伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【129話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は129をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

129話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【128話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は128話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ハンナとの取引

「これから、私は何をすべきでしょうか?」

ハンナの揺れる眼差しは、ケイルにいくつかの答えを求めているようだった。

残念ながら、彼⼥は間違った相⼿を選んだ。

「あなたはほんの少し前に私を疑っていましたが、今あなたはあなたが何をすべきか私に尋ねているのですか?」

ケイルの⼼には今、双⼦に対処する余地がなかった。

「し、しかし、あなたはアームと戦っています」

「戦い?それは違います。2⼈は今すぐミス・リタナに助けを求めるべきです。ジャングルは広く、隠れることができる場所がたくさんあります。彼女ならあなたを助けることができるはずです」

ハンナは、ケイルの落ち着いた声を聞いた後、少しだけ落ち着きを取り戻した。

次に彼が⾔ったことは彼⼥の⼼に響く。

「そして最初に⾃分⾃⾝を癒してください。⾃分を守ることができるのはあなただけです。あなたはすでにそれを知っていますよね?」

「・・・分かっています。この状況は、私がそれをさらに良く理解するのに役⽴ちましたから」

兄は太陽神の癒しの能⼒を持って⽣まれたが、そのせいで、彼はまったく運動ができない。

兄と⽐較して、ハンナは⾝体活動と剣術で⾮常に才能があった。

兄を守るのは自分の責任だ。

「そして、誰も信⽤しないでください」

ハンナはケイルの方を振り返る。

「ミス・リタナを信⽤しないでください。もちろん、私も信⽤しないでください。お互いに取引関係だと考えてください」

男は彼⼥に無関⼼な表情で自分を信⽤しないように⾔った。

ハンナは魔法の槍兵について考える。

『私をあなたの兄だと思ってください。私たちを信じて。絶対に⼆⼈に⾃由を与えます』

それから彼⼥は教皇について考えた。

『私はあなた方のような2⼈の価値のない⼦供を連れて⾏き、あなたをスーパースターに変えた⼈でした。私を信じて。私はあなたが私たちの太陽神に照らして輝くのを⼿伝います』

他の誰もが自分たちを信頼するように言ってきた。

ハンナは⾃分を⾒つめているケイルにうなずく。

「はい。私はあなたを信⽤しません」

それはハンナにとって正しい決断。

今の自分たちは、死にゆく体と、癒しの能⼒しか持っていなかった兄だけ。

彼⼥には⾛る場所がなく、ただどこかに隠れる場所が必要だった。

帝国、秘密結社、そして教会に裏切られた後、彼らは⾏くところがない。

「私はあなたを救うことができる人物を連れてきます。それまで私を待っていてください」

「・・・本当に⽣きていけるの?」

「はい」

ハンナの⽬は再び⽣命に満ち始め、⿊く染められた腕の部分に触れる。

「そして、その⾒返りに私に何を求めますか?」

彼女の言葉に、ケイルは笑顔を浮かべる。

「ハンナさん、あなたはとても頭がいいです」

ハンナは、ケイルが⾔ったことをすべて覚えていた。

「あなたは私と取引をするつもりだと私に⾔いましたから」

「はい、取引する必要があります。もちろん、私があなたを救うことができる人物を連れてきたとき、取引は死の誓いで固定されます。その時点で詳細について話し合いましょう」

(回復できる。私は生き続けることができる)

ハンナは、ケイルの⾔うことを聞いた後、それは可能だと信じた。

彼⼥は無意識のうちに無邪気な表情で眠っている兄に⽬を向ける。

兄は愚かなほど無実な人だが、彼は自分を何よりも優先した⼈物。

泣くのを防ぐために唇を噛み締めた瞬間、ケイルはハンナの⼼を躍らせる言葉を告げる。

「そして、あなたが癒されたら、私はあなたにあなたの復讐を適切に得る機会を与えるつもりです。それまで隠れて私を待っていてください」

「復讐?」

ハンナは驚きの表情でケイルに目を向けた。

「・・・本当に復讐することが可能なのですか?」

「間違いなく可能です」

ケイルは、ウィティラが自分と共有していたタイガー族、クジラ族、アームの間の今後の戦いについて考える。

ウィティラは戦いが冬に起こるだろうと⾔っていた。

「現在、北の3つの王国はアームと連携しており、帝国とは別個の協定を結んでいます

機会があれば、それらをすべて⼀掃する必要がある。

北部同盟は、ケイルの領地があるローン王国に注⽬していたから。

北部同盟を追い払う人物を増やすのは、ケイルにとって正しい選択。

彼は双⼦の⽅を振り返った。

⼀⼈は剣の達⼈で、もう⼀⼈は聖⼈の半分の⼒しか持っていなかったとしても、太陽神の聖⼈。

彼らの無実が証明されれば、太陽神の教会の信者全員が聖人の指導の下に集まるでしょう。

ケイルはハンナの注意を引く言葉を告げる。

「私はあなたがあなたの敵の⾎に⾝を浸す機会を与えます」

ハンナは⾎を⾒るのが⼤好きだ。

ケイルは、⾎の海がどれほど美しいかについて彼⼥がどのようにコメントしたかを思い出す。

煌めくハンナの⽬を⾒て考え始めた。

(彼⼥も正常ではないな)

ハンナは頭に浮かんだエキサイティングなビジョンを想像しているようだ。

「ケイル・ヘニトゥス、あなたはとても弱いですが、とても素晴らしいですね」

ハンナは静かな笑い声を出す。

彼⼥の毒された体はまだ痛みを感じていたが、彼⼥は今や活⼒に満ちていた。

ケイルは、復讐を得る機会を想像しているようだったハンナに優しく尋ねる。

「そろそろ話を止めて、あなたも休みませんか?」

「分かりました」

ハンナはようやくリラックスした表情で横になった。

ケールは洞窟の天井を振り返る前に⽬を閉じる。

今夜は眠れないだろう。

「なぜ誰もが戦いたいのでしょうか?」

泣きたいと思っていたケイルが眠ることはできなかった。

 



 

翌朝早く⾬がやんだ。

ケイルは霧の森を眺め、丸い岩に腰を下ろす。

「はぁぁぁ」

「なんでこんなに早朝にため息をつくのですか?」

振り返って、後ろに⽴っている人物を⾒た。

「リタナさん」

リタナ⼥王がケイルに近づく。

彼⼥は隣の岩に腰を下ろし、⼼配そうな表情で彼を⾒た。

「ケイル公子、あなたが眠ったようには見えません」

「・・・色々と考えていて」

怠け者の⽣活は再び遠ざかっていく。

ケイルはその事実に悲しんだ。

「ああ・・・」

リタナは⼩さな喘ぎを吐き出した。

彼⼥は同情と敬意の両⽅でケイルに⽬を向ける。

「あなたの性格、この種の状況、そしてあなたが受け取った情報を知っていると、おそらく扱いが難しいでしょう」

「はい、これは私には荷が重すぎます」

「ケイル公子、昨夜、敵を無視して幸せで健康的な⽣活を送ることが最⼤の復讐だと仰いましたよね?」

ケイルはリタナに⽬を向け、考え始めた。

(混乱を引き起こす時が来たのでしょうか?)

「はい、それが最⼤の復讐の形だと思います」

もちろん、それは彼が本当に考えていたものではない。

「そうですか。しかし、私はそれについて別の⾒⽅をしています」

リタナの⽬に怒りを⾒る。

彼⼥は昨年ジャングルを燃やした⽕事を忘れていなかった。

幸いなことに、誰も⽕事で亡くなっていないが、彼⼥がジャングルで⽀配したのは⼈々だけではない。

ジャングルの⼈々は、「⽬には⽬を」という概念を信じている。

彼⼥は嵐の前の静けさのように、冷静に話し始めた。

「あの⽕事で多くの⽊、植⽣、動物が死にました。そして、ジャングルのセクション1を復元するには、多くの時間と労⼒を費やす必要がありました。そこに住んでいた⼈々は、修復が完了するまで待たされました」

リタナは理由もなくジャングルの⼥王になっていない。

リーダーは⼈々の世話をする⽅法を知る必要があり、もっと重要なことは、彼らは彼らの敵と戦っている間、⼈々を危険から守る必要があった。

「ジャングルの住民として、私は彼らに復讐する必要があります」

彼⼥は、ケイルが⾃分の視点についてどのような表情をするのだろうかと考える。

しかし、表情を⾒る前にケイルが⾔ったことは、リタナを笑顔にした。

「昨夜話し合ったことを突然持ち出した理由は1つだけだと思います」

リタナが早朝に⼀⼈でケイルを探す理由は明らかだ。

「リタナさん、私はあなたに代わって皇太子殿下に連絡します」

「・・・ケイル公子、あなたは本当に聡明な方ですね」

リタナはトゥーンカとは違った。

彼女は自分一人での力で戦えるとは思っていない。

「皇太⼦アルベルがあなたとの会話を歓迎すると確信しています、リタナさん」

「そう⾔ってくれて嬉しいです、ケイル公子。帝国が関わっているので、私⼀⼈ではできないと思います。死のマナ爆弾に関する情報をすぐに明らかにする準備をする必要があります」

「帝国がホイッパー王国との戦争を終えるときを狙っているのですか?」

「はい。私たちも戦争に備える必要があります」

リタナの瞳は悪意に満ちていた。

ケイルが悪寒を感じたために背を向けようとした瞬間、彼⼥は再び話し始める。

「ああ、ケイル公子。これはあなたの報酬です」

「うーん?」

リタナが置いた紙を見た。

「これは補償ですか?」

「別荘を建てるために選んだ⼟地の⼤きさが⼩さすぎました。ですので、私はあなたに丘とあなたが選んだ⼟地の隣にある海岸の⼀部を与えるのがいいと思いました」

ジャングルの海岸線のセクション1。

それは、リタナが魔法石を⾒つけた丘全体と海岸線の約半分の所有権を譲渡することを⽰した証書。

ケイルの⼼臓は興奮して速く⿎動し始めた。

「私たちはまだ修復を終えていませんが、ありがたいことに、⼟地は⾸⻑の管轄下にありました。部族も私の決定に同意しています」

「・・・海岸線の半分は多すぎます」

控えめに告げると、リタナが首を横に振る。

「いいえ、そんなことはありません。あなたは船で旅⾏するので、あなたが旅⾏しやすいように譲渡したいのです」

「ですが・・・」

「セクション1の⼈々の気持ちとして受け⼊れてください」

ケイルは紙をポケットに⼊れる前にため息をついた。

「でしたら、私はそれを受け⼊れます」

「はい。ありがとうございます」

リタナは、広⼤な⼟地を受け⼊れたケイルを、満⾜のいく笑顔で⾒つめた。

しかし、お互いにアイコンタクトをとるとすぐに笑顔が消える。

その後、ケイルは、物事がうまくいったかのように話し始めた。

「その場所で皇太子殿下に会えると思います。私は彼を私の船に忍び込ませることができるでしょう」

「ああ!」

リタナはその計画を考えていたケイルに畏敬の念を抱く。

どうして彼はいつも未来について、そして他の⼈々や王国について考えることができたのでしょうか?

「ああ、そしてミス・リタナ。双⼦に何が起こったのかとても悲しいです。私がもう一度戻って彼⼥を癒すまで、彼らの世話をお願いします」

「・・・あなたの思いやりのある性格は、いつも私をとても称賛に満ちたものにしますね、ケイル公子」

(殿下は、私が彼を再び狂わせていることを私に告げるでしょう)

アルベルがどのように反応するかは明らかだ。

ケイルたちは、ジャングルの横にある⼊り⼝まで、リタナと双⼦と⼀緒に歩く。

もちろん、ケイルはハンナにビデオ通信デバイスを密かに⼿渡した。

そして、ケイルはイェリア⼭にあるゴールドドラゴン・エルハーベンの隠れ家に戻り始める。

 



 

イェリア⼭の頂上に到着するとすぐに、ケイルは怯んだ。

「人間!人間!」

⿊い塊が自分に向かって急いでいるのを⾒る。

それはラオンだった。

ホンとラークはラオンの後ろの隠れ家から出てきた。

「⼈間!」

「どうした?」

ケイルの無関⼼な反応を⾒た後、ラオンの表情は明るくなる。

「⼈間、あなたは変わっていません!」

ラオンはケイルの体の周りをぐるぐる回り始めた。

「怪我をしていますか?」

「俺様のことが恋しかったですか?』

「俺様が学んだことを知っていますか?」

ラオンは質問を次々と尋ね始める。

ケイルは、ラオンが質問をするのをやめないように感じたので、ラオンの頭を可愛がって答えた。

「あなたは偉⼤で⼒強いドラゴンなので、あなたはうまくやっていると確信しています」

ラオンはニヤリと笑い始める。

「その通りです!ゴールデンドラゴンは俺様が天才だと⾔った!」

「はい、はい、あなたは偉⼤で強⼒な天才です」

「⼈間、昨⽇俺様が学んだことを知っていますか?⽕⼭のような___」

話が絶対に⽌まらないだろうと思ったので、ケイルはラオンの言葉を断ち切った。

「ビデオ通信デバイス」

「うーん?」

「私を皇太⼦に繋げてください」

「分かった!」

ラオンは、ケイルの言葉を理解し、すぐに皇太⼦と結びつけたと叫ぶ。

アルベルは久しぶりに不機嫌そうな表情でケイルを⾒つめた。

「何の用ですか?ロザリンさんが昨⽇私に⾔ったことについてですか?」

「いいえ。他に⾔いたいことがあります」

「それは何ですか?それでケイル公子、あなたは今どこにいる?なぜすべてがとても光沢があるのですか?」

エルハーベンがケイルに貸した部屋は、⾦で覆われた豪華な部屋。

それは、ケイルに可能な限り最⾼の待遇を与えるというラオンの要求の⼀部。

アルベルは王様の部屋よりも空想のように⾒える部屋を⾒て、ケイルがどこにいるのだろうとと思っていた。

しかし、ケイルはその質問に答えず、代わりに別のことを話す。

「テロ事件の原因となった組織は、北部同盟と協⼒しているようです」

「何?」

ケールは、ショックを受けたアルベルに学んだことを説明した。

太陽神の教会と帝国との関係。

帝国の⾏動。

双⼦との出会い。

ジャングルと帝国の関係。

さらに、彼らがクジラ族と事件を起こし、クジラ族が秘密結社の最初の戦闘旅団と戦うことを計画していると述べた。

アルベルは数回瞬きをする。

「それで、あなたはジャングルの⼥王が私に会いたがっていると⾔っているのですか?そして、帝国がそのすべてをしたということですか?彼らは北部同盟とも協⼒していると?」

「はい、殿下」

「あなたは誰ですか?」

「ケイル・ヘニトゥス」

「はぁ・・・。あなたは私を狂わせている」

「殿下、私たちも騒ぎを起こす必要があります」

アルベルは眉をひそめるのをやめ、ケイルに⽬を向けた。

「殿下、私たちは現在、ブレック王国と同盟を結んでいませんか?さらに、私たちが他に誰を持っているかを考えてください?」

アルベルは笑い始める。

ジャングル、クジラ、そしてホイッパー王国。

「もちろん、死のマナ爆弾を処理できるダークエルフを忘れないでください」

そして、アルベルには言及していない部分。

すべてを⼿伝ってくれるドラゴンと、助けてくれるかもしれない別のドラゴンの存在。

ケイル・ヘニトゥスとアルベル・クロスマンは似たような笑顔を浮かべていた。

ビデオ通信装置の可視範囲の外に⽴っていたラオンは、陽気な声でケイルの⼼に話し始める。

[⼈間、俺様はあなたのその笑顔をしばらく⾒ていません!何をするつもりですか?俺様もワクワクしたい!]

アルベルは話し始めた。

「試してみる価値があるかもしれませんね」

 



 

剣の達人ハンナを戦力にできましたね。

リタナ女王も協力してくれますし、戦力が充分になってきたと思います。

ラオンの成長も順調のようですし、彼が言おうとした火山の力が気になりますね♪

エルハーベンからも天才と評されているようですし(笑)

悩みが尽きないアルベルは気の毒ですが、彼はどのような行動を起こすのでしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【130話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は130話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...