伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【62話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は62をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

62話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【61話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 毒の沼

目的地まで約1時間。

ケイルは周囲を見回すために、今では正確な地図をポケットに戻した。

ブラックドラゴンが報告に来る。

「全部終わったぞ」

キツネのような動物の20近くが死んでいた。

(彼らは経験することで強くなっている)

オンとホン、ブラックドラゴンはこれまでの環境のため、戦闘経験が欠けていた。

それらを取り戻すかのように、彼らは闇の森で訓練しているのだ。

「俺も戦うべきだったか?」

ブラックドラゴンと⼦猫たちは皆、ケイルがそう呟いたときに突然反応する。

「全然、良いアイディアじゃない!」

「弱い⼈間、現時点ではお前は働きすぎだ。1⽇で⼗分だ!」

「その通りです。前回シールドを使いすぎて⾎を吐き出しました!」

その光景にパセトンは呆然とするが、ウィティラはただ明るく笑っていた。

彼女は決心した表情で自分の鞭を撫でている。

それは早く戦いたいと思わせる行動に見えた。

ケイルはすぐに魔法のバッグを開けて、みんなを集める。

「これを身に付けてください」

「毒があるから?」

「はい」

パセトンの質問に答えた後、ブラックドラゴンにマスクをかぶせる。

「⼈間。変な⾹りがする」

ブラックドラゴンは数⽇前から頻繁に話していた。

「それは何だ?」

「分からない。どんどん強くなってきているとしか」

「それはおそらく毒か近くの植物からの腐った臭いです」

ケイルはそう判断して、別の場所に行く。

「・・・いいや、そんな些細な匂いではない」

しかし、危険な香りではないので、ブラックドラゴンはそれ以上は何も言わなかった。

その後、ケイルはオンの顔にマスクを置く。

(チェハンでさえ、この沼を避けたからな)

チェハンは毒に対してかなり⾼い耐性を持っている。

しかし、闇の森には多くの小道があるので、わざわざ沼を通り抜ける理由はなかった。

 



 

  • 見て学ぶ

パセトンが近づいてくる。

「これほど⼤きな森に沼が2つしかないのは本当に興味深いことです」

「へえ?そうは思いませんが」

パセトンはケイルが笑っていることに気づいた。

「⼀度⾒ればわかるでしょう」

この森には2つの沼で十分だということが。

「ケイル公子、今度は私たちの番ですか?」

ウィティラが鞭を撫でながら質問をする。

ケイルは反応する代わりに彼の⾜で指さした。

外側と内側の領域の間に境界。

境界を越えるとすぐに、たくさんの騒⾳が聞こえてくる。

「お願いします」

⼈間化されたザトウクジラ。

海の⽀配者は慎重な性格ではない。

「あなたの番です」

ウィティラは、ケイルが話し終えるとすぐに鞭を弾き、地面に大きなクレーターが生まれる。

騒⾳が消えた。

これまでのフラストレーションが爆発したかのように、彼女は自分自身を抑えることが出来そうになかった。

「急ぎましょうか?」

「ええ、できるだけ早く。家に帰って休みたいですから」

パセトンは、渦巻きの剣を取り出す前にため息をつく。

敵はゆっくりと静かな森の中で姿を現し始めました。

内側のモンスターは、外側のモンスターよりもはるかに強⼒。

変異オーガ、変異トロール、東部⼤陸のクモのようなモンスター、さらには⾼レベルのモンスターも。

彼らはブラックドラゴンを見ても怯えていない。

モンスターとクジラの姉弟の間の戦いが始まった。

ケイルは盾を発動してゆっくりと前進し始める。

「⾒て学びなさい」

のんびりと話しながら戦場をまっすぐ歩き、オン、ホン、ブラックドラゴンは皆気にしないふりをして真剣に戦いを⾒守っていた。

戦闘はクジラの姉弟が圧倒する。

遠くに沼が⾒えると、ケイルは⽴ち⽌まった。

「これが沼地の始まりです」

クジラの姉弟は突然歩くのをやめ、マスクをしっかりとかぶる。

毒と腐った匂いが⿐に⼊ったから。

同時に、今まで⼤きな⽊々に覆われた沼を⾒て、⽬を⼤きく開いた。

「どう思いますか?闇の森に相応しくないでしょうか?」

ショックを受けたパセトンから⽬をそらし、沼の⽅を向く。

沼は湖と同じくらい広く、真っ暗。

闇の森の名前の理由を説明するのに最もふさわしい場所。

「・・・こんなに大きいとは思ってもいませんでした」

ウィティラは称賛を表明する。

彼⼥は沼地を⾒た後、⼀⼝飲んでみた。

「毒ですね」

彼らは、マスクを通してケイルの声を聞く。

「ここの植物は毒の中で育ち、環境の中で⽣き残るために突然変異しました。致命的な毒ではないかもしれませんが、注意して、植物が肌に触れないようにしてください」

ホンがケイルの⽅を向いて、ケールのうなずきを⾒た後、沼地に⾶び込む。

ウィティラは⼿を差し伸べて彼を掴もうとするが、既に⼿遅れだった。

「ホン!」

ホンはマスクを着けていない。

それを知っていたにもかかわらず、ケイルは落ち着いていた。

「美味しい!」

ホンは尻尾を振って⿊い植物を噛んでいる。

沼地に⾜を踏み⼊れ、ホンに近づいた。

「どうだ?」

「これはただ⿇痺する毒です」

興奮しているホンに厳しく説明した。

「ゆっくり食べながら、いっぱい食べよう」

「はい。強くなっているような気がします」

ケイルは、沼地の外でぼんやりと⽴っていたクジラの姉弟たちに尋ねる。

「来ないの?」

クジラの姉弟たちは、混沌とした表情でゆっくりと沼に⼊る。

「パセトン」

「え?」

近くの場所を指さす。

「最近、誰かがここにいたようですね」

地⾯にいくつかの跡があり、たくさんの⾜跡があった。

モンスターはこのエリアに来なかったので、説明は1つだけ。

「調査します」

 



 

  • 沼の中には・・・

パセトンはすぐに調査に⾏き、ケイルは彼から背を向けた。

⼈⿂を強くした沼の成分。

それについて考えていると、ホンが自分を呼んでいることに気づく。

「私も沼を飲んでみたいです」

「今は待って」

ホンの⽿が垂れ下がる。

「・・・でも、もっと強くなりたいです」

「なぜ?」

ホンはブラックドラゴンと彼の姉のオンを覗き見る。

その瞬間、⼤きな⼿がホンの頭を撫でた。

「役に⽴たないと考えないでください。あなたはすでに私よりも強いのだから」

「しかし、誰もがあなたよりも強いです」

ケイルはホンの頭を軽く叩き、彼に向こうに⾏って他の毒を⾷べるように⾔った。

その瞬間、パセトンが近づいてくる。

「最近、近くの植物を掘り起こす兆候はありません。しかし、彼らが沼⾃体に何かをしているという多くの兆候があります。痕跡に基づいて、2週間から1か⽉前にここにいたと思います」

ケイルは広い沼に⽬を向けて答えた。

「彼らは沼の⼀部を集めたようです」

しかし、その時ブラックドラゴンが近づき、ケイルは眉をひそめた。

「なぜマスクを外した?」

「お馴染みの⾹りではなく、お馴染みのマナの⾹りだ」

「何?」

悪寒を感じる。

ブラックドラゴンは短い前⾜で沼を指さした。

「ここにはお馴染みのマナの⾹りがあるぞ」

ケイルはさらに眉をひそめた。

ブラックドラゴンは⾃信を持って説明を追加する。

「沼にドラゴンマナの⾹りがする」

慌てて⿊い沼に⽬を向けた。

「もちろん、マナには⽣命の兆候はない。⾮常に弱い痕跡だな」

ケイルの頭の中の信じられない考えがすぐ現実のものに。

そして、⼈⿂がどのように強くなるかを理解した。

沼の中には⻯の死体があったのだ。

 



 

沼の中に竜の死体があるとは思いもしませんでした。

それが人魚を強くした理由なのでしょうか?

この問題をどう解決するのか楽しみですね♪

伯爵家の暴れん坊になった【63話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...