伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【25話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は25をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...

 

 




 

25話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 神のお告げ

パズルシティ郊外の⼩さな2階建ての家で夜遅く。

ステン侯爵家の長男、テイラーは眉をひそめていた。

「何が起きてる?」

「ちょっと待っててよ。今は話しかけないで」

死の神は、時々ケージに予言をもたらす。

この事実を、彼女は教会には話していません。

その事実は、テイラーと彼の信頼する3人の部下しか知らない。

突如、家を飛び出すケージを追いかけながら、テイラーは侵入者の存在を疑った。

両足を破壊されたテイラーは、魔法の警報器なしでは眠れなくなった。

彼女を追いかけて裏庭に出るが、そこはいつものように穏やかでした。

ケージはそのまま庭の端まで走り、ある物を発見します。

それは小さな岩の塔でした。

「・・・伝説は本当だったの?」

横に書かれている文字を、読み上げます。

「願いを叶えたいならば、この岩を破壊しなさい」

混乱と希望がテイラーの表情を満たします。

「私は賛成よ。神もそれを破しろと言ってるわ」

「・・・本当か!?」

「神がデタラメを言わなかったのは、これが初めてよ」

そして、神はこうも言った。

「決定はあなた次第。しかし、平和な生活を送りたいなら、壊さないでください」

岩の塔の下には、手紙が見えます。

ケージの知覚で調べても危険性は特に見られない。

テイラーはゆっくりと彼女を見上げて、言います。

「破壊してください」

彼は別に平和に暮らすことを望んでおらず、前を進むことだけを考えてきました。

「私は忌まわしき家族を潰す」

 



 

  • 封筒の中身

テイラーはすぐに封筒の中身を確認した。

[皇太⼦は古代の⼒を持っています。それは「癒しの星」と呼ばれ、あらゆる種類の怪我を癒すことができる1回限りの⼒です]

[彼はそれを2番⽬の王⼦と3番⽬の王⼦を抑える⽅法と交換しようとしています]

「ははっ!」

テイラーは笑いながら彼⼥に⼿紙を見せた。

[⾜は動かないかもしれませんが、頭、腕、⽬、⼝は動きます]

[ステン家の⻑男、テイラー・ステン、あなたが決めなさい]

テイラーは庭の隅にある闇に⽬を向け、話し始めた。

「ケージ」

「何?」

「この場所を執事に任せて、⾸都に向かおう」

「ええ」

ケージが⼿紙を持ち上げると、彼らはお互いに微笑み、同時に話しました。

「私たちの恩人に会いに行こう」

その様子を見ていた⼆匹の⼦猫は、屋根から屋根へとジャンプして家に戻っていった。

 



 

  • 出発

翌日、ケイルは目の前に用意されたド派手な衣装を見て、顔をしかめていた。

どうやら、ハンスが昨日の彼のボロボロになった衣装を見て、新しく用意したようだ。

しかし、ケイルがイライラしている理由はもう一つあります。

「お前はその格好で⾏くつもりですか?」

小さな鞄と剣だけの軽装のチェハンに尋ねる。

「はい」

「はぁ・・・」

ケイルはため息を吐いた後、ポケットから小さなバッグを取り出し、チェハンに向かって投げた。

中にはポーションや、便利な道具が入っています。

「要らないかもしれないが、とりあえず持っておけ」

それだけを言い、ケイルは部屋に戻って行った。

「じゃあな」

ケイルの作戦では、首都でチェハンと再び合流してロンとビクロスを一緒に送り出すつもりです。

その後は、2度と彼らとは出会わないだろう。

「すぐに戻ります」

チェハンの言葉にケイルは嫌な予感がするが、振り返らず出て行った。

不可視魔法を隠れているブラックドラゴンも、チェハンにマナを送る。

魔法のバッグを笑顔でポケットに入れるチェハンの表情を、全員が初めて見ました。

「⾸都でお会いしましょう」

チェハンはケイルと他の⼈たちから離れて、パズルシティから出ます。

夜になり、彼らが野営の準備をしていると。

「すみません、よろしければ、野営場の⼀部を共有してもよろしいですか?」

副隊長が誰なのか聞くと、彼らは首都に向かうテイラーの集団でした。

ケイルは今、ステン家の⻑男テイラーと狂った巫⼥のケージに遭遇した。

そして、彼のためにイノシシやシカを狩るドラゴンについて考え、眉をひそめた。

 



 

伯爵家の暴れん坊になった【26話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は26話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介とな...