伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【36話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は36をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

36話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 風の音

チェハンは、ケイルに尋ねる前にブラックドラゴンを⾒ました。

「すべてを破壊するつもりですか?」

「そんな訳がない」

(なぜ彼の考えはいつも極端なんだ?)

ケイルはベッドに横になり、チェハンを追い払う。

「すぐに戻ってきてください」

「分かりました」

ドアはすぐに閉まり、ハンスは入ってこなかった。

ドアが開いている間は⾒えなかったブラックドラゴンは、不可視魔法を解除して、ベッドに着陸した。

しばらくして、チェハンはローブを着たまま窓から部屋に戻った。

ケイルは帽⼦をかぶり、ドラゴンに向かって話し始めた。

「どうやって付いてくる?」

「姿を消す」

「・・・ドラゴンが変⾝出来ると聞きました。⼈間になれませんか?その方が簡単だと思います」

ドラゴンはチェハンの⾔葉に⿐を鳴らした。

「俺様は⼈間が嫌いだ」

二人はドラゴンの魔法で宙に浮き、姿を消して、容易に屋敷から抜け出した。

チェハンは屋敷から少し離れた⼩さな路地に⽴ち、話し始めた。

「ここまで来れば⼤丈夫です」

彼がそう⾔うとすぐに、不可視魔法は取り除かれました。

ケイルはこの⼀連の出来事に驚きを隠せなかった。

(ブラックドラゴンの魔法スキルは、思っていたよりも遥かに強⼒だな)

このレベルの魔法は、最上位の魔術師のレベルよりも⾼い。

王国全体を簡単に破壊出来ると⾔ったのも不思議ではありません。

(けれど、「風の音」が手に入れば、ドラゴンの助けは必要ない)

⾵の⾳は、ケイルが取ると計画していた3番⽬の古代の⼒。

その⼒を⾒つけるために、ローン王国の北東海岸に向かう必要がありました。

「アミール令嬢の領⼟に⾏かないと」

ケイルは⾸都から帰る途中に、その場所に向かうことを計画していた。

クジラの部族と⼈⿂が第4巻の終わり頃に北東の海岸に現れる。

東と⻄の⼤陸間の海での戦争。

彼がしなければならなかったのは、その時海岸を避けることだけ。

クジラ以上に、狂った⼈⿂を避ける必要がありました。

 



 

  • 秘密結社の計画

ホイスの中⼼に近づくにつれて、昼と同じくらい明るくなりました。

四⽅に噴⽔がある広場。

チェハンは、東の噴⽔で家族が⼀緒に笑っているのをぼんやりと⾒守っていた。

「誰にも聞こえないようにしてください」

ケイルがそう⾔うと、⽬に⾒えないドームが彼らの周りに現れました。

「魔法の爆弾と呼ばれるものがあります」

「爆弾?」

「ええ、爆弾です。魔法の爆弾には様々な形やサイズがあります。この⻄部⼤陸は魔法に導かれた⻑い戦争の歴史を持っており、かなり発展してきました」

チェハンは静かにケイルの話を聞いた。

「しかし、多くの制限があります。魔法の爆弾の位置、それを流れるマナの制御、および他の多くの要因により、これらの爆弾の使⽤は⾮常に複雑になります」

そのため、彼らは魔法の爆弾を使⽤するよりも、戦争中に魔術師に魔法を使⽤させることを好みます。

「新しく開発された魔法の爆弾が、6⽇以内にこの周辺の複数の場所で爆発します」

チェハンとロザリンが⼩説で⾒つけた5つの爆弾が同じであるとは思っていません。

話はすでに変化している。

つまり、この状況も簡単に変わる可能性があります。

クレイジーメイジは、この新しい魔法の爆弾を作成した人物。

秘密結社は、⾸都での事件の後、最終的にこの爆弾をローン王国の様々な地域に配布した。

「ここで爆弾が爆発すると⾔っているのですか?」

「はい」

チェハンは噴⽔と広場の⼈々を⾒回した。

「何処かに埋めたり、⼈に取り付けたりすることも出来ます」

⼈に。

その言葉に、チェハンは反応する。

「私たちはそれを防がなければいけません」

もちろん、ケイルは動きませんが。

チェハン、ロザリン、そしてブラックドラゴンに任せる予定です

「どうすればそれを防ぐことが出来ますか?」

「簡単です」

ケイルは広場の⽊に寄りかかって話し続けた。

「魔法の爆弾は、本質的にマナの塊です。そのため、マナ感度の⾼い⼈にそのエリアを調べてもらい、マナが豊富にあると思われる場所を検索するだけです」

チェハンは⼼配そうな表情を浮かべた。

「ケイルさん、それは簡単ではないと思います」

その瞬間、上から答えが来ました。

「実⾏可能だ。ただ面倒なだけ」

ケイルの隣には、マナに最も敏感であると⾔われているブラックドラゴンがいた。

チェハンはすぐに理解し、うなずいた。

彼はこのドラゴンが偉⼤で⼒強い存在であることを忘れていました。

ケイルは地図をチェハンに⼿渡す。

「設置された爆弾は事件の少なくとも2⽇前に設置されます」

事件の⽇は王が到着した時。

「他の場所については分かりませんが、少なくとも1つの爆弾がこの広場の近くにあると確信しています。ここは最も⼈が多い場所ですから」

「その通りですね」

ケイルはチェハンを指さし、それから空を指さした。

「あなたとドラゴンで毎晩⾸都を歩き回り、魔法の爆弾を探して下さい」

「私達二人で?」

ブラックドラゴンとチェハンの扱い⽅はかなり似ています。

「はい。チェハン、あなたなら気づかれずに動き回れると思います。あなたは⾮常に才能がありますから」

真⾯⽬な表情で、彼は尋ねました。

「⾒つけたらどうすればいいのですか?」

「とりあえずそのままで」

「・・・取り除けないのですか?」

「事件の⽇にそれを取り除きます」

「どういう事ですか?」

ケイルはニヤニヤし始めた。

「あの魔道⼠を⾒つけたくないですか?」

チェハンは即座にうなずいた。

広場はみんな幸せそうに⾒えましたが、秘密結社のメンバーが混じっているかもしれません。

ケイルはその⾎を飲む魔道⼠がどこにいるのか知りません。

どこかに隠れているか、変装して歩き回っている可能性があります。

「まず、爆弾を⾒つけます。運良く爆弾を仕掛けている⼈を⾒つけたら、気づかれずに後を追いかけて下さい」

「それなら、事件の2⽇前まで歩き回るだけでいいのでしょうか?」

「いいえ。前⽇も来る必要があります」

「前⽇?」

ケイルはポケットから⿊いオーブを取り出し、リツに⾒せた。

「ああ・・・」

それはマナ妨害ツール。

「おそらく10分も続かないでしょうが、助けになります。その間、魔法に関連する全てのものが機能しなくなります」

10分で⼗分でした。

「・・・ケイルさん、あなたはこれら全てを⾃分でやろうと計画してい」

「それが理由です」

ケイルは言葉を断ち切り、チェハンとドラゴンに話し始めました。

「酒場であなたを待っています。11時頃まで⾒回してください」

チェハンは、ため息のような笑い声を上げて少し考えた。

なぜケイルが彼らと⼀緒に⾏かないのか。

しかし、すぐに理解する。

ケイルは弱かった。

マナの痕跡すらなく、どんな種類の武道も練習しているようには⾒えません。

彼は平凡でしたが、同時に平凡ではありません。

「⼀⽣懸命頑張りますので、帰ってきたらビールを買ってください」

「承知しました。ドラゴン、あなたの助けにも感謝します」

ブラックドラゴンは、ケイルの⾔葉に反応するかのように、防⾳ドームを取り除きました。

 



 

  • ビロスからの手紙

2時間後、ケイルは何も⾒つけられなかったチェハンとブラックドラゴンと⼀緒に屋敷に戻った。

次の夜も何も⾒つけることが出来ません。

夜眠れなかったケイルは、昼間に⽬が覚めた。

しかし、彼は疲れていません。

なぜなら、⼼臓の活⼒が、ケイルが疲れを感じるのを難しくしたから。

「坊っちゃま、お元気ですか?」

「・・・ロン」

ケイルの蜂蜜のような眠りは、夢のように消えました。

「戻ってきました」

ロンが帰ってきた。

それから彼はケイルに⼿紙を渡した。

「ロン、最高級のワインボトルを」

フリン商⼈ギルドの紋章が書かれた⼿紙。

[ケイル様、すぐに私をアルコールで治療してくれませんか?]

フリン商⼈ギルドのリーダー・ビロスは、すぐに⾸都に到着するでしょう。

 



 

ブラックドラゴンが人間に変身したら、オンとホンのような感じでしょうか?

いずれにせよ、しばらくは見れないでしょうが汗。

新たな古代の力「風の音」

防御魔法なのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【35話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は35話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【37話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は37話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...