伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【46話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は46をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...

 




 

46話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇太子と同じ馬車

ケイルは皇太子と同じ馬車に。

「ケイル公子、最初に乗ってください。今日、あなたはその名誉に値する働きをしたのだから」

皇太⼦は、以前の固い表情とは全く違う笑顔を浮かべていた。

「殿下、あなたの前に乗ることなんて出来ません。あなたは私のような市民を照らす星なのですから」

[・・・人間。頭は大丈夫ですか?]

ブラックドラゴンの質問は無視した。

「私が許可を出しているのですから、どうぞお先に」

今、この広場にいる王室はアルベルだけ。

彼以外は皆、先に避難したが、アルベルは全ての騎士に指示を出し、広場の混乱を収めていたのだ。

そんな彼の隣には、この事件で一生忘れることのないであろうケイル・ヘニトゥスがいた。

二人が一緒に立っている光景は美しい絵のようで、人々は感嘆のため息を吐いた。

ケイルは馬車に乗り、窓から外の光景を眺める。

エリック、ギルバート、アミール、テイラーに別れを告げた後、自分を⾒つめていたネオに微笑んだ。

彼の隣に⽴っていたベニオンは固い表情を浮かべている。

それは彼だけではなかった。

貴族全員がケイルを観察していました。

暴れん坊と噂されるゴミが、どのようにして力を得たのだろうか?

彼らはそう暗示するような視線を向けてくる。

皇太⼦がケイルの後に入り、それから使用人に命じた。

「あちらの女性をVIPとして扱ってください」

その女性とは、もちろんロザリンのこと。

馬車の扉が閉まる前に、ケイルは彼女をアイコンタクトをする。

⾺⾞のドアが閉まり、椅⼦にもたれかかった。

偽の笑顔を取り除き、真剣な表情で自分を見つめるアルベルと向かい合った。

「癒しが必要ですか?」

アルベルの質問に、ケイルは率直に返答した。

「体は健康ですが、3〜4日は寝転がっていたいです」

「は」

皇太⼦の笑い声はため息のように聞こえた。

「それは良い考えです。皆を救った貴族は傷つき、王室は彼を健康に戻すために可能な限り最⾼の治療を与えた。⾮常に素晴らしい考えです」

皇太⼦は、自分とケイルが同じタイプの人種であることを知っていた。

 



 

  • 腹の探り合い

「ケイルさん、彼らとは知り合いですか?」

彼ら。

それは広場に現れた人々のことでしょう。

馬車に乗る前にブラックドラゴンが放った言葉。

[他の人間が死んでいるのに、なぜ皇太子は何もしなかった?彼は強いのに]

皇太子は⼒を隠していた。

使⽤⼈の⼀⼈が亡くなり、若い騎⼠が腕と脚を失ったときでさえ、彼は何もしなかった。

彼は弱いふりをした。

(人を使う傾向があったとしても、彼は良い人だと思っていたが)

しかし、そうではなかった。

それに合わせて、ケイルは対応する。

「殿下、私がそんな面倒な事をするとでも?」

「あなたの言う通りですね」

皇太⼦はすぐに同意した。

ゴミとして隠れていた人間が、自分から行動を起こすはずがない。

やむを得ない事情からケイルが介入したと、アルベルは理解した。

「王室はあなたを調査しようとするかもしれません」

「私を守ってくれますよね、殿下?」

「なぜそのような当たり前の質問をするのですか?」

アルベルはケイルを守るつもりだ。

外の群衆を⾒るためにカーテンを開けて、彼は笑顔を取り戻し、話し続けた。

「後であなたを訪ねますので、その時に会話の続きを」

ロザリン、古代の⼒、そして彼自身の報酬について考える。

「とにかく、ありがとう。あなたの助けのおかげで、負傷者の数は減りました」

皇太⼦アルベルが善⼈なのか悪⼈なのか⾒分けるのは難しい。

いいえ、そもそも彼が人間であるかどうかすら知りません。

しかし、ケイルは今必要だと思ったことを言った。

「報酬を楽しみにしております」

「は」

皇太子はさっきと同じような反応をした。

 



 

  • その後の報告

外国の王室の訪問者のために予約された、宮殿で最も豪華な部屋が、ケイルのために提供された。

(チェハンたちも⼩説の中でここに案内されていた)

超豪華なベッドに横になり、ぶどうを⼀本⾷べ始めると。

「ケイル公子」

ロザリンが訪ねてきた。

そして予想通り、彼女は一人ではない。

「チェハン」

彼も一緒です。

オン、ホン、ラークはチェハンの後ろに⽴っている。

しかし、ケイルは彼ら全員の後ろにいる最後の人物を⾒た後、眉をひそめる。

「こ、公子様ぁあああああ!!」

それは副執事のハンス。

ハンス、チェハン、ラークは、ケイルの使⽤⼈として宮殿に⼊ることができました。

ハンスに向かって⼿を上げた。

「ストップ」

ハンスは動きを⽌め、ケイルはベッドから起き上がった。

「いらっしゃい」

まるで自分の部屋のようにリラックスしていた。

ハンスは泣き顔が嘘だったかのように、いつも通りの表情を浮かべる。

「旦那様に連絡しました。王室からの連絡が届く前に連絡したほうがいいと思ったので、魔導士を雇って通信ポートを開きました。その結果、沢山のお金を使うことになりましたが」

「よくやった」

「そして」

ハンスはロザリンの方を向く。

「ご婦人のことも存じております」

ハンスは執事長候補であり、ケイルよりも貴族のことをよく知っていました。

そのような人物が彼女を知らないはずがありません。

「続けて」

ハンスは、ケールの許可を得た後に報告した。

「屋敷の全員に、今のところはロザリンさんについて黙っておくように言っておりますので」

「ありがとうございます」

「ハンス、上出来だ」

ロザリンとケイルはハンスを称賛した。

「それと、公子様」

「何だ?」

「報告はしましたが、近い将来、通信ポートを介して⾃宅に連絡する必要があると思います。そうでなければ、旦那様が個⼈的にここまで移動すると思いますので」

ケイルの父なら、間違いなくそうするでしょう。

後継者としてのバセンの⽴場を危うくすることなく、この状況にどう対処できるかを考える。

「それでは、私は退出します」

「ああ」

ハンスが部屋を出たので、ブラックドラゴンが不可視魔法を解除した。

彼はテーブルに置かれている果物を食べながら報告する。

「ここにはビデオやオーディオの録⾳デバイスはない」

何も言わなくても行動するブラックドラゴンは、本当に有能でした。

ここは外国の王族のための部屋。

そのような部屋に録⾳装置を置くことは、戦争の原因になるでしょう。

ロザリンがノイズキャンセル呪⽂を唱えます。

「安全である⽅が良いですから」

「ロザリン、あなたのその考えは素晴らしいです」

ロザリンの考えに同意し、チェハンに⽬を向けた。

彼は部屋に⼊ってから、ずっと頭を下げている。

おそらくレディカを倒せなかったのでしょう。

「チェハン、報告してください」

チェハンは頭を上げた。

「あの魔道⼠はケイルさんが⾔った場所に現れました。私は彼を殺そうとしましたが、彼の部下が私に向かってきて・・・」

「彼らが自爆したのですね」

「・・・はい」

秘密結社は、何らかの理由でレディカを高く評価していた。

「それで彼らは逃げたのですか?」

「・・・はい」

チェハンは話し続けながら再び頭を下げる。

「彼の左腕しか切り落とせませんでした」

「うん?」

「それから、彼が戻ってきた場合に備えて、腕を燃やしました。それと、彼の左⽬も怪我をしているはずです」

(それは魔導士への死刑判決ではないのだろうか?)

腕を失うことは、かなりの影響を与えることになるはず。

チェハンは頭を下げて、拳を握りしめながら⽴っていた。

「彼を殺すはずだったのに・・・。申し訳ありません」

「謝る必要はない。あなたは良くやった」

ケイルは彼の隣に座っていたラーク、オン、ホンに⽬を向けた。

オンとホンは今回、初めて人を殺した。

勉強の成果もあったのだろうか、彼れらは上手く成功したようだ。

そしてブラックドラゴン。

この部屋で最も強く、可愛く、そして最も素敵な存在。

ケイルはチェハンと他のみんなを⾒て話し続けた。

「今⽇は皆さんが素晴らしいことをしました。⼈々が無事でいるのは皆のおかげです。ロザリンさん、あなたも⼀⽣懸命働きました」

チェハンの握りしめた拳が少しだけ緩む。

ロザリンは、ラーク、チェハン、そして⼦猫たちを⾒て、最後に視線をケイルに向ける。

奇妙な⼀体感が彼⼥を取り囲んでいた。

ブラックドラゴンが話し始める。

「お前も⼀⽣懸命働いた」

それを聞いて、ケイルも笑顔を浮かべる。

「そうだな、俺も頑張った。だから報酬も期待している」

 



 

  • 皇太子の質問

そして、ケイルの報酬についての最初の議論をする時が来ました。

「お待たせしました、ケイル公子」

「はい殿下」

皇太⼦アルベルはアイコンタクトをとる前に、ケイルを実際に治療することなく、ただそこに座っていた司祭を送り出した。

ドアが閉まり、アルベルが話し始めるまで、皇太⼦が訪ねてきたという畏敬の念を表した。

「あなたのその表情は私に悪寒を与えますね」

「ありがとうございます」

いつものリラックスした表情に戻す。

「広場で古代の⼒を持っていることを明かしたので、私はあまり強くない防御的な古代の⼒を持っていると発表しました。それがあなたが望んでいたことですよね?」

「ん〜」

返事をするときに、熟考するふりをした。

「弱い貴族のゴミが、王国のために前進した。良いですね」

「確かに」

「あまり強くない」という言葉を彼は気に入りました。

それは嘘ではありません、ケイルは本当に弱かったのだから。

「明⽇までに、あなたに関する噂や現在の状況に関する情報は、執事を通じてあなたに届けられます。ぜひご覧ください」

皇太子は間違いなく、⼩説でチェハンを扱っていたのとは違った⽅法でケイルを扱っていました。

笑顔を一切浮かべず、ずっと真剣な表情を浮かべている。

それがケイルが望んでいた⽅法でした。

「・・・ところで」

皇太子の⾮常に躊躇した態度。

ケイルが⾟抱強く待っている間、ベッドの下で昼寝から⽬覚めたブラックドラゴンが頭の中で話し始めた。

[今、俺様は確信した。彼は⼈間ではありません]

その時、皇太⼦が同時に質問をした。

「・・・あなたは⼈間ですよね?」

 



 

ケイルとアルベルの腹の探り合いは面白いですね♪

どちらも一筋縄ではいかない相手。

ケイルの望みは叶うのでしょうか?

皇太子の最後の質問はどういう意味なのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【45話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は45話をまとめました...
伯爵家の暴れん坊になった【47話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は47話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は26話。 ...