伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【44話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は44をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

44話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 混乱

ブラックドラゴンが報告したとき、ケイルはチェハンが誰かを捕まえているのを目撃した。

魔法の爆弾を所持していると判断した⼈物でしょう。

その人物の⾸にネックレスを⾒た。

(あれが爆弾なのだろう)

チェハンがそのネックレスをはぎ取っているのを⾒る。

それと同時に、誰かがケイルの腕を引っ張っていた。

「ケイル!」

エリック・ウィールズマンでした。

「ハハハ」

⾎まみれの魔道⼠レディカは笑っていた。

「殿下!安全な場所に!」

王室の騎⼠と何⼈かの魔道⼠は、王室が逃げるために護衛している。

最初に皇太⼦に⽬を向けたが、彼の髪はまだ⾦髪だった。

それについて考えるのを止めて、周りを⾒回し続ける。

半分の騎士たちは秘密結社に向かっていた。

しばらく笑っていたレディカが話し始める。

「邪魔だな」

レディカ以外の秘密結社のメンバー全員が⻑距離攻撃を開始した。

槍、短剣、投げナイフ。

あらゆる種類の攻撃が騎⼠に降り注ぐ。

同時に、ブラックドラゴンは報告を続けました。

[もう⼀⼈の⼈間を見つけた]

[そしてもう⼀つ見つけた]

午前9時4分。

これまでで3つ。

「ケイル!私たちも⾏かなければなりません!行きましょう!」

「ケイル公子、急いで!」

エリック、アミール、ギルバート、テイラーに⽬を向けた。

エリックは混沌とした表情で周りを⾒回している。

貴族たちは慌てて広場から脱出しようとしていた。

「なぜ出⼝を塞いでいるのですか!」

「道を開けて!」

市⺠は扉を開けるように叫び、出⼝に向かっている。

騎⼠と兵⼠は市⺠に向かって叫んだ。

「落ち着いてください!」

ケイルはその混乱の中で、空中に挙がっている⼿を探した。

「な、何をする!?」

チェハンは⽼⼈の肩から鞄を引き抜き、腕を空中に突き出した。

これで3つ目。

貴族や僧侶の脱出する扉はすでに開いていて、⼈が少なかったので平和に⾒えましたが、それでも混沌としていました。

エリックの肩をしっかりと握る。

「エリック」

「あ、ああ・・・」

痛みがエリックを混乱した状態から解除した後、ケイルは話し続けた。

「落ち着け」

エリックは、彼の穏やかな態度を⾒た後、落ち着きました。

周りを⾒回す。

王室が逃げる過程で、騎⼠たちは未知の敵と戦っていました。

市⺠は混乱状態にあります。

周りで起こっているすべての出来事を吸収すると、ケイルは話し始めました。

「さっきまで、あなたは彼らと同じでしたよ」

「・・・ありがとうございます。頭がすっきりしたような気がします」

ギルバートとアミールも落ち着きを取り戻す。

今、貴族の出⼝に向かおうとしても、混沌とした状態に流されるだけ。

ケイルはテイラーに⽬を向けた。

彼は他の⼈とは異なっていました。

テイラーの現在の懸念は、市⺠の⾨がまだ完全に開いていないこと。

門は⾮常にゆっくりと開いていました。

おそらく、不⾜している⼈々の流れを制御できるようにするためでしょう。

彼は⾃分よりも市⺠のことを⼼配していたのです。

エリックに⽬を向け、話し始めた。

彼はこのグループのリーダーになる資格を持っていますから。

「⾏きましょう」

ケイルの⾔葉を聞いた後、エリックは北東の貴族を⾨に導きました。

午前9時8分。

[もう1つ削除した]

これで4つ。

残りはあと2つだけ。

残り2分。

レディカの⾚いマナはまだ空中で回転している。

マナ妨害ツールが機能しなくなった瞬間、それらのマナはすぐに魔法の爆弾に向かい、爆発するでしょう。

この時、ブラックドラゴンは別の報告をしました。

[以上だ]

「・・・何?」

「ケイル公子、何か問題が?」

隣を歩いていたテイラーは、混乱した表情でケイルを⾒ましたが、彼に集中する時間がありません。

「4つしかない?」

⼩説では合計10発の爆弾がありました。

(変わった?)

歩くのをやめて周りを⾒回す。

魔法の爆弾が他の場所に埋められていたら、その場所で警報が鳴っていただろう。

話が変わったから、爆弾の数も変わったのだろうか?

午前9時10分まで残りわずか数秒。

「マナの準備を!」

レディカがそう⾔うとすぐに、8つの異なる⽅向からの同時に呪⽂が唱えられる。

8つの魔法の光の球が空に⾶び出しました。

騒⾳は静まり始めて、マナが再び安定し始めていました。

午前9時9分と55秒。

その時、4つのアイテムが空に打ち上げられているのを⾒る。

それはロザリンとブラックドラゴンが魔法を使ったから。

4つのアイテムは、安定したマナの流れに従い、⾸都の南にある⼭に向かって⾶んでいきました。

市⺠は、これら4つのアイテムが、流れ星のように⾶んでいくのをぼんやりと⾒ていました。

「発動!」

 



 

  • 阻止?

午前9時10分と5秒。

レディカの⾚いマナは⼭に向かって⾶んでいるアイテムの後ろを追いかけた。

⾚いマナが4つのアイテムと接触したとき・・・。

バアン!!

空で⼤爆発が起こった。

⼤きな突⾵が広場の群衆に向かって押し寄せる。

護衛の魔導士の表情が⻘ざめた。

⾚いマナの正体と⽬的に気づいたからでしょう。

「・・・魔法の爆弾」

テイラーは驚きの表情を浮かべて、その⾔葉を呟いた。

魔法の知識が少しでもある貴族なら誰でも知っているでしょう。

魔法の爆弾。

退却していた王と何⼈かの王⼦でさえ動きを⽌めました。

ケイルは突⾵で散らかった髪を整えた。

(爆弾は4つしかなかった)

[誰も死にませんでした]

頭の中でブラックドラゴンの声を聞く。

ただ静かにドラゴンの言葉に⽿を傾けた。

かつて混沌とした広場は今ではとても穏やかです。

⼈々はおそらく広場で起こったかもしれない恐ろしい光景について考えていたのでしょう。

安堵と恐怖の両⽅の感情。

[俺様が彼らを救った!]

ブラックドラゴンはとても幸せで興奮しているように聞こえました。

絶望の⽣活を送った後、⾃分の死を願っていたブラックドラゴンが、⾃分の⼒で何かを救ったのはこれが初めてでした。

騎⼠と魔道⼠は爆発現場に向かう。

しかし、ケイルの集団はすでに現場から去っていました。

彼らは、ビロスから借りた不可視の魔法装置を使⽤して、広場の最も遠い隅に隠れています。

鐘楼の頂上に⽬を向けた。

「残念ながら、誰も死にませんでした。なぜ爆弾が勝手に動いたのだろうか?」

レディカは⾦属の軋むような声で話し続ける。

「失敗ですね」

王がレディカに向かって叫んだ。

「貴様は誰だ?このような⾏為を試みた後に、無事で済むと思っているのか!?」

王室と貴族のすぐ隣で魔法の爆弾を爆発させようとしていたという事実は、この王国に対する宣戦布告と何ら変わりはありません。

(・・・本当にこれで終わりなのだろうか?)

ケイルの表情は固まり、他に何かがあるのではないかと⼼配した。

「それなら」

⾦属の軋むような声が広場全体に響き渡る。

レディカは、王と騎⼠に向かって叫んだ。

彼女が指をパチンと鳴らすと、2⼈が彼女の隣に現れた。

それぞれがカバンを背負っている。

(残りの爆弾か・・・)

2⼈はおそらく秘密結社の暗殺者チームのメンバー。

残りの2つの爆弾の位置を理解した。

彼らは3つの巻物を取り出し、同時にそれらを引き裂きました。

防御、加速、燃焼。

「⾏きなさい」

レディカが命令を出し、体が燃えている2⼈は鐘楼の下の市⺠に向かった。

彼女は2⼈に向かって⾚いマナを2つ放たれる。

加速魔法を使っていた2⼈は、⾼速で広場に向かってきた。

1⼈は王室に向かって、もう1⼈は・・・。

 



 

  • やむを得ない状況

「こっちに来るな」

貴族に向かって。

[今行く!]

ドラゴンの声を聞いたケイルは⼿を挙げた。

「きゃあぁぁぁぁぁぁぁ!」

「に、逃げろ!」

逃げるには遅すぎた。

「ケ、ケイル、行きましょう」

「ケイル公子、急いで!」

エリック、テイラー、ギルバート、アミールはケイルも救おうとしていました。

しかし、すべて⼿遅れ。

イライラする。

爆弾が爆発した場合、おそらく腕を失うでしょう。

しかし、⼼臓の活⼒が腕を回復するのを助けるはず。

しかし、彼を守ろうとしていた⼈々は、少なくとも⼿⾜を失うでしょう。

そのようなことが起こるのを許せるはずもなく・・・。

「・・・はぁ」

深いため息をつき、⼿のひらを空中に開く。

計画を変える時が来ました。

その瞬間、ブラックドラゴンの魔法でテレポートされたロザリンは、⾃分とケイルの周りに2層の盾を作りました。

同時に・・・。

「爆発!」

レディカは喜びで叫んだ。

「え?」

ロザリンは⽬の前で起こっていること理解出来なかった。

⾃爆テロ犯が⼤きな翼に囲まれていたから。

まるで広場の⼈々を守っているかのように銀⾊の盾が空に向かって⾶び出し、盾の翼が爆撃機を取り囲む。

[俺様もそれをブロックする]

ブラックドラゴンはケイルの頭の中で発表した。

銀⾊の光の鎖が⾚⽑の男と空の盾を繋ぐ。

「・・・くそ!」

そして爆弾が爆発した。

 



 

爆弾解除は成功したが、レディカには奥の手がありました。

部下の自爆特攻。

ケイルの能力は、無事に成功したのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【45話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は45話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...