伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【52話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は52をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

52話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【51話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 渦潮の真下

「夜はさらに酷いな」

ケイルは真下にある渦を⾒下ろし、そう呟く。

「トゥーンカは本当にクレイジーな野郎だ」

彼はどうやって「風の音」を手に入れたのだろうか?

トゥーンカは危険な状況が好きな人物。

『海に⾏くのは初めてだが、楽しそうだな』

彼は準備なしで渦に⾶び込む前に⾔った。

当然、ケイルは同じように⾏動するつもりはない。

すでに必要なものをすべてポケットに詰めていた。

「ここですか?」

ブラックドラゴンの質問にうなずき、周りを⾒回した。

海から⽬をそらし、⾵の崖の⽅を向く。

<トゥーンカは⾵の崖の下に隠された洞窟を発⾒し、好奇⼼を持って⼊ります。彼は洞窟の終わりで何かを⾒つけて笑い出した。「こんなに良いものがここにあるとは思っていませんでした」トゥーンカが予想もしなかった運命的な出会い>

⼩説からの情報を脇に置き、ブラックドラゴンに話しかけた。

「始めよう」

「分かった」

黒いマナがブラックドラゴンの前足から生まれる。

魔法の爆弾はマナに反応し、振動し始めた。

ブラックドラゴンが開発した新たな爆弾。

それほど強力ではないが、爆発の連鎖が多くの敵を殺すのに役⽴つ。

ケイルはブラックドラゴンを褒め称えた。

「このようなものを作成するのは、驚きを隠せない」

「当然です。俺様は偉⼤で⼒強いドラゴンだ」

さらに多くの⿊いマナが流れ出て爆弾に吸収される。

「気をつけて、怪我をするなよ」

ブラックドラゴンは、ケイルの周りにシールドを張って、空中に向かって⾼く飛んだ。

爆弾を海に落として、スキューバマスクをかぶる。

5分間⽔中で呼吸することを可能にする魔法の道具。

しばらくして。

爆弾が爆発し、ケイルは銀の盾を召喚して爆風を防ぐ。

夜⾵が彼の顔を激しく通り過ぎた。

数⼗回の⼩さな爆発が起こった後、渦潮はその強さを失い、適切に回転することができません。

⽔中に⾶び込んだとき、盾は海と衝突した。

盾のおかげで、ケイルの体は⽮のように素早く沈む。

さらに多くの爆発が起こり、渦潮はさらに強さを失った。

無事に海の底に到着する。

海底を歩き始める前に、最後の爆発を処理するためにもう⼀度盾を使⽤した。

目の前に⼤きな岩が見える。

<トゥーンカは、渦がこの⼤きな岩の下から始まることに気づきました。彼はこの岩を持ち上げることができませんでした>

<「それなら壊せばい」>

<それがトゥーンカが岩を破壊した方法です>

ケイルは岩に⽬を向け、考え始めた。

「トゥーンカ、あなたは馬鹿なのか?本当にこれを破壊したのか?」

⽔⾯下で⾸を横に振って、岩の頂上に向かった。

 



 

  • 風の音

その瞬間、古代の⼒を獲得した他の時と同じように、前の所有者の声が聞こえた。

⾵の⾳の所有者は、神から何かを盗んだと⾔われているのと同じ泥棒。

彼⼥は神の品物を盗んだわけではありません。

実際、彼⼥は寺院から何かを盗んだ。

この⼤きな岩の下に閉じ込められた後、彼女は窒息した。

⾜が速い静かな泥棒は、こうして死を迎えたのだ。

死後、彼⼥は渦潮を吐き続けた。

「私の友⼈の光がここにあれば、それはすべて燃やすでしょう!」

「光?」

最後の古代の⼒、「破壊の⽕」

到達するために⽕を通り抜けなければならず、たくさんのお⾦を持っていなければならない。

突然の考えがケイルの⼼を横切った。

不滅の盾、⽊。

⼼の活⼒、⾵。

⾵の⾳、⽔。

破壊の⽕、⽕。

本当にこの⼒を取るべきかどうか・・・。

しかし。

スキューバギア内の警報は残り3分。

後で考えることにした。

「急いで取り出そう」

ケイルは鍬で掘り始めた。

魔法で補強されたこの鍬は、床が簡単に崩れるほど鋭い。

「トゥーンカのような⾺⿅になって岩を破壊する理由はない」

しばらく掘った後、頂上が崩れ始める。

完璧にバランスが取れていた岩が⽚側に傾き始めた。

⾵の⾳の所有者が望んでいたことは1つだけ。

⾃由。

それを提供する唯⼀の⽅法は、頂上を破壊すること。

頂上が壊れると、⽔⾯下に悲鳴のような鋭い⾳が響き渡った。

壊れた頂上から流れ出る⾵がケイルを取り囲む。

「あなたには回復の⼒があります。私のように捕まらないでください」

捕まる?

(回復の⼒?彼⼥は⼼の活⼒について話しているのだろうか?)

泥棒が最後の⾔葉を⾔ったとき、ケイルは眉をひそめた。

⽩い⾵が彼の体を取り囲み、頭まで上がってから下に動き始めた。

⼼臓が突然激しく⿎動する。

「うぐ・・・」

痛みのために気泡が⼝から出てきたので、右⼿で⼼臓を軽く叩いた。

(何が起きてる?)

「うぅ・・・」

呻き声を抑え、体を丸めた。

その瞬間、⾵が瞬き⾜元に降りて⾜⾸に絵を描いた。

渦潮のイメージが完成すると、ようやく⼼が落ち着くのを感じた。

「⼼の活⼒は⾵の⾳も強めたのだろうか?」

今はそれについて考える時間がありません。

アラームが再び鳴り、時間があまり残っていないことを知らせる。

⾵の⾳を発動すると、突⾵が⾜周りを渦巻く。

軽く⽚⾜を前に動かすと。

ケイルの体は即座に⽔を切り裂いた。

⼤きな渦はなくなったが、他の渦はまだ存在している。

しかし、ケイルは問題なく簡単にそれらを通り過ぎた。

「他の渦潮は1週間以内に消えるだろう」

しかし、ケイルはそれらの渦潮を約1年間維持することを計画していた。

彼の⽬的地は⾵の崖。

 



 

  • 瀕死のクジラ

崖が近づくのを⾒て、近づきすぎる前に地⾯を蹴った。

ケイルの体は反応して上向きに。

潮⾵が迎えてくれて、⽔上に戻ってきた。

すぐにスキューバマスクを外し、捨てる。

村の⽅を⾒ると、かなりの数の灯りが点灯し始めている。

「急ぐ必要があるな」

⾵の崖に向かって泳ぎ、崖の下にある⼤⼩の岩に気づく。

ライオンの頭に似た岩を探す。

この地域で最⼤の岩だったので、簡単に⾒つけることができた。

岩の後ろにある⼩さな洞窟を⾒た後、ケイルは微笑む。

「見つけた」

トゥーンカは⾵の⾳を獲得した後、この洞窟で運命的な出会いをした。

それはトゥーンカにとって役に⽴たないものだったが、ケイルの将来に必要な「材料」

この材料が、ラークが将来ケイルのために取得する材料と組み合わされた場合、ジャングルの⼥王は、彼と取引するしかないでしょう。

「⼥王はジャングルを救う必要があるからな」

慎重に岩を通り過ぎて泳ぎ、洞窟に⼊る。

⽉が沈んでいたので洞窟の⼊り⼝は暗かったが、それは問題ではない。

空を⾒上げた。

「そろそろ彼が到着するはず」

ブラックドラゴンは、まるでケイルの⼼を読んだかのように、すぐに話し始めた。

[弱い⼈間、あなたは怪我をしていません]

ブラックドラゴンがケイルの頭の中で話す理由は1つだけ。

悪寒を感じ始めた。

ゆっくりと頭を洞窟の内側に向けた。

ブラックドラゴンは、近くに⾒知らぬ人間がいたときのみ、ケイルの頭に話しかける。

[この洞窟の中には⽣命体があります。瀕死の状態ですが]

何かを引きずるよう音。

ケイルは選択肢を考える。

(⽔に⾶び込む?又は、ドラゴンに今すぐ家に連れて⾏ってくれるように頼む?)

しかし、ケイルが決⼼する前に⽣命体が明らかになった。

⽚⾜を⽔に戻す。

姿を現した⽣命体は揺れる声で話し始めた。

「わ、私を救ってください」

⽣命体から塩⾟い匂いが。

海の匂いだ。

「まさか・・・」

「私には成し遂げなければならないことがあります。私はまだ死ねない!」

恐ろしく傷ついた⾜を引きずりながら、⼈間のように⾒える存在が近づく。

傷には緑⾊の液体が付着している。

明らかに⼈⿂の仕業でした。

「お、お願いします・・・」

それはクジラ。

⼿で這っている美しい⼈間はクジラだ。

[弱い⼈間、⾵邪を引いたのか?顔が⻘⽩い]

ホラー映画のシーンに直⾯しているように感じる。

瀕死のクジラ族は、⾃分⾃⾝の正体を明かした。

 



 

無事に「風の音」を入手したケイル。

残る古代の力は一つだけですね。

全てを手に入れたとき、彼はどれだけ強くなるのでしょうか?

そして瀕死のクジラの登場。

どんどん原作に巻き込まれていますね(汗)

伯爵家の暴れん坊になった【53話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は53話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...