伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【34話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は34をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

34話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロンのお願い

ケイルはロンが提供したティーカップをぼんやりと⾒つめていた。

「・・・寝る前にレモンティー?」

「はい、坊っちゃま」

彼は寝る前にレモンティーを飲むことに慣れていません。

飲む気はしなかったが、何も⾔わずに茶碗を持ち上げる。

「坊っちゃま、お願いしてもいいですか?」

「え?お願い?」

ケイルはロンの「お願い」という言葉に目を大きく開いた。

ロンはまだ優しい笑顔でした。

ケールは何とも⾔えない不吉な感覚になる。

彼はリラックスして尋ねた。

「分かりました、それは何ですか?」

「2⽇休んでもいいですか?」

「もちろん。良い考えです、ロン。あなたは何⼗年も⼀⽣懸命働いてきました。休憩が必要なら、好きなだけ休んでください」

しかし、ロンはチェハンと繋がりを持つために⾸都テロ事件の前に戻る必要があったので、2⽇間は完璧だった。

ケイルはこの暗殺者の顔を⾒ずに済むことを楽しみになった。

彼はお⾦の袋を取り出し、ロンの⼿に渡す。

「これを。それほど多くはありませんが、美味しい⾷べ物を買って休憩を楽しんでください」

ロンは、お⾦の袋をぼんやりと⾒つめていた。

彼はずっとこのゴミ、坊っちゃまの世話をしていた。

彼は今、隠れることから抜け出し、⼈⽣を再開しようとしています。

しかし、彼の将来は混沌としている可能性が⼗分にありました。

(息子はここに残しておこう)

ロンは⽬の前のリラックスした坊っちゃまに⽬を向ける。

「坊っちゃま、本当に⼤丈夫ですか?」

ケイルはロンの質問に、興奮して答えた。

「もちろんです。ロン、あなたは休憩を楽しむ資格があります」

資格。

ロンの当初の計画は、数⽇後に⼀⼈で、又は、ビクロスと⼀緒に静かに出発することでした。

しかし、何故か愛着があった。

それが2⽇間の休憩を⾔及した理由です。

彼はこのゴミがが何を⾔うかを知りたかった。

ロンはまだ優しい表情をしているが、視線は冷たい。

「坊っちゃま、多すぎます。私がこのまま逃げたらどうしますか?」

(それとも、私に逃げて欲しいと?)

ケイルは⿐を鳴らした。

「私があなたの性格を知らないと思います、ロン?もしあなたが逃げるつもりなら、あなたは何も⾔わずに去るでしょう。違うか?」

それがロンが⼩説で使った⽅法。

彼は伯爵に何も⾔わなかった。

「・・・そうですね。その通りです」

ロンは笑顔でうなずいた。

彼を最もよく知っているのはケイルかもしれません。

「あなたが王宮に向かう時、私はあなたに仕えるために戻ってきます」

「勝手にしろ」

興味のなさそうなケイルに目を向けて、ロンはお金を片付けました。

彼は、ケイルが宮殿に⼊ることを許すことが出来ませんでした。

⾃分が育てた坊っちゃまが他⼈に⾒下されているのを⾒たくないから。

それがロンの最後の義務でしょう。

「それでは、私は出発します」

「はいはい」

ロンを追い出して、ケイルは久しぶりに素晴らしい睡眠をとった。

 



 

  • 面会の申し出

副執事のハンスが、ケイルに仕える責任を負いました。

ケイルはハンスを無視して、開いた部屋の外を⾒ます。

チェハンは今朝早くから部屋の外に⽴っていた。

彼は尋ねられる前に答えてきた。

「ロンさんは、私にあなたを守るように頼んだ」

(あいつは何を考えている?)

ケイルはハンスからカップを受け取って、眉をひそめました。

「ハンス。なぜ私にレモネードを持ってきたのですか?」

「すみません?公子様はレモネードが好きなのでは?」

「はぁ・・・」

ケイルは深いため息をつき、レモネードを飲みました。

彼は自分を⾒ているチェハンに尋ねた。

「ラークは起きていますか?」

「はい」

狼族は本当に速い再⽣能⼒を持っていました。

フリン商⼈ギルドのリーダーであるビロスは、すぐに⾸都に到着するでしょう。

ケイルは彼と⼀緒に飲むことを約束し、何処で会うかをすでに決めていました。

チェハンが⾸都に着いたら泊まるように⾔ったのと同じ宿で。

「宿の⼦供たちと、商⼈はどうですか?」

「会議からの帰りに⽴ち寄ると思っていました」

「・・・会議?」

ハンスは混乱したケイルに近づき、話し始めました。

「公子様、北東の貴族からの招待状です」

「ああ・・・」

すっかり忘れていました。

「それと、ゲストもあなたと話したいと」

「ロザリンさんのことですか?」

「はい。彼⼥はいつでも大丈夫と話していました」

ロザリンは頭のいい女性です。

昨⽇のマナの感覚が、ドラゴンのものであると疑っているのでしょう。

「⾃分の部屋で朝⾷を⾷べるので、準備をしてください。ロザリンさんに⼀緒に朝⾷を⾷べたいかどうか尋ねてください」

「はい、公子様。しかし、今は⽇中なので、昼⾷になります」

「・・・ハンス」

「すぐに準備します!」

ケイルはハンスを睨みつけ、最後の命令を出しました。

「ああ、テラスのドアは開けたままで」

(ブラックドラゴンが入れるようにしておかないと)

窓際の⽊の上でないとよく眠れないのはとても奇妙でした。

 



 

  • ロザリンとの食事

「ロザリンさんを連れてきます」

「ええ」

テーブルの上の⾷べ物が素晴らしく⾒えたので、ビクロスはかなり頑張ってくれたのでしょう・

「ケイルさん」

チェハンが彼に近づいた。

「あなたが⾷事をしている間、私はラークのそばにいます」

ラークはすぐに回復しましたが、ロザリンとチェハンが交代で彼を看護していました。

オンとホンも、ラークの部屋に滞在している。

彼らはラークを看護するためではなく、将来の敵を殺す⽅法を探すために、そこにいました。

「ラークは2匹のかわいい⼦猫を見て、リラックスしているようです」

「・・・それは素晴らしいな」

ケイルはチェハンに真実を伝えたくなかった。

「チェハン・・・。もう⼀度聞くが、⾎を飲む魔道⼠を殺すつもりか?」

「はい」

ケイルは躊躇うことなく出てきた答えに頭を下げ、話し続けた。

「そいつを⾒つける⽅法を教えます」

チェハンの視線が変わり始めた。

「もちろん、最初にテロ事件を防ぐ必要がありますが」

チェハンが何かを言おうとした瞬間、ドアがノックされた。

「公子様、ロザリンさんを連れてきました」

ケイルはチェハンにうなずき、椅⼦から⽴ち上がった。

「何か必要なことがあれば教えてください」

「ロザリン、私はラークと一緒にいます」

「はい」

⼆⼈が去った後、ロザリンとケイルだけが部屋に残されました。

「招待してくれてありがとう、ケイル公子」

「とんでもありません、ロザリンさん」

ケイルは向かいの椅⼦を指さし、話し始めた。

「話し合う必要がたくさんあります」

「公子、あなたは周りくどいのが嫌いな様に見えますが?」

ロザリンは微笑み、ケイルは開いたテラスの窓の⽅を向いて話し始めた。

「こっちに来い」

その瞬間、ロザリンはすぐに振り返った。

いくつかの葉が部屋に浮かんでいます。

彼⼥は⼀晩中考えていました。

答えは一つしかありません。

「ドラゴン。ドラゴンさんですか?」

魔導士はドラゴンを尊重しています。

浮かぶ葉に向かって話し始めたとき、ケイルはにやにや笑っていました。

「⾃⼰紹介してください」

その瞬間、ステーキの上に浮かんでいた葉がブラックドラゴンに変わりました。

「本当に・・・!」

ロザリンはショックを受けた。

彼⼥はドラゴンになることを知っていたにも関わらず、それでも衝撃的でした。

⻄と東の⼤陸を合わせて20匹未満のドラゴンが存在していましたが、そのような存在が
現在、彼⼥の目の前にありました。

ドラゴンはマナと⾃然の両⽅の王。

そして、孤独を好む存在でした。

ドラゴンは誇り⾼い⽣き物。

そのような存在が、ロザリンの⽬の前にありました。

ドラゴンはステーキの前に移動し、話し始めました。

「お腹が空いた」

「・・・どうぞ、食べてください」

ケイルはそう答えると⾸を横に振った。

「私たちも食べましょう」

「ええと・・・、はい」

ロザリンは無表情のまま座る。

目の前の光景を話しても、魔法の塔の誰も信じないでしょう。

「ケイル公子とドラゴンさんとの⾷事。とても名誉な事です」

(彼⼥は本当に勇気のある⼈だな)

他の魔導士ならば、ノンストップでドラゴンを賞賛しているでしょう。

彼らはドラゴンにマナや魔法について少しでも教えてもらえるように頼むでしょう。

ドラゴンの魔法は、⼤陸のどんな魔術師も夢中にさせる魔法ですから。

ケイルはロザリンと話し始めました。

「お好きなだけここにいてください」

「ケイル公子」

「はい?」

「私が興味を持っていることが3つあります。しかし、そのうちの1つはすでに解決されているので、あと2つあります。それらについて聞いてもいいですか?」

「どうぞ」

最初の質問は、おそらくドラゴンについてでしょう。

他の2つの質問も予想出来ます。

ロザリンは冷静に、そして誠実に質問をしました。

「招待されていない⼈が、このようにあなたの住居に滞在することを許可しても⼤丈夫ですか?」

ケイルはその質問に簡単に答えた。

「あなたはチェハンが連れてきた⼈なので⼤丈夫です」

「・・・そうですか。次に、3番⽬の質問です」

二人の⽬が合い、ケイルは彼⼥の⾚い瞳孔を⾒た。

ロザリンは⾸都に⼊ると、魔法で目を⾚から⿊に変えました。

髪の⾊についても同じことです。

しかし、今はそうではありません。

「貴族としての地位にも関わらず、なぜあなたは、私にとても敬意を表して話すのですか?」

ケイルは⽩ワインを⼀⼝飲みました。

「⾚い髪、⾚い瞳孔、そして魔術師。それから、ロザリンという名前」

ケイルは微笑みながら、尋ねました。

「お姫様。あなたは私にそんなに敬意を表して話すのを、止めるべき⼈ではないですか?」

 



 

ロンの考えがイマイチ読めないです・・・。

原作だとケイルに愛想を尽かして出て行きましたが、彼は葛藤しているのでしょうか?

それを証拠に、ビクロスは残すと言っていますしね。

レモンティーを毎日提供する理由も謎です。

単なる嫌がらせなのでしょうか?

ロザリンとケイルの会話は気になりますね!

 

伯爵家の暴れん坊になった【35話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は35話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...