伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【26話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は26をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

26話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 予期せぬ遭遇

変わったドラゴン、破門を臨む巫女、そしてステン家の長男。

一堂に集結した彼らを見て、ケイルは頭痛がした。

「はぁ・・・」

テイラーはその表情を見て、苦い顔をします。

ステン家の長男の人生は、彼の足が麻痺した瞬間に180度変化した。

家族は生きるためだけの最低限のサポートしか行わず、彼を慕っていた貴族たちも離れていきました。

現在のテイラーの状況は、ケイルの状況よりも更に酷かった。

そして、彼もヘニトゥス家の暴れん坊の噂は知っていた。

ケイルのため息を勘違いして、テイラーは野営場を離れようとします。

しかし、その瞬間。

「どうしてあなたが去るのですか?」

真剣な表情をするケイルが、テイラーの乗る馬車に向かいます。

「ここは俺の所有地ではないし、そこまで幼稚な真似はしないさ」

馬車の中にいるケージを見た後、ケイルは手を伸ばした。

「俺はヘニトゥス家のケイル・ヘニトゥスと言う」

本来ならテイラーも馬車から降りて、挨拶を行うのが常識だ。

「すみません、足が不自由で外に出るのが難しいです」

「大丈夫だ」

「では・・・。初めまして、ケイル」

「こちらこそ」

ケージとは関わりたくなかったので、急いで退散しようとしますが・・・。

「こちらは私の仲間で、巫⼥のケージです。彼⼥は永遠の休息の神の信奉者です」

永遠の休息。

それは死の⾔葉。

「初めましてケイル。私の名前はケージです。夜の安らぎがいつもあなたと共にありますように」

「俺は神を信じていません」

ケージの反感を買うことで、彼女の興味を失わせたかった。

「あなたは⾯⽩い⼈ね」

テイラーの馬車を見ると、お世辞にも綺麗とは言えません。

彼はおそらくパズルシティの住居の周りに、魔法の道具を置くのに多額のお⾦を費やしたのでしょう。

(彼らは俺のメッセージのために⾸都に向かっているのだろう)

ハンスに彼らの補佐をするように命じて、ケイルはなるべく関わらないように馬車に戻った。

副団長にも彼らの警備を行うように命じます。

馬車の中で子猫たちが彼らに出会ったと言いますが、ケイルは知らないフリをするように言います。

彼らを助けるつもりなのに関わりたく無いのは、面倒ごとに巻き込まれるのが嫌だからでしょう。既に巻き込まれている気もしますが汗 

 



 

  • 癒しの星

「癒しの星」

それは二人への⼿紙で書いた古代の⼒の名前。

「癒しの星」は、体の元の健康な状態に怪我や病気を癒すことが出来る一度きりの力です。

首都での事件の際、王室が到着すると秘密結社が動き出します。

⼩説では、チェハンはその半分くらいしか⽌められなかった。

王国は彼を英雄と⾒なしたが、秘密結社に対する彼の憎しみをさらに強くさせる。

その当時、チェハンには救えなかった老人がいた。

爆弾による被害で右腕と右足を失った老人。

皇太子は「癒しの星」で彼を救うかどうか悩むが、結局は使わなかった。

(まぁ、当然だよな)

代わりに、老人の死に責任を感じたチェハンを慰めて、彼を英雄として称えた。

ケイルは皇太子が間違っているとは思っていません。

一度きりの力を名も知らない相手に使える事が出来るでしょうか?

そして、相変わらずついて来るドラゴンを、ケイルは計画の一部として考えるようになった。

小説では5つの爆弾の場所は判明したが、残りの5つの場所は判明出来なかった。

それは天才ロザリンでも困難なことでしたが、今の彼にはより優れた存在がいます。

「あいつにも頑張ってもらおうか」

何も知らないドラゴンは、いつもの様に早朝にイノシシを運んだ。

目覚めた後に馬車を降りると、野営場がいつもの雰囲気と違います。

どうやらケイルたちには見慣れた光景でも、テイラーたちにしてみれば異様な光景であることは明白です。

ケージは、自身の探知魔法に引っかからずにイノシシを放置されたことに御立腹です。

更にナイフの絵も書かれていることに、テイラーは警戒するが。

ケイルは何も気にせずに、ビクロスに朝食を作るように命じます。

「俺たちのパーティーには、食料を運んでくれる仲間がいる」

「・・・それは誰?」

「彼は驚くほど恥ずかしがり屋だから、彼を見つけることは出来ないでしょう」

何とか二人を誤魔化すことに成功します。

「ケイル、あなたは⾸都に向かっていると聞きました。よろしければ、後ろをついて行っても良いでしょうか?」

こうなる事は彼も予想していました。

「構いませんよ」

どうせなら、⾸都まで彼らの世話をして、借りを負わせるのも良いでしょう。

彼らは、将来⾮常に役⽴つ可能性がある。

馬車に戻ろうとするケイルを、ケージが呼び止めます。

「あなたは本当にどんな神も信じませんか?」

「ええ、そうですね」

「・・・なるほど」

ドラゴンの魔法の力は想像以上のようです。 

 



 

  • 一緒にお酒を

ケイルが馬車に戻るのを見た後、テイラーが彼女に話しかけます。

「どうしたんだ?」

ケージが自分から他者に話しかけることは、非常に珍しい。

彼⼥は⾸を横に振って、とても苦い表情で応えました。

「おかしい」

「とう言うと?」

過去に死の神がケージを心配するという変な感覚が、ケイルと話している時にも感じたと言います。

結局、単なる寝不足なのではないかという事になり、この話は有耶無耶になりました。

特に問題もなく首都に向かっていると。

「ケイル、あなたはお酒が好きと聞きましたが?」

「そうだけれど、何か?」

ケイルは夜遅くに自分を訪ねた二人の意図が読めなかった。

ケイルの情報はとても面白いものでしたが、実物はかなり違っていました。

最も重要なことは、彼は2⼈を普通の⼈のように扱ったことです。

「あなたは噂とは違いますね」

彼らは今、⾸都の⽬の前にいました。

テイラーとケージは、翌朝早くからこっそりと移動する必要があります。

彼らは⼀週間以上ケイルを観察し、ある提案をしました。

「ケイル。私たちが去る前に、一緒にお酒を飲みませんか?」

テイラーとケージが誘った理由は、単に仲良くなりたいだけではないと思います・・・ 

 



 

伯爵家の暴れん坊になった【27話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は27話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...