伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【49話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は49をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

49話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【48話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は48話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • バッジの使い道

最初、ケイルは渦潮を破壊することを計画していなかった。

しかし、今の彼にはブラックドラゴンがいる。

ブラックドラゴン、オン、ホンに⼤量の⾷料を与えた後、最初のゲストに挨拶した。

「公子様が何を盗んだのか分かりませんが、何か⼤きなことをしたのですね」

それはビロスでした。

「私は最近少し有名人のようです」

「確かに有名なケイル公子です。しかし、飲んでも⼤丈夫なのですか?」

「私があなたの前で怪我をしているフリをする理由がありません」

ケイルの空のコップに注いだ後、ビロスは笑顔を浮かべた。

「こちらが公子様の新たに要求された品物です」

皇室の金貨を使⽤する2つの機会。

最初の機会をどのように使⽤するかを、ケイルはすでに決めていた。

彼は時間を買うことにした。

ローン王国だけでなく、ブレック王国や他の中北部の王国にとっても危険な存在であるノーザンナイツ。

具体的には、北騎⼠団以外に、⻄⼤陸の帝国、魔道⼠の殺害者、南ジャングルの⼥王。

それらすべてから逃れるために、時間を買うことに決めた。

「ビロス、ホイッパー王国はまもなく混乱するでしょう。あなたはすでに知っていましたか?」

ビロスはうなずいた。

⾮魔導士と魔道⼠は、ホイッパー王国ではもはや共存できません。

「ケイル公子、最も収益性の⾼い投資は何だと思いますか?」

「人でしょう」

魔導士は内戦に敗れ、魔法の塔は破壊される。

では、生き残った魔導士はどうなる?

ホイッパー王国は、⻄部⼤陸最⼤の魔法装置の供給源。

権⼒や政治から遠く離れた魔導士はたくさんいたが、内戦後のホイッパー王国には、そのようなタイプの魔導士はどこにもいない。

⼩説では、皇太⼦アルベル・クロスマンがこの問題を標的にしようと考えていた。

破壊された魔法の塔に関しては、ロザリンが別の場所に新しい魔法の塔を作成した。

ビロスはとても鋭い。

「公子様は魔導士が新しい家を探すと思っているのですね?」

ケイルが欲しかったもの。

それは⻄部⼤陸最⼤の魔法装置の供給源。

「魔法の塔が破壊されたらすぐに教えてください」

「・・・理由を伺っても?」

「すぐに分かります」

魔法の塔。

ケイルはそれを購⼊することを計画していた。

もちろん購入方法は知っている。

「分かりました、ケイル公子。楽しみにしています」

魔法の塔を買うことは、危険から⾝を守る時間を与えることに繋がるでしょう。

⾮常に⾼額になりますが・・・。

(それは俺のお金ではない)

ビロスはケイルの邪悪な笑みを⾒て、彼の期待は⾼まった。

その後、最初のゲストであるビロスに別れを告げる。

2番⽬で最後のゲスト。

開いていたテラスの窓に⽬を向ける。

「これは何だ?」

⼿のひらほどの⼤きさの粘⼟⼈形が窓から登ってきた。

オンとホンは恐怖でケイルの腕に⾶び込む。

粘⼟⼈形の表情が恐ろしかったようです。

ブラックドラゴンはいつものように魔法でケイルの頭に話しかけた。

[神様の⼒を感じる]

「ああ・・・」

誰かの名前を思い出す。

狂った巫⼥。

「ケージ」

すると、⽬も⽿もなく、⼝だけの粘⼟⼈形が話し始めた。

「ケイル公子、あなたが私を認めてくれることは分かっていました。この⼈形は私と繋がっています」

彼⼥は本当にネクロマンサーと呼ばれるほど熟練していた。

「私たちは今⽇、⾸都を離れます。ケイル公子は、私たちがこのように連絡するのを嫌っていると確信しています」

「その通りです」

「しかし、テイラーがあなたに伝えたいことがあると⾔った」

「『私の地位を取り戻すとき、いいえ、私が元の地位より高くなったとき、あなたからの恩を返すために戻ってきます』彼があなたに伝えたかった言葉です」

「そんな事を⾔う必要はありません」

「それでも、テイラーと私は、私たちが望むものを⼿に⼊れたら、どこかでニュースを共有する必要がありますから」

「やりたいことは何でもしてください」

粘⼟⼈形は溶け始める前に、ケイルの⾔葉に微笑む。

「それではお元気で、ケイル公子」

粘⼟⼈形は跡形もなく姿を消した。

ブラックドラゴンは、何もない場所をじっと⾒つめてから、ケイルに⽬を向けた。

「じゃあ、復讐できるのはいつ?」

「テイラー・ステンが権⼒を取り戻し、ステン侯爵の領地の主⼈になった後。その時は好きなように出来ます」

「分かった」

ブラックドラゴンは喜んで⽻ばたいた。

 



 

  • 三人との別れ

翌朝、ケイルは早朝に⾺⾞の前に⽴っていた。

ロザリン、チェハン、ラークを見送るため。

「ケイルさん、あの魔道⼠の⾒たら、すぐに彼を殺すようにドラゴンに⾔ってください」

チェハンは早朝から悪質なものを吐き出していた。

「私は間違いなく強くなり、戻ってきます!ですから、私がいない間は、必ず公子様の話を聞いてください。前回お話ししたことを真剣に考えてください。それはあなた達の未来のためです。私たちは今、強くなる必要があります!」

ラークは10⼈の若い兄弟に囲まれ、彼の本心を打ち明けていた。

ロザリンは⾺⾞の中でブラックドラゴンと話していた。

「ドラゴンさん、これはローン王国のアルファベットの教科書であり、⼤陸の共通⾔語の教科書です」

「ありがとう、⼈間。私は素晴らしくて⼒強いので、すぐに学びます」

「もちろんです。ドラゴンさんは素晴らしくて強⼒です。かっこいい名前を思いつくことを祈っています」

彼らが何を話しているのか分からなかったが、満⾜のいく笑顔でブラックドラゴンを⾒ているロザリンをじっと⾒つめ、眉をひそめた。

それからチェハンの⽅を向いて話し始める。

「怪我をしないように注意してください」

「・・・はい。必ずそうします」

チェハンの無邪気な笑顔を⾒たくなかったので、⾺⾞に乗る。

「行きましょう」

彼らを⾒送るために屋敷の外にいた全使用人は、ケイルに別れを告げた。

なぜ全使用人が仕事を遅らせて、自分を⾒送りに来るのか理解出来なかった。

「公子様、無事に家に帰ってください!」

「公子様、あなたに仕えることは私たちの喜びでした!」

「またお会いできるのを楽しみにしています!」

ケイルは⾸都に戻る予定はありません。

何気なく彼らに⼿を振った後、⾺⾞のカーテンを閉めた。

その⾏動は出発する合図。

 



 

  • 暴君トゥーンカ

「ペッペ!塩⾟い匂い!これが海ですか?」

⾚い⼦猫のホンは、⾺⾞の窓の外を⾒て、空気を嗅いだ。

「これは爆弾からの凝縮されたマナですか?」

ブラックドラゴンはケイルの質問に頭を下げて答えた。

「はい。今、新しい魔法の爆弾を作ることが出来る」

北東の海を⾒渡すと、涼しい潮⾵が⾺⾞に乗り込む。

海にはたくさんの島が⾒えた。

銀⾊の⼦猫オンもかなり興奮している。

「わあ!あの鋭い崖を⾒てください!」

ウバールの領⼟で最も美しい光景である「⾵の崖」

崖と島々の間には、複数の荒れ狂う渦潮が存在する。

(メイジスレイヤーは、渦潮によって難破した後、それらの島の1つに着陸し、「⾵の⾳」を⾒つけることになる)

メイジスレイヤーは知的な野蛮⼈として知られていた。

彼はラーク、狼族、そして将来の狼王よりもさらに強く、⻄部⼤陸で最強の⼈物の称号を保持していた。

メイジスレイヤーの名前は、暴君トゥーンカ。

(彼より先にそれを⼿に⼊れる必要がある)

⼩説のように物事が進んだとしても、トゥーンカがここに来るのはまだ時期尚早。

トゥーンカを避けている限り、この旅はスムーズだろう。

満⾜して窓の外を眺めていたケイルは、地平線のはるか彼⽅に何かを⾒る。

「・・・あれはクジラ?」

⼤きなクジラの群れが北東海を渡って北に向かったとき、空中に⽔を発射していた。

突然不吉な気持ちになり、魔法の爆弾の材料を⼿に握りしめた。

クジラは北の海に住む傾向がある。

これはクジラ族にも当てはまった。

クジラ族が南に降りてきたのは⼈⿂との戦争の間だけ。

ブラックドラゴンの声がケイルの⽿の中に響き渡った。

[強い存在感を感じる]

そのエコーは、ケイルの脳に突き刺さった。

「公子様、途中で病気になりましたか?」

「いいえ、ただ気分が悪いだけです」

「ああ、崖が怖いのですね。しかし、私たちの運転手はベテランなので、⼼配する必要はありません」

ハンスからの役に⽴たないコメントを無視し、近づいてくる⼈に⼿を差し伸べた。

「久しぶりです、アミールお嬢様」

「こんにちは、ケイル公子」

ここは、ウバール領⼟にある⼩さな海辺の村。

村は毎⽇急速に変化していた。

明⽇の夜、ケイルは海の奥深くで魔法の爆弾を爆破することを計画していた。

しかし、決して起こらないはずのことが起きる。

この恐ろしい状況は、アミールの騎⼠の⼀⼈が報告したことから始まる。

「お嬢様、救助した⼈が意識を取り戻しました」

(救助?)

アミールはケイルの表情に気づき、説明し始めた。

「難破した⼈を救助したとき、私たちは海岸線と近くの島々で新しい海軍基地を調べていました。彼は意識を取り戻したようです」

「身元も分からない男性を?」

「あなたが広場で何をしたかを思い出し、彼を救う必要があると決めました」

アミールは話し続けた。

「⼈⽣は貴重ですよね、ケイル公子」

「・・・もちろんです」

「あなたがそう答えると私は知っていました」

アミールの笑顔すら考えられなかった。

今頭に浮かんだのは、⼩説でトゥーンカの状況をどのように描写しているかに関する詳細だけ。

 



 

チェハンたちとしばしの別れ。

ブラックドラゴンはどのような名前にするのでしょうか?

彼ならカッコいい名前を選ぶでしょう(笑)

そして舞台は新たな地へ。

新キャラクターも続々と登場しそうですね♪

伯爵家の暴れん坊になった【50話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は50話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...