伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【23話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は23をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

23話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 質問と報告

ケイルは彼ら二人には匿名で希望を与えることを考えていました。

それが彼がドラゴンから学んだこと。

廃墟に踏み入れると、背後からハンスがこっそりと話しかけてくる。

「ステン侯爵家の長男を見ました」

「・・・どうして知っているんだ?」

本気で驚きます。

「貴族に関するほとんどの情報は、私の頭の中にあります」

「あなたは⾒た⽬よりも優れていたのですね」

「ありがとうございます?」

その後、彼らは探索を開始しますが、廃墟の岩の塔は美しいとは言えませんでした。

「ケイルさん」

「何だ?」

「質問と報告があります」

「質問から始めてください」

チェハンはこの岩の塔を見た時から、何かを考えているようでした。

「ケイルさん、あなたは願い事がありますか?」

「俺は願い事をするようなことはしません」

「どうしてですか?」

「期待するだけ無駄だからさ」

次にチェハンは報告をしました。

「ドラゴンが街に入りました」

「あいつは無視しろ」

「分かりました」

ケイルは周囲を見回しますが、ドラゴンは見えません。

 



 

  • 疑心

翌日、ケイルは洞窟に向かう準備が完了しました。

「私はチェハンだけを連れて⾏きます」

二人は宿を出て、ケイルは今日の目的を彼に話します。

「あそこの⼭に⾏きます。そして、⼭の⼊り⼝で待っていてください」

「分かりました」

好奇心を持たないチェハンの性格が、ケイルは好きでした。

「ケイルさん」

「何だ?」

「私は明⽇出発します」

「知ってるさ。明⽇出発するように⾔ったのは俺だからな」

昨日のドラゴンの報告は、本来はチェハンが報告したいことではありませんでした。

「ロンさんは危険な人です」

どストレートな発言に、ケイルは一瞬怯んだ。

彼はこのような発言を想定していませんでしたが、落ち着いて返事をします。

「そうですか?」

「驚かないのですか?彼からは危険な血の臭いがします。ケイルさんはそれを知っていて、ロンさんを傍に置いていると思っていました」

今⽇、ケイルが自分を護衛に選んだという事実は、チェハンに罪悪感を感じさせました。

「ケイルさんはそれでも彼を置いておくのですか?」

「彼は危険な強さを持っているとあなたは⾔いますが、なぜあなたはロンを放っておくのですか?」

「それは・・・だからです」

チェハンは突然、何も言えなくなりました。

「それはおそらく、ロンがあなたに何もしていないからでしょう」

ロンは誰にも何もしていません。

ロンがしたことは、頻繁にケイルにレモネードを与えるか、ウサギの⾁でケイルをからかうことでした。

「ロンが嫌いか?」

チェハンは一瞬議論した後、首を横に振ります。

「いいえ」

「じゃあ?」

「彼が危険な⼈物であることを知っておくほうがいいと思ったので、報告することにしました」

ケイルは時計をチェックします。

洞窟内の⾵の強さは時間帯によって異なるため、彼は急ぐ必要がありました。

「他に⾔うことはありませんよね?ここで待っていてください」

チェハンは黙って頭を頷いた。

ケイルが去ったのを見て、彼は木に向かって話し始めた。

「あなたも彼の言うことを聞きましたよね?」

木の上にいたロンが現れて、チェハンを睨んだ後に微笑みます。

「私は彼のおむつを交換し、彼が若い頃から育てました」

ロンは後悔することなく⼭に背を向けます。

「私は来るべきではなかった。」

 



 

  • 試練

洞窟の入り口はかなり狭く、這って進むしかありませんでした。

「はぁ・・・」

ケイルは、約5分間這った後、洞窟が広くなるのを見ました。

自分の力で岩の塔を積まなけれないけないので、テイラーは相当に苦労したでしょう。

⼗分な幅になり、立ち上がって歩き始めると風の音が聞こえてきました。

そして、ケイルは歩きを止めます。

「ワォ」

⼤きな地下エリアが現れて、同時に、凶悪な⾵の⻯巻がケイルの視線を満たしました。

竜巻に触れれば、大きな傷を受ける事は間違いないでしょう。

「ケージの助けがなければ、テイラーは不可能だっただろう・・・」

⼩説では、⼆⼈が丸⼀週間苦労した理由を理解しました。

しかし、ケイルは微笑みます。

ケイルは躊躇う事なく地下エリアの凶悪な⻯巻に⾜を踏み⼊れた。

同時に・・・。

「お、おい!怪我するぞ!」

ドラゴンは⼩道の後ろに現れ、慌てて叫んだ。

そして同時に・・・。

「・・・え?」

ドラゴンは、銀の翼が現れてケイルを囲んでいる⼤きな盾を⾒ました。

盾と翼はケイルを守っています。

ケイルの視線がドラゴンに合うと、彼の⽬は⼤きく開いた。

「お前はここで何してるんだ?」

ブラックドラゴンは何も⾔うことが出来ません。

 



 

伯爵家の暴れん坊になった【24話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は24話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...