伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【43話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は43をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 

 




 

43話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • テイラーの交渉

⾺⾞の内部は混沌としていた。

ケイルは足が震えているネオに目を向けて、舌打ちをする。

(ベニオンの顔も面白かったな)

馬車に乗る前に見たベニオンの表情を思い出す。

彼は怒りに満ちていた。

この状況を誰が予想出来たと言うのでしょうか?

足の自由を奪われて後継者から外されたステン家の長男テイラー。

彼が車椅子使わずに、自分の足で歩いていることを・

さらに、彼の隣には皇太子アルベルの姿が。

誰もが予想出来なかったはず。

(彼は「癒しの星」を手にすることが出来たのですね)

テイラーとケージが皇太子とどのような取引をしたか興味はありますが、ケイルは彼に目を向けなかった。

その後、アミールが話し始める。

「テイラー公子、足が治ったのですか?」

慎重に述べた質問は、誰もが聞きたかった質問でしょう。

テイラーは微笑みながら、その質問に答える。

「天からの祝福を受けまして。完全に治りました」

「おめでとうございます」

「ええ、ありがとう」

ネオは二人の顔を交互に見た後、恐る恐る尋ねます。

「テイラー公子、足が治ったのであれば侯爵邸に戻られるのですか?」

テイラーが追いやられた最⼤の理由。

それは、彼の⾜が⿇痺したため。

ベニオン派のネオにとって一番気になる話題でしょう。

「戻る?」

優しい声でしたが、テイラーの声にはネオへの冷たさを感じる。

「私の家に戻るのは当たり前ではないでしょうか?」

その言葉にネオは萎縮する。

ケイルは興味を示さない素振りで、窓越しにテイラーの表情を眺めていた。

彼と窓越しに目が合うと。

『ケイル公子!あなたに全てを伝えたい!とても面白い話があるのです!!』

そんなメッセージを読み取ることが出来た。

ケイルはテイラーが侯爵の地位を引き継ぎ、自分の領⼟内で危害が発⽣するのを防ぐことを望んでいただけ。

テイラーとこれ以上会話をする理由がケイルにはなかった。

しかし、彼らが会話をする機会が発生する。

馬車が到着し、ネオとアミールがすぐに馬車から降りたから。

その結果、テイラーの満面の笑顔を浴びることになる。

「私たち二人だけですね」

それはケイルが一番聞きたくない言葉。

テイラーは静かに笑った後、本題に入る。

「侯爵の後を引き継ぐことを条件に、皇太子から足を治してもらいました」

「忠誠を誓ったのですか?」

「いいえ、取引をしたのです」

ケイルはうなずく。

「そうでしたか。おめでとうございます」

他に何も言うことがないかのように、テイラーから目を逸らす。

「これが私たちの取引の内容です」

テイラーが小さな封筒を取り出し、ケイルに手渡した。

「・・・私に渡す理由がないのですが」

「ケージは破⾨されます」

「彼女が自由だから?」

「その通りです。彼女も満足しています」

ケージはついに狂った巫⼥の道を歩み始めました。

⼩説のように、勇敢な巫⼥として⾒られていくことでしょう。

「これは始まりに過ぎません。私たちは勝利します。そうですよね、ケイル公子?」

(なぜ私を含めているのだろうか?)

興味はありますが、今は聞かないことにした。

「そうですね、頑張ってください」

テイラーは起き上がって⾜を⾒下ろした後、ケイルに別れを告げた。

「私たち3⼈で、勝利後に⼀緒に飲む必要がありますね」

「ヘニトゥス領土のワインは美味しいですよ」

ケイルは⼀⼈になるとすぐに封筒を開けた。

「チッ」

舌打ちした後、ポケットの奥深くにメモを押し込む。

皇太⼦の誕⽣には本当に秘密がありました。

 



 

  • 栄光の広場

「ケイル」

エリックの呼びかけに頭を向けた。

「広場に行きましょう」

ケイルは小説と同じ場所に向かう。

鐘楼には巨⼤な時計が。

現在の時刻は午前8時25分。

「ケイル公子、栄光の広場は初めてですか?」

ギルバートの質問にのんびりとうなずいた。

「はい。⾺⾞で通り抜けましたが、すべてを⾒るのは初めてです」

広場を⾒回す。

南の喫茶店。

⻄の宿。

東の花屋。

北にあるセラミスト協会の最上部。

魔法の爆弾が配置された場所を確認します。

南の噴水に目を向けると、ラークの姿が見える。

(計画通りに進んでいますね)

現在の時刻は午前8時30分。

騎⼠たちは貴族が⼊ることが出来るように、すべての⼊り⼝を閉じた。

同時に、指をパチンと鳴らす。

それは誰も疑うことのない単純なジェスチャー。

それを合図にラークが姿を消す。

隠されたアイテムを⾒つける時が来たのです。

(答えは午前9時1分に分かる)

王と王室はまだ広場にいません。

貴族と⼀緒に来た皇太⼦でさえ。

ケールは⾃分の席に着き、眉をひそめた。

「またお会いしましたね、ケイル公子」

「そうですね、テイラー公子」

饗宴時と同様。

ケイルは鐘楼の⽅を向く。

マナ妨害ツールは鐘楼の下に埋められています。

現在の時刻は午前8時40分でした。

「ケイル。じっとしていて下さい、分かりましたか?」

「ええ」

エリックの呼びかけに静かにうなずく。

[午前8時45分]

ブラックドラゴンの声が聞こえる。

残り15分。

 



 

  • レディカ

王が入場します。

美しいブロンドの髪を持つ集団が広場に⼊った。

市⺠の歓声が広場を埋め尽くします。

ブラックドラゴンの⾔葉を思い出した。

[皇太⼦の髪と⽬は茶⾊]

午前8時50分になりました。

健康な50歳の王が、パレードの⾺⾞で広場に現れました。

広場の別の場所に視線を移す。

北のセラミスト協会の植⽊鉢。

現在の時刻は午前8時55分。

ロザリン、ブラックドラゴン、オン、ホンは、広場の群衆の中に隠れている。

ゼッド王は遠くからゆっくりと広場に向かっていた。

鐘楼の前には王様のための特別な席が。

現在の時刻は午前8時58分。

王様は⼿を上げ、歓声がゆっくりと消えていく。

「この王国を統治するために太陽の祝福を受けてからすでに30年になります」

彼はとても幸せそうに⾒えました。

残念ながら、今は午前9時。

「え?」

エリックの混乱した声。

「あれは何ですか?」

その後、テイラーの不安な声が。

ケイルはのんびりと頭を上げて鐘楼の頂上を⾒た。

群衆も騒ぎ始める。

ゼッド王が叫んだ。

「お前は誰だ!?」

騎⼠と魔道⼠が鐘楼に向かった。

市⺠は何が起こっているのか不安になり始めた。

彼らには選択の余地がありませんでした。

鐘楼の上に⼈が現れ、近くの建物の上にも⿊服が増え始める。

鐘楼の上に⽴っている男に⽬を向けた。

それは⾎に飢えた魔道⼠、レディカ。

小説通りの展開に、ケイルは安心する。

レディカの⼿が⾚いマナで覆われる。

それから彼は⼿を振り、⼩説のように発表した。

『「楽しみましょう」』

冷たい声が広場を満たす。

その後、⾚いマナが広場のさまざまな場所に。

その瞬間はちょうど午前9時1分。

鐘楼の下から振動が始まります。

爆発装置に向かって⾶んでいた⾚いマナは突然⼒を失う。

広場では4つのスポットが鳴り始めた。

「見つけた」

ケイルの静かな声は、魔法の装置の警報によってかき消されました。

リツ、ロザリン、ラークが4つの場所に向かう。

10分で爆弾を解体できなかったとしても、爆弾を後⽅の⼭に移動させて、誰も傷つけずに爆弾を発射するのに⼗分な時間があります。

ロザリンとブラックドラゴンのおかげでそれは可能でした。

[⼀⼈の⼈間を⾒つけた]

⾒えないブラックドラゴンの報告を聞いた後、ケイルは笑顔を浮かべる。

10分は始まったばかりでした。

 



 

皇太子アルベルの誕生の秘密とは・・・。

そして原作が進行して、血に飢えた魔導士レディカの登場!

爆発するまでに、爆弾の解除に成功するのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【42話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は42話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【44話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は44話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...