伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【61話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は61をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

61話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【60話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 闇の森の境界

訝しげに見るクジラの姉弟を気にしなかった。

彼らはすぐにオンとホンのスキルについて知るでしょう。

「行きましょう」

ブラックドラゴンは壁の頂上に向かって⾶び始め、ケイルの体はその後ろを追い
ながら浮き始めた。

「パセトン」

クジラの姉弟は速いペースで⽯の壁を駆け上がる。

⾵を切り裂き、壁の頂上に達した。

「わあ・・・」

ホンの声は感嘆に満ちていた。

闇の森とその広⼤な⾃然が目の前に。

5つの禁⽌エリアの中で2番⽬に⼤きいエリア。

ローン王国はこの⼟地を⽀配したかったが、今まで誰もそうすることができていない。

(ブラックドラゴンやチェハンなら可能かもしれないけど)

「降りよう」

「分かった」

ブラックドラゴンはゆっくりと、ケイルと⼦猫を地⾯に降ろした。

既にクジラの姉弟は地面で彼らを待っている。

「ケイル公子、闇の森はエリアに分かれていると仰いましたよね?」

ウィティラの質問にうなずき、オンとホンを地⾯に降ろす。

「ここは外側と内側の領域に分かれています」

この⼤きな森は2つの段階に分けられている。

外側はそれほど危険ではなかった。

変異モンスターの数もごく僅か。

⼀⽅、ストーンマウンテンを中⼼とした内側は⾮常に危険。

(チェハンでさえ、内側を自由に動き回るのに数十年を要している)

その結果、チェハンはすべてのモンスターよりも強くなった。

もちろん、そのような問題はケイルたちにとって問題ではなかったが。

「私たちが向かっている沼は、内側と外側の境界にあります」

まっすぐ向かえば、それほど遠くないでしょう。

「できるだけ多くのモンスターを避けるつもりですが、回り道をして旅⾏を遅らせるつもりはありません」

その事実に、クジラの姉弟は笑顔を浮かべる。

「魔法を解除するぞ」

ブラックドラゴンがそう⾔うと、クジラの姉弟の外⾒は正常に戻った。

ウィティラは爽やかな表情で笑顔を浮かべる。

「ああ、気持ちいいわ。この魔法の下では少し息苦しかったから。ドラゴンさん、どうもありがとうございました」

「どうもありがとう、ドラゴンさん」

二人のお礼に、ブラックドラゴンは嬉しそうに羽ばたいていた。

その後、奇妙な表情を浮かべるブラックドラゴン。

「ここのマナは暗いな」

「闇なのか?」

ブラックドラゴンはケイルの質問にうなずき、森を⾒回した。

「匂いもある」

「どんな匂いだ?」

「馴染みはある。しかし、それが何かは分からない」

「馴染みがあるけれど分からない?」

混乱した表情でブラックドラゴンに目を向けるが、彼はすぐに目を逸らした。

「危険な臭いではない。とても懐かしい匂いだ」

興味はあるが、今は別のことに集中する。

「ここからどうするのですか?どうやって沼に?」

ケイルは魔法のバッグから地図を取り出す。

中央にストーンマウンテンがあり、他の複数のエリアが指定されている。

彼が読んだ情報「英雄の誕⽣」を使⽤して地図を作成していた。

「これはあまり正確ではありません。闇の森を探索して理解するには、それを⾃分自身で体
験する必要があります」

ウィティラは微笑んで、3メートルの⻑さの鞭を出現させる。

「私はあなたを⽬的地に安全に連れて⾏きます」

ケイルは彼⼥が信頼できると思った。

ザトウクジラ。

海の王族は、海のトラブルメーカーであるシャチの獣⼈を簡単に倒せると言われている。

闇の森の⼊り⼝を指さす。

「行きましょう」

闇の森に⾜を踏み⼊れた。

 



 

  • 闇の森のモンスター

森は騒々しくはないが、中には様々な⾳が響き渡っている。

⾍の鳴き声、遠くの怪物の咆哮、⿃のさえずり、そして他の奇妙な怪物の⾳。

「危険な場所は通常静かではありませんか?」

パセトンがケイルに尋ねながら、剣で茂みを切り裂いた。

「それは、そのエリアに1⼈の⽀配者がいるときだけです」

闇の森には⽀配者がいない。

⾷べるか⾷べられるかの関係。

「足元に注意してください。肌が露出しないように注意して」

「分かった」

「ここでは⾜⾸に注意する必要があります。⾍も危険ですから。噛まれると毒になる可能性があります」

なぜケイルが詳しいのか知りたいが、今はその時ではないことを彼らは理解していた。

新しい情報を地図に記録する。

「これは役に立たないかもしれないな」

ケイルは、闇の森の地図を作る理由が本当にあるのだろうかと考えた。

闇の森を征服するつもりはないが、将来これを売る方法があるだろうと直感していた。

可能であれば将来お⾦を稼ぐために将来使⽤できるように、物事を正しく⾏う。

それがケイルの行動方針。

正直⾔って、この集団はとても強かったので、彼が緊張する必要はなかった。

そう考えていると・・・。

⼀部のモンスターが⽊の後ろから姿を現し始めた。

ウィティラは無表情で彼らに⽬を向ける。

「彼らはゴブリンの変異体でしょうか?」

「Keeeeeeeeeeeeek!」

平均的なゴブリンよりも⼤きく、顔も少し異なって⾒えた。

「いいえ、彼らはゴブリンではありません」

ケイルはウィティラの隣に⽴ち、近づいてくるモンスターに⽬を向けた。

「公子、正⾯は危険です」

「彼らは東部⼤陸のモンスターの⼀種です」

闇の森には東⼤陸からのモンスターがいる。

「彼らはゴブリンに似ていますが、より残酷で暴⼒的な傾向があります」

ウィティラがうなずき、落ち着いて答えた。

「私が彼らの世話をします」

「「いいえ、私たちが」」

「・・・え?」

ウィティラは、オンとホンがケイルを⾶び越えて地⾯に着地するのを⾒るまで、ぼんやりとケイルを⾒つめていた。

「「私たちだけで倒します」」

 



 

  • テスト戦闘

ケイルの体が霧に囲まれる。

同時に、オンがゆっくりと消え始めた。

「テストだな」

彼らがどれほど強いかを知る必要があった。

今回の戦いは、それをテストするのに最適な時期。

右にブラックドラゴン、左にウィティラ、そして後ろにパセトンを待機させる。

「・・・ケイル公子」

「危険に⾒える場合は私を救ってください。皆さんがいるのに、私が怪我をすることがありますか?」

ウィティラは、3⼈に完全な信頼を⽰しているように⾒えるケイルの⽬に⾃信を持って視線を向けた後、⼀歩後退した。

その瞬間、ウィティラとパセトンの周りに盾が作られる。

ブラックドラゴンはクジラの姉弟の前に移動し、話し始めた。

「毒は⾒た⽬よりも強い」

「毒?」

オン、ホン、ケイルが霧に包まれている。

さらに、霧の⾊も変だった。

通常の⽩よりも⾚に近い。

「Kiriiiiiiiiiirik!」

「うるさい」

ケイルは霧に囲まれながら、⽚⼿と両⾜に突⾵を起こした。

即座に前⽅に発砲し、同時に濃い霧がそのエリアを取り囲む。

霧はとても濃く、⽬の前が何も見えなかった

旋⾵が空に向かって発砲し、その過程でモンスターの腕の1つを切断する。

⾚い霧がその怪物を飲み込んだ。

その後、ケイルは盾を呼ぶ。

突然、盾が地⾯に向かってまっすぐに落ちた。

何かが押しつぶされる⾳が⼤きな⾳とともに聞こえてくる。

盾が着陸するとすぐに、⾚い霧で満たされた旋⾵が生まれた

旋⾵に巻き込まれた二体のモンスターは、空中に吹き⾶ばされて⾎を吐く。

モンスターの毒された体はすべての開⼝部から出⾎し始めた。

パセトンはぼんやりとその光景を見つめる。

「彼は弱いと言いませんでした?」

「あいつは弱い」

ブラックドラゴンの⾃信に満ちた答えを聞いた後、パセトンは考え始めた。

霧がゆっくりと消え始め、戦いは終わった。

「私たちはまだ⼊り⼝の近くにいるだけなので、彼らは弱いに違いありません」

ケイルは銀の盾の上に立ちながら、⾃信を持って話した。

盾の下には、もはや認識できなくなった二体のモンスターが。

霧が消え、銀⾊の⼦猫オンが再び現れた。

「毒に弱いようです」

⾚い⼦猫のホンは尻尾を振りながら現れる。

ホンがいた地⾯は真っ⿊だった。

平和な光景に見えるが、毒で死んだ怪物、ケイルの盾や旋⾵に押しつぶされて死んだ怪物の死体を⾒た後、パセトンは尋ねざるを得なかった。

「公子、怪我をしていませんか?」

「いいえ」

盾を持ち上げて⽚付ける。

それは古代の⼒だったので、盾から⾎を拭き取る必要さえなかった。

再び盾を召喚したとき、それは完全に綺麗に戻っているだろう。

その後、ケイルはウィティラと残りの⼈々に続けて促した。

「急ぎましょう」

2⽇後、ケイルは⼿に地図を下げ、目の前を見つめる。

「もうすぐです」

内側と外側の領域の境界。

彼らがそのポイントに到達するまで、それほど⻑くはないでしょう。

 



 

パセトンとウィティラの出番はまだ先のようです。

オンとホンも強くなりましたよね。

そして、ケイルも戦闘に参加していますし、彼らだけでも攻略できるのでは?

伯爵家の暴れん坊になった【62話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...