伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【32話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は32をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

32話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • チェハンの旅路

ケイルはチェハンと⼀緒にアリーナを去る。

「ハンス、ロン。アリーナにいる⼆⼈を頼む」

二人に、ロザリンとラークの⾯倒を⾒てもらい、ケイルはチェハンと⼀緒に⾃分の部屋に戻った。

「教えてください」

「ロザリンに会うまでは、すべてが順調でした」

「続けて」

「私はケイルさんが⾔及した都市に到着しました。そこで商⼈ギルドが⾸都に向かっているのを⾒つけました。彼らは2⼈の傭兵を探していました」

小説だと、チェハンとロザリンが傭兵に選ばれる。

「そこで、あなたが説明したようにロザリンに会いました」

ロザリンは元々、ブレック王国からローン王国の下にあるホイッパー王国の魔法の塔に向かっていた。

「彼⼥も⾸都に向かっていました。同じ場所に向かっていたので、とても仲が良くなったのです」

「え?仲良くなったのか?」

「はい」

チェハンは恥ずかしそうな表情を浮かべる。

「私は他人と話す性格ではありませんが、友好的であるほうがよいと思いました」

⼩説では、ロザリンとチェハンはラークに会うまで、お互いに近づきません。

暗殺未遂で⼈を警戒するようになったロザリン。

ハリス村での事件の後、チェハンは⼈々に友達になるようにアプローチするタイプではありませんでした。

「ケイルさんのおかげで、私は人に声をかけるようになりました」

ケイルは小説と違う事にため息を吐く。

彼らは狼族の住んでいる村に、数日間滞在する事になる。

「しかし、私たちがその⼩さな村に到着すると、事件が起こりました」

 



 

  • 血を飲む魔導士

ケイルは警戒を強める。

物語はここから重要でした。

『英雄の誕⽣』では、チェハンとロザリンが負傷した護衛と⼀緒に狼族の村に到着したが、村が破壊され、秘密結社の暗殺者が去ろうとしているのを発⾒する。

彼はハリス村の出来事を思い出し、すぐに彼らを攻撃します。

護衛の戦⼠も、暗殺者を殺し始めます。

彼はその過程で負傷し、結局死にます。

(その時、ロザリンはチェハンの強さを知った)

ロザリンはチェハンの⼒を知り、正式に自分をブレック王国に連れて行くように頼んだ。

(そして、彼らは破壊された村でラークを⾒つけます)

臆病な狼族の少年、ラーク。

その時点での彼は⾮常に臆病で、弱かった。

弱っていて、ちょっと遅いです。

しかし、最初のバーサクモードの後、⼩説でトップ5の実力者に上昇します。

「そこで馴染みのあるものを⾒ました」

「あなたは何を⾒た?」

チェハンはケイルの質問に頭を下げた。

「⾚い星と5つの⽩い星」

ケイルの表情が固まる。

チェハンは暗殺チームの代わりに秘密結社の公式メンバーが現れたと⾔っていた。

その理由を理解出来なかった。

チェハンは無意識のうちに拳を握りしめていた。

⼭奥の村はすべて破壊されました。

狼族の死体が完全に⿊く、まるでカリカリに焼かれたかのようでした。

狼族のメンバーの殆どは、⽬を開いたまま死んでいた。

秘密結社は、⼤⼈のオオカミを弱体化させるために神のアイテムを使⽤する前に、弱いメンバーを⼈質として使⽤しました。

秘密結社は数匹のオオカミに対して使⽤する聖⽔を持っていました。

ケイルが神聖なアイテムが何であるかを知っていれば、彼は秘密結社の正体に⼀歩近づくことが出来るでしょう。

残念ながら、⼩説は、神のアイテムのためにオオカミの部族がどのように弱くなったかを説明しただけです。

彼には秘密結社を特定する⽅法がありませんでした。

ケイルはゆっくりと尋ねた。

「彼らは皆死んでいたのですか?」

チェハンは⾸を横に振る。

「彼らは幼い⼦供たちを捕まえようとしていました」

狼族のメンバーは100⼈未満。

「彼らは10⼈の⼦供を連れて⾏こうとしていました」

(・・・⼩説とは⼤きく異なります)

「そして、⾸⻑が倒れそうになった瞬間、ある少年が邪魔をしました」

「・・・それがラーク?」

「はい」

⼩説では、⼦供たちが殺された時でさえ、ラークは隠されたままでした。

「私は暗殺者を⽌めました。いいえ、私は彼らを殺そうとしました」

「それはハリス村を破壊した⼈々と同じ⼒?」

「はい」

「・・・そうか」

ケイルは聞いたのが初めてのように振る舞った。

「その中には、胸に5つの⽩い星が付いた⾚い星を持っていた⼈が1⼈だけいました」

チェハンは涙を流し始めた。

「そして、その野郎は、狼族の⾎を飲んでいました」

ケイルは⽬を閉じる。

⾎を飲む魔道⼠。

彼⼥は⾸都でのテロ事件を率いる狂⼈でした。

「結局、私は彼らを捕まえることも殺すことも出来ませんでした。私が捕らえた者は⾃殺しましたが、星を持った人間がテレポート魔法を使うと残りは消えました」

(⾎を飲む魔道⼠が、なぜ狼族の⼦供たちを誘拐しようとする?)

ケイルはそれを理解出来なかった。

ドラゴンを救ったので、何かが劇的に変わったのだろうか?」

「これは魔術師が⾔ったことです」

チェハンは怒りと苦い声で続けた。

「がっかりした。彼らは種として完璧でした。若い子供はもっと美味しい⾎を持っています」

警備員、⾸⻑、そして残りの狼族の⼤⼈は死んでいた。

残ったのは10⼈の⼦供とラークだけ。

「彼らは宿屋にいます」

チェハンは最後に追加しました。

「私たちはロザリンの魔法で⼀緒に来ました」

商人たちも一緒に泊まっているそうだ。

 



 

  • 2つの真実

ケイルは報告を終えたように⾒えるチェハンを観察し、ため息をつくために椅⼦にもたれかかった。

「あなたは気になっていますか?」

「はい、気になります」

チェハンが何に興味を持っているのかを⾔う必要さえありません。

彼らは誰?

なぜ彼らはそのような酷い事をする?

そして、なぜケイルはそれらについて知っていたのか?

チェハンは全てに興味を持っていました。

(チェハンは今本当に怒っている)

しかし、怒りはケイルに向けられていません。

「私はあなたに2つのことを話すつもりです」

「・・・全てではないのですか?」

「そうです」

ケイルはチェハンが自分を⾒つめていることを気にしませんでした。

彼はパンを⼿にしたまま⽴ち上がった。

「立て」

「・・・どこかに⾏くのですか?」

ケイルは時計をチェックした。

向かう場所は、夜が深くなるにつれて明るく輝く場所。

ケイルはドアに向かって歩き、チェハンの質問に答えた。

「死神の神殿」

死神の神殿には、⼤陸のどこにも⾒られない特別なタイプの司祭がいました。

聴覚障害者。

彼らは話していることを聞くことが出来ません。

ですから、死の神の信者たちは彼らを探しました。

「私はあなたに2つの真実を話すつもりです」

ケイルは笑っていたが、⼝から出た次の言葉は明るくなかった。

「私の⼈⽣は途⽅に暮れています」

チェハンは軽く震えた。

しかし、彼が振り返ったとき、ケイルは笑顔のままでした。

「ついて来てください」

チェハンはゆっくりとテーブルから離れ、ドアに向かった。

「私の⼈⽣の真実をあなたに話します」

ケイルはチェハンと⼀緒に死神の神殿に向かった。

 



 

チェハンの旅路は、原作とかなり変化していますね。

まぁ、原因はケイルと出会った事でしょう。

それが、良い方向なのか悪い方向なのかは分かりませんが・・・。

ケイルは前世の話をチェハンにするのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【33話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は33話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...