伯爵家の暴れん坊になった

伯爵家の暴れん坊になった【63話】ネタバレ




 

こんにちは、ピッコです。

「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。

今回は63をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

 

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 



 

目を開けると、そこは小説の中だった。

暴君として名高い伯爵家の令息の体に憑依してしまった樹は…!?

ケイル・ヘニトゥス:主人公。伯爵家の暴れん坊息子。前世は「キム・ロクス」

チェハン:小説の主人公。復讐心を胸に、旅に出る。

オン、ホン:猫人族の子供。姉弟。

ロン:執事長。東大陸からやってきた元暗殺者。

ビクロス:執事長ロンの息子。

ハンス:副執事長。

デルト・ヘニトゥス:伯爵家の主。ケイルの父親。

バイオラン・ヘニトゥス:伯爵夫人。継母。

バセン、リリー:ケレスの弟と妹。

ビロス:金持ちの庶子。商人。

ロザリン:暗殺者から逃れたブレック王国の王女。

ラーク:狼王の後継者。

ベニオン・ステン:侯爵家。小説の悪役。典型的な権威主義貴族。

【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...

 




 

63話 ネタバレ

伯爵家の暴れん坊になった【62話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめました...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 沼の中に眠る力

ケイルはすぐにブラックドラゴンに尋ねる。

「死んだマナの⾹りをどうやって感じることができる?」

マナ。

それは⾃然界に存在する⼒を象徴するもの。

ある意味では、それは特定の場所で作成された古代の⼒に似ていた。

しかし、2つは⾮常に異なっている。

違いは、取り残せるかどうか。

マナを⽀配していた⼈が死ぬとすぐにマナは消えるが、古代の⼒は取り残される可能性がある。

ブラックドラゴンは簡単に答えた。

「沼のせいだと思う。沼はマナを⽀配し、それが消散するのを防いでいるから」

「⽀配?」

クジラの姉弟、そしてオンとホンが、2人に近づく。

ブラックドラゴンはケイルの⼼に話し始めた。

[沼の中に盾と風に似た力を感じる]

思わず2人で笑ってしまう。

⼩説で記述されなかった古代の⼒を⾒つけたのは、これが初めてだったから。

もちろん、これが誰かによって残された古代の⼒なのか、この場所で⾃然に開発されたものなのか分からないけれど。

[あなたはとても賢いな]

[その通り。俺様は頭が良い]

 



 

  • ウィティラとの交渉

2人が黙ったまま笑っているのを見た後、他の皆が好奇心を抱く。

「ケイル公子、何が起こっているのか教えてくれませんか?ドラゴンのマナの⾹りとはどういう意味ですか?」

振り返ってウィティラを見る。

「あなたはすでに考えを持っていると確信していますが、沼の中にドラゴンの死体がある可能性があります」

「・・・死体?」

「ええ。しかし、それはおそらく⾮常に古く、おそらくミイラ化されています」

⼩説によって語られた⾮常に重要な情報。

<闇の森の⽣命体は、⽀配者が1⼈もいなかったため、常に⽣存のために戦わなければなりませんでした>

チェハンがいる間、闇の森にはドラゴンがいなかったと⾔ったのはおそらく正しい。

さらに、⼩説の⼈々は闇の森のドラゴンについて⾔及したことがない。

ホンはドラゴンの死体を聞いた後、⾷欲を失ったようだ。

「ごめんなさい、美味しいと思って」

「俺様は気にしていない。沼の中のドラゴンと俺様は違う」

ブラックドラゴンは本当に彼らの「部族」を気にしていないようだ。

「⼈⿂は沼の毒から強くなったのではないかと思いました。彼らの専⾨は毒ですから」

クジラの姉弟であるパセトンとウィティラがそう話す。

「しかし、強くなったのがドラゴンの死んだマナからのものである場合、まったく異なる問題になるかと」

ケイルはウィティラが眉をひそめているのを見た。

「・・・この沼は広すぎるな」

「私たちは何をすべきか分かりません」

彼らは⼈⿂の⼒の源を絞り込むことができたが、それに対処する⽅法を⾒つけることができなかった。

毒だったら解決方法はあったかもしれないが、もう⼀つの問題は複雑すぎてすぐに解決できないでしょう。

「誰かが闇の森に⼊るのを防いだり、この⿊い沼を常に守るのは現実的ではありません」

ウィティラはもう⼀度沼に⽬を向ける。

ドラゴンの死体?

完全に予想外の問題だった。

この沼が⼤⼈のドラゴンを完全に沈めるのに⼗分な⼤きさだったという事実が、物事をさらに困難にする。

そう考えていた瞬間、彼らは再びケイルの声を聞く。

「簡単ですよ」

彼の声は穏やかだった。

笑いながら沼の端まで歩いていく。

「まず、必要なだけ湿地の⽔を取ります」

ケイルは沼から⽬をそらし、ウィティラの⽅を向いた。

「そして、別の取引をしましょう」

「・・・取引?」

ウィティラの顔に混乱が広がるのを⾒た後、ケイルの笑顔は⼤きくなった。

⼈⿂は暗い⽣き物だったので、おそらく死んだマナを吸収することが出来るのでしょう。

しかし、それはクジラや⼈間のような⾃然の⽣き物にとっては危険な毒。

⾃分⾃⾝にとっては危険で、敵に役⽴つ何かを放置する理由はない。

ケイル自身にもメリットはある。

たとえそれがミイラ化した死体であったとしても、ドラゴンの⾻はまだ存在しているのだから。

さらに、古代の⼒もある。

「はい。別の取引です」

「それはこの状況に対処することと何の関係がありますか?」

ウィティラは無意識のうちに再び鞭を愛撫する。

思いがけない期待感が彼⼥の⼼を満たしたから。

ケイルは沼を指さし、短い答えを出す。

「私は沼を破壊します」

「・・・え?」

ウィティラは⿊い沼を⾒る。

⾮常に⼤きな⿊い沼。

彼はこれに何をするつもりだと⾔ったのですか?

「私はあなたのために沼を取り除きます、それで私と取引をしてください」

「ケイル公子」

それはウィティラが拒否できなかった取引。

「取引をしましょう」

2人は2回⽬の取引を⾏うことにした。

「しかし、今必要なものは何もありません」

「必要なものが出来たら、私に知らせてください。双⽅にとって合理的なものである限り、私はそれを受け⼊れます。これは私、ウィティラが私の名前で約束したことなので、⼼配する必要はありません」

ケイルにとってドラゴンの骨と古代の力を得るだけでも十分な報酬だった。

「ちなみに、沼から出てくるものはすべて私のものです」

「・・・分かりました」

ウィティラはドラゴンの⾻が手に入らないことに失望したが、貪欲にならないことを決める。

沼の⽔や泥が有毒だったとしたら、クジラが⽣き残るのは難しい環境なのだから。

 



 

  • 破壊命令

ケイルは、ウィティラの答えを聞いた後、すぐに続⾏することを決定した。

「森に戻ってください。私が出てくるように⾔うまで出てはいけません」

静かに聞いていたパセトンが話し始める。

「公子、あなた自信が行うのですか?」

「彼は⼀⼈ではありません」

パセトンは声の聞こえる⽅を向いた後、思わず怯んでしまう。

彼はブラックドラゴンの周りのマナの明確な振動を⾒た。

そのマナは、自分の強さを誇⽰する絶好の機会を⾒つけたブラックドラゴンの周りに浮かぶ波のよう。

「私たち⼆⼈が⾯倒を⾒るので、あっちで待ってください。ホン、沼の毒を持ってくるので、少し待ってくれ」

ホンはブラックドラゴンに近づく。

「注意してください。怪我をしないでください」

「分かった」

ケイルは魔法のバッグから空のボトルを取り出し、それをパセトンに向けて投げる。

「沼の⽔をボトルに⼊れてください。魔法の瓶なので壊れません」

パセトンは感⼼してケイルに⽬を向ける。

ケイルは、⼤きなボトルに沼からの泥と⽔を満たしたパセトンと、グループの他のメンバーに⼀緒に移動するように告げた。

ウィティラは少し躊躇っていたが、⼦猫たちの勧めで森の⽅へ戻る。

ブラックドラゴンは、全員が安全に遠くにいることを確認した。

「あなたは何をするつもりですか?」

ブラックドラゴンは、ケイルが魔法のバッグから何を取り出したかを⾒た後、話すのをやめた。

「⼈間、あなたは今少し賢く⾒えます」

彼の⼿には2つの魔法の爆弾が。

これらは、ウバールの魔道⼠が最後の攻撃を開始したときに⼩説で使⽤された、より強⼒で破壊的な爆弾。

「これらをどこで使⽤するかについて考えていたけど、その機会が現れたと思う」

ケイルは2つの魔法の爆弾をブラックドラゴンに⼿渡す。

「暴れましょう」

「本当にいいのか?」

ブラックドラゴンはマナが⽬に⾒える変動を引き起こし、彼が全⼒を出したいと思っていることを⽰した。

「当然、怪我をしないように気をつけて」

ブラックドラゴンは笑い始めるて、彼を中⼼に突⾵が吹き始めた。

⾃然の⼒。

マナが近くの空気を引き起こしている。

押し戻されそうな気がした後、すぐに不滅の盾を召喚した。

同時に、ケイルは⾃分の周りに盾の層が作られているのを⾒る。

全部で3層の盾。

「お前が怪我をしないようにするために、少なくともこれだけ必要です」

⾃信を持って話すブラックドラゴンの⽬はキラキラと輝いていた。

ドラゴンはクジラとはまったく異なる性格を持っている。

ドラゴンは平和を愛するよりも、恐れと破壊をもって⽀配することを好んでいる。

彼らは利⼰的で暴⼒的な存在。

ブラックドラゴンが爆弾の準備を終えると、ケイルは⿊い沼を指さし、彼の⽅を向いた。

「破壊しなさい」

 



 

ようやくブラックドラゴンの本気が見れるのですね。

ここまではかなり控えめに戦っていたと思いますが、この世界で最強と呼ばれるドラゴン。

その強さが見れると思うとワクワクしますね!

伯爵家の暴れん坊になった【64話】ネタバレ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 今回は64話をまとめました...
【伯爵家の暴れん坊になった】まとめ こんにちは、ピッコです。 「伯爵家の暴れん坊になった」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 ...
【影の皇妃】まとめ こんにちは、ピッコです。 「影の皇妃」を紹介させていただきます。 漫画最新話は36話。 続きを読み...
【メイドとして生き残ります】まとめ こんにちは、ピッコです。 「メイドとして生き残ります」を紹介させていただきます。 漫画最新話は30話。 ...