伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【39話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は39をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

39話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 王室の状況

バン︕

宴会場のドアはもう⼀度閉まる。

テイラー・ステンは⾞椅⼦に乗っているのに豪華な服を着ていて、リラックスした笑顔を浮かべていました。

巫⼥のケージは、死神の巫⼥のローブを着ています。

(彼らは自分の正体を明らかにしているのでしょう)

ケイルはそれが賢明な判断だと考えた。

「これは一体どういうことだ・・・!?」

北西のテーブルから怒りの声が聞こえます。

ベニオンはテイラーを睨みつけながら、席から立ち上がる。

彼は現在、エチケットを気にする状態ではありませんでした。

アルベル皇太⼦が腕を広げて話し始めた。

「ステン侯爵の⻑男であるテイラー・ステンと、死神の巫⼥に会うとは思っていませんでした」

彼は嬉しそうだった。

テイラーは⾞椅⼦に座ったまま敬意を表する。

「王国の貴族が皇太子様と会い、話し合う機会があったと聞きました。招待なしで来てしまったことをお詫びします」

アルベルはにやにや笑いを浮かべていた。

その作り笑いから、アルベルと話し合うことが出来ることによって、テイラーが何を意味するのかを正しく理解したことを知る。

公式ではありませんでしたが、ベニオンが後継者になることは誰もが知っていました。

皇太⼦は2番⽬と3番⽬の王⼦を警戒しており、ステン侯爵は3番⽬の王⼦の近くにいました。

「テイラー公子、あなたがとても健康に⾒えて嬉しいです。私たちが最後に会ってからしばらく経ちましたね」

テイラーは微笑んで、皇太子に応えました。

「私の⾜は動かないかもしれませんが、私の⼿、頭、⽬、⽿、⼝、そして他のすべては健康です。いいえ、彼らはさらに強くなっています」

「そうですか。強者は最後まで⽣き抜く者だという事実を忘れてしまいました」

この状況は⾮常に⾯⽩い。

皇太子、テイラー、べニオン、そしてさまざまな派閥の貴族。

彼ら全員の表情を⾒るのは楽しかった。

「では、その⼥性は死神の巫⼥ですか?」

「ケージという名前のこの永遠の休息の僕は、あなたの威厳を迎えます」

皇太⼦はテイラーと話す前に、ケージの挨拶を受けました。

「後で話しましょう。この集会が始まる時が来ました。二人はどこに座ってもらいましょうか」

皇太⼦は、後でテイラーと話す時間を作ることを認めました。

北⻄のテーブルは⼼配と不安に満ちていました。

ネオの表情は特に酷かったです。

ケイルはネオを笑顔で⾒た後、頭を上げてテイラーの⽅向を向いた。

その瞬間。

「うん?」

ケイルと皇太子の目が合います。

それは偶然。

しかし、ケイルは嫌な予感がしました。

 



 

  • 初対面?

「あなた方にぴったりの場所があると思います」

それは、⾼位の貴族がいない唯⼀のテーブル。

「テイラー公子は北東の貴族のテーブルへ。たまたまそこに余分な席がいくつかあります」

「陛下、私たちに席を提供していただきありがとうございます」

「陛下、どうもありがとうございました」

「とんでもない。将来、王国に多⼤な貢献をする⼈々と協⼒する必要がありますから」

すぐにテーブルはセッティングし直されて、二人の席が用意される。

エリックはケイルに囁く。

「ケイル、覚えておいてください。じっとしなさい。ただじっとしなさい」

エリックの⾔葉を無視する。

「初めまして」

テイラーは北東部の貴族たちに挨拶しました。

ケージは⾃然にテイラーの隣に。

3⼈全員が、お互いに初めて会ったように挨拶します。

[これは⾯⽩いな]

ブラックドラゴンの声に同意し、皇太子に⽬を向けた。

「それでは、少し遅れましたが、再開しましょう」

彼は開始を発表しました。

「私たちの王国の未来をもたらし、⾷事を共にする⼈々を集めたかったのです。来てくれてありがとう、そして素晴らしい⾷事ができることを願っています」

皇太⼦が話し終えるとすぐに、召使いたちは各テーブルに⾷べ物の⽫を持って入場しました。

「ケイル公子、私たちは皇太⼦に挨拶するつもりです」

(皇太子の意図は何だろうか?)

皇太⼦が理由もなく貴族を呼び寄せる⽅法はありません。

間違いなく理由がありました。

(⻄部⼤陸の南部地域での戦争のためか、ホイッパー王国で起こる内戦についてなのか)

ホイッパー王国はロザリン王⼥が向かう場所であり、魔法の塔のある王国でした。

ホイッパー王国では、内戦がまもなく勃発します。

魔法使いと非魔法使いの間で戦争が勃発するでしょう。

(まぁ俺には関係ないけど)

けれど、それはケイルの仕事ではありません。

⽬の前の⾷事を楽しみ始めたところです。

ブラックドラゴンの嫉妬深い怒鳴り声を聞きながら⾷事を楽しんだ。

宮殿の⾷べ物は本当に美味しい。

ワイングラスに向かったが、それは消えました。

「ケイル、5分でいいから」

エリックの誠実な嘆願。

北東部の残りの貴族たちは、静かにケイルを⾒守っていました。

皇太⼦の⽬標の1つを理解する。

皇太⼦は貴族の反応を⾒ていました。

2番⽬と3番⽬の王⼦は、当然これについても知っているでしょう。

つまり、これは王室全体が望んでいたこと。

唇の⾓が少し上に移動しました。

その笑顔を⾒て不快になったエリックは、席から⾶び上がった。

アミールとギルバートも彼に続きます。

「行きましょうか?」

ケイルは3⼈の貴族の後ろに⽴ち、皇太⼦の元に向かった。

 



 

  • 皇太子への挨拶

「ああ、ようこそ北東の貴族たち!」

皇太⼦は4⼈を明るい笑顔で迎えました。

アルベル・クロスマン。

ブロンドの髪と⻘い⽬は、おとぎ話の王⼦のよう。

美しいブロンドの髪は、ローン王国の王族であるクロスマン家特有のもの。

彼らはそれを、太陽神の祝福を受けることの象徴と呼びました。

「皇太子様、あなたに会えて嬉しいです」

「エリック公子。何か話したいことがありませんか?」

エリックは、北東海岸線の投資問題を明るい表情で提起した王⼦に返事をしました。

「はい!それについて話し合う瞬間を待っていました!」

「私もその瞬間を待っていました」

その後、彼はエリックを称賛し、ギルバートとアミールも称賛していた。

(面白くなってきた)

⾃分の番になるまで、静かに⾒守っていた。

皇太⼦は、少し頭を下げたケイルに⼿を差し伸べた。

「初めてお会いするかもしれませんが、デルース伯爵の仕事のおかげで、私たちは闇の森を恐れなくなりました」

今⽇ここに来ている間、ケイルには1つの⽬標がありました。

ゴミで有名な相手の称賛を⾒つけるのは、おそらく困難なことでしょう。

その点で、皇太⼦は素晴らしかった。

王室は北東部も彼らの⽀配下にあることを望んでいました。

今度は彼の番でした。

ケイルの穏やかな声が空気を満たしました。

「今⽇あなたに会った後、私も何かを感じました。夜に市⺠を⾒守るために、夜を照らすあなたもいることに気づきました」

ケイルの声はとても落ち着いていて、⾃信を持っているように⾒えました。

「・・・そうですか?」

しかし、皇太⼦は、しばらく混乱しているように⾒えました。

この混乱を⾒逃しません。

誠実な声で続けた。

「市⺠の⼼の星であるあなたに直接会った今、夜は眠れないかもしれません」

3人は信じられない思いでケイルを⾒ざるを得なかった。

彼は、「皇太子から離れる」という⽬標に向かって、さらに⼀歩踏み出したように感じました。

その瞬間、ブラックドラゴンは奇妙なことを呟く。

[皇太⼦と呼ばれるこの弱⾍は、なぜ魔法で髪を染めたのですか?俺様のような偉⼤で⼒強いドラゴンだけがそれに気付くレベルです。別のドラゴンが髪を染めた?それとも他の種類の⼒?]

この瞬間、ケイルは役に⽴たない秘密を学んだことに気づきました。

(今回は誕⽣の秘訣ですか?)

そんな事を知りたくもなかった。

 



 

テイラーとケージは皇太子に歓迎されています。

一人でも味方を増やすのが彼の目的でもありますから。

テイラーは足を治すことが出来るのでしょうか?

そして知りたくなかった皇太子の秘密笑。

 

伯爵家の暴れん坊になった【38話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は38話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【40話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は40話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...