伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【41話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は41をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

41話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 6ヶ月後の計画

ケイルはラークの要求に⾸を横に振った。

「必要ない」

「ですが・・・」

冷たい声がラークの肩を沈める。

「あなたは、幼い⼦供たちが騎⼠になりたいと思っているのですか?私に⼦供たちを守るように頼んだが、あなたの提案はあなたの要求と矛盾している」

しかし、最も重要なことは。

「子供たちの意⾒は?なぜあなたが一人で決めるのですか?」

ラークは頭を下げて謝罪する。

「申し訳ありません」

「謝る必要はない」

ラークは少しだけ頭を上げた。

「あなたが私に何を望んでいるのかは分かっているので、その⾒返りに私が何を望んでいるのかを考えておきます」

もちろん、ケイルはすでに⾃分が何を望んでいるのかを考えていた。

約3か⽉後、お⾦を稼ぐために使⽤できる古代の⼒が危険な⼭に現れる。

それはたった6か⽉間のみ存在する。

バーサクモードのラークに任せれば問題ないでしょう。

(その古代の⼒をジャングルの⼥王に売れば、⼈⽣の残りを過ごすのに⼗分なお⾦を持っているはず)

「私の助けが必要になる時があるのですか?」

心配そうなラークの疑問に、ケイルはため息をつく。

「そのような分かりきった質問をしないでください。もちろん、あなたの助けが必要です」

ラークは安堵のため息をついた。

「あなたが私に求めることは何でもします。決定したら教えてください」

「分かりました」

お⾦のポーチを取り出してラークに投げる。

「久しぶりに兄弟と会うのだから、首都の観光に連れて行ってあげなさい」

「・・・観光ですか?」

「ええ。首都に来たのは初めてですよね?美味しいものを食べてください」

(誰もいない方が、ビロスとリラックスした会話が出来ますしね)

「オンとホンも一緒に連れていってください」

(狼族の子供たちはハンスに任せましょう。それが難しいなら、別の人物・・・)

料理が上手で清潔な人物。

ケイルはロンの息子、ビクロスを思い浮かべます。

しかし、彼は拷問を愛する狂人。

そんな危険人物に子供たちを任せることは難しいでしょう。

(彼もリツと一緒に送る出す必要がありますね)

その後は誰が適任なのか、ずっと馬車の中で考えていた。

 



 

  • オデウス・フリン

「ブドウの⾹りへようこそ!どういったご用件でしょうか?」

宿屋のスタッフの挨拶に応え、すぐに裏口に向かう。

リツが連れてきた人たちは、宿屋の裏側にある別荘に泊まっている。

「あなたの兄弟なのだから、先に入りなさい」

「え?は、はい!」

ラークが首都に着いてから、これが最初の再開なのだから。

ドアノブを回してドアが開くとすぐに、ケイルは嫌な予感がして後退する。

10⼈の⼦供たちがラークに突進してきたからだ。

向かって急いで、ロックも彼らに向かって⾛りました。

目の前にいる10⼈の⼦供たちを⾒て圧倒される。

「・・・公子様」

「久しぶりです、ビロス」

ケイルは彼にこの別荘に⾏くように言っていた。

ビロスが笑顔の下で緊張しているのを⾒ることができ、彼の後ろから近づいてくる人物を⾒ました。

「はじめまして、ケイル公子」

優しい表情と体格の良い60代の男性。

「リツさんから多くのことを聞きました。お会いできて光栄です」

「光栄?私のようなゴミ相手に?」

男に⼿を差し伸べ、彼は⾃⼰紹介をしながらケイルの⼿を握る。

「私の名前はオデウス・フリンと申します」

オデウス・フリン。

フリン商⼈ギルドのリーダー候補でしたが、⾃⾝の⼩さなギルドを始めるためにそれを諦めて人物。

そして、ビロスの叔⽗。

彼はビロスとリツを繋ぐ⼈物であり、ビロスの隠された欲望を引き出した⼈物でもありました。

(ロンよりも腹黒だがな)

気に入っている⼈には親切でしたが、それ以外の⼈には残酷で悪質。

それがオデウス・フリンの性格。

ケイルは何も知らないふりをした。

「フリン?あなたはビロスと関係があるに違いありませんね」

「私も驚いています。ビロスがケイル公子の知り合いとは知りませんでした」

ビロスはオデウスを⾒ている間、複雑な感情を隠すことができませんでした。

彼が⼦供の頃から良い思い出を持っている唯⼀の相手。

オデウスの⼿を離し、ビロスと話し始めた。

「⼆階に⾏って飲みましょう」

2階には⼩さなバーがあります。

「リツとロザリンが間もなく到着しますので」

「分かりました。いずれはケイル公子と一緒に飲む機会があることを願っています」

ケイルは微笑んで返事をした。

「ええ。いつか一緒に飲みましょう」

⼆階に向かおうとしたとき、10⼈の⼦供たちが道を塞いでいました。

「「ありがとうございました、ケイル公子」」

感謝している10⼈の⼦供たちに⽬を向けます。

(頭痛の種が増えた)

子供たちのオーラを見て、彼らが将来強くなるだろうと確信しました。

(ベビーシッターではなく、訓練講師を寄越した方が良いのでは?)

ビロスが2階に上がって、すぐにケイルに質問をしました。

「ケイル公子、あなたは何をしているのですか?」

ためらうことなくその質問に答える。

「平和な未来のために」

ビロスの顔には不信感が表れていた。

ケイルに会いに来て叔⽗に会うとは思っていませんでした。

「・・・ケイル公子」

「何だ?」

「オデウスさんは私の叔父です」

フリンの名前の使⽤を許可されなかったビロスにとって、叔⽗と呼ぶことさえ出来ませんでした。

しかし、オデウスは⼦供の頃のビロスにとって優しい唯⼀の⼤⼈でした。

オデウスがビロスに⾔った台詞。

「私はあなたを私の甥と私の家族だと思っています。あなたにはその資格があります」

その台詞は、ビロスの出発点となりました。

小説ではオデウスを通じてリツに紹介された後、ビロスはリツの⼒に畏敬の念を抱き、彼に従うことを決⼼した。

そして、フリン商⼈ギルドのリーダーの地位を争うことに。

「ケイル公子、オデウスさんがフリンの名前を持っているのに、なぜ⼩さな商⼈ギルドを運営しているのか気になりませんか?」

(既に知っている)

オデウスは北⻄と中央の商会を⽀配している人物。

さりげなく反応した。

「気になると言ったら?」

グラスの中のアルコールを飲み、ビロスが笑っているのを⾒ました。

「・・・私はろくでなしの息⼦です」

ケールは⿐を鳴らす。

「あなたがろくでなしであるという事実は、あなたがフリンではないという意味ではありません。他の誰もがあなたをフリンだと思っているだけです」

フリンの名前は、この世界で3⼤商⼈ギルドの1つとして、かなり⼤きな名前でした。

それが真実。

「私から借りたもので何を盗んだのですか?」

グラス⼀杯を⼿に取り、のんびりと答える。

「すでに1つを盗み、残りはすぐに盗みます」

すでにドラゴンを救出していました、そして、他のものは明⽇盗むことになるでしょう。

「私に何か出来ることはありませんか?」

ビロスの質問に⾸を横に振った。

「残念ですが」

グラスをテーブルに置いて話を続けた。

「配役はすでにいっぱいですので」

「ははは」

ビロスは少し笑った後、グラスの中身を⼀気に飲み干す。

「それなら何か他のものを盗むべきですね」

ビロスは、何を盗むかをすでに決めていました。

フリン商⼈ギルドの後継者の地位。

彼の欲望は他の誰よりも⼤きくて深いので、それは理にかなっています。

「やりたいことは何でもしてください」

ビロスは、ケイルの発⾔を聞いた後、もう⼀度笑った。

彼が今⽇オデウスに会ったという事実は、ケイルの⽬標が達成されたことを意味しました。

 



 

  • ロンの要求

ケイルは少しだけ楽しんで、明⽇の準備のために⼀⼈で住居に戻る。

夜中に動き始める必要があり、⼣⽅早く寝たいと思っていました。

残念ながら、その計画は頓挫しますが。

「ロン?」

ロンはケイルに頭を下げて挨拶した。

「坊っちゃま、可能であればリクエストをしたいと思っています」

「リクエスト?」

ロンは頭を上げて話し始めた。

「息⼦の面倒を見てください」

「なぜ?」

ロンの顔から優しい笑顔が消えて、暗殺者の表情で話し始めた。

「キツネを狩りに⾏く必要がありますので」

彼は老体だが、まだ暗殺者でした。

「坊っちゃまは、私が⼈を殺す人物であることを知っていますよね?」

体内のアルコールが一瞬で消えて、悪寒を感じた。

 



 

6ヶ月後の計画。

ケイルはどこまで考えているのでしょうか?

ラークも役目がある事が知って、嬉しそうですね♪

ビロスとも再開できて、彼の計画は順調ですが、最後のロンの頼みが不穏ですね・・・。

 

伯爵家の暴れん坊になった【40話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は40話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【42話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は42話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...