伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【53話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は53をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

53話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【52話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は52話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 混血のクジラ

ケイルは考える。

「逃げた方が良いのだろうか?」

しかし、目の前のクジラ族は瀕死の状態。

頭の中で質問する。。

「⼈⿂の毒で怪我をしている?」

「うーん・・・」

クジラはもう這うことが出来ずにいた。

彼の体は震えている。

その瞬間、頭の中でブラックドラゴンの声を聞く。

[⼈間、あなたは助けるつもりがないのですか?]

質問に答えず、⽴ち上がる。

理由もなく助けるようなことはしない。

しかし。

「ねえ」

混⾎のクジラに近づき、彼の前でしゃがむ。

「・・・助けてくれ」

ケイルは無表情のまま答えた。

「ええ。あなたを救います」

混⾎のクジラ。

今の彼には恐ろしいほどの激痛が回っているでしょう、

クジラの王が⼩説の中でラークと⾏った会話を思い出す。

『あなたは純⾎のオオカミですね』

『どうしてそんな事を?』

『私の⼦供は純⾎ではないから』

『あれ?ヌーナは純⾎ではありませんか?』

『あの子ではない。私には混血の息子がいた。・・・彼は弱すぎて海に住むことが出来なかった』

『では、ご子息は別の場所に?』

『いいえ。私の息子はこの世にはいません』

クジラ族の王は⻘い髪と⻘い⽬をしていた。

暗かったのではっきりと分からないが、目の前の男性は、小説で説明されていたクジラ族の王と特徴が少し似ていた。

「少し寝てください。次に目が覚めたとき、すべてが上手くいくでしょう」

男は何度か瞬きをした後、ゆっくりと目を閉じた。

意識のない混血のクジラを見た後、足に近づき観察する。

「どう思う?」

ブラックドラゴンが姿を現す。

[皮膚が爛れている。酷い状態だ]

クジラ族の⽪膚は⾮常に厚くて丈夫。

悲しいことに、混⾎のクジラはそれほど丈夫ではない。

それが⼈⿂の攻撃の影響を受けて毒殺されそうになった理由だろう。

ケイルはクジラを指さし、ブラックドラゴンに命令する。

「彼を⽔に浸してください」

「・・・お前は彼に嘘をついたのか?」

ブラックドラゴンは完全にショックを受けたようだった。

「⼈間、お前は彼を救うつもりだと⾔った!お前は弱いが、今までの約束のすべてを守ってきた!それなのに、なぜ彼を⽔に浸すように⾔っている!?彼を窒息死させようとしているのか!?」

はぁ。

深いため息をつく。

「彼を救うためだ」

そのまま言葉を加える。

「彼を⽔に⼊れた後、以前の死体を覚えていますよね?」

「・・・お前は俺様に何をさせようとしている?」

「⾏って、⽚⽅の腕を取ってきてください」

ブラックドラゴンのあごが落ちた。

その様子を気にせず、洞窟に向かう。

「・・・お前が求めた通りにする」

ブラックドラゴンは本当に従順だ。

ケイルは振り返らず、前進し続ける。

「見つけた」

トゥーンカが⾒つけた運命的な出会いは「⼩さな⽔たまり」

ケールは持ってきたアイテムの1つを取り出しました。

その⽔たまりを少しすくって⼩さなガラス瓶に⼊れた。

「消⽕⽔」

⽔は常に⽕に強いですが、この⽔の強さは少し異なっていた。

これは⾮常に貴重なアイテムの素材となるでしょう。

乾燥したジャングルを救う宝物に。

洞窟の⼊り⼝に戻る。

既にブラックドラゴンが腕を持ってきていた。

その横には、びしょ濡れの男もいる。

「行きましょう」

ブラックドラゴンは、混⾎のクジラ、⼈⿂の腕、ケイルを浮揚させる前にため息をついた後、家に帰った。

 



 

  • パセトン

すぐにオンとホンから歓迎を受けた。

「ちょうど良いところに!」

「執事がしばらくの間、ドアを叩いてた!」

ハンスは泣きそうな声を上げながら、ドアを叩いている。

「公子様、ドアを開けてくれませんか?」

スキューバスーツを脱いで片付ける。

それから彼はバスローブを着てドアを開けた。

「公子様、アミールお嬢様があなたの安全を確認するように頼みました。だから起きて開けてください」

「どうした?」

「ああ!公子様!・・・お風呂に入ってたのですか?」

ハンスの質問にのんびりと答えた。

「眠れなかったので、海⽔浴場に座っていた」

「どこか怪我をしていますか?さっき⼤爆発がありました。海で何かが起こったのだと
思います」

真夜中なのに、村は明るかった。

渦潮の危険性があっても、開発が間近に迫っていたため、アミールは⼈々を海に送り出すという勇敢な決断をしたようです。

「何が原因か分かっていないのか?」

「アミールお嬢様は、海に出かけると⾔っていました。すぐに原因が分かるでしょう」

中央の島の渦が消えたので、アミールは喜ぶでしょう。

それだけで、この海岸線の価値が劇的に増加するのだから。

「では私は失礼します」

ハンスは出かける前に、丁重に頭を下げた。

その後、ブラックドラゴンは姿を現し、意識不明のクジラと、人魚の腕を明らかにした。

オンとホンは⼈⿂の腕を⾒た後、部屋の隅から動かなかった。

ケイルはバスルームに向かい、お⾵呂から海⽔をすくい上げる。

人魚の腕を海水に浸すと、乾いていた腕がすぐに正常に戻った。

ケイルはクジラの⾜に⽬を向けて、ナイフを取り出す。

「人間、何をする気だ!?」

ブラックドラゴンは叫び、男は⽬を開けた。

男が最初に⾒たのは、ケイルがナイフを頭上に持ち上げている光景。

ナイフが⼈⿂の腕に刺され、⽪膚を切り裂く。

腕から液体が流れ出す。

それは⼈⿂の⾎。

「大丈夫だから」

動揺している男にそう告げる。

⾎が流れ出て男の⾜に落ちた。

出⾎している腕を男に⼿渡す。

「⾎が乾く前に飲んでください。それが最善の⽅法です」

第5巻。

これは、⼈⿂との戦いで負傷したラークを癒すためにロザリンが発⾒した癒しの⽅法。

この世界ではまだ知られていない⽅法だ。

結果、男の状態は良くなった。

顔の混乱した表情を⾒ながら、ケイルは尋ねる。

「この⼈⿂を殺したのはあなたなのでは?」

その男の表情は固まった。

「完全に回復するには、おそらく朝までに海に戻る必要があります。少し眠って、⾃分で戻ってください」

男の表情が消える。

「私がクジラだとどうやって知った?」

「他に誰が3⼈の⼈⿂を殺すことができますか?」

「・・・私は帰らなければいけない」

厄介な話を聞きそうになったので、ケイルはすぐに手を振った。

「あなたの話に興味はありません。あなたが助けてと言ったから助けただけです」

ベッドに横になる。

「私は寝ます。出かけるときは静かにしてください」

ケイルは⽬を閉じた。

ドラゴンがいたので、心配する必要は何もないでしょう。

ケイルが男を助けた理由。

それは、小説でのクジラの王が家族を失ったから。

キム・ロックスが今回⾏動を起こすことを選んだ理由です。

『もしその⼦供がまだ⽣きていたら、私は娘に王位を譲り、彼と⼀緒に⼈間の世界に住むでしょう。そうすれば、あの⼦は幸せだっただろうと思います』

『でもヌーナも愛情深い⼈なので、⼀緒に住みたいと思いませんか?』

『もちろん。私の息⼦が姿を消したとき、彼⼥は海全体を捜索しました』

『あなたの息⼦の名前は?』

『・・・息⼦の名前はパセトンです』

 



 

  • ボブ

ケイルが翌朝⽬を覚ましたとき、パセトンはすでにいなかった。

⾚い⼦猫のホンが報告する。

「彼は夜に戻ってくると⾔った」

肩をすくめる。

「ケイル公子!早くに訪れてすみませんが、素晴らしいニュースをあなたと共有する必要がありました!」

アミールは明るく笑っていた。

普段は落ち着いている彼女をこのように⾒ることは滅多になかった。

「何が起きたと思いますか?」

「何も思いつきませんね」

興奮したアミールに⽐べて、ケイルは落ち着いていた。

「渦潮が、中央の島の渦潮が消えました!⼀晩で跡形もなく消えたのです!」

アミールの隣には、ベテランの漁師と何⼈かの騎⼠、そしてトゥーンカがいた。

⼩説に書かれているように、トゥーンカは⻑い茶⾊の髪をしていた。

アミールは再び興奮して話し始めた。

「ケイル公子!ヘニトゥス家の投資の⾒返りとして、平和なウバールの海の光景をお⾒せしたいと思います。私と⼀緒に中央の島に⾏ってくれませんか?」

優しく微笑んで尋ねた。

「ここにいる全員で?」

「ええ」

彼女は、トゥーンカを指差して話し続けた。

「この⼈に会うのは初めてですよね?彼は渦に巻き込まれそうになった⼈です。ボブさん、彼はケイル公子です」

「ボブ?」

トゥーンカは厳つい顔で笑顔を浮かべた。

⻤の笑顔を⾒るよりも怖かった。

「初めまして。私の名前はボブです」

ボブ。

彼は偽名を使っていた。

 



 

ケイルは放っておけない性格ですよね(笑)

彼のおかげで、原作で死ぬはずだったパセトンが生き残ることに。

今後もどんどん巻き込まれていくこと間違いないですね!

そして名前を変えた「ボブ」

彼の目的は?

伯爵家の暴れん坊になった【54話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...