伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【58話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は58をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

58話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【57話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は57話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • クジラと人魚の関係

「私たちは何年にもわたって⼈⿂と多くの戦いをしてきました。私たちは北を⽀配し、⼈⿂は南を⽀配して」

パセトンがケイルに⽬を向けた。

オンとホンはゆっくりとケイルの膝から離れ、ブラックドラゴンの隣の部屋の隅に向かった。

「私たちは⼈⿂が海全体に王国を作るのを防ぐために戦ってきました。しかし、6か⽉前に異変が起きたのです」

パセトンの目が沈む。

「⼈⿂は奇妙な⾏動を始めました」

「奇妙な?」

「彼らは2つの部族間の暗黙の境界を越え、私たちを挑発し始めたのです」

それは小説にも書かれていた情報。

⼈⿂は海を⽀配するためにクジラを挑発し始めた。

既に知っていた情報だったので、ケイルは安堵する。

パセトンは話し続けた。

「私はその背後にある理由を知ることが出来ました」

第4巻と第5巻のクジラ族は⼈⿂の計画を知っていたので、チェハンは⼈⿂との戦いを⼿伝った。

「彼らは東と⻄の⼤陸を結ぶ海路を⽀配しようとしています」

「え?」

東と西の⼤陸を結ぶいくつかの異なる海路。

⼈間はこれらの海路を⾒つけたが、それらは危険だった。

⼩説によると、⽔中に⽣息する⽣物と⽔上に⽣息する⽣物の間には暗黙の合意があるらしい。

海の⽣物はこれらの海路に触れず、陸の⽣物は海の問題に⼲渉しないという合意が。

そのため、チェハンはクジラと⼈⿂の戦いに参加するかどうか悩んだ。

⼈⿂がその合意を破る?

ウィティラが口を開く。

「最初は、⼈⿂の新しい王が彼らの王国を作るためと思っていましたが、パセトンが持ち帰った情報は異なっていました」

ケイルはため息をつき、ぬるいお茶を⼀⼝飲む。

「そして、もう1つ奇妙なことが・・・」

「その前に」

ウィティラの言葉を遮る。

「闇の森が関係している理由を教えてください」

他の話を聞いたら、何か⼤きなことに巻き込まれるだろうと感じた。

しかし、ケイルは後悔した。

ウィティラが嬉しそうに見えたから。

美しい彼女の表情が恐ろしく見えるのは何故なのだろうか?

「ええ。これはそれに関することです!」

ウィティラは明るく答えたが、ケイルの表情は暗くなった。

「先ほど述べたように、⼈⿂は約1、2か⽉前に強くなりました。そして、それを引き起こした「成分」を理解することができたのです」

⽬を閉じる。

彼はゆっくりと両目を開き、2頭のクジラに尋ねた。

「その成分が闇の森に?」

「その通りです!」

(一体何が起きている?闇の森の何が海の生物を強くしているのだろうか?)

自ら巻き込んでしまったことにショックを受けた。

さらに重要なことは、⼈⿂はどのようにして闇の森に到達したのだろうか?

パセトンは⽬を輝かせていた。

「彼らが闇の森の沼について話しているのを聞きました。だから私は彼らに追われたのです。沼に⾏って、材料が何であるかを知る必要があります」

闇の森。

外にいる10人のオオカミ族の子供たちの事を考える。

[⼈間、お前は何を考えている?]

(あなたに別荘を建てることを考えていた)

[私が⼀番かっこいいと思うからですか?いいでしょう、あなたに私を⾒続ける許可を与えます]

「ややこしくなった・・・」

「え?」

クジラの姉弟が目を大きくする。

「俺へのメリットは?⼈間は海の出来事に⼲渉することは出来ないはず」

ウィティラがすぐに応答する。

「もちろん知っています。すべて秘密裏に行う予定です」

彼女はその後、ケイルの質問に答えるために言葉を加える。

「そして、⼈⿂が最初に合意を破りました。彼らは闇の森にたどり着くために⼟地からの助けを必要としていたでしょう」

「しかし、それでも危険の可能性は⾮常に⾼いです。それは知っていますよね?」

「はい」

ウィティラの顔に濃い笑顔が形成される。

彼⼥の⼝から何が出てくるかを知っていた。

それは、クジラの王が⼩説でチェハンに提供したのと同じ条件だろう。

「海路」

ケイルは笑った。

「⼈⿂が乗っ取りを優先した海路があります。それは⼈間がまだ⾒つけていない海路です。そして、利⽤可能な最も安全な海路です」

すでに知っていたにもかかわらず、ケイルは尋ねた。

「それはどこに?」

ウィティラは⾃信を持って答えた。

「私たちの海です」

⻄部⼤陸の北海。

「それはクジラ族の領⼟にあります」

「クジラの領⼟は最も危険ではありませんか?そこは海の最強の⽣物の場所です」

「今のあなたにとっては安全な場所です、ケイル公子。あなたには、その海路を使⽤する権利が与えられます」

⾃信を持ってウィティラに尋ねた。

「いらないと言ったら?」

「・・・え?」

ケイルはそのような海路を全く必要としなかった。

平和に暮らすために、その海路は必要なかったから。

しかし。

「もう1つ条件を追加しましょう」

海路はケイルの家族をより豊かでより強くするでしょう。

もちろん、バセンは領⼟の⻑としてさらに⼀⽣懸命働かなければならないでしょうが。

「必要なときにあなたの⼒を貸してください」

「私の力ですか?」

「ええ、あなたの力です。それを2回」

「私たちは⼟地の問題に⼲渉することはできませんが」

ウィティラの表情が渋くなる。

「あなたも私に同じ条件を提示したではありませんか?」

「・・・私たちは平和を求める部族です」

クジラ族は、強力になった⼈⿂からの危険を感じていた。

彼らはおそらく、彼らの平和を維持するためにその危険の源を完全に取り除きたいと思っているのでしょう。

「闇の森は、世界で最も危険で神秘的な地域の1つです。強いからといって安全に旅⾏できる場所ではありません。特にあなたのように、⼟地についてあまり知らない⼈にとっては」

チェハンが住んでいた闇の森。

そこに⻑く過ごした後でも、彼は闇の森についてすべてを知っているわけではなかった。

闇の森について最もよく知っていたのは、もちろん、ケイルだった。

「私はあなた方が探している沼がどれであるかを知っていると思います」

笑顔を浮かべる。

「クジラ族は、海で最も強い⽣命体として平和な⽣活を望んでいませんか?」

ウィティラは要求する立場から取引をする立場に変わっていた。

「その通りです、ケイル公子」

平和を望むクジラ。

それは彼らが強かったからこそ可能なこと。

⼩説の中のクジラ族は、⼈⿂と戦うために何でもしていた。

「私、ウィティラは、クジラの王の後継者として、あなたの条件を受け⼊れます」

「あなたは後継者だったのですか?それならば、遅滞なく取引を成⽴させることができますね」

ケイルは落ち着いた表情で、彼女に手を差し伸べる。

「正式な言葉で話した方が良いでしょうか?」

「必要ありません、ケイル公子。私は⾃分の正体を隠す必要がありますから」

そして、ウィティラと握⼿をする。

 



 

  • ブラックドラゴンの名前

クジラの姉弟が去った後、ケイルはソファに倒れた。

天井を⾒上げて話し始めた。

「おい」

ブラックドラゴンが現れ、恨みをもって反応した。

「俺様を『おい』呼ぶな」

「じゃあ、何と呼べばいい?」

ブラックドラゴンは鼻を鳴らす。

「いずれ分かるでしょう、人間」

「『⼈間』ではなく、私をケイルと呼んでは?」

ブラックドラゴンはそっぽを向いた。

「自分の家が欲しくないか?」

もしブラックドラゴンと⼀緒に暮らすつもりなら、「世界で最も偉⼤な⽣命体」に相応しい家に与えるのは素晴らしいことではないだろうか?

「家?」

通常、ドラゴンは独⽴を強く望んでいる。

ケイルはドラゴンの質問に何気なくうなずいた。

しかし、ブラックドラゴンの反応は妙だった。

「お前は俺様を追い出したいのか?」

ブラックドラゴンの翼が揺れ、周囲のマナが暴れ始める。

彼はとても怒っているようだった。

「別荘のようなものだけど」

「・・・別荘?」

「ええ。あなた、私、オン、ホン、そしてオオカミが楽しく住める場所です」

もちろん、それは闇の森のモンスターを一掃した後に手に入れることが出来るが。

ブラックドラゴンの機嫌が良くなり、彼はソファに横になる。

「・・・別荘の場所を選ぶぞ」

次の瞬間、ブラックドラゴンは視線を鋭くした。

「その⾒返りに、お前には俺様の名前を選ぶ権利を与えよう」

そう言って、ブラックドラゴンは⽬を閉じて昼寝を始めた。

満⾜のいく笑顔を浮かべて。

オンとホンは何も起こっていないように振る舞い、ケイルに質問した。

「いつ家に帰るの?」

「⿂は好きですが、海は好きではありません」

⼦猫たちに答えた。

「すぐに」

 



 

  • 領地への帰還

2⽇後、アミールたちが見送る中、ケイルは馬車に乗った。

馬車が動き出すと、ケイルはカーテンを閉める。

「解除していいぞ」

クジラの姉弟は、不可視魔法を解除した後に現れた。

ブラックドラゴンも彼⾃⾝を明らかにする。

パセトンは怯み、ウィティラの瞳孔は大きくなった。

ブラックドラゴンは頭をケイルの⾜に置き、彼らにぼんやりと⽬を向けた。

「何で俺様を見てる?」

「・・・当時のマナ変動。それは、あなただったのですね」

ブラックドラゴンとウィティラはお互いを⾒つめていた。

⼆⼈はお互いの強さを認め合う。

そして、彼らは相⼿がどれほど強いのかを知りたかった。

次の瞬間。

ケイルの⼿はブラックドラゴンの頭に着地した。

「静かに帰りましょう」

落ち着いて話すと、ブラックドラゴンは静かに⽬を閉じて眠りについた。

⾺⾞はすぐに静かになった。

数⽇後、領地に戻ると、ケイルは眉をひそめた。

「ケイル公子のお帰りだ!」

複雑な表情で、自分たちを出迎える⼈々を⾒つめる。

(彼らは、私がゴミだった事を忘れているのだろうか?)

「「銀光の公子様!」」

その安っぽいニックネームを避ける⽅法があるかどうか知りたい。

その後、副隊⻑がケイルの視線内に現れる。

⾺⾞を守っている⾺に乗っていた副団長は、誇らしげに胸を膨らませていていた。

「公子様、あなたの英雄的な⾏為が広まっていますね!ハハハ!」

パカァン!

ケイルは彼の顔を叩いた。

クジラの姉弟が、好奇⼼を持って自分を⾒ていることを無視した。

その瞬間、ブラックドラゴンは⾜でケイルの膝を軽く叩いた。

「家に帰るのか?」

「ええ。そのつもりです」

オンとホンは喜んではしゃぎ、ブラックドラゴンは⽻ばたいた。

ヘニトゥスの邸宅に到着するまで、ケイルは⽬を開けなかった。

⾸都に向けて出発したゴミは、少しの間だけ家に帰ることになる。

 



 

今度の目的は闇の森。

原作でチェハンが住んでいた場所ですね。

こっちの戦力は十分強力だと思いますので、あまり心配はしなくても良さそうですね♪

伯爵家の暴れん坊になった【59話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は59話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...