伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【128話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は128をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

128話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【127話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は127話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最大の復讐

「⾎に狂った魔道⼠?それは誰ですか?」

リタナ⼥王が、ケイルの声明に最初に答える。

聖⼈も彼⼥の後にコメントを付け加えた。

「なんて悪質な名前なのでしょうか。⾎に狂った魔道⼠?ちなみにハンナ、ポーションが必要ですか?顔色が悪いですよ」

剣⼠のハンナは完全に⻘ざめていて、⼝⾓が震えていた。

ケイルはさりげなく新しいハンカチを聖⼈に⼿渡す。

「ハンナさんの汗を拭き取る必要があるようですね」

ハンナは無知を装って事実を隠すために、震える⼿を後ろに置いた。

「⾎に狂った魔道⼠として知られている男がいました。私は彼についての話を聞いただけですが、今はすでに死んでいるとのことです」

「そんな⼈がいたのですか?」

「ええ。彼は⾮常に残酷な死を遂げたと聞きました」

ケイルの体は、話し続ける前に、それについて考えたくなかったかのように震え始める。

「彼は彼自身の仲間の⼀⼈の⼿で亡くなったそうです」

「・・・なんて酷い」

ハンナの顔はさらに青白くなり、ケイルは話し続けた。

「そのような話を聞くだけで動揺してしまいます。⼈が死ぬのを⾒るのは好きではありませんから」

「その通りです。私はあなたの性格についてよく知っています、ケイル公子。⼈が死ぬのを⾒るのは難しいと思いますから」

リタナは、何を考えているのかを尋ねる前に、ケイルの言葉に同意する。

「ですが、あなたは彼⼥が復讐するのを助けるとはどういう意味ですか?」

リタナは、誰かの復讐を⼿伝うことは、ケイルの性格に合わないと考えていた。

彼⼥は双⼦の⼼の恨みを理解していたが、ケイルの性格はそのような残酷さとうまく調和していなかった。

「ミス・リタナ、あなたは最⼤の復讐が何であるか知っていますか?」

「・・・最⼤の復讐?」

リタナの表情はまだ混乱に満ちていたが、ケイルはリタナから⽬をそらし、彼は⻘⽩いハンナに⽬を向けた。

「ハンナさん」

ケールは敬意を表するが厳しい声で話し始めた。

「このように突っ込むべきかどうかは分かりませんが、1つだけ言わせてください」

彼が話し続けたとき、混沌と不確実性がハンナの⼼を満たしていく。

「ハンナさん、本当の復讐は⻑く幸せな⼈⽣を送ることです。兄と幸せな⽣活を送る必要があります」

(彼女はこのデタラメを信じるでしょうか?)

本心では、本当の復讐はあなたが受けた痛みを責任者に返すこと。

それが幸せに暮らす唯⼀の⽅法。

けれど、ケイルの⾔った発言は彼の本当の気持ちとは正反対だった。

リタナは畏敬の念を抱く。

「ああ、それはあなたが意味したことです。ケイル公子、あなたは本当に私とは違って⼤きな⼼を持っていますね」

聖⼈はゆっくりと涙を流し始めていた。

オンがニャーと鳴き始めたとき、ケイルの腕から⾶び出して地⾯に着陸する。

リタナは可愛いオンの頭を撫で始めた。

「オンはあなたに同意しているようです、ケイル公子」

実際には、オンは不信にため息をつくためにケイルから離れただけなのだが。

チェハンは会話を避けて洞窟の外を⾒ているだけ。

「はい、坊っちゃま。それは確かに最⾼の復讐の形です」

しかし、ロンはケイルと⼀緒に遊んでいた。

「もう遅いです。患者がいるので、すばやく行動しませんか?そして、彼らはおそらく⾮常に疲れているので、私のグループとあなたのグループが交代でパトロールするのはどうですか、ミス・リタナ?」

「敵が現れた場合に備えて?」

そう尋ねたとき、リタナの顔は固くなる。

「ええ、万が⼀に備えて」

「分かりました。そうしましょう」

リタナが同意するのを聞いた後、ケイルは双⼦、特にハンナに⽬を向けた。

「お⼆⼈は少し休んでください」

「本当にありがとうございます。安らかに眠れるようになってからどれくらい経ったのか分かりません。今夜はリラックスできる気がします」

ハンナが眉をひそめ始めている間、聖⼈は喜びをもって話した。

「ハンナ、体調が優れないのですか?」

「・・・兄さん、あなたは・・・。はぁぁぁ、気にしないで」

ハンナの⼼は複雑な混乱のようだ。

 



 

「リタナさん、私たちが先にパトロールしますね」

みんながリラックスし始めたので、⻑い会話はついに⽌まる。

ケイルのグループが先にパトロールし、聖⼈と聖⺟は戻ったとき深く眠っていた。

彼らは本当に疲れていたに違いないでしょう。

「ケイル公子、かなり⻑い間パトロールしたのですね」

「森の⼊り⼝まで⾏きましたから」

「私たちも同じことをすべきですね。それには約2時間かかるでしょう」

「お気をつけください」

リタナは、オンと部下と⼀緒に出かける前に、眠りにつく準備をしているように⾒えるケイルに微笑んだ。

洞窟の中は静かで、⾬の⾳とパチパチという⾳だけ。

しかし、リタナのグループが遠く離れると、沈黙は破られた。

「あなたは誰ですか?」

ハンナの声が洞窟に響き渡る。

ケイルは⽬を閉じていた⽬を開き、頭を向けた。

剣⼠ハンナは起き上がって、ケイルのグループを睨みつけながら洞窟の壁にもたれかかっていた。

「・・・あなたはあの組織の一員ですか?」

ハンナは、彼らの正体について半分確信しているように尋ねる。

「あの組織?」

彼⼥はケイルの質問に気難しい表情で答えた。

「・・・秘密結社です」

「そう確信していたのなら、あなたは逃げるべきでした。なぜ逃げなかったのですか?」

ケイルは微笑み始めたが、その微笑みは友好的な微笑みではない。

実際、それはハンナに悪寒を与えた。

ハンナの視線はすぐに聖⼈を覗き込んだ後、ケイルに戻る。

「お兄さんが⼼配だから?」

「・・・あなたは私を脅迫しているのですか?」

彼⼥の⽬は輝き始め、体の⿊い斑点は明るくなり、⾦⾊のオーラが彼⼥の体を覆い始めた。

その瞬間。

チェハンは鞘から剣を取り出し始め、ロンは起き上がってケイルの後ろに移動する。

ハンナは唇を噛みしめ、兄の⼿を掴んだ。

彼はまだ安らかに眠っていた。

(どうすればいい?)

彼⼥の⼼はとても複雑だったので、まるで爆発するかのように感じる。

教会は双子を使⽤し、教皇は自分たちを⽝のように扱ってきた。

逃げ道を探している途中で、秘密結社が彼⼥に近づいた。

その組織はハンナを家族のように扱う。

彼⼥は⼆⼈が教会から脱出し、自分を安⼼させた組織に入ることができると確信していた。

しかし、彼⼥は彼らに裏切られた。

そして今、封鎖された洞窟で別の敵と向かい合っている。

気が狂いそうだ。

自分は何をすべきなのだろうか?

 



 

その瞬間、彼⼥はケイル・ヘニトゥスが再び話し始めるのを目撃する。

「脅迫するつもりはありません」

「・・・は?」

ハンナの体は死のマナのために深刻な痛みを感じていたが、彼⼥はオーラを可能な限り最⾼レベルに引き上げる。

「あなたは今、あなたがしていることが私を脅かしていないと私に⾔っているのですか?」

ハンナは今にも爆破しようとしている。

その時、無関⼼な声が彼⼥の⽿に届いた。

「尊敬を⽰すために⾏うのは正しいことのように感じましたから」

「・・・え?」

ハンナはケイルが理解できなかった。

しかし、ケイルは肩をすくめて何気なく尋ねる。

「その様子だと、アームにも裏切られたのですか?」

この男はアームの名前を知っていた。

ハンナは⼼配し始める前に、彼の情報ネットワークに驚いてしまう。

「魔法の槍兵はあなたとあなたの弟を探しているようでしたから」

帝国、教会、そして秘密結社でさえ、すべてが彼⼥を追いかけている。

ハンナはまだ眉をひそめている状態でケイルを睨み始めた。

「なぜあなたは私にこれらすべてを教えているのですか?あなたは私が追い詰められたという理由だけで私が持っているすべての情報に従い、あなたに与えてほしいのですか?あなたは王国によって英雄のように扱われる良い⼈ではないのですか?」

ケイルの両⾯の性質は彼⼥に悪寒を与えた。

それはアームも同様。

彼らは自分を家族のように扱いながら自分を背中から刺すことを計画していたのだから。

「他の⼈はあなたがこんなに酷い男だとは知らないでしょう?⼥王も知らなかったようです」

ハンナはケイルを睨みつけ、嘲笑し続けた。

その時、落ち着いた声が彼女に返事をする。

「ですが、あなたは知っています」

「・・・何?」

「あなたは私の本当の性格を知っています。私はあなたに私の性格の両⾯を⾒せました。これはあなたの質問に答えるのに⼗分ではありませんか?」

ハンナは突然⾔葉を失う。

彼女はついに、ケイルが自分を脅迫していないと⾔った理由を理解した。

彼は⼈々を脅迫することに何の興味も持っていないのだ。

彼は⼈と取引することを好んでいる。

ハンナは再び話し始めた。

「・・・あなたは私と話したいのですか?」

「ええ。私はあなたと話し、取引したいのです」

ハンナはオーラを弱めた後、ケイルが自分に微笑んでいるのを⾒ることができた。

「話す準備ができているようですね」

さっきのぞっとするような笑顔はなくなり、暖かい笑顔が浮かんでいた。

その瞬間。

「私はあなたとあなたの兄を東の⼤陸に送りません」

「どうして?」

「アームが東部⼤陸の冥界を⽀配していることをご存知ですか?」

ハンナの体は固くなる。

彼⼥はショックを受けた表情で何も⾔えなかった。

「・・・知りませんでした。あなたはそれらについてより多くの情報を持っているようです」

ハンナは、ケイルの情報ネットワークに再びショックを受ける。

「彼らは、彼らが北と協⼒している⼩さな組織であると私に⾔っただけですから」

(うん?彼女は何て言った?)

「彼らは私の兄と私を北に送ると⾔いました。彼らは北の王国の1つと協⼒しているから。彼らが私を裏切ったので、東の⼤陸に⾏けば安全だと思いました」

ケイルはこっそり頭を横に向け、ロンとアイコンタクトをとる。

ロンは真剣な表情で頷いた。

ハンナは間違いなく北と⾔った。

秘密結社が北に関与していると。

 



 

無事にハンナから情報を引き出すことに成功しましたね。

ですが、ハンナも根幹の情報までは知らないようです。

秘密結社の規模が少しずつ見えてきましたが、まだまだ謎は深いですね・・・。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...