伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【55話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は55をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

55話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【54話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • トゥーンカの力

⽬が狂ったトゥーンカはバットを⼿に持っていた。

「あなたですか?」

彼はザトウクジラを目の目にして、唇を舐めた。

クジラの前では、⾝⻑2m近くのトゥーンカでさえ⼩さく⾒える。

「へぇ、クジラと戦うのは初めてです」

トゥーンカは彼女が獣⼈であることを知らなかったようだ。

強い相手と戦いたい。

彼の頭を満たしているのは強さと戦い。

そのため、ザトウクジラはトゥーンカを軽蔑して⾒下ろしていた。

ケイルはしゃがんで彼らを隅で見続けていた。

[何してる?]

ブラックドラゴンの質問が頭の中に響き渡る。

「クジラが戦うとエビが怪我をするから」

エビよりも弱かったケイルは、彼らの戦いで怪我をしたくなかった。

「クジラを倒すことは出来るだろうか?」

トゥーンカの⽬がキラキラと輝き始める。

それから彼は⾜で軽く地⾯を蹴った。

その瞬間、彼の体が空中に飛ぶ。

⻑さ15mの⼤きな体は、⼤きな尻尾をトゥーンカに向かって叩きつける。

しかし、トゥーンカは空中で方向を変えた。

クジラの攻撃から⼤きな波が⽣まれ、ケイルはびしょ濡れになる。

文句は言いたいが、口は閉じたままにしておく。

「ムハハハハ!素晴らしい!素晴らしいです!」

トゥーンカはクジラの尻尾にダッシュし、もう⼀度バットを振り下ろした。

クジラは攻撃を回避する代わりに、尻尾を上げてトゥーンカを攻撃する。

ドォン!

⼈間がクジラと接触したときに発⽣するような⾳ではなかった。

トゥーンカの⼿にあるバットは粉々に崩壊していた。

「バットを使うべきではなかったです!やはり、拳を使う格闘が最⾼だ!ハハハ!」

人々はすでに何が起きているか理解しているでしょう。

その瞬間。

「姉さん!戦い続けると、その男は傷つくでしょう!」

⼩さなクジラがようやく島に到着した。

トゥーンカはその声に怯む。

「・・・あのちっぽけなクジラが話しているのか?」

その言葉にザトウクジラは眉をひそめる。

その後、美しい声が続いた。

「あなたは私の弟をちっぽけと呼んだのですか?」

トゥーンカはさらにショックを受けた。

「これも話せるのですか?」

彼は完全に混乱していた。

 



 

  • ウィティラの美しさ

パセトンは⼆⼈の間に⾶び込んで話し始めた。

「姉さん、私はまだ⽣きています」

「パセトン」

ザトウクジラは顔をくしゃくしゃにした。

彼⼥の⽬が涙を流し始める。

「彼は、私が⼈⿂の毒で死にそうになったときに救った恩人です」

⼤きなザトウクジラの目が震えた。

⼩さなクジラは島に近づき、ケイルをチェックする。

「あなたは完全にびしょ濡れですね。今夜あなたを訪ねて、改めてお礼を言わせてもらいます」

「それは良いから。もう治ったのか?」

「分かりました。おかげさまで、ほぼ完全に回復しました」

その瞬間でした。

「私と戦っているときに、他のことに気を取られるなんて。死にたいのですか!?」

トゥーンカはウィティラに向かって⾶び上がり、拳を振った。

しかし、彼の拳はザトウクジラに触れることが出来なかった。

クジラが姿を消したから。

ザトウクジラがいた場所は⽔蒸気で満たされていた。

⽔蒸気の中から⼥性が島に⾜を踏み⼊れる。

それは⼈間の姿をしたウィティラ。

「姉さん!」

パセトンはウィティラに声をかけた。

その瞬間、ケイルは少しだけ驚いた。

彼女は驚くべき美しさを誇っていた。

彼⼥はとても美しかったので、エルフでさえゴキブリのように⾒えるくらいに。

どうしてこんなに美しい⼈がいるのだろうか?

⻘い髪と⻘い⽬。

海の中で最も美しい存在を巡る争いがあったとしたら、それはおそらく、彼の⽬の前にいる人物でしょう。

その瞬間、ブラックドラゴンがケイルの頭に向かって話し始めた。

[・・・ドラゴンの方が美しいです。ドラゴンが⼈間になると、もっとハンサムで美しいと思います。⼈間の形のドラゴンはおそらく世界で最⾼です]

ブラックドラゴンを完全に無視し、後退する。

⼈間化されたクジラ族の⼈々は強くて暴⼒的。

ケイルがそう⼼配し始めたとき、ウィティラは口を開いた。

「・・・逃げないでください。傷つけたりしないわ」

「姉さんは自分の⾔葉を守る⼈です」

パセトンもすぐに変身し、ケイルに近づく。

ウィティラは、パセトンの足の傷に気づく。

怒りは再び彼⼥の⽬を満たした。

トゥーンカもゆっくりと歩みを進める。

「そのような役に⽴たない⼈に注意を払うのをやめなさい。早く私と戦ってください。その方がもっと楽しいはず!」

その瞬間、彼はケイルとアイコンタクトを取る。

トゥーンカはケイルを嘲笑した。

「その愚か者は⼈々を救うためにしか力を使わないようですから」

これが本物のトゥーンカでしょう。

相⼿が貴族であろうと強い⼈であろうと、彼はただ好きなように⾏動する。

小説の登場人物が生き返ったように感じた。

もちろん、ケイルもただ黙っているつもりはない。

(彼は将来、魔法の塔を私に売却したことを後悔するでしょう)

しかし、ブラックドラゴンは怒りの声でケイルの⼼に話した。

[誰かを救うことは栄光の⾏為です!それは誇りに思うことです。そして、誰かについて悪い話をするのは意地悪な行為です!この愚か者はベニオンと同じくらい悪い奴です!]

・・・ドラゴンは⾃分⾃⾝だけを気にする⽣き物だったはず。

どうしてこんな風に変わったのだろうか?

 



 

  • 調教

「・・・彼の英雄的な⾏動を軽蔑しないでください」

ウィティラは怒っているようだ。

彼⼥の⽬にはまだ怒りが燃えている。

彼⼥は⼩さな挑発でさえも避けるタイプではありません。

「ああ、私はあなたの⽬が好きです。ようやく戦う準備ができたのですか?」

トゥーンカは唇を舐めた。

その後、腕をリラックスさせ、体重を前⾜に向ける。

これがトゥーンカの戦闘スタイル。

ウィティラは笑った。

「私とあなたが戦う?」

それは嘲るような笑顔。

彼女は右⼿を開いた。

⻑い⽔鞭が彼⼥の⼿に現れる。

彼⼥は鞭を海に向かって弾いた。

鞭は⽔を切り裂き、⽔を暴動させた。

ウィティラは肌寒い視線でトゥーンカを⾒つめる。

「笑わせないで。これは戦いではありません」

彼女は指を鳴らす。

「これは調教です」

「あなたは私に戦いを教えるつもりですか?ハハハ!」

トゥーンカは地震を起こすような⼤笑いを放ち、無表情な顔でウィティラに⽬を向けた。

「あなたの⼝を剥ぎ取る必要がありますね」

彼はウィティラに向かって走った。

同時に、彼女の右⼿の鞭がトゥーンカに向かって猛烈に⾶び出す。

トゥーンカの拳がムチに触れた。

ウィティラは笑う。

「あなたに戦いを教えるのは楽しいでしょう」

ウィティラは鞭を動かしてトゥーンカの体を包み込み、彼を空中に持ち上げた。

「アハハ!⼒の戦いは私の専⾨分野です!」

トゥーンカはヘビのような鞭を⼿で砕く。

これにより、ウィティラは眉をひそめた。

しかし、トゥーンカはこの時点では将来のクジラの⼥王に匹敵しません。

ウィティラは右⼿を軽く弾き、鞭はすぐにトゥーンカの体を攻撃した。

その衝撃でトゥーンカは森に向かって⾶んでいく。

その瞬間。

「・・・何が起きてるの?」

森の中には、捜査隊のアミールたちが。

トゥーンカは彼らに向かって⾶んでいた。

ウィティラは急いで水を撃ち出した。

しかし、トゥーンカは動きが速すぎた。

「みなさん、盾を構えてください!」

アミールは躱すのは不可能だと判断し、すぐに騎⼠に命じた。

トゥーンカは彼らがしていることを⾒て、彼らに向かって叫んだ。

「きちんと守れ!私の体はとても強いので、怪我をするかもしれません!ムハハハハ!」

パセトンは、後ろからため息が聞こえることに気づく。

「はぁ・・・、とても迷惑だ」

声はイライラすると同時に落ち着いていた。

彼は声の⽅を向いたとき、⽬を⼤きく開いた。

ドォン!

トゥーンカは盾に墜落する。

しかし、彼は誰にもぶつからず、怪我もしていない。

彼は振り返って、聖なる銀の盾が背中に触れているのを⾒た。

自分を優しく囲んでいる銀の翼も。

「・・・何が・・・」

盾はゆっくりと透明になり、消える。

ウィティラは驚きの表情で振り返った。

「はぁ・・・」

びしょ濡れの髪のまま、ケイルは落ち着いて⾒えた。

しかし、彼は欲求不満で眉をひそめている。

クジラ同⼠の戦いでエビが怪我をする代わりに、エビはその⼒を使わなければならなかったから。

 



 

ウィティラの美しさが気になりますね。

美しさと言えばエルフのイメージが強いのですが、それを上回るとは・・・。

手を出さないと決めていたケイルも、アミールたちを救うために力を使いましたね。

何だかんだで放っておけない性格なのでしょう。

伯爵家の暴れん坊になった【56話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は56話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...