伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【54話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は54をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

54話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【53話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は53話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 強者の匂い

ケイルはトゥーンカのぎこちない笑顔に悪寒を感じる。

「ボブはホイッパー王国出⾝なのです。⼩さな海辺の村の出⾝で、彼が釣りに出かけた時に難破したそうです」

「そうなのです。小さな村で静かに釣りをしていただけなのに。はっはっは!」

「静かに釣りね・・・」

そんな話は信じられなかった。

トゥーンカは笑いながら言った。

「公子様は、みんなを救うために⾸都で⼤きな盾を打ち上げたと聞きました。あなたは強い人物だと聞いたので、アミールお嬢様に会わせてくれるように頼んだのです」

その瞬間、彼の⽬は鋭くなった。

突然不吉な予感がする。

(危険だな・・・)

そのため、すぐに次のように答えた。

「私は今、療養中なのです」

「療養・・・?」

「ええ。その力も強くはありません。とても弱いものです」

アミールが説明を追加した。

「その通りです。ケイル公子は、すべての⼈を救うために⼒を使いすぎました」

アミールの目は同情、賞賛、その他の感情を持ってケイルに向けられていたが、トゥーンカは違った。

「そうですか・・・」

彼はすべての興味を失ったようだった。

(良かった。それでこそトゥーンカだ)

他⼈のために犠牲を払う?

ヒーロー?

彼はそのようなことに興味がありません。

彼の興味は強さだけ。

弱い人間は無視して、必要に応じて殺す人間だ。

それが彼が暴君と呼ばれた理由です。

「じゃあ行きましょうか、ケイル公子?」

アミールの質問にうなずく。

すると、トゥーンカの呟く声が聞こえてくる。

「妙ですね。近くに強い人物の匂いがします」

彼は本当に頭がおかしい。

[匂いなんてしないぞ]

ブラックドラゴンの声が聞こえる。

トゥーンカの本能は、獣の本能よりもさらに強かった。

ケイルは、彼がいる間は、今までで最も弱いフリをしなければいけないと決心した。

 



 

  • ザトウクジラの獣人

「私たちは現在、渦が突然消えた理由を調査しています。⽗とこの領⼟の魔道⼠もすぐに到着します」

ケイルは中央の島の穏やかな海を眺めていた。

「そうなのですか?それは良かった。何が起きたのかすぐに判明することを願っています」

[お前はとても嘘つきだな]

ブラックドラゴンの発⾔は無視した。

「他のすべての渦潮もすぐに消えることを願っています」

[⼈間、あなたはまた嘘をついています。渦潮をもう⼀年留まらせると⾔いませんでしたか?]

再びブラックドラゴンの発⾔を無視した。

アミールは決⼼した表情でうなずく。

「ええ。必ず何が起こったのかを理解し、他の渦潮も取り除きます」

情熱的なアミールの表情に少し気の毒に思い、話し始めた。

「あなたとウバール家は間違いなく成し遂げられると確信しています」

「・・・ありがとうございます、ケイル公子。あなたの肯定的な言葉を聞いて、私は安心することができました」

穏やかな笑顔を浮かべるアミール。

ケイルは真剣な表情で彼⼥に返事をした。

「この⽇光のせいで少し目眩がします。⽇陰で少し休んでもいいですか?」

ボートからトゥーンカの視線を感じる。

彼は頻繁にケイルに⽬を向け続けた。

まだ強い⼈の⾹りの源を探しているようだ。

しかし、トゥーンカがブラックドラゴンを⾒つける⽅法はありません。

それがオーラやマナを感じられない⼈の限界。

「ええ、もちろん。無理はしないで」

「ありがとう」

のんびりと中央の島の森に向かう。

その光景をアミールは静かに⾒守っていた。

彼は病気であると主張したが、まったく病気に⾒えなかった。

彼は疲れているように見える。

「弱っているところを見せたくないのね・・・」

将来この領⼟を護る領主として、アミールはケイルのようになる必要があると感じた。

⼀⽅、ケイルは島の反対側に向かっていた。

あそこには誰もいなかったので、時間を無駄にするのに最適な場所でしょう。

島の反対側に到着したとき、目の前の光景を見て唖然とする。

「何?」

[俺様じゃない!俺様はやっていない!]

ブラックドラゴンは必死に否定していた。

「・・・パセトンの仕業なのだろうか?」

岩は粉々に破壊されて、⼈⿂の死体は埃に変わった。

この計り知れない強さ。

間違いなくクジラの仕業でしょう。

⾮常に怒っているクジラの。

突然、水が激しく揺れる。

[海底から何かが⾶び出している!とても速く動いています!]

頭を上げて海の⽅を向く。

何か⼤きなものが浮かび上がった。

濃い灰⾊の⽣命体。

それはクジラでした。

ザトウクジラの獣⼈。

ザトウクジラの獣人は海の守護者として知られており、弱い⽣物を保護している。

何世代にもわたって、クジラ族の王はザトウクジラの獣⼈だった。

クジラの視線は、本能と合理性が混ざり合った、殺意と観察の両⽅で満たされている。

この強い存在は、ケイルを⾒下ろし、彼のあらゆる側⾯を検査していた。

その瞬間。

[あの愚かなクジラは頭がおかしいに違いない!]

ブラックドラゴンの怒りの声が響き渡った。

同時に、強い⼒が空気に振動を引き起こす。

空中のマナが変動し始め、⽔が荒れ始めた。

しかし、ザトウクジラはまったく動きません。

代わりに、クジラは尻尾を上げ、⽔に叩きつける。

⽔が急速にかき回された。

古代の力が自動的に発動し、ケイルを保護する。

古代の⼒は常に所有者の⽣活を第⼀に考えているから。

クジラに話しかけようとすると。

「私はあなたと戦おうとはしていません」

それはギリシャ神話のセイレーンと同じくらい美しい声。

「わお」

ザトウクジラが頭を⽔⾯上に完全に露出させる。

とても⼤きくて怖かった。

クジラが軽く接触するだけで、ケイルは簡単に殺されるでしょう。

ブラックドラゴンが警戒して、マナを生み出す。

怒っている4歳はかなり危険かもしれません。

ケイルはドラゴンの頭を叩く。

その光景に、クジラはショックを受けているように見えた。

「怒らないでください。あなたが怪我をするかもしれない」

マナはすぐに消えた。

その後、静かな声が聞こえる。

[怪我などしません。俺様は強い]

「分かってる。しかし、それでも注意する必要があります」

4歳の⼦供を落ち着かせるのは⼤変だ。

マナがなくなると、ケイルは背を向けてクジラの⽅を向いた。

クジラの視線から殺意が消えた。

「質問があります」

 



 

  • ウィティラ

その瞬間。

⼩さなクジラが遠い地平線から狂ったように泳いできた。

そのクジラはすぐに接近し、叫んだ。

「姉さん、殺してはいけない!」

ザトウクジラが向きを変えると。

その動きから海⽔が⾶び散り、ケイルはびしょ濡れに。

向かってくる⼩さなクジラはおそらくパセトンでしょう。

つまり、彼がヌーナと呼ぶ存在は一人だけ。

現在の王の娘で将来のクジラの⼥王。

⼈⿂との戦いでチェハンと⼀緒に戦ったクジラ。

ザトウクジラの背中にはX字型の傷跡。

ウィティラ。

間違いなく彼⼥でしょう。

このザトウクジラの兄妹の再会に参加したくないので、ゆっくりと後退した。

⼩さなクジラがもう⼀度叫ぶ。

「彼は絶対に殺してはいけない⼈です!」

ブラックドラゴンは混乱しながら話しかけた。

[あの⼩さなクジラは何について話しているのですか?私たちは戦っていません]

誰もが島の反対側の状況に集中しすぎて、この⼩さなクジラの声を聞くことができなかったことに感謝した。

そうでなければ、誰もがここに来たでしょう。

[ちなみに、誰かが向かってきている]

「何?」

森の⽅を向いた。

「ムハハハハハ!匂いがする、匂いがする!」

野⽣のライオンのたてがみのように⾒えたろくでなしが現れた。

トゥーンカでした。

彼の⽬は狂ったように⾒えた。

「強い⼈の匂いがする!」

トゥーンカを⾒るやいなや、ケイルはしゃがみ込んだ。

そのおかげで、トゥーンカとザトウクジラは直接アイコンタクトを取ることが出来た。

 



 

トゥーンカの目的は強い存在と戦うこと。

その点だと、ケイルは眼中にないようですね・・・。

そして、新たに登場するクジラ族の王女、ウィティラ。

彼女の強さは?

伯爵家の暴れん坊になった【55話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は55話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...