伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【47話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は47をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

47話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ケイルの求めるもの

「・・・私は人間ですが?」

なぜそんな馬鹿げた質問を?と問いかける表情を浮かべる。

アルベルは無意識のうちにため息をついた。

「はぁ・・・。もちろん、あなたと私はどちらも⼈間です」

その瞬間、ブラックドラゴンがケイルの⼼に語りかけた。

[それは嘘です。こいつは⼈間ではありません]

(ドラゴン、黙っていてくれ・・・)

落ち着きの表情を保つのに苦労する。

しかし、ケイルとブラックドラゴンの間には重⼤な弱点がありました。

ブラックドラゴンはいつでもケイルと話すことが出来るが、ケイルからドラゴンに話すことが出来ないのです。

一方通行のコミュニーケーション。

ケイルには魔法のスキルが不足しているから。

ドラゴンの4年間の⼈⽣。

彼⾃⾝、⼈間、そして彼が最近会った猫族と狼族のメンバーだけしか見たことがありません。

皇太子はそれらの種族のどれでもありませんでした。

ケイルはブラックドラゴンが⾔ったことを忘れようと決⼼する。

「宴会場でお会いした時、あなたの周りから異臭がしましたので」

「・・・異臭?」

ケイルはショックな反応を浮かべた。

「常に清潔でいるように心がけているのですが」

アルベルは、ケイルの惚けた口調を聞いたて、何も⾔わずに眉をひそめた。

「まぁ良いでしょう。それで、あなたは報酬として何を望みますか?」

彼はケイルに尋ねると腕を組んだ。

アルベルがここに遅れて来た理由は、事件の余波に対処するためでした。

彼はケイル・ヘニトゥスに関する報告書を見なければいけなかった。

しかし、ケイルには何もありませんでした。

<ゴミとして北東部で有名です>

<2年前に後継者の地位から完全に追い出されたが、決定についての不満は⾒られない>

<家に問題を引き起こそうとする兆候はありません>

しかし、アルベルの目の前にいるケイルはゴミではありませんでした。

「殿下、その見返りに、あなたのために何をする必要があるか説明していただけますか?」

ゴミがこのようなことを尋ねる事はあり得ないでしょう。

アルベルは正直に答えた。

「貴族に何も⾔わないでほしい」

これがケイルに対する王室の要求であり、彼に報酬を与える理由でした。

今⽇の出来事は王室にとって恥ずべき事です。

「もし依頼されたら、頻繁に王室を称賛してほしい」

「それは殿下についてでしょうか?」

「もちろん」

二人の表情に笑顔が浮かぶ。

「あなたの古代の⼒は、あれが全てでしょうか?」

「もちろんです」

ケイルの言葉に嘘がないか調べたアルベルは、肩をすくめた。

(考えてみると、アルベルの「癒しの星」は彼の母親から与えられたもの)

アルベルが古代の力について詳しいのも納得出来る。

「あなたが欲しいのは何ですか?家族のための何か?北東海岸線に投資することに同意しますか?それとも、北東部での権⼒争いを解決しましょうか?」

「それらのどれも違います、殿下」

「・・・違うのですか?」

アルベルが彼を⾒つめていると、ケイルは⾃分を指さした。

「私自身が必要とするものが欲しいのです」

アルベルはこのゴミが何を望んでいるかを理解しました。

結局、ケイルは家族や周りの⼈々よりも、自分⾃⾝が一番大事なのです。

「では、何が欲しいですか?より⾼い爵位?称号?⾸都で⾃分の派閥を持ちたいですか?」

アルベルの予想に反して、ケイルは彼の提案に⾸を横に振った。

ケイルは⼀⾔告げた。

「お金です」

「・・・何?」

平和な⽣活を送ることを最⼤の望みとしたケイルにとって、それが最も重要なことでした。

「お⾦をください。現金でお願いします」

戦争が勃発したとき、称号が役に立つのでしょうか?

現⾦を貰い、それを使って⾷料、⼟地、その他の物を買う⽅がはるかに賢明です。

「⾵の⾳」が使うお⾦が多ければ多いほど強くなり、ケイルが⽬指していた最後の古代の⼒。

アルベルが額に⼿を置いている。

「明⽇報告書を受け取った後、いくら欲しいか教えてください」

「また来なくてはいけないのですか?」

「どうして?嫌なのですか?」

ケイルは嘘の笑顔を浮かべて応えた。

「またお会い出来るなんて光栄です、殿下」

アルベルは、彼の対応に悪寒を感じ、すぐに部屋を退出するように命じた。

[彼がマナ以外の髪を染めることを可能にするのはどのような⼒ですか?⼈間、私に答えなさい。気になります]

ブラックドラゴンの質問を無視し、部屋に戻ってすぐに寝た。

彼はこの瞬間から患者でした。

 



 

  • お見舞い

ハンスが朝⼀番にロンからの⼿紙をケイルに⼿渡す。

「ロンさんは予定通りに出発しました」

<坊っちゃま。⽉に⼀度報告します。あなたがあのような⼒を隠しているとは知りませんでした。チェハンは魔道⼠の詳細を私に話しました。覚えておきます。ビクロスにもそのことを知らせました>

レディカはロンからも狙われるようになった。

「・・・重傷を負ったと聞きました」

ケイルはエリックが⼼配そうに自分を見る姿を⾒たことがなかった。

しかし、⼤丈夫とは⾔いません。

忠実に⾃分の役割を果たす必要があるから。

「体に⼒が入らない」

「・・・ケイル」

⼀⽇中寝ていたので、体に⼒が入らない。

「お腹も変な感じがします」

それは、起きてた時に食べすぎたから。

エリックは⼼配そうな表情を、ギルバートは固い表情を、アミールは何か決⼼したように⾒た。

「私を訪ねる為だけに来たのですか?」

エリックはアミールとギルバートが頭を頷くのを⾒た後、ポケットから書類を取り出してケイルに⼿渡した。

「これは、北東海岸線の観光投資に対する最新の要求です」

ページの最初の⾔葉は海軍でした。

ギルバートも決⼼したようです。

「そうですか。それなら皇太⼦と会うのですか?」

「はい。今夜彼に会う予定です。彼がそれに興味を⽰した場合、私たちは動き始めることができますから」

ケイルはアミールとギルバートに⽬を向け、さりげなく話した。

「きっと上手くいくと思います」

エリックたちは、ケイルの発⾔を聞いた後、安⼼感を感じた。

「今度からは、使⽤⼈を介して送って下さい。訪問するのは難しいでしょうから、来る必要はありません」

「いいえ、私たちは来続けます。あなたも知る必要がありますから」

そう話す3人にうなずき、彼らを送り出した。

 



 

  • チェハンたちの今後

ケイルは⽑布を蹴り⾶ばし、次のグループを歓迎した。

罪⼈のように⽴っているチェハンに話しかける。

「⾏きなさい」

ロザリンは唇を噛んだ。

「ごめんなさい、ケイル公子。しかし、私にはチェハンとラークが必要なのです」

彼女が宮殿で⾃分⾃⾝を明らかにしたので、できるだけ早くブレック王国に戻る必要がありました。

彼⼥を殺そうとした⼈々が証拠を隠し始めるかもしれないから。

しかし、彼女一人で戻ることは危険すぎる。

敵は彼女よりも強いから。

それがロザリンが強い同盟国を必要とした理由。

ラークはそわそわしてドアのそばに⽴っていた。

「どうして謝るのですか?ロザリンさん、あなたは⾮常に困難な状況で私たちを助けてくれました。それなら、私たちもあなたを助けるべきです」

ロザリンはケイルの笑顔を見てホッとする。

「ロザリンさんはラークの親代わりであり、チェハンの友達です」

「・・・そう言ってもらえて嬉しいです」

今回が自分のターニングポイントになるだろうと、彼⼥は確信していた。

ケイルは⼀歩前進し、チェハンを⾒た。

「ケイルさん、私はあなたを守らなければなりません」

「大丈夫です。私はたくさんのお⾦を稼ぎ、平和に暮らすために必要に応じて逃げるのに⼗分な強さになることを計画しています」

ブラックドラゴンがそばにいるので、チェハンが自分を保護する理由はない。

実は、ブラックドラゴンの前では、チェハンの方がお荷物だった。

「そうですか。すみません、理由もなく心配をしてしまって」

チェハンは少しだけ安堵した表情を浮かべる。

最後にラークの方を向くと、彼は怯えた顔をしていた。

「ラーク、私はあなたの兄弟の世話をします。3か⽉後にヘニトゥスの領⼟に来てください」

「え?」

「私たちの取引を忘れましたか?」

「ええと」

ラークに地図を⼿渡す。

それはハンスから得た北東領⼟の地図。

「マークされている場所に来てください。私はあなたの兄弟と⼀緒にそこにいますので、必ず帰ってきてください」

「・・・帰る」

ラークは小さく呟いているのを気にせず、ケイルは彼の肩を叩く。

⽣活を楽にするためには、ラークが戻ってくる必要があります。

「はい、必ず帰ってきてください。覚えておいてください。3か⽉以内に戻る必要があることを」

「は、はい!私は必ず3ヶ月以内に帰ってきます!」

ラークは激しくうなずいた。

⾃分の部屋の周りの⼈々を⾒つめながら、これまで以上にリラックスした⼼でベッドに横になる。

すると彼は、ドアを開けて⼊ったハンスを見た。

騎⼠のようにドアを守っているチェハン、⼦猫と遊んでいるラーク、魔法の本をのんびりと読んでいるロザリン、そして最後にベッドでくつろいでいるケイル。

ハンスは静かにケイルに近づき、囁いた

「公子様、陛下があなたにメダルを授けたいという噂が流れています」

部屋の誰もが動きを⽌めた。

ハンスは静かに⽂書を⼿渡す。

それは、広場のテロ事件について起こっている噂を含んだ⽂書。

<闇の森から王国を守るヘニトゥス家の誇りを⽰した貴族、ケイル・ヘニトゥス>

「はぁぁぁぁぁ・・・・」

深いため息をつく。

予感はしていたが、それでも⾮常に迷惑でした。

 



 

やはりアルベルは人間ではないようですね?

彼の正体はいずれ判明するでしょう。

ケイルの欲しいものがお金とは直球ですよね(笑)

どういった形で貰うことになるのでしょうか?

 

伯爵家の暴れん坊になった【48話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...