伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【35話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は35をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

35話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 安らかな食事

ロザリンは笑い始めた。

「あなたはゴミだと聞きましたが、それは嘘ですね」

低レベルの貴族は情報を収集するのが難しいかもしれませんが、伯爵レベルでは、近隣の王国の貴族と王族に関する情報を持っていることが基本的な知識です。

貴族になるのも簡単ではありません

「私がゴミであることで有名なのは事実です。しかし、魔導士は五感に基づいて判断する必要がありますので」

「そうですね。私たちは、⾃分たちが経験することだけを信じています」

ケイルはロザリンの話し⽅に違和感を感じる。

「私たち」という言葉は、彼女が王女としてではなく、魔導士を強調しているように聞こえました。

「しかし、お姫様」

「ロザリン、と」

彼⼥はお姫様のように扱われるのが好きではなかったようです。

「オーケー。ロザリンさん、質問は終わりましたか︖」

「ええ。もう大丈夫です」

彼⼥はそう答えて微笑んだ。

「ケイル、あなたは私と関わりたくないように見えますが?」

ロザリンが王⼥であることを知っていたにもかかわらず、滞在を楽しんでから去るように⾔った。

それを無礼と思っておらず、彼女はその方が良かった。

さらに、ロザリンはラークの件で、ケイルに感謝もしていた。

「そうですか?お姫様が望んでいたように見えましたので」

「嘘が上手ですね」

ロザリンは、ケイルの⾔葉を⾔い訳として扱った。

ドラゴンと⼀緒に旅する⼈間。

彼は社会からゴミだと知られていたが、実際にはそうではなかった。

ロザリンは、何も知らないかのように笑っているケイルに感謝した。

「あなたが正しいです。私は⾃分⾃⾝の正体を明らかにしたくありません。これで将来問題が発⽣した場合は、あなたバックアップするためにメッセンジャーを送ります」

「分かりました」

「ここに滞在させてくれてありがとう」

「何の問題も起きないことを願っています」

ケールとロザリン、⼆⼈はもう話す必要はありませんでした。

ロザリンは時々ドラゴンを眺めます。

魔道⼠として、彼⼥の視線はドラゴンに向かい続けました。

ロザリンがしばらく覗き続けていたことを無視した後、ドラゴンはついに声を上げた。

「⾃分の⾷べ物を⾷べなさい。これは私のものです」

ブラックドラゴンはソーセージを自分の元に近づけた。

彼は、⽣⾁を⾷べるのとは違うステーキの味や、テーブルに置かれていた他の種類のさまざまな⾷べ物に夢中になりました。

ロザリンはケイルを見て、彼はドラゴンに気付かれずに密かに4本の指を⽴てた。

4歳。

ロザリンは、ケイルのメッセージの意味に微笑んで、ドラゴンに応えました。

「はい、ドラゴンさん。私はあなたの⾷べ物に⽬を向けません」

リラックスした安らかな⾷事。

 



 

  • 北東の貴族

それが終わった後、ケイルは北東の貴族に会いに⾏くために⾺⾞に乗りました。

北東部の貴族はわずか10の貴族で構成されています。

ケイルが今⽇会う3⼈は、⻑い間ヘニトゥス家と友好的な関係です。

「さて、どうしようか」

護衛として追っていたチェハンは慎重に尋ねた。

「何かお⼿伝い出来ることがありましたら、お知らせください」

「何もありません。知る必要もありません」

ケイルは何をすべきか分からなかった。

本当にゴミのように⾒えるようにするには、どのような混乱を引き起こす必要があるのだろうか?

ゴミの⽣活を送る⽅法についてジレンマを抱えていました。

「うーん」

荒くれ者のように振る舞う?

何が出来るかを考えている間、⾺⾞は住居の前で⽌まりました。

「ようこそ、ケイル様」

ここは、ウィールズマン伯爵の住居。

ケイルはウィールズマン伯爵の後継者について考えました。

「エリック」

彼とケイルは非常に親しい間柄でした。

ケイルは執事を追ってウィールズマンの邸宅に⼊った。

エリック・ウィールズマン、ギルバート・バロンチェッター、アミール・ウバール。

3⼈は既にいました。

彼らがケイルに望んでいたことは、静かにじっとしている事。

それだけでした。

「私はじっとしているのがとても上⼿です」

「他の北東部の貴族の何⼈かはあなたを苛⽴たせようとするかもしれません。しかし、私たちはあなたのためにすべての世話をします。どうでしょうか?」

エリックと他の2⼈は、ケイルの返事を静かに待ちました。

「それは素晴らしいことです」

ケイルは優しい笑顔を浮かべた。

「私も⼀緒に王⼦に敬意を表すつもりです。本当は⾯倒で、すぐに飲みたいと思いますが、それは難しいでしょう」

ケイルは、何もせずに彼らの保護を得るという申し出を受け⼊れることに決めました。

彼はこの計画がとても気に入っていた。

「ケイル、あなたがしなければならないのは、現れて、そこに座って、リラックスすることだけです」

「素晴らしい。完璧ですね」

それはとても良いオファーでした。

今⽇ここに来て良かったと思い始めたケイルは、⽬の前で静かに⾷事をした。

しかし、エリック、ギルバート、アミールは不安を抱いていた。

ケイルは全てが順調に進んでいた貴族の集会で、突然暴れ出すような男です。

ギルバートとアミールの家族は、北東の海岸線に投資するように皇太⼦を説得するためにここにいたので、特に慎重でした。

4つの家族は秘密なしで互いに情報を共有しました。

しかし、ケイルは皇太子からの投資が不可能であることを知っています。

「⻄部⼤陸の南から戦争がまもなく始まるとき、どうして投資することが出来るでしょうか?海軍だったら違うかもしれないが」

3⼈の貴族は、ケイルが事故を起こさずに⾷事を終えるのを⾒た後、少しリラックスした。

彼らは皆、この会議に満⾜しました。

 



 

  • 夜の行動

ケイルは⾃宅に戻った後、チェハンを⾃分の部屋に呼んだ。

「ケイルさん、どうしましたか?」

「宿の様子は?」

「ありがたいことに、⼦供たちは元気です」

エネルギッシュな狼族の⼦供たち10⼈のことを考えた後、ケイルは⻘ざめた。

⼀⽅、チェハンはリラックスしていて幸せそうだった。

「これから時間は空いているか?」

「え?」

チェハンは、ケイルがいつもの服を着ていないことに気づく。

彼はとてもカジュアルな服を着ていました。

「私はベッドに横になりますので、ハンスにドアの外に⽴つのを止めるように伝えて下さい」

チェハンは開いたテラスの窓の外を⾒ました。

明るい夜。

彼はケイルに尋ねた。

「出かけるのですか?」

「ええ」

ケイルは答えると微笑んだ。

「以前と同じようにテラスを開いたままにしたので、私の部屋に来てください」

「分かりました」

チェハンの視線が変わる。

彼は先⽇のことを思い出した。

⾎を飲む魔道⼠を⾒つける⽅法を教えると述べた事を。

「オンもホンもなしで、私たち⼆⼈だけでしょうか?」

チェハンは真⾯⽬な表情で尋ねたが、どこかから答えが来た。

「俺様も⾏くぞ」

ブラックドラゴンは不可視の魔法を取り除き、テラスの窓から⼊った。

チェハンはブラックドラゴンの⽅を向いた。

ケイルはこれまで以上にリラックスして答えた。

「3⼈で⾏きます」

 



 

ロザリンのケイルの印象は良さそうですね。

自分に深く関わらず、宿を提供してくれる貴族。

こんな有用な相手は、中々いないでしょう。

北東貴族の心労は辛そうですよね・・・。

ケイルがじっとしてくれる事を願うしかありません。

 

伯爵家の暴れん坊になった【36話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は36話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...