伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【40話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は40をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

40話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アルベル皇太子の生い立ち

ケイルは皇太子に微笑んで、心の中でブラックドラゴンに答える。

(分からないし、知りたくもない)

ドラゴンの言葉に耳を貸さないように最善を尽くす。

[うーん?この弱体化は間違いなく何かを計画している。弱い人間、注意しろ]

(うるさい)

それと同時に、ケイルは心の中で考え始める。

アルベル皇太子の母親は女王ではない。

彼女は側室であり、元々は使用人。

現在の女王は、3番目の皇太子の母親。

アルベルの母親は、彼が幼い頃に謎の死を遂げたと言われています。

ドラゴンはアルベルが弱いわけではないと⾔っている。

⼩説では、チェハンも皇太⼦が普通だと判断したので、何を隠しているのでしょうか?

(・・・いいや、それは俺の仕事ではない)

「・・・ケイル公子は私に似ていますね」

ケイルは考えるのに忙しすぎたので、彼はただ何気なく答えた。

「あなたの威厳、そのような声明は私の⼈⽣で最⼤の名誉です」

皇太⼦は緊張しているかのように、ケイルの⼿を離した。

ケイルは緊張に気づかず、⼀⾔も⾔わずに後退し、エリックの後ろに移動する。

物事が複雑になったとき、エリックを盾として使うのは便利でした。

皇太子を⾒て考え始める。

(何か理由があるはず)

皇太⼦が⼆番⽬と三番⽬の王⼦を警戒していたのには理由がありました。

(彼は王の子供ではない?それとも彼の誕⽣には別の秘密が?)

ケイルはもう⼀度⾃分⾃⾝の立場を再確認する。

(自分からは何も起こさない)

アルベルの活躍はここからでしょう。

 



 

  • アミールへのアドバイス

その後、これまで出会ったことのない貴族との会話が始まる。

エリックは毎回ケイルの面倒を見ます。

(楽だなぁ)

そう考えながら、アミールの方に目を向ける。

「ちなみに、アミール令嬢」

「はい?」

「あなたの領⼟の海岸線は⾮常に美しいと聞きました。本当ですか?」

「もちろんよ。海岸を⾒下ろす崖はとても美しいです」

その崖について、そして、「⾵の⾳」を獲得するのがいかに難しいかについて考えました。

⼩説の中で、「⾵の⾳」は、ホイッパー王国の⾮魔術師派のメンバーが⾒つけた古代の⼒。

内戦後、新しい魔法の塔が建てられ、ロザリンがその新しい魔法の塔を担当することになります。

「メイジスレイヤー、そして帝国の皇太⼦、チェハン」

これらの3⼈は、⻄部⼤陸の真ん中で起こったすべての事件の英雄として登場する⼈々です。

宴はもうすぐ終わります。

もちろん、貴族たちは⾷事の後に起こる会話の時間を待っていました。

「ギルバート公子、⾷事が終わった後、私は帰ってもいいですよね?」

「ええ。食後に皇太子と会う予定ですが、一緒に行くつもりはないでしょう?」

「もちろん」

皇太子は⾷事の終わりを発表しようとしていた。

しかし、ケイルは彼の⾔葉を聞いて眉をひそめる。

「今夜、このディナーを皆さんと共有できて光栄でした。興味のある⽅のために簡単なワインパーティーを⽤意しておりますので、どうぞお楽しみください。これから開催される誕⽣⽇のお祝いにも、皆さんのための場所を⽤意しました」

「はぁ・・・」

ため息をついた。

それは強制的な参加を意味しています。

(・・・爆弾が爆発するとき、私は広場にいると思います)

ケイルは席から⽴ち上がる。

⼤多数は皇太⼦と2番目、3番目と⼀緒にワインパーティーに⾏きたがっていましたが、皇太⼦との⾯会が認められなかった⼈は、⾏きたくても⾏けません。

テイラーはケイルのそばを通り過ぎ、静かな声で囁く。

「じゃあまたね、兄さん」

(私は彼らの兄になりたくないと言ったのに)

「ケイル公子、私にあなたを連れ出させてください」

「アミール令嬢、帰りにトラブルが発⽣するのではないかと⼼配なのですか?」

「残念ながら、ネオ公子もいますので」

「なるほど」

ケイルは他に何の質問もなく、宴会場のドアに向かった。

⼆⼈は何も⾔わずにケイルの⾺⾞に到着し、ロンが⾺⾞で待っているのを⾒つけた。

「ケイル公子、今⽇はお疲れ様でした」

「アミール令嬢は、戻ってもう少し仕事をしなければなりませんね」

彼女は微笑んで話し始めた。

「それは、良いニュースを得る必要があるからです」

しかし、ケイルは彼⼥の言葉に絶望を感じた。

北東海岸は役に⽴たない⼟地だったからです。

さらに、崖の周りの渦潮も問題でした。

(「風の音」がその原因だが・・・)

「アミール令嬢」

「何でしょうか、ケイル公子」

今⽇働いていたエリック、ギルバート、アミールに助けを与えるのは悪くないだろう。

アミールに近づき、彼⼥の⽿に囁いた。

「投資が必要な場合は、ホイッパー王国や他の北部王国との関係で、海岸線の位置の価値について考えるのがよいと思います」

「え?それはどういう・・・」

ケイルは混乱したアミールに肩をすくめ、付け加えた。

「もちろん、私が今⾔ったことを⾃分⾃⾝に留めておけば最⾼です」

「・・・今のところ、あなたの⾔葉を覚えておきましょう」

⾺⾞のドアを閉めていたロンに話しかける。

「⾏きましょう」

「はい、坊っちゃま」

⾺⾞はすぐに動き始めた。

北⻄部の海岸線は砂浜で構成されていました。

それに⽐べて、アミールとギルバートの領⼟の海岸線は複雑で、多くの⼩さな島がありました。

さらに、島々は鋭い崖に囲まれていました。

(平和が長続きしているから、彼らは観光についてしか考えていない)

でも戦争が始まったら?

ケイルはもう考えないことに決めました。

その夜、彼が宴から戻ったとき、2つの報告が届けられました。

「私たちは4つの魔法の爆弾を⾒つけました」

「お祝いの⽇まで安全なので、急ぐ必要はありません」

「しかし、危険なものは早く取り除くほうがいいです!」

「お祝いの⽇の早朝にそれらを盗む予定です」

「・・・え?」

爆弾の解除は、ブラックドラゴンとロザリンの力があれば容易に解除出来るでしょう。

「爆弾を盗む?破壊するつもりはないのですか?」

ケイルは混乱したチェハンに地図を返し、話し始めた。

「なぜそのような有⽤なものを破壊する必要が?」

爆弾が使えなくても、中に密集したマナはかなり便利な材料。

「もっとあるかもしれないので、探し続けてください。爆弾の場所も変わるかどうか、何度もチェックしてください」

 



 

  • ラークの願い

昼寝から⽬覚めてオンとホンに⽬を向けた。

「お役目の時間だ」

ケイルはチェハンにも話しかける。

「お前も行ってこい」

疲れて⽬をこすっていた⼆匹の⼦猫とチェハンは、ケイルの指⽰通りに出勤した。

ビロスは今⽇、お祝いの前⽇に⾸都に到着する予定。

彼に会う予定の宿に向かった。

それは10⼈の狼の⼦供たちが滞在していた場所と同じ。

ケイルはラークが今朝⾔ったことを思い出す。

ラークの願いは兄弟の世話。

その見返りに、彼は10人の兄弟と力を合わせてケイルに仕えると話した。

単体でも強力な狼族だが、集団になるとその力はさらに強固となる。

ケイルは頭の後ろが肌寒くなるのを感じた。

(怖すぎる)

向かいに座っていたラークから背を向けた。

 



 

皇太子の出生はまだ謎のままですね・・・。

ケイルとしては関わりたくないでしょうから(笑)

アミールはケイルのアドバイスを理解することが出来るのでしょうか?

無意識に自分への注目度を高めるケイルの行動は興味深いですね♪

そして魔法の爆弾は4つ発見されています。

今のところは順調そうですね^_^

 

伯爵家の暴れん坊になった【41話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は41話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...