伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【50話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は50をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

50話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【49話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • トゥーンカの設定

ケイルの真剣な表情を見て、アミールは彼が心配しているのだと考えた。

「彼の服装と体格からすると、ホイッパー王国の人間のようでした」

間違いなくトゥーンカでした。

彼女が話し続けると、ケイルの顔は⻘ざめた。

ホイッパー王国で魔術師と戦っていた⾮魔術師は、魔術師によって野蛮⼈として無視されてきた。

しかし、この世界には野蛮⼈はいません。

ホイッパー王国の⾮魔術師はすべて、魔法を使わずにホイッパー王国の過酷な⼭や海岸を⽀配することに成功した強⼒な⼈物。

彼らは、魔法に頼るのではなく、⼈体を強化することに焦点を当てた⼈々。

ホイッパー王国の市⺠は、⾮魔術師の側にいた。

(問題は、トゥーンカが⾮常に単細胞であること)

知的な野蛮⼈?

そう⾔う⼈もいたが、ケイルの意⾒では、彼は⾮常に強い単細胞。

そして、最も恐ろしいタイプ。

彼らと話すことが難しいから。

「ケイル公子、あなたは⼼配する必要はありません。彼はすぐに回復するでしょう」

アミールの⾔葉を聞いて笑った。

彼の望みは、トゥーンカがずっとベッドで眠っている事だから。

トゥーンカがなぜこんなに早くここに到着したのだろうか?

「アミール令嬢、お部屋まで案内していただけますか?」

「ええ、もちろん。まだ怪我が治ってないですよね?」

「ええ。少し傷が開きました」

「・・・急ぎましょう」

(南北戦争は⼩説よりも早く起こっているに違いない)

そのように考えた場合、すべてが理にかなっていた。

しかし、何が南北戦争を引き起こしたのでしょうか?

しかし、現時点ではあまり悩む必要もないでしょう。

トゥーンカが難破したということは、魔術師の攻撃で船が破壊され、⼒を得て北から戻ってきたことを意味するのだから。

つまり、ストーリー⾃体は変わらなかったということ。

魔術師に恐怖を植え付けた強さ。

トゥーンカは、海、⼭、砂漠、ジャングル、⽕⼭、氷河を己の肉体だけで⽣き延びてきた。

(たぶん、ドラゴンなら彼を殺すことができる)

宿に到着したケイル。

「なぁ」

「なんですか、⼈間」

ブラックドラゴンは姿を現した。

「しばらくの間、どこにも⾏かずにそばにいてください」

トゥーンカを避けようとすると、代わりにさらに多くの荷物を抱えてしまう可能性がある。

その瞬間に備える必要がありました。

「俺様の勝手にさせてもらう」

ブラックドラゴンは⿐を鳴らし、ケイルから背を向けた。

ドラゴンの翼が嬉しそうに羽ばたいている様子を見て、ケイルは安心する。

ウバールの領⼟を去る前にアミールの⺟親と会う予定だ。

彼⼥はウバール家の本拠地がある街からやってくる予定でした。

会議について少し考える。

⼤きな窓からは、村全体と⾵の崖を⾒ることができる。

⾵の崖。

何百年もの間、崖の前の⽔は渦潮によって荒廃し、海に出ようとするウバール市⺠の頭痛の種だった。

しかし、軍事基地としては絶好の位置。

ケイルは明⽇の朝、⼀番⼩さい島に⾏く予定でした。

すべての渦の源である「⾵の⾳」は、その島のすぐ隣にある。

強者に混乱を引き起こしながら、素早く静かに逃げることを可能にする⼒。

ケイルは明⽇の朝を⾒越して微笑み始めた。

 



 

  • 苦労するビクロス

「公子様!ビクロスおじさんが海鮮料理を作りました!」

「おじさんは海にとても興奮しています!」

「ケイル様、たくさん⾷べてください!」

ケイルの笑顔はさらに濃くなった。

それは彼が子供好きだからではありません。

⼦供たちの後ろで⾷べ物のトレイを持っていたビクロス。

ロンの息⼦、シェフ、そして拷問の専⾨家。

そんな彼が目の下に深い隈を浮かべている。

これが笑わずにいられるでしょうか?

「召し上がってください、ケイル公子」

「ありがとう。彼らにキッチンを手伝ってもらうのは良い決断でした」

10⼈の⼦供たちの⻑男である12歳のメイス。

「公子様、私たちは働きたい」

そう言った彼らに、ケイルはビクロスの支援をお願いした。

「あなたはまだ⼦供です。騎⼠との訓練のような危険なことをするのはまだ時期尚早です」

「はい、最善を尽くします」

⼀⽣懸命働くと⾔った⼦供たちは、本当に⼀⽣懸命働いた。

その結果、ビクロスは毎日疲れているようでした。

オオカミの⼦供たちは明るく純粋だから。

(考えてみると、彼は本当に良いベビーシッターになるでしょう)

そんな考えがバレたら、ビクロスは包丁を持って追いかけてくるでしょう。

彼はオオカミの⼦供たちに冷たくはありません。

彼にできることは、頻繁にケイルを睨むことだけ。

「いつもおいしい⾷事をありがとう」

「・・・恐縮です」

ビクロスは部屋を出て、ドアを閉めた。

ケイルはドアを⾒て話し始めた。

「食べなさい」

⾷事仲間の、オン、ホン、ブラックドラゴンはテーブルに駆けつけて⾷べ始める。

のんびりと⼣⾷を⾷べながら、海に沈む⼣⽇を眺めていた。

 



 

  • ボートで

次の⽇。

「こんにちは」

「はじめまして、公子様」

ケイルは⽼⼈と挨拶を交わした。

彼はウバールの海を歩き回り、何⼗年もの間渦潮と戦ってきた漁師。

「私を信じてください。安全に中央の島に連れて⾏きますから」

隣にいたアミールは、うなずいた。

「彼は素晴らしい⼈物なので、彼がケイル公子と⼀緒にいる限り、あなたはウバール海のどこにでも⾏くことができます。案内することになっているのに、⼀緒に⾏けなくてごめんなさい。やるべきことが多いので」

「構いません。専⾨の漁師に紹介してくれれば⼗分ですから」

アミールが⼀緒に⾏ったら複雑だろう。

漁師は尋ねた。

「3⼈だけですか?」

「ええ、行きましょう」

⼩さいけれど頑丈なボートに乗った。

副団長がケイルの後ろに。

「お気をつけて、公子様」

副執事のハンスは、ケイルを⾒送りながらオンとホンを腕に抱えていた。

[私は⾶んでいきます]

ケイルの命令で⼀緒に⾏くことになったビクロスは、堅い表情でボートに乗る。

全員が乗船したら、彼は漁師に命じました。

「⾏きましょう」

「かしこまりました」

この⼩さなボートの船⻑である漁師は息⼦と漕ぎ始める。

この渦に満ちた海では、⼤型船も加速魔法も重要ではありません。

経験豊富な漁師と⼀緒にいて、彼らの⻑年の漕ぎの経験に頼る⽅が安全だから。

「ボートはかなり揺れるかもしれませんので、しっかりと握ってください」

ボートは、すべてを吸い込むように⾒える渦をかろうじて回避している。

旋⾵の⼒がボートを⼤きく揺さぶった。

「ハハハ。公子様、渦潮は壮⼤ではないですか?」

漁師はとても勇気のある人物だった。

ケイルは、青ざめた表情で服を掴んでいた副団長の⼿を押しのけた。

 



 

トゥーンカはかなり危険な存在のようですね(汗)

ビクロスも子供たちの世話で疲弊しています(笑)

ケイルは「風の音」をどうやって手に入れるつもりなのでしょうか?

伯爵家の暴れん坊になった【51話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...