伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【60話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は60をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

60話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【59話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は59話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ハリスヴィレッジ

闇の森に最も近い村、ハリスビレッジに到着し、ケイルは馬車から降りた。

足元の地面にはまだ黒い灰が残っている。

副団長の苦い声を聞く。

「全てが燃え尽きていますね・・・」

ケイルは振り返ってヒルスマン副団長を見た。

「墓はどこに?」

「調べてきます」

向かった先には何もなかった。

残っているのは、この場所にかつて何かが存在したことの印として機能した、崩れかけた家の廃墟と暗い灰だけ。

その光景を見て、ウィティラは何かを感じたようだ。

彼女の目に激しい怒りの感情が見える。

狼族の子供たちは馬車を降りた後、目の前に光景に言葉を失った。

恐らく、自分たちの村と重ねているのでしょう。

「メイス、なぜ私があなた⽅全員をここに連れてきたのか分かりますか?」

メイスはケールの質問に答えることができなかった。

事前に彼らには何も伝えずに連れてきている。

「たくさんのお⾦が私の⼿に渡ろうとしています」

「それはどういう?」

突然のお金の話は、メイスと狼族の⼦供たちを混乱させた。

そんな彼らの様子を気にせずに、ケイルは話し続ける。

魔法の塔とジャングルの⼥王。

これらの2つの相互作⽤の後、彼は⼤量のお金を手にするでしょう。

又、彼の領⼟への平和な海路への権利をもたらすつもりだった。

「そして、私はそのお⾦のいくらかをこの村を再建するために使うつもりです」

「村」という⾔葉が⼦供たちの注⽬を集めた。

「ここに全員が集まり、一緒に住める別荘を立てるつもりだ」

「・・・闇の森は危険だと聞いているのですが?」

「私はあなた⽅全員の世話をすることをラークに約束した。つまり、私はあなた方がオオカミのように⽣きるための場所も提供しなければならないということです」

笑顔を浮かべた瞬間、冷たい風が通り過ぎる。

「私はそのための場所を作ります。ラークが戻る前に、あなた方が成⻑して素晴らしいオ
オカミになるのを⼿伝います」

ケイルはメイスと狼族の子供たちに目を向けて、眉をひそめた。

「返事は?」

「・・・は、はい!」

壁に向かっていくケイルの姿を見た後、メイスは子供たちの方へ振り向いた。

「・・・みんな強くなりましょう」

その後、彼は村を⾒回した。

いつの⽇か、この⿊い村が故郷のような温かい場所になるのではないかと考えて。

それは、他の子供たちも同様だった。

彼らは皆オオカミなのだから。

ケイルは彼らの決意の深さを知らなかった。

 



 

  • 闇の森

「かなり厚いな」

ケイルは頭を向けて、壁にある唯⼀の⾨を⾒る。

この⽯の⾨は、闇の森への唯⼀のアクセスポイント。

もちろん、チェハンはハリス・ビレッジに最初に到着したとき、この⾨を使⽤していない。

彼は⾼さ約10メートルの壁を⾶び越えた。

「闇の森はこの壁の先ですか?」

「その通りです」

ウィティラの質問に、ケイルはそう答えた。

頑丈なはずの壁は、彼女が人差し指を軽く押しただけで突き刺さった。

「・・・はは」

ウィティラはぎこちなく笑う。

(クジラ族は本当に怖い種族だ)

彼らはまだ陸上での力の制御に不慣れなようです。

ケイルは話題を変えることにした。

「闇の森は、他の森と同じように、通常の森です」

二人は同じペースで歩く。

「しかし、その中⾝は異なります」

その理由は誰にも分かっていない。

しかし、闇の森では植物やモンスターが変異していることは事実だった。

「そして、東部⼤陸でも⼀般的に⾒られるモンスターもいます」

それが禁じられた地域の1つであった理由。

東部⼤陸の痕跡を⾒つけることができたのは、この⼤陸で唯⼀の場所だから。

「公子様!」

ヒルスマン副団長の呼びかけにうなずく。

ウィティラに子供たちの世話を任せて、ケイルはある場所へと向かった。

そこにはたくさんの墓が。

チェハンが村⼈全員を埋葬した場所。

事件の後、彼が正気を保っていたという事実は驚くべきものだった。

ほとんどの墓が⼟で作られている。

チェハンはすべての遺体を墓の下に埋めていた。

⼩説では謎のままだった、ハリスビレッジの村⼈の死の背後にある理由。

⼩説だと、主⼈公が成⻑するために⾏われたように聞こえた。

しかし、本当にそれだけなのだろうか?

(それ以上の理由があるように思える)

理由は単純。

闇の森、⼈⿂、そしてハリスビレッジの破壊。

これらの3つのことがケイルに役割を与えているのだから。

しかし、ハリスビレッジはケイルの問題ではなく、チェハンの問題でしょう。

「ヒルスマン」

「はい、公子様」

「将来、彼らに適切な墓を与えるように。この墓はぼろぼろすぎます」

「・・・かしこまりました!」

兵⼠たちに⽬を向ける前に、いつもより精⼒的に反応したヒルスマンの肩を軽く叩いた。

「あなたは何をすべきか分かっていますか?」

ヒルスマンは2日前に起こったことを思い出し、あらゆる種類の感情が彼の顔に現
れた。

 



 

  • ヒルスマンの決意

ケイルが彼をテントに呼んだとき、彼らは野営をしていた。

「私は闇の森に⼊ります」

「え?なぜ療養中の公子様がそんなに危険な場所に⾏くのでしょうか?チェハンのためでしょうか?」

ヒルスマンが話している間に⼩さなブラックドラゴンが現れた。

それが起こったとき、彼は⾮常に驚いた。

しかし、それで終わりではなかった。

⼦猫は⼈に変わる前に鳴く。

彼らは獣⼈だった。

さらに、ヒルスマンは、⼥性が⻑い⽔鞭を抜き、男性が渦潮のついた剣を持っているのを⾒て、⼈⽣で初めて悪寒を感じる。

「⼼配しないでください」

これらの強⼒なモンスターすべての中⼼にいたのは、リラックスした笑顔を浮かべたケイル。

ヒルスマンはこの2⽇間で決⼼した。

団長になることだけを⽬標とした⼈物でしたが、それでも彼は⾺⿅ではない。

「はい、公子様」

「良かった」

ヒルスマンは、話し終えたケイルのすぐ後ろを追った。

(あなたを信頼します)

そう決意して、ヒルスマンは拳を握り締めた。

彼は、ヘニトゥス騎⼠団の団長にたどり着くことができれば⼗分だと思っていた。

しかし、彼の精神は過去2⽇間で劇的に変化する。

「公子様、私は強くなります」

「お好きなように」

無関心のように聞こえるケイルの返事だが、ヒルスマンはその答えを聞いて安心した。

ケイルは⽯の壁の前に⽴って、魔法のバッグに触れながら話し始めた。

「闇の森には2つの沼があります」

この⼤きな森には2つの沼しか存在しない。

「1つはモンスターが住む場所であり、もう1つは何も住むことができない場所です」

それからケイルはパセトンに尋ねた。

「パセトン、⼈⿂の毒が強くなったようだと言いましたよね。それならば、どちらの沼に原因があると思いますか?」

パセトンは慎重に答える。

「何も住むことができない沼だと思います」

「その通りです。そこが一番可能性が高いでしょう。最初にその沼に向かいます」

その時、静かに⽴っていたウィティラは、不安げな表情を浮かべてケイルに⽬を向けた。

「⼦供たちにとって危険ではないですか?」

オンとホンはケイルの側にぶら下がっていた。

「ケイル公子、あなたは闇の森は危険だと⾔いました。そして、それが何も住むことができない沼地であるならば、それは間違いなく⾄る所に毒があるか、沼地⾃体が危険であるかのどちらかです」

ウィティラは話し続けている内に、何か奇妙なことを感じた。

猫族の銀⾊の⼦猫オンの尻尾は喜んで揺れているように見えたから。

オンの反応は彼⼥が期待したものではなかったので、ウィティラはケイルを⾒上げた。

そして、彼女の目は大きく開いた。

もう一人の猫族の子供、ホンも笑っていたから。

彼女はとても興奮しているように見えた。

「今⽇は強くなりますから⼤丈夫!」

有毒な霧を改善する時が来た。

強くなりたいと願う⼦供たちと、安全と平和を願うケイル。

「これは素晴らしい機会です」

運が良ければ、クジラの部族にも影響を与えるほど強い毒霧がここで完成するかもしれないのだから。

 



 

副団長、ヒルスマンの成長が嬉しいですね♪

これまでは昇進ばかりを考えていた小物臭がしていたのに、心を入れ替えた彼の今後が非常に楽しみですね!

そして、次回からは闇の森に潜入。

彼らを待ち受けるものは一体?

伯爵家の暴れん坊になった【61話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...