伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【31話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は31をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

31話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アリーナ

ケイルはいくつかのものを魔法のバッグに⼊れてアリーナに向かった。

ヘニトゥス伯爵の領⼟はその富で有名だったが、その富は軍事⼒によって⽀えられている。

そのため、彼らの住居には、公爵や侯爵の住居よりも⼤きくて優れた地下訓練場がありました。

彼らが⼤きな地下アリーナに⼊るとすぐに、ケイルは命令を出す。

ロンとハンスに誰も入れないように監視する事を命じ、ケイルは子猫を抱えてアリーナの隅に向かいます。

チェハンとロザリンはアリーナの中央に位置します。

そして、ラークが覚醒します。

彼は叫び声を上げながら、非常に鋭い爪を伸ばす。

か弱そうに見えるラークが変化していき、彼は天井を見上げて、遠吠えをしました。

その瞬間、ケイルの前に半透明の障壁が現れた。

「ドラゴン、これは凄いな。防⾳の機能もあるか?」

別のシールドが既存のシールドと重なる。

ロザリンが覗き⾒すると、ケイルの前にある2層の盾を⾒てショックを受けていた。

何処かにいるブラックドラゴンの声がケイルの⽿を満たしました。

「お前はとても弱い。だから、保護が必要だ」

「好きにしろ」

 



 

  • 勉強の時間

「何故お前はあの力を使わない?」

「知る必要はない」

ブラックドラゴンは、ケイルが古代の⼒を他の⼈々に⾒せたくないことにすぐに気づく。

最終的に3番⽬のシールドが作成されて、合計3層のシールドになりました。

ドラゴンのスキル成長速度の速さに驚きを隠せなかった。

お陰で、ケイルはラークがバーサクモードに変化する状況を安全に見ることが出来た。

「グルル・・・、ぐがああああ!」

ラークの悲鳴がアリーナを埋め尽くす。

地下室の周りに設置された防⾳と耐衝撃の魔法がなかったら、騎⼠たちはすぐに駆け下りたでしょう。

小説で彼がバーサクモードになった理由は、エルフのペンドリックの死でした。

ケイルはオンとホンに、猫族がバーサクモードになるかを聞くが彼らは知らなかった。

「万が一、体に異変を感じたらすぐに言え」

その言葉を聞いて、二人はすぐにケイルの⾜に向かい、彼の⾜で顔をこすり始めました。

ドラゴンにも確認するが、彼にはバーサクモードは無いと言います。

そしてついに、ラークの変⾝が完了しました。

もはや少年とは⾔えない狼男は、目の前のチェハンとロザリンに襲いかかります。

チェハンは仲間を攻撃することが出来なかったので、ラークの名前を呼びながら防御に徹しました。

凶暴な狼男の攻撃は、ケイルが予想したよりも強かった。

彼は二匹の子猫たちにラークの動きを観察するように言います。

獣人の本能的な動きを物にすれば、彼らは更なる進化を遂げるでしょう。

二匹はお互いに顔を見合わせて、ラークの動きを真剣に観察する。

次に、ケイルは隠れているブラックドラゴンに声をかける。

「なぁ」

ブラックドラゴンは空中に現れた。

ケイルはドラゴンと話し続けながら⼆⼈を指さした。

「ロザリンがどのように魔法を使って相⼿を傷つけないかを⾒てください。それと、リツがオーラを使って攻撃するのではなく、相手を傷つけずに⾝を守る⽅法を観察してください」

二人はラークを傷つけずに、身を守りながら戦っていた。

ケールはドラゴンと話し続けながら、遠くからその光景を⾒ていました。

「何かを傷つけないことは、あなたが何かを傷つけることよりも難しい。けれど、あなたならすぐに覚えることができると思います」

「俺はドラゴンだ。俺に出来ないことない」

ドラゴンは⼦猫たちの隣に着陸した後、再び姿を消した。

「ワインを持ってこれば良かったか?」

ケイルは、この退屈な戦いを⾒続けていたので、ワインが無いという事実を嘆いた。

 



 

  • 終わり

少しずつラークは疲弊していた。

彼は意識を取り戻し、チェハンとロザリンに謝りながら泣き始める。

その後、ラークはゆっくりと⼈間の姿に戻り、その場に倒れる。

チェハンはすぐに彼に近づき、倒れるのを防いだ。

その瞬間、⽬を開いたまま頑張っている少年の前に、⼦猫を⼆匹乗せた男がやってきました。

「おじさん」

「今は休め」

ラークは男の⾔葉を聞いた後、ついにリラックスして⽬を閉じた。

ケイルは、ポーションをバッグから取り出し、ロザリンに向けて投げました。

「ポーションはラークに効かないわよ?」

「なぜ俺が狼族にポーションを与えると?それはあなたのためです」

ロザリンは3層のシールドについて聞きたかったが、今は別の事を言いました。

「ありがとう」

「感謝の必要はありません」

ケイルは何気なく反応し、背を向けた。

「チェハン」

これはどのようにして起こったのか?

ケイルは何が起こったのかを理解する必要がありました。

「話し合おうか」

 



 

流石にケイルは戦いませんでしたね。

盾はあまり見せたくないでしょうし、ドラゴンが有能すぎます笑。

ひたすら攻撃を受け続けるのは厳しかったでしょうが、無事に戦闘は終了しました!

次回はチェハンに何が起きたかの話ですね♪

 

伯爵家の暴れん坊になった【32話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は32話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...