伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【59話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は59をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

59話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【58話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は58話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 家族の出迎え

ケイルを迎え入れたのは、当然彼の家族です。

デルース伯爵は長い間ケイルを検査した後、ようやく安心したのか微笑み始めた。

「体調はどうだ、ケイル?疲れていないのか?」

「元気ですよ」

デルース伯爵との挨拶を終えると、ヴィオラン伯爵夫人が近づいてくる。

「お客さんが大勢いるわね」

出発した時にはいなかった狼族の子供たちとクジラ族の姉弟。

クジラの姉弟は現在、ブラックドラゴンの魔法で姿を変えていた。

「ええ、何故かこんなことになりました」

「そうですか。・・・テロリストはまだ捕まっていないと聞いています」

「はい」

「分かりました。今のところはそれで⼗分です」

両親は視線を交わして、二人だけに理解できる何かのメッセージを送っていた。

彼らは何か大きなことをしようとしているように見える。

デルース伯爵は、ケイルに優しく微笑んだ。

「⾸都での事件とあなたの古代の⼒については後で聞くことができるので、とりあえず休んでください」

「はい、父さん」

しかし、部屋に向かう前に彼を引き止める人物が。

ケイルの弟と妹の、バセンとリリー。

彼はバセンには万年筆。リリーには剣を贈った。

ケイルは二人との約束を忘れていなかった。

領主を目指すバセンと騎⼠を目指すリリー。

満⾜のいく表情を浮かべてリリーの頭を撫でた。

ケイルは⼆⼈の⼦供に⼿を振って、自分の部屋に向かった。

部屋でくつろいでいると、ビクロスがロンからの手紙を持ってきた。

ハンスを介して手紙を送ってくると考えていたが、ロンは息子を介して報告をするつもりのようだ。

「ありがとう、ビクロス。メイスたちに料理の手伝いをするように伝えてあるから」

ビクロスの肩が一瞬だけ怯むが、すぐに何事もなかったかのようにうなずいた。

「・・・分かりました」

今のところ、彼らは良い関係のように見えた。

寝室のドアを閉めると、ブラックドラゴンがすぐに現れた。

「私たちの家はとても素晴らしいな!」

ブラックドラゴンは興奮してオンとホンと⼀緒にベッドに⾶び乗った。

そんな光景を見ながら、ケイルは手紙の内容を確認した。

<私はまだ⽣きています。あなたもまだ⽣きていますよね、公子様?>

報告書には一行だけ。

これ以上に怖い報告書があるのだろうか?

 



 

  • 宮殿へのメッセージ

コンコン。

「公子様、入っても宜しいでしょうか?」

ノックと一緒にハンスの声を聞く。

彼の用件は、魔術師の準備が完了したという知らせだった。

ケイルはハンスを部屋に残し、管理棟に向かう。

[どこに行く?魔術師に会うのか?]

追いかけてきたブラックドラゴンの質問にうなずく。

ドラゴンは「魔術師」という言葉に興味を示しているのだろう。

目的地に到着するまでに、多くの人々に挨拶をされて、ケイルは煩わしいと感じて歩くスピードを早めた。

目的地には、領⼟の魔法の映像通信を担当する魔術師が。

「今すぐ接続できますか?」

「もちろんです、公子様。どこに接続しますか?」

ケイルは何気ないように答える。

「宮殿に」

「き、宮殿ですか?」

「ええ、皇太子殿下に繋げてください」

躊躇する魔術師を⾒て、ケイルは軽く眉をひそめた。

「難しいなら、音声だけでも残せますか?」

「い、いいえ。もちろん可能です」

魔術師が宮殿に連絡をした後、彼は少し慌てていた。

「今は繋げるのが難しいようです。音声だけでしたら残すことは出来ますが?」

本当は顔を合わせて話したかったが、実際には必要のないこと。

そのため、ケイルは音声だけをアルベルに残すことにした。

魔術師が部屋の外にいることを確認すると、デバイスに向かって話し始める。

「殿下、ケイル・ヘニトゥスです。私はホイッパー王国の魔法の塔を購⼊する予定です」

これが1枚目の金貨の活用だった。

このメッセージを聞いたアルベルの表情を想像するだけで、楽しくなってくるケイルだった。

「ちなみに、1週間は映像や⾳声でのコミュニケーションができなくなります。私は少しだけ、どこかに向かう必要があります。事前にお知らせしたかっただけですので」

その後、ケイルは魔術師を呼び戻し、音声が届いたことを確認した。

「公子様、何か良いことがあったのですか?嬉しそうな表情を浮かべていますので」

「まあ、そうだと思います」

皇太⼦はおそらく、明⽇このメッセージを聞くでしょう。

 



 

  • ハリスビレッジへ

「ハリスビレッジに⾏きたいのか?」

「はい」

ケイルはデルース伯爵の質問に頭を下げた。

彼は⽗親に、古代の⼒とハリスビレッジの両⽅について話していた。

ハリスビレッジ事件。

デルース伯爵は、調査部隊からの報告を聞いた後、怒りと悲しみを感じた。

村は完全に破壊され、加害者の兆候はなかった。

そのため、彼は近くの領⼟に協⼒を求め、情報ギルドに連絡して情報を⼊⼿できるようにしたのです。

「・・・チェハンという⻘年が⼼配だからか?」

「そうです」

ケイルにはそれくらいの言い訳しか思い浮かばなかった。

本当は狼族の⼦供たちの訓練のためにそこに⾏きたいとは⾔えなかったから。

又、ブラックドラゴンの成長のためとも言えなかった。

そして、クジラ族が⼈⿂との戦いの解決策を⾒つけるために闇の森に⾏くとは断⾔出来なかった。

「捜査隊はすでに捜査を終えていますが、⾃分の⽬で⾒たかったのです。それに、モンスターのことも⼼配する必要はありません。今は冬ではありませんから」

「確かに」

闇の森のモンスター。

ハリスビレッジと闇の森の間には⼤きな⼈⼯⽯の壁が存在する。

これらのモンスターから⾝を守るため。

過去150年間、モンスターの攻撃はない。

デルース伯爵が話し始める。

「ハリスビレッジにはまだ兵⼠がいるので、安全なはずだ」

彼は決心したようだ。

「あなたは自分の部下の世話をしなければいけないからな」

その言葉にゆっくりと首を横に振る。

それは信じられないほどの誤解だったから。

「チェハンは私の部下ではありません」

デルースは頭を頷く前に息⼦に微笑んだ。

「正しく成長したな、ケイル。了解した。今すぐ⾏っていいぞ」

ケイルは⽗親に頭を下げた後、振り返ってドアに向かった。

「ケイル」

父親の声に振り返る。

「私たちは、家族やその他のものを守ることを誓う戦⼠です」

二人は目を合わせる。

「ただし、最も重要なことは⾃分⾃⾝を守ることであることを覚えておく必要があります。それが私たちがカメである理由なのです」

丈夫な甲羅で⾝を守るカメ。

「だからこそ、常に⾃分を第⼀に考えることを忘れないでください」

それから彼は優しく微笑んで付け加えた。

「あなたが獲得した古代の⼒はとても素晴らしい」

その言葉にケイルは微笑んだ。

「本当に?ええ、私はいつも⾃分の安全を第⼀に考えています」

「それなら良かった」

ブラックドラゴンは部屋を出るとすぐに質問をした。

[二人は家族だよな?]

その質問にうなずく。

翌⽇、ケイルはクジラの姉弟と⾺⾞に乗る。

目指す場所はハリスヴィレッジ、いいえ、正確には闇の森に彼らは向かった。

 



 

魔塔を購入するというケイルの発言に、アルベル皇太子はどのような反応をするか楽しみですね♪

次回からは闇の森ですが、パーティメンバーも充実していますし、問題はない気がします。

伯爵家の暴れん坊になった【60話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...