伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【57話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は57をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

57話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【56話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は56話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • トゥーンカの興味対象

「ハハハ!!」

トゥーンカの笑い声は島の周りに響き渡る。

しばらくしてから彼は笑いを止めた。

「個⼈的に買いに来てください」

魔法の塔を破壊できないとか、破壊する計画はないとは言わなかった。

ホイッパー王国は⻄部⼤陸で最⼤の魔法装置の源。

非魔術師派が内戦に勝利した後は、お⾦が最⼤の問題になるでしょう。

さらに、彼らはホイッパー王国の魔法の痕跡をすべて取り除くことを望んでいた。

ケイルはその瞬間を⽬指していた。

トゥーンカが中に何も残っていないと思う魔法の塔は、実際には⾮魔術師が⼿に⼊れようとしていた宝物を保持している。

「しかし、私が非魔術師派の⼀員であることをどうやって知ったのですか?」

「はぁ・・・」

トゥーンカの質問に⻑いため息をつく。

「あなたは現在内戦の危機に瀕しているホイッパー王国の誰かでしょう。私が魔術師だと⾔ったら、あなたは私を殺すように⾒えましたから」

「・・・なるほど?」

トゥーンカは、さらに興味を持ったようだ。

「どうしてこの場所に来たの?」

質問に答える前に、彼はどんどん質問を続けてくる。

「何か楽しい事をするように見えますが?私もその光景を見たいです」

ケイルは⼿を振る。

「向こうに⾏って、渦潮で遊んでください。私は忙しい」

「あなたは本当に貴族ですか?」

トゥーンカはケイルに驚かされ続けた。

アミールという名の貴族もかなり変わっているが、今彼の前にいる男とは比較にならない。

「私は確かに貴族です。あなたが戦⼠であるように」

ケイルは周りを⾒回す。

今日中に彼には果たさなければいけない仕事があるのだから。

同時に、後ろからトゥーンカの声が聞こえてくる。

「⾯⽩い」

眉をひそめ、聞いていないふりをした。

その後、彼は銀の盾を解放する。

銀⾊の翼が盾の横に現れ、軽く⽻ばたいた。

その瞬間、ブラックドラゴンの声が頭に響く。

[俺様は感が鋭い]

ケイルの体が浮き始めた。

「ボブ」

トゥーンカの別名を呼ぶ。

「何?」

「これがすべて秘密だということを知っていますよね?」

「もちろん。私はこの楽しい光景を⾃分⾃⾝に留めておきたいと思っていますから」

にやにや笑うトゥーンカは本当に頭がおかしいように思える。

「私はあなたのために船と乗組員を⾒つけます。すぐに家に帰る必要があるのでは?」

「え?ありがとう」

混乱しているトゥーンカに向かって⼿を振って雲の中に向かう。

「勝てます。あなたならきっと果たすことができるでしょう」

それがケイルが利益を得る唯⼀の⽅法。

別の渦のある島の⽅を向く。

その瞬間、彼はトゥーンカの⼤笑いを聞いた。

「ハハハハハ!」

トゥーンカは、渦潮がもう⾯⽩くないと感じて、住居に戻る前に、しばらくの間、ケイルが⾶び去るのを眺めていた。

 



 

  • 2ヶ月後

ブラックドラゴンに話しかける。

「私がいつ怒るか知っていますか?」

[いつ?]

ブラックドラゴンは、ケイルの顔にリラックスした笑顔を⾒た。

「ゴミだと思って捨てて、後から金に変わるとき」

[良いことを学びました]

「いいえ。もっとあります」

[もっと?]

「ええ」

のんびりと言葉を続けた。

「その⾦を買い戻す価値よりもさらに多く⽀払う必要があるとき」

[・・・確かにそれは最悪だ]

ケイルは極悪な笑顔を浮かべながら、次の島に上陸した。

[ここには誰もいない]

両⼿を地⾯に置く。

⼼臓が激しく⿎動しているのを感じる。

(心の活力は風の音を強くした)

一瞬で彼の両手には風が生まれていた。

二つの風を結合し、大きな風のオーブを生み出す。

その後、ケイルはそのオーブを空中に浮かせた。

そして、彼は不滅の盾でオーブを叩きつける。

⾵のオーブが⽔⾯下の渦に打ち込まれた。

これで少なくとも6ヶ⽉は持続するでしょう。

「次の島に⾏こう」

ケイルは、渦潮に⾵のオーブを投げ続けた。

翌⽇、早朝の港にケイルはいた。

「ボブ」

彼はトゥーンカを船と乗組員に紹介した。

「2か⽉後に来てください。世界が変わっているでしょうから」

「・・・急いで家に帰りなさい」

ゆっくりとトゥーンカから離れ、乗組員に⽴ち去るように促した。

トゥーンカはケイルを⾒て少し躊躇した後、最終的に尋ねることを決めた。

「あなたは弱いですか?」

「ええ」

はっきりとした答えを聞いた後、彼は⾮常に混乱していた。

「2か⽉後に必ず来てください」

「分かった、分かった」

⼿を振った後、船から背を向けた。

その瞬間、トゥーンカが⼤声で叫ぶ。

「私の名前はトゥーンカです!忘れないでください!」

ケイルは振り返った。

中型船は、太陽が明るく照らされながら港を出ていた。

主⼈公が去るときの光景のように。

2か⽉後に何が起こるかを考えているだけで満腹感を覚える。

⼀⽣を過ごすのに⼗分なお⾦を稼ぐことができ、強⼒な城を建てる⽅法も⼿に⼊れることができる。

 



 

  • クジラ姉弟との会話

その後、ケイルは住居に戻って別の人との面会を行った。

「私に会いにくる必要はないのですが」

「私はあなたに感謝し、あなたを怖がらせたことを謝罪するために来ました」

オンとホンは、ウィティラを見て呆然としている。

それだけ彼女の美貌が目を引いたのでしょう。

ウィティラは慎重に尋ねる。

「体調は如何でしょうか、ケイル公子?」

「ええ、いつもと同じです」

心の活力のおかげで、ケイルの体調は常に完璧だった。

ウィティラの隣にいる弟のパセトンと話し始める。

「もう⼗分です、ありがとう」

「本当にありがとうございました」

クジラ王の⾎統。

ウィティラが敬意を表してケイルに話しかけている。

小説の中でさえ、彼女はチェハンにそのような対応はしていない。

「姉弟が出会うことができて良かったですね。もう立ち去って結構ですよ」

ヘニトゥスの領⼟に戻る前にウバールの領主と会いたかった。

その時でした。

「すみません、ケイル公子」

ウィティラの声は、伝説のセイレーンと同じくらい美しく、⼈々を美しい声で海に⾶び込ませた危険な存在。

「私たちには⾮常に厄介な敵がいます。あなたはパセトンを癒したので、すでに知っていると確信しています。それは⼈⿂です」

(知っているとも)

「私の弟のパセトンは、彼らがどのようにして突然強くなることができたかを理解することができました」

(彼女は一体何が言いたい?)

パセトンが言葉を追加する。

「⼈⿂が私を追いかけていたのは、⼈⿂の突然の強さの増加の原因を私が⾒つけたからです」

⼈⿂に追われながら殺された混⾎のクジラ、パセトン。

彼が追われていたのには理由があり、彼が持っていた情報は⼈⿂とクジラの戦争にとって⾮常に重要だった。

「ケイル公子はヘニトゥス家の出身と聞いています」

「・・・それが何か?」

ウィティラとパセトンはお互いに視線を交わした。

何か嫌な予感がする・・・。

ウィティラが口を開いた。

「闇の森に⾏きたいのです。いいえ、私はそこに⾏かなければなりません」

「私たちの領⼟に?」

闇の森。

チェハンが過去に住んでいた場所であり、⻄部⼤陸で最も危険で神秘的な5つの場所の1つ。

そして、ヘニトゥス家が⻑い間王国を⽀配していた場所。

「お願いです。私たちはあなたに多額の報酬を⽤意しました。⼀緒に⾏ってもいいですか?」

二人のクジラが真摯に⾒つめてくる。

オンとホンは前⾜でケイルの膝を軽く叩いた。

それは、クジラを連れて⾏くように頼む彼らの⽅法。

同時に、ドアがノックされる。

それはオオカミの⼦供、メイス。

「公子様、ここにあなたのお茶とおやつがあります」

ビクロスは彼らを案内するドアの外に。

[俺様の方がもっとハンサムで美しい]

ブラックドラゴンの呟きが聞こえる。

ケイルは混沌とした渦の真ん中に⽴っているように感じた。

⼦供たちが去り、部屋が再び静かになると、彼はゆっくりと⽬を開けた。

「まず、すべてを私に説明してください」

 



 

躓いただけなのに、みんなに心配されるケイル。

本人との考えのギャップに笑えますね♪

トゥーンカに危険な奴と呼ばれるのは相当ですよね(笑)

伯爵家の暴れん坊になった【58話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は58話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...