伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【45話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は45をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

45話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 爆破後

2つの爆発が同時に広場で起きた。

全員がしゃがみ込んで、頭を手で覆う。

「きゃああああ!」

「お、俺の腕が!」

怪我をした人々の悲鳴が広場を埋め尽くす。

黒い煙が邪魔をして、王室の無事が確認出来ない状況。

⽣きている⼈々が頭を上げた。

銀の盾がガラスの破片のようにゆっくりと壊れ始める。

銀色の羽も同様に。

それらが崩れ始めると、中の人々が見えた。

中にいた人々は無事だった。

彼らの視線は⾃然に一つの場所に向けられる。

それは銀⾊の鎖の終わり。

「ケイル公子!」

ケイルが崩れ落ちた瞬間に、ロザリンがすぐに彼を支える。

彼女の目は、ケイルと銀の盾を行き来した。

その後に、彼女は王室に目を向ける。

2つの爆弾は非常に強力だった。

もちろん、ロザリンはブラックドラゴンの盾が爆発の⼤部分を吸収したことを知っていましたが、それでもケイルの銀の盾が驚くべき能力を持っているのは事実です。

その反動が酷いことも理解した。

「ケイル公子、大丈夫ですか?ケイル公子!」

(かなり痛いな・・・)

爆発の直前にブラックドラゴンが盾を展開するのを⾒た後、ケイルは銀の盾の強度を下げていた。

そのおかげで、反動はそれほど深刻ではなかったのだ。

しかし、それでも痛みはありました。

頭を上げようとすると。

「「ケイル公子!」」

近づいてくる声が聞こえる。

「ケイル、大丈夫なのか?」

「大丈夫・・・、ゴホッ!」

「ち、血が・・・!」

エリックの顔が青ざめる。

しかし、少量の⾎を吐いた後、ケイルは気分が良くなり始めた。

(心の活力の効果だな)

体の痛みが消えていく。

なぜ英雄が古代の⼒を使わないのに、決して捨てなかったのかを理解した。

これらの古代の⼒を使⽤することにはメリットが大きいからでしょう。

ケイルは満足げに微笑む。

彼の表情を見て、取り巻く⼈々は混乱した。

「なんで満足した顔をしているのですか?死なないでください!」

テイラーの悲しみの叫びを聞いて、目を開く。

「無理をしないでください!」

ロザリンの支えを借りて腰を下ろし、混乱しているテイラーの方を向く。

本来なら彼がそこまで心配するのは違和感があるでしょうが、今の状況なら問題はないでしょう。

そのまま地面に倒れる。

 



 

  • 混乱の中

[弱い人間、死ぬな!お前が死んだら、俺様は全てを破壊する!全ての人間を殺し、全てを破壊し、お前の死体を含む全てが無くなったら、俺様自身も死ぬ!]

ブラックドラゴンは心配しているのだろうが、口から出てくる言葉はかなり悪質だった。

ケイルは言葉の内容に、思わず眉をひそめる。

「ケイル公子、司祭を呼んできます!」

「私も一緒に行こう!」

アミールとギルバートは、⾨から⼊ってきた僧侶に向かった。

ドレスやスーツがボロボロなのも気にせずに。

そんな彼らの姿を見て、ケイルは傷が治ったとは言えずにいた。

(怪我をしたふりをする必要があるな)

エリックはケイルの隣に立って、周囲の貴族たちが近づくのを防いだ。

「・・・邪魔をしないでください」

「民間人は中に入ることが出来ません」

こっちに向かおうとするチェハンと目を合わせる。

ケイルは彼に何があっても前に出ないようにと目で訴える。

チェハンは唇を噛んで、その場で頭を下げた。

彼の後ろには、オン、ホン、ラークの姿も。

笑顔を浮かべて、彼らに元気だとアピールした。

「・・・ケイル公子、本当に大丈夫なのですか?」

ロザリンの質問に頭をうなずき、唇の⾎を拭き取った。

「ええ。本当に大丈夫ですから」

しかし、彼女は目の前でケイルの行動を目撃したのだ。

心配しない方が難しいだろう。

(私に彼と同じような行動が出来たのだろうか?)

ロザリンは静かに呟く。

「・・・あなたを理解することが出来ません」

しかし、ケイルがロザリンと目を合わせると、彼の表情が真剣になる。

彼女が後ろを振り返ると・・・。

⾎を飲む魔道⼠。

彼は今、人々を⾒下ろしながら空中に浮かんでいました。

「こんなことが起こるとは思ってもみませんでした。しかし、こんな展開もかなり楽しいですね」

⾎に飢えた魔術師レディカは、王室に⽬を向ける。

魔導士や騎士が攻撃の矛先を彼に向けている。

その後、レディカは貴族に視線を向けました。

彼はケイルとアイコンタクトを取り、隣のロザリンにも気づいた。

彼⼥の髪は茶⾊に染まっていたが、レディカはロザリンだと認識しているでしょう。

⾦属の軋む声が再び広場に響き渡った。

「最高だね、私が好きな血の色がこんなに多いなんて!」

魔導士が、レディカに向かって攻撃魔法を発動する。

「攻撃開始!」

マスクのせいで⾒えませんが、レディカの⽬は三⽇⽉のように丸まっていた。

「陳列ケースに⼊れたいね」

ケイルはその言葉に固まってしまう。

(怖すぎるだろ)

通常、このような危険なキャラクターはすぐに死んでしまうはず。

チェハンに⽬を向けた。

彼はうなずいて姿を消す。

レディカがいる方向とは別の場所に。

魔法がレディカを襲うので、彼は王に⽬を向け、話し始める。

「じゃあまた会いましょう!」

その後、レディカは姿を消した。

それだけでなく、仲間全員も一緒に。

彼の専⾨はテレポート魔法。

⼩説は、レディカが広場から姿を消した後、どこにテレポートしたかについて⾔及していた。

本当にレディカと秘密結社のメンバーがテレポートした場所であるならば、彼らはチェハンの⼿によって死ぬでしょう。

(チェハンが暴走しないか心配だ)

そのため、ケイルはオン、ホン、ラークを一緒に送ったのです。

彼らなら、チェハンが合理的であり続けるのを助けることができるでしょう。

チェハンは若くて弱い存在に対して弱いのだから。

地面から⽴ち上がる。

王は席に戻り、広場の⼈々が再び騒ぎ出す。

悪役は姿を消して、残酷な光景を残した。

王は群衆を落ち着かせるために表彰台に向かっていました。

「私はこの残酷で恐ろしい事件への復讐のために最善を尽くします。だからこそ、王の命令に従い、落ち着いて休むことに集中してほしい」

ケイルはロザリンを見る。

彼⼥は今⽇、⾃分の存在を隠すことになっていたが、彼⼥はケイルのために正体を明らかにした。

(ブラックドラゴンが正体を明らかにすることが出来ないから、おそらく介⼊したのでしょう)

ロザリンは、ケイルとアイコンタクトをとった後、笑顔を浮かべます。

それから彼⼥は、⼀⾔⼝を開いた。

「秘密ですよ」

ケイルも笑顔を浮かべる。

彼⼥は本当に自分と同じ波⻑の人物でした。

1⽇が始まる前に、メンバーの6⼈にはいくつかの指⽰を与えていました。

第⼀に、ドラゴンと獣の部族のトリオは、何があっても、⾝元を明らかにしないこと。

それが最も重要な仕事。

第⼆に、チェハンとロザリンが認められたとしても、偶然ここにいたと⾔う。

第三に、お互いに害を及ぼさないということ。

ケイルとロザリンは、アイコンタクトしたその瞬間から、何をしなければならないかを知っていました。

だからこそ、服の汚れを払い落とし、服を直したのです。

「ケイル公子、⼤丈夫ですか?」

タイミング良く、司祭が登場します。

ロザリンは後退し、ケイルは⼿を司祭に見せた。

「少しだけ痛いです」

 



 

  • 王室の介入

その後、ケイルは皇太子がこっちに向かっていることに気づく。

皇太⼦は間違いなくロザリンを認識し、彼⼥の魔法を⾒たでしょう。

彼がケイルとロザリンの関係を疑問に思っていることは間違いないはず。

(何かを護るのは本当に難しいな)

名声のためだけに⾃分⾃⾝を犠牲にし、物質的な利益を得ないのは、ケイルの考えではありません。

お⾦は名声よりも優れており、英雄であるよりも⾦持ちである⽅が良いと信じています。

「私はあなたの銀の盾を⾒ました、ケイル公子。あなたは素晴らしい行いをしました」

司祭はケイルの⼿を調べた。

司祭の言葉に、周囲の貴族が好奇心と疑いの眼差しを向ける。

ゴミとして有名なケイル・ヘニトゥスが強さを明らかにした。

この事実は、誰にとっても⾮常に⼤きなショックでしょう。

⾎を吐きながら爆発から⼈々を保護した。

しかし今、彼は何も問題がないかのように⽴っている。

王が去ったので、市⺠の多くは同様にケイルに⽬を向けていました。

彼らは銀⾊の光を忘れることが出来ません。

すべての貴族を⾒回した後、司祭を振り返り、彼の声明に応える。

「古代の⼒を⾒るのはこれが初めてだと思います」

司祭は驚愕の声を吐き出した。

偶然の出会いからしか得られなかった過去の遺物、古代の⼒。

「そうだったのですね」

お馴染みの声がケイルの後ろから聞こえ、彼の肩に⼿を置いた。

「殿下」

振り返り、皇太⼦アルベル・クロスマンとアイコンタクトを取る。

この瞬間が小説と酷似していることに気づく。

皇太⼦は、チェハンを希望の光に変えた。

古代の⼒を使った瞬間からこの展開が起こることを期待し、すぐに⼼の中で計画を⽴てました。

この瞬間から彼の利益のために、この状況を利⽤することを。

皇太子もケイルが自分と似ていることに気づいています。

「・・・ケイル公子」

アルベルは半分の驚きと半分の賞賛で、ケイルを抱きしめた。

「ありがとうございました。私たちはあなたがしたことをとても誇りに思っています」

その瞬間、アルベルが⽿元で囁く声が聞こえた。

「ケイル公子、あなたと私は同じ考えを共有していますよね?」

「もちろんです」

ケイルは⼿を上げて、アルベルを抱きしめながら微笑んだ。

「殿下、とんでもないです。私は王国の市⺠として当然の事をしたまでです」

ドラゴンの声がケイルの⼼に響き渡った。

[・・・本当にそう思ってんのか?]

ドラゴンは若かったが、かなり鋭いようだ。

当然、皇太⼦の顔も強ばっていた。

 



 

全員を救うことはできなかったが、ケイルの功績は大きいでしょう。

ブラックドラゴンの混乱具合が面白かったです(笑)

皇太子アルベルも介入したので、ケイルはどのようにして関わっていくのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【46話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は46話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...