伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【33話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は33をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

33話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 死神の神殿

ケイルが突然出かけるという言葉に誰も驚きません。

ロンはどこかに⾏ったようです。

唯一ハンスだけが、ケイルの行き先を尋ねました。

「公私様、どこへ⾏くのですか?」

「⼼配しないでください」

「かしこまりました!でも、⾸都での初⽇なので、飲み過ぎには気をつけて帰ってきてくださいね?」

ケイルたちは馬車に乗り、神殿に到着した。

チェハンは⾺⾞に乗ってからずっと静かでした、いいえ、彼らが部屋を出た時から。

彼は今、複雑な感情をたくさん抱いているのでしょう。

チェハンはお人好しでしたが、騙されやすい性格ではありません。

彼はとても頭が良かった。

(俺が言い訳をしたとしても、いずれはバレるでしょう)

チェハンは個⼈的な正義観を実現するために⽣きる⼈物です。

「・・・⽩すぎるな」

ケイルが降りたときに⾒た死神の神殿は真っ⽩で、汚れは⾒られません。

「⾯⽩い場所だな」

死神の神殿は、夜になる開放される興味深い場所でもありました。

彼らは寺院の⼊り⼝で⼆⼈の僧侶に迎えられます。

「「安らかな休息に恵まれますように!」」

死の神の司祭たちは⼀般的に⾮常に陽気な⼈が多い。

「司祭様」

ケイルはゆっくりと司祭に近づいた。

司祭は彼の服装を見て裕福な貴族と判断し、チェハンを物乞いのように感じました。

「どういったご⽤件ですか?」

「開かれた死の部屋はありますか?」

⼆⼈の僧侶の表情が固まる。

「あなたは誰の死を迎えたいのでしょうか?」

僧侶はそう⾔って、チェハンの顔を覗き込む。

ケイルは少し⼿を上げると微笑んだ。

「私です」

「え?」

彼は混乱している司祭にもう⼀度微笑んだ。

「私は⾃分の⼈⽣を置くつもりです」

チェハンがその時、ケイルの肩に⼿を置いた。

「ケイルさん」

「何?」

ケイルは振り返って、不安な表情のチェハンを⾒た。

「こんな事をしなくても、私はあなたを信じます」

「それを信じれる証拠がありません」

実際には、チェハンが完璧に信じることは難しいでしょう。

だから、二人は神殿に来たのです。

(チェハンはクジラ族と⼀緒にクジラに乗って、将来、⼈⿂と戦う」

この⼈間中⼼の世界で、⼈間と⾮⼈間の両⽅を受け⼊れるというチェハンの⽴場は、彼を変え始めます。

クジラ族は獣⼈の中で最強、そして最も美しい獣人でした。

それに⽐べて、この世界の⼈⿂は鱗で覆われた⼈間のように⾒えました。

クジラ族は⾮常に恐ろしい力を持っています。

ラークでさえ、クジラ族に勝つのは難しかった。

(彼らの気性は冷酷です)

チェハンは色々な⼈やトラブルに巻き込まれます。

ケイルは彼と関わり続けることを望んでいません。

「司祭様。部屋はどこに?」

「すぐに準備します。地下室に⾏ってください」

「ありがとうございます」

ケイルたちは司祭の後ろを歩き始めた。

司祭は、ケイルが躊躇うことなく階段を降りるのを興味深く⾒守っていた。

死の神殿で⾔及されている「死」は、「誓い」も意味しています。

そのため、死の部屋に向かった⼈々は、謙虚で真⾯⽬な傾向がありました。

対照的に、このリラックスした⾃信のある男性は、司祭の⽬には本当に興味深かった。

(巫⼥のケージを思い出します)

彼⼥は寺院を嫌っているが、それでも彼⼥は主に愛されていました。

「少々お待ちください。準備しますので」

その後、司祭は⼀⼈で部屋に⼊った。

ケイルは閉じたドアの⽅を向いて話し始めた。

「私たちがこれを⾏う必要が本当にないと思われる場合は、事前に真実の1つをお知らせします。どうですか?」

チェハンはすぐに答えた。

「はい、教えてください。あなたを信頼します」

「2つの真実のうちの最初のもの」

ケイルの視線はチェハンに向けられた。

「私は秘密結社の⾝元も彼らの目的も知りません」

「・・・え」

チェハンは動揺した。

 



 

  • 死の誓い

その瞬間、司祭が部屋から戻ってきました。

「どうぞ。命を懸けている⼈は、部屋に⼊ったら⼿を上げてください」

「わかりました」

リラックスしたケイルと⽐べると、チェハンは⾮常に混乱していて不安そうだった。

司祭はこれに⼾惑いながら、静かにその場を去った。

「信じ難い?」

「そうですね」

チェハンは、ケイルを信頼していると⾔っていたが、彼の⾔葉を信頼できなかった。

「⼊りましょう」

予想通り、部屋は真っ⽩で、⽩いテーブル、⽩い椅⼦、⽩い壁がありました。

部屋の中で唯⼀⽩くないものは、⼝と⽿を覆って⽴っている僧侶。

聴覚障害者の司祭。

これらの司祭たちは、この世界でかなり尊敬されていました。

司祭は⼀枚の紙を彼らのテーブルに置きます。

【命を懸けている⽅へ。死神の⼿はあなたと⼀緒に来た⼈に触れます。それが起こったら、あなたは誓いを⾔うことが出来ます。誓いを破ったら、死があなたを待っています]

その後、司祭はケージが以前に⾏ったように両⼿を上げました。

その瞬間。

⽩い部屋が揺れ始めた。

その後、⿊い煙がチェハンとケイルの両⽅を取り囲み、2⼈の間に繋がりを作りました。

「・・・これは死神の⼒ですか?」

「ええ」

死神の⼒は、この誓いの賭けを思い出させました。

「この誓いを破れば死ぬ」

ケールはチェハンもそれを感じたと確信していた。

「私、ケイル・ヘニトゥスは、永遠の休息の神の前でチェハンに真実を話すことを誓います。そして、私が⾔うことが少しでも嘘であるならば、私は代償を払うためにこの場所ですぐに死にます」

その⾔葉でチェハンの表情はさらに固くなる。

最初、ケイルはチェハンに全てを伝えるかどうかについて悩んだ。

読んでいた⼩説に運ばれました。

私も韓国⼈です。

そのため、第5巻まで何が起こるかを知っています。

この秘密結社は、⼤陸全体で問題を引き起こし続けています。

⼤陸は戦争のためにすぐに混乱状態に陥ります。

「最初」

2つの真実の最初。

「私は、その組織の⾝元を知りません」

チェハンは両⼿で顔を覆う。

その後ゆっくりと⼿を離し、ケイルがまだ⽣きていることを確認しました。

それは真実でした。

第5巻「英雄の誕⽣」まで読んでいたが、秘密組織の⽬標や正体については何も⾔及していなかった。

「後もう⼀つ」

2つの真実の2番⽬。

「私は組織を軽蔑し、それが消えることを望んでいます」

当然、ケイルはまだ⽣きていました。

彼は、平和な⼤陸で静かに暮らせるように、彼らが消えることを望んでいました。

チェハンは⾔葉を失っていた。

「あなたが彼らを知らないのに、どうやって彼らを憎むことが出来ますか?」

「彼らの残虐な行為を知っているからです。ブラックドラゴンとラークもその2つです」

ケイルは⼈差し指で、⾃分を指差す。

「私は⾃分の⼈⽣をゴミとして⽣きてきました。それが私の夢です」

チェハンの表情が変わった。

「私は後継者になりたいとは思っていません。私の⾎縁の弟、バーセン・ヘニトゥス。彼が後継者になることを望んでいます」

これも真実でした。

「では、なぜ私がヘニトゥス家の代表として⾸都に来たのでしょうか?分かりますか?チェハン」

チェハンは沈黙の後に答えた。

「・・・分かりません」

「それは、秘密結社が⾸都で何をしようとしているのかを知っているからです」

チェハンの瞳が激しく揺れた。

「私は⾃分の知っていることに答えることが出来ません。しかし、彼らは⾸都で多くの⼈々を殺すことを計画しています。そんな場所にバセンを送ることが出来なかった。その事件が起こらないようにしたいのです」

「・・・どうして知っているのか教えてくれないのですか?」

「ええ。誰であろうと、誰にも⾔えません」

チェハンの頭は混乱していた。

それでもなお、⿊い⽷を通して来る死の神の⼒は彼に静けさを与えました。

「それなら、もう1つお話しします。」

チェハンはすぐに頭を上げてケイルを⾒ました。

3番⽬の真実。

「私はあなたに危害を加えるつもりはありません」

チェハンは眉をひそめた。

「・・・あなたを信頼します」

「良かったです」

ケイルは笑い始めました。

「はぁ・・・」

チェハンは座ったままため息をついた。

「ケイルさん。もう⼀つ約束してください。そうすれば、私はあなたを完全に信頼します」

「何ですか?」

「私はその組織に復讐しなければなりません。⼈や組織をこれほど嫌ったのは⼈⽣で初めてだと思います」

怒りは彼の純粋な⽬を満たしました。

「彼らの⾝元を⾒つけたら、必ず教えてください」

「え、ええ。分かりました」

(彼は何か難しいことを尋ねるつもりだと思ったが)

「はい。ありがとうございます」

チェハンはついに微笑み始めた。

彼は安⼼したようでした。

チェハンが⾸都とローン王国を出ると、彼はあらゆる種類の英雄と出会います。

⼈間も⾮⼈間も同様に。

 



 

  • 狂った魔導士

ケイルが手を上げると、黒い霧は消えていきます。

1,000万ガロンの⼩切⼿を司祭の前に置き、起き上がる。

ケイルは部屋を出る前に、司祭に別れを告げた。

彼は階段を上って歩いて、1階の⼊り⼝に⽴っていた先程の僧侶を⾒つけました。

司祭はまだ⽣きているケイルに挨拶した。

「あなたの⼈⽣がその運命の時まで続くように」

「どうもありがとう、司祭様」

ケイルはそれに応えて笑顔で司祭に感謝した。

彼らは⾺⾞に乗り、⾺⾞が動き始めるとケイルが話し始めました。

「参考までに、その狂った魔道⼠。その人物は⾸都で起こる事件のリーダーです」

「・・・⾒たら殺してもいいです?」

「お好きなように」

その狂った魔導士は最⾼レベルの魔導士であり、テレポートのスペシャリストだったので、チェハンが望んでいる事は出来ないでしょう。

「はい。必ず殺します」

彼らが住居に戻ると、厄介な人物が待っていました。

「公私様」

「ロン」

優しい笑顔を浮かべた暗殺者ロンは、部屋で休もうとしているケイルを探しにやってきた。

 



 

流石に前世の話はしませんでしたね。

けれど、チェハンの信頼を得ることは成功しました^_^

次回、ロンはケイルに何を話すのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【34話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は34話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...