伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【24話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は24をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

24話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 偶然?

ブラックドラゴンはゆっくりと⼩道に戻っていきます。

ケイルが信じられない表情でドラゴンを⾒ていると、静かな声が⽿に届きます。

「・・・俺様は・・・偶然通りかかったところだ」

「ちっ」

ドラゴンは気になりますが、ケイルはそれどころではありません。

洞窟の⾵は3時間の強⾵と3時間の弱⾵のサイクルで、今は⾵が弱まり始めた瞬間でした。

ケイルは竜巻の中心に向かい、半分積み上げられていた岩の塔の続きを積まなければいけません。

問題は岩の塔にたどり着くことでした。

⽬を逸らしていたブラックドラゴンがゆっくりと振り返り、ケイルを⾒ます。

「・・・でもお前は弱い・・・」

盾と翼が彼を保護していたにも関わらず、苦労します。

それでも、ケイルは笑いながら⼀歩ずつ前進します。

ドラゴンは自分には無い銀の翼に興味を持ち、そして弱いはずのケインに興味を示しました。

 



 

  • 岩の塔

「問題はなさそうだな」

この盾は、ケイルが予想していたよりもうまく機能していました。

⼩説では、中⼼に近づくと声が聞こえると書いてありました。

その声が聞こえ始めると、竜巻が強くなるようです。

そして、ケイルはその声が聞こえたと同時に後悔しました。

それは老人の悲しい泣き声だから。

同時に⾵が強くなり始め、その地域を⼀掃しました。

ケイルは前進するのに苦労した為、老人の声はあまり聞こえていません。

「私はみんなを生き返らせたかった!けれど、その願いが実現出来ないと知り、岩の塔を完成させることを諦めました」

「なんて、迷惑なんだ・・・」

ケイルは⽼⼈の叫びを無視する。

⻯巻の中⼼の一歩手前までケイルは到着しました。

盾の大きさを小さくし、盾の力をより強力にします。

ケイルは半分完成した岩の塔に向かい、その前にしゃがみ込んだ。

古くから存在していたこれらの岩は、通常の岩とは異なっていました。

⼿袋を取り出して着⽤してから、岩を拾い上げて残りの岩の塔を積み上げます。

ケイルは最後の⿊い岩を拾い上げ、それを岩の塔の上にそっと置きます。

 



 

  • 新たな力

その瞬間でした。

⿊い岩は⽩くなると同時に、⾵は消えていった。

「・・・え?」

ドラゴンの混乱した声を無視し、⾵が消えるまで待ちました。

その後、彼は老人の長い愚痴に耐えます。

しばらく泣いた後、⽼⼈は感謝を⽰し、ケイルが待ち望んでいた最後の⾔葉を⾔った。

「壊せ。そうすれば、あなたは⾃分の限界を「克服」するでしょう」

ケイルは微笑み、ためらうことなく岩の塔を蹴った。

岩の塔の下から⽩い光が浮かび上がり、光はケイルの心臓を貫きました。

「ふぅぅぅ・・・」

彼の⼼を覆っていた盾の模様は消え、⾚いハートに置き換えられました。

「⼼の活⼒」の⼒は、盾をさらに強くするでしょう。

「思った通りだ」

盾の模様はハートに変わっていました。

「お前は・・・」

ケイルはドラゴンに向かって聞きます。

「お前は俺と⼀緒に来たいのか?」

「・・・お前はとても弱いので、保護が必要だ。けれど、俺様は⼈間が好きじゃない」

ドラゴンは、魔法を使用して消える前にそう答えました。

⾵の嵐が荒れ狂うことのなくなった洞窟を⾒回した後、振り返って洞窟から出ます。

芝生を見て、ケイルは言います。

「足跡が見えてるぞ」

すぐに芝生の上の4つの足跡は消え、ドラゴンは飛びました。

ケイルは深いため息をつくしかなかった。

ドラゴンが隠れて彼を追い続けることは明らかでした。

すべてのドラゴンが知性があると思っていたが、そうではないようです。

⼭を下って歩いた後、合流したチェハンはケイルを見て言います。

「⼭で遊んでいたのですか?」

(馬鹿)

⾵がケイルの髪を混乱させ、岩と砂の洞窟の⼊り⼝を這い回ったため、彼の服は汚れていた。

「そうだよ。山で遊んでた」

チェハンの心配そうな目をケイルは無視します。

その夜、ケイルは猫たちにテイラーに向けた手紙を置いてくるように言いました。

 



 

伯爵家の暴れん坊になった【23話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は23話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【25話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は25話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...