伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【48話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は48をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

48話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 一週間後

1週間後、ケイルは⾺⾞から降りた。

[久しぶり]

ブラックドラゴンが頭の中で⾔ったことに同意した。

現在、彼は栄光の広場にいる。

爆発で破壊された広場の北部には⼤きな柵が。

ケイルが⾃分の席に向かっていると。

「あぁ、銀光の公子様!」

すぐに眉をひそめる。

副団長は、ケイルの⽿に囁くために少し体を下げた。

「公子様、彼らはあなたを「銀光の公子様」と呼んでいます。素晴らしいニックネームですね」

「うるさい」

そんな安っぽい言葉を聞きたくなかったが、皇太子が鎮圧していなければ更に酷くなっていたのは明白なので、ケイルはそれ以上何も言えなかった。

彼に出来ることは、副団長を焦らすことだけ。

「私がいつものように飲んで暴れれば、彼らの声は止まるでしょうか?」

「ええと・・・」

副団長は何も⾔えず、ただ背を向けた。

笑顔を浮かべるが、次の彼の言葉で、その笑顔は消える。

「まだ体調も万全ではないので、アルコールは控えた方が良いです」

公式では、ケイルの体はまだ負傷していると発表している。

群衆を守るために限界を超えて古代の⼒を使⽤したために負傷し、爆発を防ぐ奇跡の物語。

そのような伝聞が、皇太子の口から生まれた。

その為、ヘニトゥス家の使用人たちは負傷したケイルを過保護に扱っている。

それは⾸都の使用人だけではない。

数⽇前に⾸都に来ることを計画していた⽗親のデルース伯爵は。

『ケイル、その魔導士の顔を見たのか?⽗さんがお前の為にそれらすべてを殺す!』

デルースは、ケイルが古代の⼒を獲得したことを知っていたが、それでも妹の方が強いという事実により、デルースはケイルを弱いと見なしていた。

「ヘニトゥス家が⾏動を起こさない理由は、私たちが弱いからではありません。ケイル、覚えておいてください。私たちは強いので、今まで何もしてこなかっただけです。あなたは何もせずに休んでいてください」

それは、ヴィオラン伯爵夫⼈がデルース伯爵を落ち着かせながら放った言葉。

ケイルが宮殿を出て⾃分の屋敷に戻った後、貴族がメッセージを送ったり、屋敷を訪ねた事はなかったので、それは真実だったに違いありません。

エリックたちでさえ現れませんでした。

ケイルはその⾃由時間を⾮常に効率的に使⽤していた。

今回の⼊場を許可された人物は、誕⽣⽇のお祝いよりも⼤幅に少なかったが、ケイルは例外でした。

「ケイル公子様、お入りください」

「ありがとう、頑張ってください」

「・・・はい!」

騎⼠たちが感激して、深くお辞儀をする。

ケイルはゆったりとしたペースで歩き続けた。

栄光の広場。

王は、今回のテロ事件の際に、特定の⼈々の⾏動に対してメダルを与えることを計画した。

受賞者には、王の真下にある2番⽬に⾼いプラットフォームに⽴つ資格が与えられる。

ケイルの座る場所は貴族が座る場所。

なぜ?

エリック、アミール、ギルバート、そして他のすべての貴族は、沈黙の中でケイルを見つめる。

彼らは事前にいくつかの知らせを聞いている。

[ケイル・ヘニトゥスは名誉勲章の受章を拒否し、他の誰かにメダルを譲った]

[さらに、彼はまだ負傷している体を引きずって式典に参加した]

「今⽇出発するのですか、アミール令嬢?」

「ええ。ウバールの領⼟でお会いしましょう」

この式典の後、ケイルはウバールの領⼟を訪れる予定でした。

「はい。海が⾒たいですね」

「それは療養のため?」

「もちろん、それだけが理由ではありませんが」

アミール、そして二人の話を聞いていたギルバートとエリックはみんな笑顔になり始めた。

今⽇以降、貴族たちは皆、何が起こっているのかを聞くでしょう。

北東海岸線の軍事基地の開発と投資。

だから今夜、アミールとギルバートは⾸都を出るのです。

それは、誤った情報が漏れるのを防ぐためであり、王室は計画をできるだけ早く進めることを望んでいたから。

もちろん、これが可能だったのは、ヘニトゥス家がアミールとギルバートの領⼟に多額の資⾦を貸すことに同意したからです。

それが、ケイルが二人の領土を訪れる必要のあった一つの理由。

 



 

  • 授賞式

ゼッド王が到着した。

その後、追悼式とメダル授与式が始まる。

ゼッド王はかつてないほど強い声で話し出した。

「私たちは今⽇ここに戻ってきて、恐れに屈しないことを⽰しています」

それは敵への警告であり、群衆を結集させる何か。

ゼッド王は広場を⾒下ろす。

「この事件の間に、多くの⼈々が英雄的な⾏為を⽰しました。彼らの勇気のおかげで、私たちは過去のようにこの⼟地を守ることができました」

ブラックドラゴンの言葉を思い出す。

[太陽神の祝福?あの弱い⼈間たちから神の⼒を感じません。唯⼀特別なのは皇太⼦だけ。クロスマン家が太陽神に祝福されたという信念は真実ではなかった]

真実を学んだケイルは、いつものように、何も知らないふりをすることにした。

ブラックドラゴンは、⼆⼈の間でその秘密を守るように言われたという事実に興奮しているようで、喜んで同意してくれた。

「私たちは今、それらの英雄たちにメダルを配ります!」

わぁあああああああ!

歓声が広場を満たす。

この陽気な環境は、誰もが今すぐケイルに近づくことを可能にした。

「ケイル公子」

呼びかけてくる静かな声の⽅を向いた。

テロ事件で⾸都は危険な場所だと思って帰国した貴族は多い。

そのため、貴族の数は以前より少なくなりましたが、それらの貴族の1⼈がケイルに近づき、彼に呼びかけました。

「どうしましたか、ベニオン公子?」

「あなたはメダルを辞退したと聞きました。後悔していませんか?」

貴族の視線はすべてベニオンとケイルに向けられる。

[殺したい]

ベニオンの体がここで爆破するのではないかと⼼配になる。

ケイルはメダルを拒否した。

その理由はシンプル。

「記録」を残したくなかったから。

王⽴図書館の最上階には、王国の過去の王たち全員の記録がある。

その下の階には、王国の歴史を通じて様々な名誉勲章を授与されたすべての「英雄」の記録が収められています。

(他⼈にとっては名誉のように聞こえるかもしれないが、俺にとっては鎖のように聞こえる)

記録されていない人は忘れ去られやすい。

戦争が間もなく勃発する将来、この広場での事件を誰が覚えているでしょうか?

ベニオンに⽬を向けて、笑顔を浮かべる。

「何を後悔するのですか?」

後悔することは何もありません。

⾒事な報酬を受け取りました、そして、最も重要なことは。

「⽣き残ることができただけで⼗分です」

彼は重傷を負うことなく⽣きることができた。

それは、ケイルにとって、いいや、キム・ロックにとって最も重要な真実。

周辺は沈黙した。

ベニオンはその沈黙を破るために口を開いた。

「・・・そうですか」

「はい。私はとても恥ずかしがり屋です。ですので、メダルを受け取るためにあの場所に⾏くことはできません」

ケイルは肩をすくめ、授賞式の方に振り返った。

ブラックドラゴンは、今すぐベニオンを殺すと、事態は⾮常に複雑になり、ケイルにとって迷惑になると考えていたので、じっとしていることにしました。

「これで今⽇の式典は終わりです。しかし、私はこの瞬間を忘れません。勇敢な英雄たちを忘れないために、これからずっと覚えています!」

式典は国王の最後の発⾔で終わりを告げた。

皇太⼦は、今⽇、ケイルが記念碑に来る必要はないと⾔っていました。

しかし、ケイルはこの場所を訪れた。

それは彼が死の重さを知っていたから。

彼の右⼿を心臓に置く。

 



 

  • 二つのバッジ

その姿を見たエリックが心配するので、ケイルは笑みを浮かべて、自分の胸を2回叩く。

彼の内ポケットには二つのバッジがある。

それは皇太子から受け取った報酬。

(皇太子は思っていたよりも寛大だな)

⾦⾊のバッジは、コストに関係なく、ケイルに何かを購⼊する2つの機会を与えた。

パン2枚と⼭2つ、どっちも同じように買える。

重要なのは、2回しか使⽤できないということ。

将来、これら2つの機会を⾮常に効果的に利⽤する予定でした。

ケールは笑みを浮かべた。

[弱い⼈間、今何を計画していますか?]

⾃宅に戻って翌朝早く出発する準備を終えたケイルは、ブラックドラゴンにステーキと他の3つのアイテムを⼿渡した。

[これは何だ?]

3つのアイテムはすべて、爆発装置が取り外された魔法の爆弾。

今のところ、ケイルは3つの爆弾のうちの1つだけを使⽤することを計画している。

「渦を破壊してください」

誰も知らないうちに、ローン王国の北東の海を転覆させることを計画していた。

⼈⿂もクジラ族も今は北東の海にいるべきではないので、それは可能でしょう。

 



 

目立ちたくないから、授賞式を断るケイル。

彼らしい選択ですね。

しかし、彼の評価は更に上昇し続けるでしょう(笑)

そして、皇太子からの贈り物。

使い所に注意しないといけませんね^_^

 

伯爵家の暴れん坊になった【49話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...