伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【56話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は56をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...

 




 

56話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【55話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は55話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アミールの心配

ケイルは全ての視線が自分に向けられていることに気づき、ゆっくりと起き上がる。

幸いなことに騎士たちは怪我をしていないが、彼は意図せずにトゥーンカを救うこととなった。

「うぅ・・・」

しゃがみ過ぎて足が痺れてしまい、その場でつまずいた。

「ケイル公子!」

アミールがショックを受けた表情で駆け寄る。

同様にショックを受けていたパセトンは、ケイルの腕を掴んだ。

「ケイル公子!あなたが力を使う必要はありませんでした!なぜこんな事を!?」

どうして?

使いたくて使ったわけではない。

しかし、捜査隊が負傷した場合、事態は複雑になっていただろう。

ケイルのお陰で、今は小さな問題で済んでいるが、トゥーンカが領土の人間を傷つけていたら、事態はさらに大きくなっていたでしょう。

トゥーンカは適切なタイミングでホイッパー王国に戻らなければいけない。

(そうしないと、計画が狂ってしまう)

アミールは⼼配と失望の表情で、ケイルを観察する。

「そして、なぜあなたはびしょ濡れになっているのですか?⼤丈夫ですか?⾵邪を引いたらどうするのですか?ケイル公子!あなたは本当に!」

彼女の言葉は、パセトンとウィティラを怯ませた。

ウィティラは自分の尻尾が原因であることに気づき、気まずい表情を浮かべている。

「誰も怪我をしていないのだから良いのでは?」

アミールは話し始める前に少し躊躇った。

「・・・ケイル公子、あなたを理解するのは本当に難しいです」

広場での事件後と同様に雰囲気に、ケイルはただ黙っていた。

全てが余計なお世話だったから。

アミールは彼から⽬をそらし、クジラ族の2⼈に⽬を向けた。

彼⼥の視線は穏やかだが、怒っているのが分かる。

「それで?あなた方は誰ですか?」

ここは彼女の家族の領土。

アミールは、ウバール領⼟で起きる事件を放置するつもりなどなかった。

「そしてボブ」

彼女は横に⽴っていたトゥーンカを鋭く睨みつける。

「あなたは誰?」

3⼈の誰もアミールの質問に答えなかった。

その瞬間・・・。

「くしゅんっ!」

ケイルがくしゃみをした。

彼は自分に集まる視線を無視して、何でもないように口を開く。

「まずは戻りましょう」

誰も彼にノーとは⾔えなかった。

 



 

  • ブラックドラゴンの心配

「ボブ。あなたは明⽇までにここを立ち去ってください。この処遇に感謝して欲しいわ」

アミールはトゥーンカに⾃分の領⼟を去るように要求した。

彼が漁師ではないことが明らかになったのと、さっきの戦いが原因だったから。

「私の領⼟内でさらに問題が発⽣した場合、そちらの二人も同様の罰を受けることになります」

クジラの姉弟は穏やかな表情でアミールに向かってお辞儀をする。

二人は自分たちの正体を隠すようだ。

「ケイル公子、あなたは風邪を引いているようですので、中に入ってください」

「ええ」

「あなたは本当に寛大な性格なのね」

トゥーンカの追放。

それが、ケイルがアミールに提案したものだった。

トゥーンカに視線を向ける。

彼もケイルを見つめていた。

古代の⼒。

それは、肉体に焦点を合わせた⾮魔術師が受け⼊れた唯⼀の力。

彼らは古代の力を祝福と考えていた。

ウィティラが慎重にケイルに尋ねる。

「あなたと⼀緒に⾏って本当に⼤丈夫なのですか?」

「ええ。⼀晩滞在する場所を提供します」

⾺⾞に乗り、クジラの姉弟に従うように命じた。

少なくともトゥーンカはホイッパー王国に戻るでしょう。

なるべく主要人物とは深く関わらない。

これがケイル、いいえ、キム・ロックの考え方だった。

宿に戻り、彼は二人をみんなに紹介することにした。

ハンスはクジラの姉弟を見て一瞬驚いた後に、いつも通りケイルに接した。

「公子様、大丈夫でしたか?何が起きたのか聞いても?」

「俺は大丈夫だ。ああ、彼らの部屋の準備を」

姉弟をハンスに任せた後、ビクロスを見る。

いつもと変わらない彼は、ケイルを見て眉をひそめる。

服が海水で汚れているのを見て、ビクロスはメイスに指示を出した。

「⽔を温めなさい」

「はい」

「公子様、あなたは戦いに巻き込まれ、怪我をしたと聞いたのですが」

自分を心配そうに見守るメイスと他の子供たちに目を向けて、何気なく答える。

「心配してくれてありがとう。怪我はしていないから大丈夫だ」

「・・・分かりました」

「公子様、先に体を洗ってください」

ビクロスの言葉にうなずき、お風呂に向かおうとすると。

「公子様」

「何でしょうか?」

パセトンとウィティラが話しかけてきた。

「少しだけで大丈夫ですので、あなたが休憩した後にお伺いしてもよろしいですか?」

「明日来てください」

ケイルは素っ気なく答える。

頭の中でブラックドラゴンの声が聞こえる。

[人間大丈夫なのか?お前はくしゃみをした!どうしてそんなに弱い?風邪を引いたんじゃないのか?]

ケイルは自分が風邪かもしれないと思われていることを利用しようと考える。

ブラックドラゴンと話す前に、今夜は誰も部屋を訪れないように命じた。

 



 

  • vs トゥーンカ

「行こうか」

ケイルは渦潮の寿命を1年伸ばす作業をしなければいけなかった。

[体調が悪いのに何故動くのか理解できない。俺様の優秀な頭脳を持ってしても理解できない]

4歳のブラックドラゴンは不平に答える。

「この作業は今日しないといけないからな」

ウバール領土の魔導士が明日到着すれば、作業は困難になるでしょう。

中央の島には明るいが、他の島は人の気配がない。

そこは2番目に強い渦が発生している場所。

今では最も強い渦です。

「はぁ・・・」

ケイルはため息をつく。

[なぜあの愚か者が泳いできている?]

ブラックドラゴンの不審な声が聞こえてくる。

ケイルとブラックドラゴン以外に、この島には誰もいないはず。

しかし、渦には誰かがいた。

「彼は本当に狂った人物だな」

こんな真っ暗な夜に渦潮に⾶び込むトゥーンカを⾒て、ケイルはそう考えた。

この狂った野郎が何を考えているのかを知りたくなる。

その瞬間、トゥーンカは渦潮から⾶び出して島に駆け寄った。

「やはり私は間違っていなかった!間違っていなかった!」

彼はケイルをじっと見つめていた。

「私はあなたが普通の⼈ではないことを知っていた。近くから強い匂いがしていたのだから。あなたは魔術師?どうやって空を横切った?」

トゥーンカの目が震える。

彼の計画は、ケイルが魔術師であると⾔った場合は戦い、弱ければケイルを殺すというシンプルな計画。

トゥーンカは魔術師が世界の毒だと本気で考えていた。

「聞いているのですか?」

ケイルはため息をつく。

答える前にトゥーンカの⽅を向いた。

「今考えている途中だ」

この愚か者にどう対処したら良いのだろうか?

早く戦いを始めたいと考えているトゥーンカを観察する。

「とりあえず・・・」

バァン!

「うおおおおおおおお!!」

構えていなかったトゥーンカは何かに吹き飛ばされて海に投げ出される。

そのまま彼は渦に取り囲まれる。

(一体何が!?)

魔法耐性の⾼いトゥーンカは、この⾵に対処するのが難しいと判断した。

果てしなく渦巻く海からの⾵と⽔がトゥーンカを沼のように吸い込む。

(これは古代の力なのか?)

ケイルは頭上からトゥーンカを見下ろしながら、口を開いた。

「魔術師は古代の⼒を持つことができません」

トゥーンカは、周りの⾵が消えるのを感じた。

「ボブ、あなたのような戦⼠であれば、私の行動が何を意味するのか理解する必要がありますよね?」

古代の力は人間から引き継がれた力。

トゥーンカはしばらく黙っていたが、ついに話し始めた。

「・・・じゃあ、あなたは魔術師ではない?」

「その通り」

目の前の貴族は、彼が正式な⾔葉を使っていないことを気にしていなかった。

彼はまた、病気であるにもかかわらず、他⼈を救うために⼀⽣懸命働いた人物。

彼⾃⾝は強くはないが、彼の周りには強い⼈の⾹りを持っていた変⼈でもあった。

トゥーンカがこのような人物に会ったのはこれが初めての経験だった。

しかし、次の言葉は彼に更なる衝撃を与えた。

「魔法の塔を破壊することについて何か考えはあるのですか?」

「何?今なんて言った?」

トゥーンカの⽬は衝撃で⼤きく開いた。

魔法の塔を破壊する。

それは当初から⾮魔術師派の⽬標の1つ。

ケイルは話し続けた。

「そうするつもりなら、あまり塔を破壊しないでください」

「・・・何を言ってる?」

「ああ、でもすべての魔術師は追い出してください」

南北戦争に勝利した⾮魔術師は、ホイッパー王国は急速に崩壊するでしょう。

「私はその塔を購⼊する予定です。どう思いますか?」

トゥーンカは笑顔を浮かべた。

「なんて危険な野郎だ」

トゥーンカはケイルについて認識を改めた。

 



 

躓いただけなのに、みんなに心配されるケイル。

本人との考えのギャップに笑えますね♪

トゥーンカに危険な奴と呼ばれるのは相当ですよね(笑)

伯爵家の暴れん坊になった【57話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は57話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は31話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は25話。 ...