伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【174話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は174をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 




 

174話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【173話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は173話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ガーディアンナイト、クロぺ・セッカ

[⼈間!花⽕⼤会で怪我をさせてはいけません!]

ラオンはとても興奮しているように聞こえた。

ケイルは⾸を横に振って、チェハンとロザリンの⽅を向く。

「ケイルさん、私は何をする必要がありますか?」

「私たちは誰も傷つけたくない」

チェハンは、悪役のように振る舞っていたときでさえ、ケイルが常にこのように考えていたので、躊躇うことはなかった。

「私たちは⼀緒にそれを理解します」

⼀緒。

何⼗年も孤独に⽣きてきたチェハンのような⼈にとって、「⼀緒に」のような⾔葉はいつ聞いて良かった。

その後、ケイルは笑顔のロザリンとアイコンタクトを取る。

「⾮常に効果的な計画であり、それを実⾏するのに最適な時期のように思えます」

「ロザリンさん、あなたがそう⾔うだろうと私は知っていました」

2頭のクジラは混乱しているように⾒えたが、ケイルはパセトンに指示を出す。

「パセトン、最初に泊まる場所を⾒つけましょう」

「ああ、そうですね!」

「それと、湖の周りを観光しましょう」

 



 

雪の中を歩いている間、ケイルの⾜⾳は穏やかだった。

通りすがりの⼈たちは、静かな声でお喋りをしていたが、みんな幸せそうに⾒える。

静かでしたが、厳粛ではない。

ケイルは公園を散歩しているかのように何気なく歩いていた。

「・・・とても⼤きいです」

ロザリンは⽬の前に神の涙の湖を⾒る。

完全に乾いた湖の底はひびでいっぱいだった。

彼⼥はゆっくりとケイルに近づく。

パエルン王国の⾸都の北隅。

広場から広い道を進むと⼤きな湖が現れた。

この乾燥した湖の⼤きさは、到着時に皆を⼀時停⽌させるほど。

ロザリンは慎重にケイルに尋ねる。

「ケイル公子、これはバゴーシティのほぼ3分の1ではありませんか?」

「思ったより⼩さいですね」

「⼩さい?」

神の涙。

ケイルはこの湖について多くの研究を⾏っていた。

湖の北部には寺院と祭壇が存在する。

その場所はお祭りのために閉鎖されるが、湖の残りの部分は開いたまま。

<神の涙>

<この湖についての伝説があります。神は常に凍っていたパエルン王国を気の毒に思い、凍らないこの湖を作りました>

<凍ることができなかったこの湖のために、⼈間は最初に歓声を上げました。しかし、⼈間はすぐにもっと欲張りになり始め、最終的には触れてはいけない何かを欲しがりました。それは彼が湖から⽔を奪ったときに神がいくつかの涙を流した>

<⼈間はついに彼らの欲望に気づき、この湖を守った。彼らは、その神が再びこの湖を⽔で祝福することを祈り続けています>

<⽔が湖に戻るときは、神が南から戻った瞬間です>

「南」

ケイルは「南」という⾔葉に焦点を合わせ、頭を向けた。

それから彼は不安になる。

[⼈間、なぜそんなに驚いたように⾒えるのですか?]

(なぜあいつがここに?)

ケイルはすぐに「英雄の誕⽣」からの情報を思い出した。

<クロペは家族の象徴である⽩髪を⾒て、伝説を実現する決意を固めました>

乾いた湖の底を⾒ている⽩髪の男。

<ワイバーン騎⼠団。彼はその伝説を現実のものにするでしょう。ガーディアンナイトセッカ家の後継者であるクロペは決⼼した>

クロペ・セッカ。

パエルン王国の守護騎⼠。

ワイバーン騎⼠団のリーダー。

北部同盟の焦点。

「・・・ワオ」

ケイルをショックを受けずにはいられなかった。

「ここでガーディアンナイトクロペに会うとは思ってもみませんでした」

彼はそれを予期していなかった。

[⼈間、あの⼈間のせいでショックを受けましたか?うーん、彼は確かに少し強いです]

「少し強い?」

ケイルはラオンの評価に怯んだ。

クロペ。

彼は「英雄の誕⽣」の最初の5巻に登場し、アディン皇太⼦よりもさらに登場が少ない。

それが、ケイルが彼について多くの情報を持っていなかった理由です。

彼は有⽤な情報を1つ持っていましたが、それ以外は何もありません。

[彼はメアリーと同じくらい強い]

「彼はネクロマンサーのメアリーと同じくらい強いのですか?」

メアリーはチェハンとロザリンの間。

つまり、ガーディアンナイトクロペはかなり強かったということだ。

[⼈間、チェハンがやってくる!]

チェハンは固い表情で彼らに向かって歩いていた。

彼はおそらくクロペの強さに気づいていて、万が⼀に備えて歩いていたのでしょう。

彼は⾃然にクロペに向かって歩いていた。

[⼈間!その⽩髪の騎⼠の周りには2、3⼈の騎⼠がいます]

<クロペは伝説を信じていた。彼は伝説、寓話、迷信を信じるタイプでした>

なぜクロぺは⽩い髪と僧侶のローブを着てここに来たのですか︖

 



 

穏やかで寒い冬のそよ⾵を感じた後、⾵向きを向く前に髪をブラッシングする。

誰かがそこに⽴っているのを感じたから。

「彼は私たちの市⺠の⼀⼈ですか?」

クロぺはそこに⽴っている⼈は祭りのためにここに来た市⺠の⼀⼈であると信じていた。

彼はしばらくの間⾃分⾃⾝を明らかにしていません。

再び⾃分⾃⾝を⽰す時、それはワイバーン騎⼠団がその存在を世界に知らしめる時。

しかし、彼は⽩い髪を隠していない。

彼が⾮常に誇りに思っていたのは、ガーディアンナイトセッカ家のシンボルだった
から。

だからこそ、彼のところに頻繁にやってくる市⺠がいた。

ガーディアンナイトの家庭は、市⺠にとって強⼒な盾であり槍。

神は湖の⽔を集めたときに⼀滴の⽔を落とす。

その⼀滴の⽔が⼈に着地し、その⼈の髪は⽩くなっていた。

彼は騎⼠になり、北の⼟地を暗闇から守ったと⾔われています。

クロぺは神の意志を受けた⼈として知られていた。

クロペは⾃分がその⼈の⼦孫であると信じていた。

だからクロペは頭を向けると⽬を⼤きく⾒開く。

彼は⽩い髪の⼈を⾒た。

さらに、彼は雪のように⽩い僧侶のローブを⾒た。

ローブには、司祭がどの神に仕えたかを⽰すシンボルはないが、彼はオーラを感じ、簡単に近づくことが困難だった。

⾵がその⽩髪の司祭を通り過ぎる。

司祭は、クロペの視線に気づかなかったかのように呟く。

「南に向かえば彼に会えるでしょうか?」

クロペは怯んだ。

それらの⾔葉は彼の⼼を突き刺したからだ。

<⽔が湖に戻ったとき。それは神が南から戻った瞬間です>

彼は神殿と案内板に書かれた声明を思い出した。

この僧侶は南に⾏った神のことを考えていましたか?

(・・・誰だ?この⼿ごわい⼈は誰ですか?」

クロペはゆっくりと⽩髪の僧侶に向かって歩き始める。

司祭は話し始めた。

「尊敬されている神は⼈間への贈り物を集め、⼈間の欲望のために去りました。彼は彼らに腹を⽴てたことは⼀度もなく、代わりにただ悲しみの涙を流した。彼は何だったのだろうか__」

司祭は⼀瞬話すのを止める。

それから彼は悲しそうな表情で湖の⽅を向いた。

「彼はどう感じていたのだろうか。その瞬間、彼はどれほど悲しかったのだろうか」

「・・・あなたは神に仕える⼈ですか?」

クロぺの誠実な視線がケイルに向けられる。

⾵が再び吹き始め、二人の間に不思議な雰囲気を作り出した。

「・・・なぜこのろくでなしを⾒て夢中になるのですか?」

⾵の⾳。

神聖なアイテムを盗んだ泥棒は、ガーディアンナイトクロペを⾒ながら暴れまわっていた。

(彼は神の涙を持っていますか?それとも彼の家にあるのでしょうか?・・・私はそれを略奪すべきですか?)

⾵が強くなり、僧侶の袖がはためくほどに。

「湖がすぐにいっぱいになることを祈っています」

クロペは司祭の⽬を⾒る。

司祭はそれを祈るのではなく、それを確信しているようでした。

湖がいっぱいになります。

それはサイン。

伝説が再び始まるというサイン。

もちろん、ケイルは湖を⽔の代わりに⽕柱で満たすことを計画していたのだが。

クロペは今、この質問をする必要があるように感じた。

「あなたは誰ですか?」

クロペは未知の感情に満ちていた。

この司祭は王でさえ持っていなかったカリスマ性を持っている。

司祭はクロペを通り過ぎて返事をしたとき、不思議なことに微笑んだ。

「通りすがりの放浪者です」

 



 

クロぺにサインを与えることで、ケイルは何を計画しているのでしょうか?

人々に慕われているクロぺを信じ込ませることで、街の人々にも気づかせる?

伯爵家の暴れん坊になった【175話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は175話をまとめまし...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を紹介させていただきます。 ネタバ...
【ある継母のメルヘン】まとめ こんにちは、ピッコです。 「ある継母のメルヘン」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...
【悪女の皇后様に溺愛されてます】まとめ こんにちは、ピッコです。 「悪女の皇后様に溺愛されてます」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介...
【夫を味方にする方法】まとめ こんにちは、ピッコです。 「夫を味方にする方法」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...