伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【37話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は37をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

37話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロンの思惑

ロンは去る前にもう1つ追加した。

「ちなみに坊っちゃま。明後⽇、宮殿に⾏かなくてはいけないことを覚えていますか?」

王が広場で祭りの開始を発表する前に、貴族は皇太⼦と会う予定でした。

ケイルは、皇太⼦と宮殿について考えます。

(テイラーとケージは元気だろうか?)

彼らなら、上手くいっているだろう。

「ごほん」

背後からの咳に、背筋が凍る。

その寒さを感じて、ケイルは決⼼した。

(二人については、考えないでおこう)

気を取り直して、テーブルの手紙を読みます。

それはエリックからの手紙。

[ケイル。あなたは何もする必要はありません。私に任せてください、分かっていますよね?]

北東部の貴族の⼀⼈であるエリック・ウィールズマンは、ケイルに毎日⼿紙を送りました。

その手紙を片付ける。

ロンが部屋を去った後、二匹が部屋に入ってきます。

「「彼らが警戒を怠れば、私は彼らを殺すことが出来ると思います!」」

それはオンとホンの⼦猫。

二匹の子猫は、狼族と同じくらい強い相手を殺す方法を見つけたようで、興奮していました。

「よくやった」

ケイルの褒め⾔葉を聞いた後、彼らはケイルの⾜に顔をこすりつけた。

その後、ロンがまた部屋に。

「坊っちゃま」

「どうした?」

「あなたの従者として宮殿に⾏ってもいいのですか?」

「なぜそんな分かりきった質問を?あなたじゃなかったら誰が⾏く?」

その答えは、ロンに去ることを決⼼させた。

「それでは、副執事ハンスに報告する必要がありますので」

「ああ、分かった」

ロンはすぐに去り、ケイルは閉じたドアを⾒ながら熟考し始めた。

「なぜ彼はこんな⾏動を?」

しかし、その理由を知りたくありません。

ロンの⼈⽣に興味を持つことから、何が得られるのでしょうか︖

 



 

  • ラークの願い

コンコン。

誰かがドアをノックする。

⾚い⼦猫のホンが話し始める。

「狼のような匂いがします」

ケイルはドアの⽅を向いた。

「お⼊りください」

ドアが開くと、狼族の少年、ラークがぎこちない様子で立っていた。

「こんにちは。わ、私はあなたに感謝しています。少しだけ、お時間を頂いても良いでしょうか?」

「もちろん」

ラークは緊張した表情で慎重にドアを閉め、ケイルに近づいた。

彼はソファに腰を下ろし、ケールを見ました。

ラークのケイルへの印象は、近寄り難い印象。

叔父のように強いからではなく、何を話して良いか分からないから。

「話したい事を、話してください」

ラークは席から⾶び上がってケイルに向かってお辞儀をする前に、何を⾔うべきか考えているようだった。

「ありがとうございました!」

ラークは⾮常に素朴で怖がり、そして、いくつかの⾯で愚かであるように⾒えました。

⼩説で説明されている紹介文と、間違いなく適合しています。

「その言葉は受け取っておきます」

「え?は、はい」

「もう私に感謝する必要はありません。もう行って良いですよ」

「あの・・・、えっと・・・、その・・・」

ラークは⽴ち上がることが出来ず、何も⾔わずに唇を動かしていた。

ケイルが彼をここから素早く追い出そうとしたのは、ラークがどのように⾏動するかを知っていたから。

「あの・・・」

ケイルは彼の性格があまり好きではありません。

「さっさと話す」

「は、はい!」

ラークは頭を上げて、ケイルを⾒た。

彼が部屋に⼊って以来、ケイルとアイコンタクトをとったのは、これが初めて。

「そうです。誰かと話しているときは、アイコンタクトをとる必要があります」

ケイルは続けた。

「⾔いたいことを、すべて吐き出してください」

ラークはそわそわする⼿を握りしめ、ついに話し始めました。

「わ、私は兄です」

彼の声は弱々しかった。

「私は、私の兄弟の世話をする必要があります」

彼には10⼈の兄弟がいて、今すぐ保護して世話をする必要がありました。

「狼族の少年」

ラークは頭を上げた。

「狼は家族を守り、⾃分よりも先に家族を第⼀に考えます。彼らは誇りに思う部族だと思います」

ラークは、ケイルの笑顔を見ることが出来た。

彼はようやく言いたかった言葉を思い出す。

「私たちを・・・、助けてください」

「私はあなたを助けたくありません」

ケイルはラークを助けたくなかった。

しかし、10⼈の⼦供たちが、両親と彼らのサポートを失った後に感じている痛みを知っています。

自身がそれを経験しているから。

「しかし、私はあなたと取引をする計画があります」

「・・・取引?」

「ええ」

ケイルは話し続けた。

「何を⼿伝う必要があると思いますか?」

何も経験のないこの少年を教えることを望んでいません。

それはチェハンやロザリンが対処すること。

「答えが出たら戻ってきてください」

「分かりました。私が物事を理解したとき、あなたに会いに戻ってきます」

「はい」

ラークの肩を軽く叩いた。

 



 

  • 喜びの宮殿

皇太⼦の招待を受けて、⾺⾞から降りました。

集会は午後5時から。

喜びの宮殿。

集会の場所の名前は喜びの宮殿と呼ばれ、皇太⼦の誕⽣の喜びを分かち合うために、王によって建てられました。

宮殿の外でエリック、ギルバート、アミールと会い、⼀緒に⼊る予定です。

彼が到着した直後に、誰かが宮殿に到着した。

「これはこれは、有名なケイル公子ではありませんか?」

「はぁ・・・」

ケイルはため息をついた。

彼に近づいたのは、トルツ⼦爵の後継者であるネオ。

(なぜ今、ヴェニオンの⼿先の1⼈に遭遇しなければならないのですか?)

ブラックドラゴンが拷問された村は、トルツ⼦爵が所有していました。

ネオ・トルツは、ケイルの前に⽴つと明るく笑う。

「お一人なのですか?」

最⼩限の⼈しか連れてこなかったケイルを、ネオは⾒下した。

「どうしてあなたのようなゴミがここに?」

ネオにとって、ケールは外⾒が整っているだけのゴミ。

ケイルがここで騒ぎを起こしたとしたら、それはネオの利益になるだけです。

ケイルは頭の中で、ドラゴンの声を聞いた。

[何だこいつは?]

「彼はヴェニオンの⼿先です」

[殺してもいいか?]

「そうする必要はないと思います」

その瞬間、ケイルの視線は、到着したばかりの⾺⾞に向けられました。

⾺⾞が⽌まるとすぐにドアが開き、エリックが降りてきました。

ギルバートとアミールも⾺⾞の中に。

ケイルは、⼈差し指でネオを指さしながら、エリックに⽬を向けた。

(彼を追い払ってください)

落ち着いて⽴っているケイルの⽬は、エリックにそのメッセージを与えていました。

 



 

ラークの願いを即座に拒否するケイルですが、なんだかんだで面倒見が良いので、子供たちは大丈夫でしょう^_^

ケイルがどんな要求をするのか早く知りたいです♪

 

伯爵家の暴れん坊になった【36話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は36話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【38話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は38話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...