伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【29話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は29をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れた隣国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

29話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 首都 ホイス

ケイルの⾺⾞はのんびりと⾸都の南に向かった。

王国の⾸都、ホイス。

⼈々は明らかにお祝いの準備で忙しかった。

(チェハンは後3⽇で到着するはず)

原作通りに進めば、彼はロザリンとラークと出会うでしょう。

そして旅の途中で秘密結社と出会い、首都への到着が遅れます。

そして首都で彼らは再び出会い、物語が進みます。

ロザリンとテロ事件を防ぎながら、リツは秘密結社のリーダーと接触する。

リーダーとその部下は全員、胸に⾚い星と5つの⽩い星を持っています。

街を飾る幸せな市⺠、そしてとても美しくなりつつある街。

これらすべてが⼀週間で絶望の場所に変わるでしょう。

「テイラー」

彼らはホイスの南部、⾼貴な住居の場所にいました。

ケイルの⾺⾞は建物の前で⽌まります。

「ロンがあなたたちの⾯倒を⾒てくれます」

「本当にありがとうございました」

「次は楽しい環境で会いましょう」

ケイルはそう言って馬車を降ります。

彼は⾺⾞にこれ以上注意を払わず、振り返った。

「おお」

伯爵は本当に裕福です。

⼤きな鉄の⾨を過ぎたところに5階建ての住居がありました。

⾦⾊の⻲の紋章が描かれた⼤きな⾨がゆっくりと開く。

⾨を開く警備員、執事、使⽤⼈が全員、ケイルに挨拶するために並んでいました。

「ケイル・ヘニトゥス様!⾸都へようこそ!」

彼らの異常すぎる歓迎の様子に、ケイルは不思議に思った。

首都の使用人たちがケイルと会うのは初めてです。

おそらく、彼らはケイルの噂を聞いて恐れているのでしょう。

ハンスに目を向けますが、彼は知らないふりをしています。

「みなさん、頭を上げてください」

使⽤⼈たちはすぐに頭を上げた。

「私にこれほど敬意を払う必要はありません。あなたたちに余計な気苦労はさせたくないので」

使用人たちはそれでもまだケイルを疑っていました。

「⺟があなた⽅全員を選んだと聞きました。私は彼女を信頼しているので、皆さんの事も信頼しています」

使⽤⼈の表情は奇妙になりました。

「質問があればハンスに聞いてください」

ケイルはそう言って、屋敷に入っていきました。

 



 

  • 束の間の理想郷

「はぁ・・・」

ケイルは⾮常にイライラした表情で⼿紙をテーブルに投げた。

それは北東部の貴族の集会への招待状です。

貴族が情報を得るのが本当に速い。

ハンスは、住居管理者から受け取った書類をケイルに⼿渡した。

「現在⾸都にいる貴族のリストです」

「分かった。ロンはきちんと彼らの世話をしたか?」

ハンスは、ケイルの質問に対して短い返答をした。

「はい」

ケイルはテイラーのためにたくさん準備をしていた。

かつら、ローブ、ステン家紋のない⾞椅⼦、そしてお⾦さえも。

「少し休む」

「かしこまりました」

部屋を立ち去ろうとするハンスに、ケイルは食事を部屋でとると言います。

すぐにケイルの部屋はごちそうでいっぱいになりました。

⾁、デザート、さらにはワインを含む料理を⾒て、ケイルは満⾜して微笑んだ。

彼はテラスに向かう⼤きな窓を開けて声をかけた。

「入ったらどうだ?」

窓を開けたままにして、テーブルの隣に座る。

すぐに、透明化したままのドラゴンが部屋に入ってきた。

オンとホンも、⾒えないドラゴンの左右の椅⼦に腰を下ろす。

「食べな」

⾚ワインがグラスを満たします。

「これはお前たちへの感謝のつもりだ。いつもありがとう」

その瞬間、ブラックドラゴンは不可視魔法を取り除き、正体を明らかにした。

3匹は一斉に、目の前のごちそうを食べ始めます。

彼らの様子を見て、久しぶりにリラックスすることが出来ました。

「このままでいられたら素晴らしいと思う」

このくらいの⼤きさの家、こんな美味しいもの、そしてリラックスする時間。

ケイルは、これら3つのことで⼈⽣を送ることがどれほど素晴らしいかを考えていました。

彼がリラックスした笑顔を浮かべていた、その瞬間に。

部屋をノックする音が聞こえてきた。

ドラゴンはすぐに⾒えなくなり、⼦猫は顔を洗うことで普通の⼦猫のふりをし始めた。

何故か扉の奥から嫌な予感がする。

(チェハンか?それはあり得ない。3日後に彼は到着するはずだから)

負傷しているラークを早く運ぶ方法は無いはずです。

ドアを開けるとすぐに、ケイルの⼼は沈んだ。

緊急で絶望的な声が、彼の⽿に届く。

「ケイルさん、申し訳ありません。頭に浮かんだのはあなただけでした」

必死な表情のチェハンが⽬の前に⽴っていた。

ケイルは⼈⽣で最も怖いものを⾒たように感じました。

チェハンの隣には副執事のハンスが。

ケイルはチェハンの背中にいる人物を⾒た瞬間、すぐにドアを開けた。

「とりあえず⼊れ」

その人物は、狼族のラークに他ならない。

彼は危険な状態にあるようでした。

ラークは現在、彼の⼈⽣で初めて凶暴なモードに変わる前の苦痛を経験していた。

⼩説で1年後に起こるこの状態が、なぜすでに起こっているのかを理解出来なかった。

しかし、ケイルはみんなを⾒回して、ただ⼀つのことを⾔いました。

「⼼配するな」

 



 

遂に首都に到着しました!

テイラーとケージの二人とは一度お別れです。

屋敷の使用人たちは、噂と違うケイルにしばらくの間戸惑うことでしょう。

最後に登場するラークの存在で、ケイルの予定が狂いだします。

ここから物語はどんどん進みそうですね!!

 

伯爵家の暴れん坊になった【28話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は28話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【30話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は30話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...