伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【38話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は38をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

38話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • エリックの介入

「ええと・・・。ごほん!ネオ公子、お久しぶりです」

エリックはすぐに、ケイルとネオの間に入りました。

ネオは諦めたように見えた。

エリック・ウィールズマンがいる状態で、目の前の獲物を狩ることは困難だったからでしょう。

「はい、エリック公子。お元気そうで、何よりです」

ネオはエリックに挨拶した後、アミールとギルバートにも挨拶した。

全員がケイルの前に⽴っているのを⾒て、彼は舌打ちをする。

ネオは、3⼈がケイルを守っているのを⾒て、何もしないことに決めました。

彼は背を向けて、その場を去った。

今⽇、ケイルがブラックドラゴンを連れてきたのには理由がありました。

[⾳声録⾳の魔法の準備ができたぞ]

彼はブラックドラゴンに、今⽇起こったすべてを記録するように頼んでいた。

宮殿の⼊り⼝に向かう前に、将来これを使ってネオを泣かせようと決⼼した。

エリックは、ケイルが何もしなかった事にホッとする。

毎⽇送った⼿紙がうまくいったに違いないと。

⼀⽅、ギルバートとアミールは、好奇⼼旺盛な表情でケイルを⾒た。

いつも派手な服しか着ない彼が、今回は非常にシンプルな黒の服を着ているからです。

ケイルは混乱した⼆⼈と、得意げなエリックを⾒て話した。

「⾏きましょう」

 



 

  • ベニオン侯爵との再会

ケイルはエリックの後ろを歩きながら、⼤きなホールを⾒回した。

「宴会場の正⾯には皇太⼦席があり、テーブルは地域ごとに分かれています。その理由は・・・」

説明しようとしていたアミールは、ケイルの表情を⾒ます。

「理由を説明する必要はないでしょ?」

「ええ」

ホールの中には5つのテーブルがありました。

北東、北⻄、南⻄、南東、そして中⼼。

皇太⼦のテーブルは、これら5つのテーブルすべての正⾯にあり、他のテーブルよりも約2段⾼い位置に。

「予想通り、私たちのテーブルは⼊り⼝に最も近いです」

ケイルはエリックの苦い声に反応しなかった。

北東地域の貴族のテーブルは、ドアから最も近い場所。

エリックはしばらくの間ケイルを⾒てから、話し始めました。

「私の努⼒が報われたことを、嬉しく思います」

「どんな努⼒?」

ケイルはショックと混乱でエリックの⽅を向いたが、エリックは振り返り、⼊り⼝に最も近いテーブルに誇らしげに歩いた。

「彼に何かあった?」

アミールは、ケイルの質問に⾸を横に振った。

ギルバートも同様の反応。

「ステン侯爵家の公子、ベニオン・ステンが到着しました!」

ネオはステン侯爵家の後継者であるベニオンのすぐ後ろに。

「こんにちは。みなさんにお会いできて嬉しいです」

沈黙がテーブルを満たし、ケイルは他の⼈に気付かれることなく、テーブルクロスの下に⼿を置いた。

姿を隠しているブラックドラゴンの体が震えるのを感じます。

[⼤丈夫だ・・・。俺様は⼤丈夫だ]

怒りと恐れ。

ブラックドラゴンの⼼は今、両⽅で埋め尽くされていました。

若いときのトラウマは、とても恐ろしいでしょう。

[俺様は⼤丈夫。俺様は偉⼤で⼒強いドラゴンだ]

ケイルは、ブラックドラゴンに、今⽇はベニオンを殺さないことを約束させた。

[いずれ。俺様は必ず奴らを殺す]

ケイルは怒った声を聞きながら、ブラックドラゴンを落ち着かせた。

幸いにも、この怒りのためにマナが暴れる原因にはならなかったようです。

もしそうなら、この宮殿は簡単に破壊され、ケイルも死んでしまうでしょう。

彼は安堵のため息をついた。

「お久しぶりです、ケイル公子」

前回会った時からシワが増えたようですが、それでも貴族にふさわしい優しい笑顔
を⾒せていました。

ケイルは明るく笑って、話し始めた。

「こんにちは、ベニオン公子。前回トルツの領⼟で会った時以来ですね」

ネオの顔は完全に⻘ざめた。

ステン侯爵は、王国の政治における4⼈の指導者の1⼈。

そのような人物の後継者が北東地域を訪れた。

トルツ⼦爵がステン侯爵の派閥の下にあったことは明らかでした。

当然のことながら、北東部の貴族たちは眉をひそめ、他の貴族も同様に注意を払い始めました。

「そうですね。友人のネオ公子を訪ねて、家に帰りました」

ベニオンは、視線を気にしていません。

ケイルとベニオンは、お互いに会話している間、とても落ち着いているように⾒えました。

しかし、周囲の人々は落ち着くことが出来ない。

「そういえば。あなたに会った翌⽇、トルツ⼦爵の騎⼠の⼀⼈が私を訪ねました」

⾮常に⼼配そうな表情で、ネオに話しかけた。

「別荘が荒らされたと聞きました。⼤丈夫でしたか?」

ベニオンの唇の角が痙攣しているのが分かります。

「ネオ公子、元気を出して下さい。私たちは、⼈⽣で少なくとも⼀度は、信じられない状況に直⾯することになります」

「そ、そうですね」

ネオは動揺して、ベニオンを見ることさえ出来なかった。

「ベニオン公子、ネオ公子。今夜は一緒に飲みませんか?」

ベニオンは冷静にケイルを観察する。

ブラックドラゴンを失って以来、彼は侯爵の信頼を失っていた。

その夜に領土にいたケイル伯爵。

しかし、彼にはケイルを疑う正当な理由はありませんでした。

「申し出をありがとう、ケイル公子。また今度」

「残念ですが、仕方がないですね」

 



 

  • 皇太子アルベル・クロスマン

ケイルはテーブルを見ました。

彼らの期待に応えるために、アルコールのボトルを⼿に取る。

その瞬間、彼らは皆、ほぼ瞬時に⽬を逸らしました。

これがゴミの強さでしょう。

ボトルをエリックに⼿渡し、彼らの視線を無視する。

「後で飲みます」

「・・・分かりました」

もうすぐ宴が始まります。

その理由は明らかでした。

残りの3つの強⼒な家族も入場したからです。

ギエール公爵家のアントニオ・ギエール公子。

オルセナ公爵家のカリン・オルセナ公子。

そしてアイラン侯爵。

全員が⼊ってドアが閉まったが、⽴ち上がって話をする⼈は誰もいなかった。

時計はちょうど午後5時。

⼤きな扉が開き、この集会の主⼈公たちが側近とともに現れました。

ローン王国の皇太⼦、アルベル・クロスマン。

彼が座席の前に⽴つと、すぐにドアが閉まった。

それは全員が出席したことを意味します。

「ようこそ。私の招待に返信していただきありがとうございます」

ケイルは時計を見る前に、ぼんやりと彼を⾒上げた。

(そろそろ彼らが到着する時間かな)

「あなた⽅全員がこの集会に来たことをとても嬉しく思います」

その瞬間でした。

「うん?」

皇太⼦は⼊り⼝に視線を向けた。

閉じたドアは、再び開かれたかのように押されていました。

ケイルはこっそりと微笑んだ。

使用人は別の⼊り⼝から、皇太子に急いで駆けつけました。

皇太⼦は中を覗く騎⼠に⼿を振る前に、⼀瞬深く考えていたように見えた。

⼤きな扉が開く。

(時間通りだ)

宴会場に⾞椅⼦が現れた。

ステン侯爵家の⿇痺した⻑男、テイラー・ステン。

彼は狂った巫⼥のケージと⼀緒に、宴会場に到着した。

その瞬間、テイラーとケージの視線は、誰にも気付かれることなくケイルを通り過ぎました。

3⼈にとっては、それで⼗分です。

 



 

ブラックドラゴンが怒りを我慢するシーン。

トラウマを前にしても、彼は我慢をしました。

今後、復讐する機会があることを期待しています!

そしてテイラーとケージの登場。

彼らは皇太子とどのような会話をするのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【39話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は39話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...