伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【42話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は42をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 

 




 

42話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ロンの1年間

ケイルは肌寒い感じと震えを隠して尋ねた。

「そうなのか?」

「ええ、多くの人々を殺すつもりです」

「息子を置き去りにして?」

「その通りです」

「キツネとは人のことですか?」

ケイルは暗殺者としてのロンがどのように微笑むか知っていた。

彼を知っている人から見れば、笑っていない時の表情の方がいいと思えるような笑顔。

ロンは笑顔を浮かべて答える。

「その通りです。キツネの群れを殺さなければいけません」

笑顔だが、彼の声は冷たい。

「バラバラに引き裂くつもりです」

ため息をついた後、ケイルはようやく話し始めた。

「・・・戻ってこい」

ロンの顔から笑顔が消える。

「あなたが休職するとハンスに伝えておきます。それとフリン商人ギルドからお金を受け取るのを忘れずに。ビクロスも大人です。彼は彼自身の考えで行動するでしょう」

ケイルは簡単にこれからのことを考える。

今のところ、チェハンがロンを必要とする場面はありません。

ラークは既にバーサクモードを克服しているから、ロンの力は必要ないでしょう。

しかし一年後、ロンは必要な存在になるはず。

「休職期間は一年です」

ケイルは枕にもたれかかって、話を続けた。

「休暇を楽しんでください」

1年間は楽しめると考えて、彼は両足を伸ばした。

ロンの方を向いて思わず怯んでしまう。

静かだった⽼⼈が笑みを浮かべていたから。

(何で笑っている?)

「坊っちゃま、⽉に⼀度だけ報告しても良いでしょうか?」

「お好きなように」

その言葉を聞いて、ロンは暗殺者のように音を立てず、部屋を出て行きました。

「一年後に会いましょう。坊っちゃま」

ケイルの答えを待たずに、ロンはドアを閉めた。

すぐに眠りに落ち、ロンから1年間解放されたことに安堵します。

 



 

  • 夜明け

夜明けがやってきて、6⼈がケイルの前に⽴っていた。

「ロザリン、茶⾊の髪が似合っていますね」

彼女は今⽇何が起こるかを正確には知りませんでしたが、「魔法の爆弾」という⾔葉を聞いた後、深刻さを理解し、手を貸してくれることになりました。

「そう?これなら行動しやすいと思って」

彼女は魔法で髪を茶色に変化させた。

「ラーク、あなたは変⾝することなく狼の⼒を使うことが出来ますか?」

「はい、大丈夫です」

ケイルは彼らを2つのチームに分けました。

「ロザリンとラークでチームを。チェハン、ドラゴン、オン、ホンがもう一つのチームを」

ロザリンの表情が困惑します。

ラークも同様の表情を見せる。

「あなたはどうするのですか?ケイル公子」

チェハン、ブラックドラゴン、オン、ホンがその質問に答えた。

「ケイルさんはちょっと、え〜と、体⼒が・・・」

「弱い」

「必要ありません」

「役に⽴たない」

ロザリンは呻き声を吐き出し、ケイルの⽅を向いた。

しかし、彼はビロスから借りたものをチェハンに⼿渡し、⾃信を持って答えた。

「私は弱いので、お荷物になるだけです。それと、太陽が昇ったらお祝いの準備をする必要があるので、⼀緒に⾏くのは難しいでしょう」

時計を⾒てから、6⼈にもう⼀度話しかけました。

「それでは、仕事に向かいましょう」

もう一つ付け加える。

「解体した魔法の爆弾を持ち帰ることを忘れないでください」

ロザリンは微笑んで、ケイルの声明に応えた。

「私にその1つを与えると約束しましたよね?」

「もちろん」

「報酬としては申し分ないわ」

6人はケイルの部屋を去った。

彼らの姿を見て、改めて心強いと感じる。

誰もいないことを確認して、ケイルは心臓から盾を出す。

「これがあれば簡単には死なないだろう」

必要に応じて使う可能性があるかもしれない。

ソファに腰を下ろし、盾の力を少しだけ練習する。

「大丈夫なはず」

⾎に飢えた魔道⼠。

彼は⾚い⾊を見て狂乱すると⾔われています。

⼩説では、ロザリンを初めて⾒た後、魔導士はロザリンを殺そうと夢中になっていた。

ロザリンよりも明るい赤髪のケイル。

仮に魔導士と会ったとしても、チェハンに殺すように言えば問題はないでしょう。

ロンがいつもの時間に来ると、ケイルは話し始めた。

「今⽇が私に仕える最後の⽇ですね」

「1年後にまた戻ってきます」

1年後すぐにロンをチェハンに送ることを計画していた。

 



 

  • アミールの決意

「準備しましょう」

すべての準備が完了した後、ケイルは正⾨の前で⾺⾞に乗る。

「なぜ⼀緒に⾏きたかったのですか?」

ケイルの質問に、アミールは落ち着いた笑顔で浮かべる。

彼女は事前に連絡をとり、ケイルと一緒に行けるように頼んでいたのだ。

「ケイル公子、私たちの領⼟が海軍基地を建設することについてどう思いますか?」

ケイルは笑顔を浮かべる。

エリックからの手紙で、観光投資の交渉が失敗したことを既に知っていた。

けれど、アミールの表情はそれほどガッカリしているようには見えない。

彼女は他の何か大きなことを決心したようです。

「アミール令嬢、もう決心したのですか?」

「ええ。一人では難しいので、母に連絡済みです。ギルバート公子にも話すつもりよ」

新しい軍事基地の創設。

そのようなことを達成するのは簡単ではありません。

お⾦は問題ではなく、領域内の権⼒間の関係が問題なのです。

特に今のように平和の時代では。

海にアクセスできるのは東側だけでしたが、最も重要なことは、東側に勢⼒均衡があったこと。

「だからこそ、今⽇はあなたと⼀緒の同行をお願いしました」

なぜアミールがここにいるのか理解していた。

「ヘニトゥス家の資⾦に関する決定はすべて⽗によって⾏われます。私のようなゴミには決定⼒はありません」

王室は海軍基地を建設し、莫⼤な⾦額を投資する許可を与えるでしょう。

当然、その海軍基地の所有権は王室に譲渡されます。

その場所を軍事基地として使⽤することと、観光だけに使⽤することとの間には、⼈的資源と資⾦に⼤きな違いがありました。

アミールとギルバートだけでは両方を欠如している。

皇太子殿下は観光には興味を示さなかったが、海岸線には興味を抱いていました。

それは何故か?

アミールが帰宅後に考えているとき、ケイルの言葉を思い出したのです。

そして彼の意図を理解した。

アミールは情報ギルドを利用し、ホイッパー王国が間もなく内戦に直面する事実を知る。

情報ギルドを通じて外国の王国に関する情報を⼊⼿するには多くの費⽤がかかりましたが、それだけ彼女が今回の計画に力を入れていることが伺えます。

アミールは静かに耳を傾けているケイルに言います。

「ヘニトゥス家の領⼟は現在、防壁を強化していると聞きました。あなたのお父様も興味を持ってくれると思います」

「分かりました、父に話しておきますね」

「公式文書もお送りします」

彼らはお互いを⾒て微笑んだ。

海軍基地が作られるとしたら、北東部の勢⼒均衡は、ケール、エリック、アミール、ギルバートの4つの家族に移るでしょう。

アミールはしばらく躊躇してから、話を続けた。

「渦潮のせいで少し⼼配ですが、古くから使われている⼩道があり、実際には渦潮が外国の侵⼊を防ぐための防御になります」

彼⼥が渦潮に⾔及するとすぐに、ケイルは笑いを堪える。

「崖の上に家を建てて、⼣⽇を楽しむのは素晴らしいことではないでしょうか?」

弟のバセンに後継者権利を渡した後、彼がヘニトゥスの領土に留まるのは難しいでしょう。

ケイルの計画は、戦争中は⼈⾥離れた場所に隠れ、戦争が終わった後はアミール、又は、ギルバートの領⼟に向かい、崖の上に家を建てて海を眺めながらリラックスすることでした。

「助けてくれてありがとう、ケイル公子」

「ははは、私には何の⼒もありません。あなたのメッセージを⽗に届けるだけです」

アミールはその言葉を信じていません。

彼⼥は⽤⼼深くもあり、時には⼤胆に行動します。

それが彼⼥の⼈との関わりの哲学でもありました。

「私たちのメッセージを届けるだけで⼗分です」

二人は握手をした。

「ウバールの領⼟に来てください。実際、興味深い場所はたくさんありますので」

「機会があれば⾏きます。」

⾵の⾳。

それはケイルの速い⾜になり、同時に、攻撃と防御の両⽅に使⽤できる旋⾵を制御できるようになります。

(機会がすぐに来ることを願っています)

 



 

  • テイラー・ステン

⾺⾞が宮殿に到着した。

現在の時刻は午前8時。

ケイルの集団は、爆弾を置いている⼈々を⾒つけるでしょう。

仮に、彼らがそれらを⾒つけなかったとしても問題はありません。

それを考えるとすぐに、皇太⼦がケイルの前に現れた。

彼は皇太⼦の隣に到着した⼈を⾒て、⼝を⼿で覆った。

笑わずにはいられなかったから。

「「何が起こっている?」」

貴族たちの驚きが周囲を満たします。

ケイルは皇太⼦の隣の人物とアイコンタクトを取りました。

押しのけられた⻑男、テイラー・ステン。

彼は⾃分の両⾜で⽴っていた。

同時に、頭の中でブラックドラゴンの声が聞こえます。

[現在、俺たちが⾒つけた場所に配置されているすべての爆弾を解体している]

すべてが計画通りに進んでいるようでした。

[傷つくと思われる場合は、盾を使⽤してください]

その後、ブラックドラゴンの声を聞くことが出来なかった。

他の⼈を助けるためにすぐに戻ったようです。

(盾を使う理由はないはず)

このまま順調に進めば、盾を使う必要はないでしょう。

「⾏きましょう」

ケイルは王室の⾺⾞に乗りました。

「またお会いできて嬉しいです」

⾞椅⼦のないテイラーが彼らに挨拶した。

「初めまして。アミール・ウバーです」

「・・・初めまして」

テイラー・ステン、アミール令嬢、そしてネオ・トルツ。

彼らと同じ⾺⾞に乗った。

ケイルは静かに座って、⾺⾞の窓から外を⾒ます。

混沌はそう遠くはありません。

 



 

ロンはしばらく離れるようです。

彼が暗殺しようとしている対象とは一体誰?

当日の作戦にケイルが含まれていないことに疑問を抱くロザリン。

チェハン、ドラゴン、オン、ホンのセリフは面白かったです(笑)

そして、足が完治したテイラー。

彼は皇太子とどんな交渉をしたのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【43話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は43話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...