⾒回す。

彼はロンとビクロスを⾵の崖に送り、ウィティラと会わせていた。

⼀⽅で、チェハン、ラーク、ペンドリックだけを脇に置いて動き回ることに。

オンとホンは、⽔が好きではなかったので、ハンスと⼀緒に住居に向かうことを選んだ。

[⼈間]

もちろん、ラオンはケイルと⼀緒。

[⼈間。こ、これ!]

ラオンは何度かケイルに声をかけたが、⽂を終わらせることができなかった。

しかし、それはラオンだけではない。

「公子様」

「うーん、ケイルさん」

「・・・そんなまさか」

ラーク、チェハン、ペンドリックもそれぞれ⾔葉を失った。

海軍基地を⾒回そうとしている間、「それ」を⾒ざるを得なかった。

「適切な許可を得た⼈だけが基地に⼊ることができるようにしたのは良いことです」

北部同盟がスパイを送ることを⾮常に警戒していたアルベルのおかげで、海軍基地は何層もの安全の下にあった。

だから、⽬の前にあるものを⾒て安⼼できる。

チェハンは指で海岸部分を指さした。

「ケイルさん、あれは船ですよね?」

「ええ、船です」

もちろん、ケイルもこれを見るのは初めてだ。

彼は、建設がどのように⾏っているかについての報告しか受け取っていなかったから。

チェハンは、ショックを受けた表情で呟く。

「・・・誰もがヘニトゥスの船であると⾔うことができるでしょう」

ケイルの頭に浮かぶ⻲甲船とは異なり、この船には甲板を覆う⻲の甲羅がない。

代わりに、甲板は船の両側に⻲の甲羅の形をした壁で開いていた。

計画では、さまざまな魔法の装置をこれらの甲羅型の壁の内側に配置して、空中に⾶び出すことができるようにするそうだ。

はぁぁぁ」

ケイルは船を⾒た後、ため息をついた。

彼は⽗親とヘニトゥス家のやり⽅を過⼩評価していたのだ。

しばらく静かだったラオンは、ようやくまた話し始めた。

[に、⼈間、これはすべて⾦ですか?この⻩⾊はすべて実際に⾦ですか?船の上のそれらの光沢のあるものはすべて⾦ですか?]

船の両側の⻲の甲羅は⾦⾊。

さらに、船⾸には威勢のいい⻲の彫刻が。

船の⾦はすべて太陽の下で明るく輝いていた。

「公子様、あなたがこんなに裕福な家族の出⾝だとは知りませんでした」

物論的なことを望まなかったペンドリックでさえ、船の⼤量の⾦を呆然と見ている。

ケイルは彼らに⽬を向け、物事を明らかにした。

彼らが間違った考えを得る前に、彼はそうする必要があったのだ。

「皆さんが間違った考えを抱かないように、これを⾔いたいのです」

ミューラーが岸から駆け寄り、ウィティラ、ロン、ビクロスが⾵の崖から彼らに向かっていた。

彼らは皆、ケイルの言葉を待っていまた。

「これは⾦メッキです」

チェハンとペンドリックはショックを受けた表情で彼の⽅を向いたが、ケイルはそれらを無視し、ミューラーの前に到着したウィティラに挨拶する。

「お久しぶりです」

「はい、ケイル公子。お元気ですか?」

ウィティラの幸せな挨拶に反して、彼⼥は元気がなかった。

「私は元気ですが、あなたはあまり良くないようですね」

ウィティラは、これを予期していたかのように頷き、話し始める。

「⼈⿂のせいで東⼤陸に巻き込まれてしまいました」

その瞬間、ロンとビクロスはウィティラに⽬を向けた。

東部⼤陸は彼らの故郷であり、ケイルがあまり知らなかった場所。

「そのおかげでたくさんの情報を集めましたが、なかなか難しいことがあります。ケイル公子が私たちを助けてくれることを願って来ました」

「お願いですか?」

「もちろん好意ではなく、情報の交換です」

ケイルはこれを期待していた。

クジラの部族が直接来たので、それは⼩さなものではないでしょう。

頭痛を避けるために何が起こっているのかを知る必要があった。

それが秘密結社に関係していると確信しているから。

自分が対処するのが難しすぎる場合、彼はそれを他の誰かに渡すことを計画していた。

「話してください」

ウィティラは慎重に再び話し始めた。

「この情報を提供してくれたのは、東部⼤陸で最強として知られている種族の一員です」

「最強の種族?」

そよ⾵がなかったにもかかわらず、ケイルは背中に寒気が⾛るのを感じた。

「タイガー族は、その組織のために全滅する段階にありました。私たちはたまたま彼らのシャーマンに出くわしたのです」

「・・・タイガー族?」

ケイルは自分が正しく聞いたかどうか⾒るように頼んだ。

「はい、タイガー族です」

名前だけでも、東部⼤陸で最も強い種族の1つであるように聞こえた。

 



 

船もついに完成しましたが、金メッキで出来ているわけがありませんよね(笑)

目立ちたくないケイルの気持ちは分かりますが、絶対に無理でしょう。

次の目的はホイッパー王国?

それとも東大陸?

伯爵家の暴れん坊になった【119話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は119話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...